IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は781円安と大幅続落、1年2カ月ぶりの下げ幅、新型肺炎リスク警戒で全面安=25日後場

2/25 15:18 配信

モーニングスター

現在値
郵船1,346-4
商船三井1,789+2
川崎船899+62
リクシルG1,288+68
東洋製缶H1,143+16

 25日後場の日経平均株価は前週末比781円33銭安の2万2605円41銭と大幅続落。全面安の展開となり、下げ幅は18年12月25日(1010円45銭安)以来1年2カ月ぶりの大きさ。朝方は、リスク回避の売りが先行した。新型肺炎の世界的なまん延による経済への影響が警戒され、24日の欧米株式が大幅に下落したことを受け、前場の早い段階で2万2335円21銭(前週末比1051円53銭安)まで急落した。一巡後は、時間外取引での米株価指数先物の反発などを支えに前引けに向けて下げ渋ったが、戻りは限定された。後場は、軟化して始まったが、再度売り込む動きにはつながらず、大引けにかけて2万2600円近辺でもみ合った。

 東証1部の出来高は17億7802万株、売買代金は3兆3101億円。騰落銘柄数は値上がり26銘柄、値下がり2129銘柄、変わらず5銘柄。

 市場からは「日足は実体部分に近い長さの下ヒゲを付け、1ドル=110円を割らずに時間外の米株先物も戻しているが、これでボトムとは言えない。当面は、新型肺炎の感染状況をにらみつつ、判断するしかない」(準大手証券)との声が聞かれた。

 東証業種別株価指数は全33業種が値下がり。業種別では、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> などの海運株や、LIXILG <5938> 、洋缶HD <5901> などの金属製品株が下落。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株も売られた。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株も軟調。三菱倉 <9301> 、近鉄エクス <9375> などの倉庫運輸関連株や、JR東海 <9022> 、京成 <9009> などの陸運株も安い。

 個別では、有機薬 <4531> 、ファイズHD <9325> 、MSOL <7033> 、アトラ <6029> 、アイモバイル <6535> などの下げが目立った。半面、Vキューブ <3681> がストップ高となり、セグエ <3968> 、エアーテック <6291> 、大幸薬品 <4574> 、ジャスト <4686> などの上げも目立った。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:2/25(火) 15:18

モーニングスター

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング