IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今日の株式見通し=軟調か 米国株は小動きで反転材料に乏しい

2/17 8:17 配信

トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。先週末の米国株はまちまち。ダウ平均は25ドル安の29398ドルと小幅な下落。一方、S&P500とナスダックは小幅に上昇し、それぞれ史上最高値を更新した。エヌビディアなどの好決算銘柄には強い動きが見られた一方、1月小売売上高は弱めの内容で、全般的に方向感に欠ける展開となった。ドル円は足元で109円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建ては大証日中終値と比べて95円安の23535円、ドル建ては90円高の23540円で取引を終えた。

 米国株はほぼ変わらずという動きであるが、CME225先物からは3桁下落が示唆される。この週末も国内では新型肺炎に関するニュースが多く出ており、企業が社員に人が多く集まる場所への参加を原則禁止とする動きが出てきていることなども報じられている。米国株も3指数そろい踏みの上昇ではなく、全般的に警戒ムードの強い地合いになると予想する。決算発表が一巡して手掛かり難となること、今晩の米国株が休場であることなども、買い手控え要因となるだろう。CME225先物に寄せて安く始まった後も下値模索が続くと予想する。日経平均の予想レンジは23450円-23650円。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:2/17(月) 8:17

トレーダーズ・ウェブ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング