IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

解決済み

厚生年金の給付乗率とはなんでしょうか。

厚生年金の給付乗率とはなんでしょうか。

回答数:3

閲覧数:4,433

共感した:0

プロフィール画像

yam******** さん

質問日:2016/07/16

違反報告する

ベストアンサーに選ばれた回答

給付乗率は、年金額の計算の際に平均標準報酬(月)額に乗じられる給付係数です。 「給付乗率」とは、生年月日によって変わります。年金制度が新しくなった昭和61年4月1日の時点で何歳であったかにより(当時40歳から59歳だった人20年にかけて)、設けられた経過措置です。 大正15年4月2日~昭和2年4月1日生まれ=1000分の9.5から昭和21年4月2日以降=1000分の7.125まで1年刻みで段階的に決められています。 (1)旧法の報酬比例部分の給付乗率は10/1000だったのですが、新法制定時に7.5/1000になりました。 この理由は、年金財政の逼迫による給付水準の切り下げと、第3号被保険者制度の創設による年金の個人化によって、標準的な老齢世帯(夫婦2人暮らし)における、厚生年金の負担が軽減されたためです。 (2)そして平成12年改正で、この給付水準が5%適正化(はっきり言えば給付水準の切り下げ)がありました。(7.5×0.95=7.125)これも年金財政の逼迫のためです。 (3)さらに平成15年4月から、賞与が平均標準報酬額に反映することになったため、年間賞与を年間月給与の30%と見込んで(つまり年間月給与×1.3=年間月給与+年間賞与)、改正前後の給付額が変わらないように、さらに給付乗率を切り下げました。(7.125÷1.3≒5.481) この場合も、賞与からの保険料を大幅に引き上げたのに、給付水準が変わらないように給付乗率を変えたのですから、実質的な給付水準の引き下げです。

プロフィール画像

yer********さん

回答日:2016/07/16

違反報告する

その他の回答

2

老齢厚生年金の報酬比例部分の額を計算するために 使用される率のことです。 現在は2つの乗率が使われています。 平成15年3月以前の、厚生年金保険加入期間は7.125/1000であり、 平成15年4月以降の、厚生年金保険加入期間は5.481/1000です。 何故違うのかは、賞与を含むか否かです。 但し、当面の措置(平成12年の法改正)では、旧乗率(従前額保障) でも計算をして、年金額が高い方を支給することになっています。 平成15年3月以前の、厚生年金保険加入期間は7.5/1000であり、 平成15年4月以降の、厚生年金保険加入期間は5.769/1000です。 この従前額保証の乗率を用いる場合は、再評価率に注意が必要です。 (平均標準報酬月額と平均標準報酬額が違ってくる場合があるからです) もう一つの注意点は、生年月日によっても乗率が違うということです。 昭和21年4月1日以前に生まれた人の乗率は段階的に引き上げられています。

プロフィール画像

鬼は外さん

回答日:2016/07/18

違反報告する

給付に対する乗率ですから、現行では現役世代の報酬の5割程度(5.769)支給します・・という率です。 下の回答についてい、回答者ほ書いた意味を理解しているのでしょうか? >年金制度が新しくなった昭和61年4月1日の時点で何歳であったかにより(当時40歳から59歳だった人20年にかけて)、設けられた経過措置です。 何に対しての経過措置なのでしょうか? >この理由は、年金財政の逼迫による給付水準の切り下げと、第3号被保険者制度の創設による年金の個人化によって、標準的な老齢世帯(夫婦2人暮らし)における、厚生年金の負担が軽減されたためです。 3号制度による年金個人化というどういう意味なのでしょうか?年金はもともと個人化されています。任意加入か3号の違いがなぜに新法で個人化なのでしょうか? また、厚生年金負担が軽減されたとはどう意味なのでしょう。3号の保険料は厚生年金財源で負担するのだから、厚生年金負担は増額されていると思うのですが? >(2)そして平成12年改正で、この給付水準が5%適正化(はっきり言えば給付水 給付水準の適正化ってなんでしょう。? >年間賞与を年間月給与の30%と見込んで(つまり年間月給与×1.3=年間月給与+年間賞与)、改正前後の給付額が変わらないように、さらに給付乗率を切り下げました。(7.125÷1.3≒5.481) 平均標準報酬月額を算出するときに、賞与はきちんと平均に組み込まれます。つまり賞与が高いと平均標準報酬月額も高くなるという計算です。質問者の回答では、平均に賞与が組み込まれないから、30%と見込んで1.3にしたというように読み取れます。意味不明です。 >この場合も、賞与からの保険料を大幅に引き上げたのに、給付水準が変わらないように給付乗率を変えたのですから、実質的な給付水準の引き下げです。 上記の意味が理解できません。 こんな回答は、あっているのか間違っているのかを確認もしていない、どこかのコピペですよね。あなたの知識での回答ではないはずです。

プロフィール画像

tom********さん

回答日:2016/07/18

違反報告する

疑問が解決しなかった場合は……

Yahoo!知恵袋で質問をする

Yahoo! JAPAN IDが必要です

Yahoo!ファイナンスニュースコラム FPがお金の悩みにズバリ回答!
お金のサービス徹底比較 国内最大級の掲載数からあなたのイチバンが見つかる!

カードローン

300

金利や借り入れ最短時間など4つのランキングから最適なカードローンが選べます

借り入れが早い順

データ更新日:2021/10/21