IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.5  住友電、シンクレイヤ、エンJPN、資生堂、JR東海、古河電など

2/21 11:32 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
住友電工1,070+6
シンクレイ741+10
エンJPN2,076+174
資生堂6,530+98
JR東海18,350+805

★9:51  住友電気工業-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 5G恩恵うけるが主力の自動車の利益成長は緩やか
 住友電気工業<5802>が小幅高。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、情報通信は 5G恩恵うけるが、主力の自動車の利益成長は緩やかと指摘。投資判断は「Neutral」を継続、目標株価は1650円→1840円に引き上げた。

 投資判断理由として、(1)CASE対応の研究開発費が高水準で続く自動車事業は大幅な増益が見込みにくいこと、(2)エレクトロニクス事業もFPC不振が響いていること、(3)産業素材事業は世界経済悪化の影響が顕著に出ていること、などにより利益成長は緩やかとの見方は変えていない。
 一方、CASE対応コストの一巡が実現すれば、自動車事業と非自動車事業の両輪による成長が確認できるとみるため、株価は再評価につながるとみている。

★9:54  シンクレイヤ-大幅高 中国広東省の工場で生産を一部再開
 シンクレイヤ<1724>が大幅高。同社は20日、生産拠点である中国広東省中山市の工場において、同日より生産ラインの一部が稼働したと報じた。同工場については新型コロナウイルスの影響により、生産を停止していた。
 

★9:57  エン・ジャパン-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 妥当PERを人材銘柄平均に変更
 エン・ジャパン<4849>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、妥当PERを人材銘柄平均に変更。投資判断は「Neutral」を継続、目標株価は4900円→3300円に引き下げた。

 従来は、新サービス「エンゲージ」に対する株式市場の期待を反映させる形で、業界平均よりも高い上場来平均PERを妥当バリュエーションとみていたが、今般の20/3期会社計画の下方修正を踏まえ、再び人材関連銘柄としての今後の動向がより株式市場で意識される展開になったとみて、再び主要人材関連銘柄平均PERに変更した。

★10:10  資生堂-野村が目標株価引き上げ 短期は減速も中長期の成長力は高い
 資生堂<4911>が小幅高。野村証券では、短期は減速も、中長期の成長力は高いと指摘。レーティングは「Buy」を継続。目標株価は7700円→8500円に引き上げた。

 インバウンド(訪日観光客)・トラベルリテール(免税チャネル)・中国本土の販売など、連結売上の35%近い4000億円弱が中国人向け売上と推測しているが、新型肺炎の影響により1月下旬以降、これらの売上は大きく落ち込んでいるとみている。20.12期の会社計画営業利益1170億円に新型肺炎の影響は織り込まれていないとし、野村では20.12期上期(6ヶ月)に中国人向け売上が約3割減と想定し、新型肺炎の影響がない場合に対し売上で約600億円減、営業利益で約250億円減を見込む。一方、中長期では中国人向け販売拡大や欧米の収益性改善が利益成長ドライバーになるとみている。

★10:12  JR東海-反発 東海道新幹線の利用 東日本大震災以来の低水準
 JR東海(東海旅客鉄道)<9022>が反発。同社は20日、2月1日から2月19日の東海道新幹線の利用が前年同期比で8%減となったと発表した。金子慎社長が定例記者会見で明らかにした。

 20日の読売新聞オンラインによれば、平日の7%減に比べ、休日は11%減となった。金子慎社長は「旅行の取りやめが発生していると思われる」と述べたようだ。訪日客に人気のある飛騨高山方面に向かう特急など、在来線の特急列車も15%落ち込んだとしている。
 
 なお、株価は前日比160円安で寄り付いたが、売り一巡後は押し目買いが入り、プラスに転じている。

★10:12  古河電気工業-SMBC日興が目標株価を引き下げ 成長期待はあれども市場環境は厳しい
 古河電気工業<5801>が反落。SMBC日興証券では成長期待はあれども市場環境は厳しいとコメント。投資評価は「2(中立)」を継続、目標株価は3300円→2800円に引き下げた。

 20/3期、経常利益予想を230億円から179億円に下方修正(会社計画は185億円)した。電力ケーブル以外、全ての事業で減額修正を行ったという。21/3期、経常利益見通しを290億円から220億円に減額修正した。火災影響など一過性要因の一巡、ペントアップ需要から、データセンター向けのヒートシンク、ブランク、半導体用テープが回復すると見込んでいるためとコメント。ただ、新型肺炎の影響は現段階では不透明。また、光ファイバーの市場環境は従来考えていたよりも厳しいと予想している。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:2/21(金) 11:32

トレーダーズ・ウェブ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング