IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日の為替相場見通し=NYダウの動向など注目

2/13 17:51 配信

みんなの株式

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、新型肺炎への懸念が再燃するなかNYダウなどの動向に左右される展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=109円40~110円00銭。

 この日、ドルは朝方110円台に乗せ推移していたが、中国・湖北省の新型コロナウイルス感染症例が12日に1万4840件増加したとの報道を受け109円80銭台に急落。夕方の欧州時間に入ってからは109円70銭台に軟化している。前日の米国市場では、新型コロナウイルスへの懸念が後退したことでNYダウは最高値を更新し、ドルも110円台に乗せていた。それだけに、新型コロナウイルスへの警戒感が再燃しドルは再度110円を割り込んだことへの失望感は大きい。今晩の米国市場でNYダウが反落し、米長期金利も低下基調にあればドルはなお軟調な値動きが予想される。109円半ばの水準では下値に買いが入るとみられるが、上値も抑えられそうだ。




出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:2/13(木) 17:51

みんなの株式

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング