IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビットコインの絵文字、Twitterに登場

2/18 6:30 配信

CoinDesk Japan

ツイッター(Twitter)はビットコインマークがついた新しいハッシュタグを稼働させた。創業者のジャック・ドーシー氏はビットコインが世界共通のウェブ標準の1つになることを求めている。

ジャック・ドーシー氏がツイート

ジャック・ドーシー氏は2020年2月9日(現地時間)、ビットコインのシンボルマークの絵文字がハッシュタグ「#bitcoin」あるいは「#btc」の後に自動的に表示されるようになったとツイートした。

ドーシー氏のツイートにはまた、ユニコード(インターネット向けのテキストと絵文字の標準)のツイッターアカウントが@マーク付きで含まれていた──同氏はすべてのウェブプラットフォームで使える絵文字の導入をユニコードコンソーシアムに求めているのかもしれない。

これまでのところ、ビットコインのシンボルマークの絵文字がついたハッシュタグは従来のタグのみで機能し、仮想通貨取引について語るときにツイッターユーザーの間で人気の「$BTC」では機能しない。

ビットコインのシンボルマークの絵文字は、フェイスブック(Facebook)、リンクトイン(LinkedIn)、ツイッターといった主要なインターネットプラットフォームを超えて幅広くサポートされている絵文字の中にはない。ドーシー氏のツイートは、ビットコインのシンボルマークを標準的な絵文字として採用するようにユニコードに働きかけようとしていることを示している。

ユニコードは2017年から通貨記号の1つとしてビットコインのマークをサポートしている。だが現在、絵文字バージョンは存在せず、ビットコインのマークは白黒記号として表示される。一般的に知られているオレンジ色のマークではない。

絵文字つきのハッシュタグ

ツイッターは、最大100万ドル(約1億1000万円)でブランドの絵文字やマークを特定のハッシュタグの後に追加している。企業が競合からブランドを差別化し、消費者の間で話題となることをサポートすることがその狙いだ。

過去に人気を集めたブランドのハッシュタグは、2018年に購入された#PokemonLetsGoや、2015年のマーケティングキャンペーンの際に購入された#Coca-Colaなどだ。しかしこれらは通常一時的なもので、マーケティングキャンペーンの期間中に限られる。

ドーシー氏は有名な仮想通貨支持者だ。ドーシー氏がCEOを務める決済プラットフォーム、スクエア(Square)は2014年からビットコイン取引をサポートしており、2020年1月には関連する新しい特許を取得している。

2019年3月、ドーシ氏はビットコイン開発支援に特化した少人数のチーム、スクエア・クリプト(Square Crypto)も立ち上げている。

翻訳:山口晶子 | 編集:増田隆幸 | 写真:grejak / Shutterstock | 原文:Jack Dorsey Enables Bitcoin Emoji on Twitter Posts

CoinDesk Japan

関連ニュース

最終更新:2/18(火) 6:30

CoinDesk Japan

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング