メルカリ上場特集

最終更新日時: 2018年06月19日19時01分

最新情報

関連記事

IPOに関する情報

 フリーマーケット(フリマ)アプリ最大手のメルカリ <4385.T> が6月19日に東証マザーズに新規上場することになりました。上場時の時価総額は最大4,000億円強が見込まれる大型IPOとなります。
 年初以降、上値が重かった株式市場も足もとでは再度、活気づいています。このなか、6月のIPO市場に登場するのがメルカリです。同社は、かねてから日本の「ユニコーン」(時価総額1000億円超の未上場企業)として注目を集めてきた有力ベンチャー企業であり、同社のIPOに投資家の熱い視線が集中しています。

メルカリのIPO情報

公募株数 18,159,500株
売出株数 22,554,800株
仮条件 2,700 ~ 3,000円
資金吸収額 1060億円前後
事業内容 CtoCマーケットプレイス「メルカリ」その他のマーケットプレイス関連事業の開発・運営等

 

主幹事 大和証券
単元株数 100株
市場 東証マザーズ
業種 情報・通信業

日本のユニコーンがいよいよ投資家の前に登場へ

日本国内のみならず米国やイギリスでも事業展開しており、グローバルベースでの経営を推進するCtoC(個人間取引)の電子商取引(EC)企業として注目度は高いです。16年6月期の売上高は120億円程度に達したとみられ、昨年12月にはアプリの累計ダウンロード数は1億を超えるなど急成長が続いています。

メルカリとは?ダントツに支持されるフリマアプリの魅力に迫る!

フリマアプリ最大手で圧倒的知名度、簡単に出品・購入できる手軽さが魅力

メルカリとは

(C)みんかぶ

メルカリの創業は2013年2月。当初は「コウゾウ」という名前でしたが、同年11月に「メルカリ」に社名変更しています。 メルカリはフリマアプリの最大手として圧倒的な知名度を誇ります。フリマアプリは、個人がスマートフォン(スマホ)などの端末にインストールし使用します。スマホで写真を撮って、特徴を入力するだけで簡単に出品でき、ボタンを押すだけで購入ができます。毎日数十万品以上の新商品が出品されています。

「日本のユニコーン(評価額10億ドル超の未上場企業)」として、日本のみならず海外でもかねてから評判が高いメルカリが、いよいよ公開企業となり投資家の前に登場する日は近いです。メルカリへ出資しているとみられるユナイテッド <2497.T> や三井物産 <8031.T> 、伊藤忠商事 <8001.T> 、GMOインターネット <9449.T> などの関連企業ともども今後、市場の関心を集めるのは必至です。それだけに、6月にかけ「メルカリ」を巡る動向からは目が離せません。

スケジュール

仮条件決定 6/1
ブックビルディング期間 6/4 - 6/8
公開価格決定 6/11
申込期間 6/12 - 6/15
払込期日 6/18
上場 6/19

価格情報

仮条件 2,700 ~ 3,000円
公開価格 3,000円
初値 5,000円

メルカリの業績・今後の展望

メルカリの業績

 17年6月期の連結売上高は前期比80.1%増の220億7100万円、経常損益は27億7900万円の赤字、最終損益も42億700万円の赤字となっています。18年6月期第3四半期(17年7月~18年3月)累計では売上高は261億4700万円、経常損益は19億5100万円の赤字、最終損益は34億3400万円の赤字でした。

今後の展望

 フリマアプリの市場は、日本ではサービス開始から数年程度の若いマーケットであり、今後も急速な成長が続くことが予想されています。また、米国を中心とする海外市場での開拓余地は大きいことが魅力です。海外では、同市場で独占的な地位を確保している企業はないとみられ、日本での実績を背景にシェアを拡大していくことが見込めます。メルカリが日本発のCtoC市場のグローバル企業として成長することへ期待が高まっています。

(出典:みんなの株式 より)

メルカリ の 基本情報

会社名 株式会社メルカリ
本社所在地 〒106-6118 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
設立日 2013年2月1日
資本金 125億5,020万円(資本準備金含む)
代表者 山田進太郎

※最終更新日時:2018年06月19日19時01分

Yahoo!ファイナンス
PR

注目の関連銘柄