優待銘柄特集

3月のおすすめ

3月に権利確定する優待銘柄数はなんと約740も!

3月は1年間で最も多くの株主優待がもらえる月となっています。その優待銘柄数は約740銘柄もあり、人気の飲食店や化粧品メーカー、証券会社や航空会社など、様々な企業の優待がもらえるチャンスです!優待の種類は自社サービス割引券や商品、カタログギフト、QUOカードから無料宿泊券まで多岐に渡ります。なかには優待品の利回りが投資資金の10%を超えるものも存在し、非常にお得な優待サービスを受けられます。

ここでは、『投資資金50万円以下』×『好業績』×『優待利回り』×『全国利用可能』の4つの指標を重視。数多くの株主優待のなかから、カテゴリーごとに12銘柄をピックアップしました。例えば、同じQUOカードでも投資資金が安く、権利落ち日にも下落しづらい銘柄を選んでいます。株主優待探しの参考になれば幸いです!

優待獲得までの流れ

  • STEP1

    証券口座を開設
    開設までに約1週間
    程度かかります
  • STEP2

    3月権利確定の
    優待銘柄を購入
    権利確定日の
    3営業日前までに!
  • STEP3

    購入した銘柄の
    株主優待を獲得
    平均して3ヶ月程度で
    自宅に届きます。

株主優待のもらうための条件

「優待対象株数」をチェックしよう!

株主優待をもらうためには、一定の株数を保有する必要があり各企業で異なっています。しかし、多くの企業は最低単元の買付が優待の対象となっています。また、保有する株数が多ければ多いほど良い優待がもらえる企業もあります。

「権利確定日」に注意!

株主優待を受けるには、『権利確定日』に株主名簿に登録されておく必要があります。株主名簿に登録されるためには、権利確定日の3営業日前に株主になっていなくてはなりません。この日を『権利付き最終日』といいます。権利付き最終日に株式を保有していると、配当金を出す企業であれば株主優待と同時に配当金ももらうことができます。

3月末に権利確定する銘柄の場合 328 までに購入を!

 権利付き  権利落ち 権利確定日
27
28
29
30
31

3営業日前

2営業日前

1営業日前

そして、翌日を『権利落ち日』といいます。権利落ち日には多くの場合、株価が下落する傾向にありますので注意が必要です。

注意しておきたいのは、株主優待は現物で保有している時のみであり、信用取引で買い付けしている場合はもらうことができません。また、札幌・名古屋・福岡の地方に単独で上場している企業の場合、取り扱っていない証券会社もありますので、優待銘柄の上場市場と、証券会社の取り扱い市場を確認しておきましょう。

編集協力:「みんかぶ」

出典:みんかぶ「今月のおすすめ優待銘柄」特集より抜粋

※最終更新日時:2017年03月18日00時53分

PR

マーケット