IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国一強に陰りも買えるのは米ドルだけ!?11年ぶり安値の豪ドル/米ドルは戻り売りで

2/25 14:11 配信

ザイFX!

■急騰した米ドル/円だが、上昇は続かない!? 
 米ドル/円は約2週間、109.60円から110.15円付近での横ばいが続いていましたが、2月20日(木)に112.22円まで急騰してきました。

 理由としては、下がればGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が買っていると言われていたこと、日本の2019年10月~12月期GDP(国内総生産)がマイナス6.3%(年率換算)だったことによるリセッション(景気後退)入りの可能性、コロナウイルスの影響でリスク回避を狙った米ドル/円の売りの損切りなどが合わさったことが挙げられます。

 GPIFの買いや対外投資も、まだ続くと言われています。ただ、高いところでは買ってこないこともあって、米ドル/円は底堅くなるとは思いますが、この急騰の動きが続くようには考えていません。

 米ドル/円は、大きなレンジである108~110円が、一段、上にシフトしたと思いますので、押し目買いだとは思いますが、下がったところで買ったとしても、早めに手仕舞いをしていくべきではないかと考えています。

■米国一強で続いてきた株高・米ドル高にも陰りか
 2月21日(金)に発表された米国の2月サービス業PMI(購買担当者指数)は49.4と、節目の50を割ってきました。

 ここまでは米国一強の動きで、米国株高や米ドル高が続いていましたが、その動きにも陰りが出てくるのではないかと思います。

 中国やオーストラリア、ユーロ圏などの経済指標が悪かったとしても、米国の経済指標には強いものが続いたため、米ドルを買いやすかったのですが、米国にも影響が出てくるようであれば、米国株も軟調になり、米ドル高への期待もできなくなってきます。

 ただ、これまでの米ドル高のトレンドは終わると思いますが、消去法的に買えるのは、米ドルしかないように思います。

 ここまで米ドル高が続いたため、そのポジション調整も出ると思いますので、一時的に米ドル安にもなると思いますが、その動きは限定的ではないかと思います。

■約11年ぶり安値の豪ドル/米ドルは戻り売りで
 株式市場が下がるようであれば、オセアニア通貨はまだ、弱くなりやすいと思います。

 豪ドル/米ドルは、約11年ぶりの安値となっており、短期的には行き過ぎの状態ですが、戻りがあれば売りで良いのではないかと考えています。

 これまでのような米ドル高は続かないと思いますので、今年(2020年)に入ってからの豪ドル/米ドルの下降トレンドのような、下げ続ける動きは続かないと思いますが、コロナウイルスの感染拡大が収まるまでは、豪ドル/米ドルは戻り売りで良いのではないかと思います。

 米ドルが積極的に買える通貨ではなくなったため、豪ドル/米ドルは上下動が激しくなる可能性がありますが、長期的なサポートを割ってきていることもあり、戻り売りで考えています。

ザイFX!

関連ニュース

最終更新:2/25(火) 14:11

ザイFX!

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

クレジットカード徹底比較

JNB投資信託キャッシュバック

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング