IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京外国為替市場概況・17時 ポンド、底堅い

1/13 17:06 配信

トレーダーズ・ウェブ

 13日午後の東京外国為替市場でポンドは底堅い動き。昨日のベイリーBOE総裁の発言によってマイナス金利導入への思惑が後退するなか、欧州勢が参入するにつれて買いが強まった。ポンドドルは一時1.3700ドル、ポンド円は141.97円、ユーロポンドは0.8918ポンドまでポンド高に振れた。
 一方で、ロンドン8時(日本時間17時)前後に一転ドルの買い戻しが強まったため、ポンドドルは1.3670ドル台まで伸び悩んでいる。

 ユーロドルは頭が重い。17時時点では1.2203ドルと15時時点(1.2209ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ安水準だった。ポンドドルの上昇につれる形で1.2223ドルと日通し高値を付けたが、ユーロポンドが下げた影響も受けたため上値は限定的。ドルの買い戻しが散見されると17時過ぎには日通し安値となる1.2198ドルまで失速した。

 ドル円は小動き。17時時点では103.68円と15時時点(103.68円)とほぼ同水準だった。ポンド主導の展開となったため、ドル円は103.60円台を中心としたもみ合いとなった。

 ユーロ円は17時時点では126.53円と15時時点(126.58円)と比べて5銭程度のユーロ安水準だった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.53円 - 103.85円
ユーロドル:1.2198ドル - 1.2223ドル
ユーロ円:126.44円 - 126.76円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:1/13(水) 17:06

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング