IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は3日続落、肺炎懸念とGDP悪化で一時350円超安、OLCなどに売り/相場概況

2/17 16:19 配信

フィスコ

現在値
Fリテイリ41,570+630
ソニー6,260-62
村田製5,137-33
オリランド13,365---
日機装752-16

 日経平均は3日続落。14日の米国市場でNYダウは続落し、25ドル安となった。1月小売売上高が堅調だったことなどが好感されたものの、新型肺炎への懸念が根強く、3連休を前に利益確定の売りが出た。また、取引開始前に発表された2019年10-12月期国内総生産(GDP)速報値が前期比年率6.3%減となったことも嫌気され、週明けの日経平均は197円安からスタートすると、朝方には一時23335.99円(前週末比351.60円安)まで下落。ただ、売りが一巡すると中国・上海株や香港株の上昇を支えに下げ渋った。

 大引けの日経平均は前週末比164.35円安の23523.24円となった。東証1部の売買高は11億6591万株、売買代金は2兆0165億円だった。業種別では、空運業、食料品、金属製品が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのはゴム製品と水産・農林業の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の84%、対して値上がり銘柄は14%となった。

 個別では、ファーストリテ<9983>が軟調で、ソニー<6758>や村田製<6981>は2%超、OLC<4661>は4%超下落した。政府の有識者会議が新型肺炎について「国内発生の早期にある」との認識を示し、OLCなどのレジャー関連銘柄を中心に売りが出た。決算発表銘柄では日機装<6376>やキリンHD<2503>、クボタ<6326>が大幅安となり、マイネット<3928>やインフォMT<2492>はストップ安水準で取引を終えた。

 一方、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が続伸し、任天堂<7974>も小じっかり。ダイトウボウ<3202>などのウイルス対策関連銘柄が物色を集め、ニイタカ<4465>や大幸薬品<4574>はストップ高水準で取引を終えた。決算発表銘柄ではオープンハウス<3288>やIBJ<6071>、アウトソシング<2427>などが大きく買われた。《HK》
(マーケット概況)

フィスコ

最終更新:2/17(月) 16:27

フィスコ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング