ビットコインが4万4000ドルまで急騰、4万8000ドルのレジスタンスに向かう可能性

12/6 9:58 配信

CoinDesk Japan

ビットコイン(BTC)が5日に急騰し、コインベース(Coinbase)などの一部の暗号資産取引所では2022年4月初旬以来初めて4万4000ドル(約638万円、1ドル145円換算)を超えた。金利低下とアメリカでのビットコイン現物ETF(上場投資信託)承認への期待に支えられて上値を伸ばした。


複数の取引所から価格データを収集しているCoinDesk Bitcoin Price Index(XBX)の5日の値動きでは、4万2000ドルを下回っていたところから上昇し、当日高値の4万3868ドルを記録した。その後約4万3500ドルまで反落したが、過去24時間では依然として5%近く上昇している。


ブロックチェーン分析企業グラスノード(Glassnode)のデータによると、この荒い値動きにより、ショートポジションを中心にレバレッジをけたビットコインデリバティブ取引のポジション7300万ドル(約105億8500万円)分が清算された。


LMAX Groupの市場ストラテジスト、ジョエル・クルーガー(Joel Kruger)氏はメールで、機関投資家の関心の高まりとビットコイン現物ETF上場への期待が相まってビットコインの上昇を支えていると述べた。


クルーガー氏は、ビットコインの上昇の勢いは、テクニカル的な価格水準に基づいて4万8000ドル(2022年3月の高値)~5万3000ドル(2021年9月の高値)の領域まで明確な道筋を開いたと述べた。


クルーガー氏は、「これら2つのレベルの間には良好なゾーンがあり、現在の価格と2022年3月の高値の間には重要なレジスタンスはほとんどない」と説明した。


|翻訳・編集:林理南|画像:CoinDesk|原文:Bitcoin Blasts to $44K on Coinbase, Could Run Towards $48K Resistance: LMAX Analyst

CoinDesk Japan

関連ニュース

最終更新:12/6(水) 9:58

CoinDesk Japan

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング