IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後場コメント No.4 塩野義、ゼンリン、エーアイ、日揮HD、精工技研、KDDI、リンガハット、ワールド

12/6 15:03 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
塩野義薬7,118-270
ゼンリン962-23
エーアイ723-24
博報堂DY1,897-45
日揮HLD1,056+6

★14:06  塩野義製薬-底堅い コロナワクチンの国内追加免疫試験を開始
 塩野義製薬<4507>が底堅い。同社は6日、新型コロナウイルス感染症ワクチン「S-268019」の国内追加免疫試験を開始したと発表した。

 この臨床試験では、mRNAワクチンを2回接種後6ヶ月以上経過した成人を対象に、新型コロナウイルスに対する免疫原性を主要評価項目として、3回目にmRNAワクチンあるいは「S-268019」を接種した際の有効性の非劣性検証および安全性評価を行う。

 今後の承認申請に向けては、現在実施中の国内第2/3相臨床試験の結果および最終段階の臨床試験結果をもとに、引き続き、厚生労働省や独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)などと協議を行うとしている。

★14:09  ゼンリン-反落 C.E.INFO SYSTEMSが上場 売り出し人として参加
 ゼンリン<9474>が反落。同社は6日14時、C.E.INFO SYSTEMSのインドのボンベイ証券取引所およびインド国立証券取引所への上場に伴う普通株式の売り出しに、売出人の1社として参加して株式の一部を売却すると発表した。

 売り出しに供する株数は136万9961株。売出価格は12月8日~12月24日のいずれかの日に決定する予定。今回の株式売却により特別利益の計上が見込まれるが、現時点ではその金額や業績への影響が算出できないため、判明次第公表するとしている。なお、株価への反応は限定的だ。

★14:18  エーアイ-後場下げ幅縮小 博報堂のプロジェクトチーム「エモテクJAPAN」に参画
 エーアイ<4388>が後場下げ幅縮小。同社は6日14時、博報堂DYホールディングス<2433>傘下である博報堂の新規事業推進組織「ミライの事業室」が発足するプロジェクトチーム「エモテクJAPAN」へ参画すると発表した。

 「エモテクJAPAN」は、人とエージェントの心を通わせる技術やノウハウの発展と市場の拡大を目的とした業界横断プロジェクトチームだという。このプロジェクトでは、共同実証実験などを通じた優れたユースケースの創出や、技術連携によるエコシステムの実現、国内外への戦略的な情報発信やセミナー・イベントの開催など多様な活動を協働して行うことで、各社が個別で抱えていた技術課題・ビジネス課題の解決を図りながら市場の成長を推進するとしている。

★14:23  日揮HD-続伸 マレーシアでFLNGプラントの基本設計役務受注
 日揮ホールディングス<1963>が続伸。同社は3日、海外EPC事業会社の日揮グローバルが韓国サムスン重工業と共同で、マレーシア国営石油会社のペトロナスが計画しているFLNGプラントに係る基本設計役務を受注したと発表した。

 この案件におけるプラントでは、マレーシアサバ州沖合のガス田から集積・前処理されたガスを利用し、LNGを洋上(沿岸)で年産200万トンのLNGを生産する予定だという。受注金額は非公表だが、納期は2023年1月の予定としている。

★14:25  精工技研-続伸 医療用マイクロ流路デバイス量産開始
 精工技研<6834>が続伸。同社は6日10時、医療用のマイクロ流路デバイスの製造ラインを確立し、量産を開始したと発表した。今後は、順次製造ラインを増設し、2024年3月期までには月産数10万枚レベルまで増産を計画している。

 マイクロ流路デバイスは様々な検査に使用することが可能で、生活習慣病をはじめインフルエンザの診断などでの検査や、需要が拡大している新型コロナウイルスのPC検査などの用途も見込んでいる。まずは主に医療機器メーカーやバイオ関連メーカー向けに提供していく予定であるが、将来的には海外展開も検討している。

★14:29  KDDI-続伸 「最強」ガラケーが4G対応 カシオ再タッグ=朝日
 KDDI<9433>が続伸。朝日新聞デジタルは6日10時、同社がカシオ計算機<6952>とコラボした二つ折り式の携帯電話「G’zOne TYPE―XX」を10日に発売すると報じた。
 
 記事によれば、防水性や耐衝撃性能を誇る人気シリーズだったが、カシオが携帯事業から撤退して製造をやめており、新作は9年ぶりになるという。3Gサービス終了が来春に迫る中、ファンの声に応える形で再びタッグを組んで復活させたようだ。製造は京セラ<6971>が担うとしている。

★14:38  リンガーハット-反落 11月度の既存店売上高4%増 全店は4%減
 リンガーハット<8200>が反落。同社は6日14時30分、11月度の純既存店売上高は前年同月比3.7%増だったと発表した。客数は2.7%減、客単価は6.6%上昇となった。全店売上高は同3.7%減だった。

★14:39  ワールド-続伸 11月度既存店売上高7%増 6カ月ぶりに前年実績上回る
 ワールド<3612>が続伸。同社は3日、11月度の既存店売上高は前年同月比7.3%増だったと発表した。5月度以来6カ月ぶりに前年実績を上回った。

 前月後半の増勢トレンドを引き継いだことや、月後半の気温低下で冬物需要の本格化が寄与した。ブランド別では「アンタイトル」など百貨店レディースが引き続きけん引したとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:12/6(月) 15:03

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング