この夏 期待のテーマ株話題のテーマから有望株をピックアップ毎週月曜、水曜更新

宇宙ビジネス

宇宙開発は国や政府の事業というイメージがあるが、米国では2006年にNASA(米航空宇宙局)が、国際宇宙ステーションへの物資輸送を民間企業に委ねる商業軌道輸送サービス(COTS)にかじを切ったことで、民間の宇宙ビジネスが加速した。

協働ロボット

従来の産業ロボットは工場内で大きなスペースを使い、柵で囲って人と隔離されていた。が、協働ロボットは小型で柵もなく、人と一緒に作業を行う。英語でコラボレイティブ・ロボット(コボット)と言う。

トイレ革命

習主席は2015年に「トイレ革命」を推進すると明言。昨年10月末までに約6万8,000カ所のトイレが新設・改修されたと伝えられる。トイレ問題は中国だけのものではない。世界ではいまだ、3人に1人がトイレを使えず、不衛生による下痢性疾患で5歳未満の子供が年間30万人も亡くなっている。

無人店舗

スマートフォン(スマホ)の普及があり、加えてセンサーの技術向上、顔認証、電子タグ、無人レジといった新技術の登場によって、本格的な無人店舗の運営が可能になった。グーグルの「グーグル・ゴー」が今年1月に開店して話題になったが、中国では「ビンゴ・ボックス」など複数の無人店舗が開店している。

パワー半導体

SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)を材料とする次世代型のパワー半導体の実用化が進んでいる。これによって送電システムやデータセンターの電気損失を低減させたり、太陽光パネルで発電した電力を家庭用電気に変換するパワーコンディショナーを効率化させたりすることができる。

オムニチャネル

「オムニ」は「すべての」「あらゆる」の意味を持つ接頭辞。あらゆるチャネルをシームレスにつなげて、顧客が便利に買い物ができる環境をつくることを言う。

3Dプリンター

CADやCGの3次元コンピュータデータを取り込み、樹脂や金属などで立体的に造形する機械が3Dプリンター。

量子コンピュータ

量子コンピュータは、スーパーコンピュータが何日もかかる計算を、短時間でこなす能力がある。現行コンピュータは半導体で電気信号を制御し、2進法で0か1の「ビット」を単位とする。一方、量子コンピュータは、0と1が重ね合った「量子ビット」を単位とするので、超高速演算が可能になる。

音声アシスタント

音声アシスタントは、話し掛けることで機械を操作したり、情報検索やアドバイスまで受けられる機能のこと。アップルのSiri、マイクロソフトのコルタナ、グーグルのグーグルアシスタント、アマゾンのアレクサ、LINEのクローバで実用化されている。

介護ロボット

介護が必要な「要介護者」を補助し、介護する「介護者」の負担を軽減する機器が「介護ロボット」。「介護支援型」「自立支援型」「コミュニケーション・セキュリティー型」の3つに分類される。

水素社会

第三の道として「水素」が挙げられている。水素は天然ガスなどの化石燃料、バイオマス、製鉄所や化学工場等からの副産物、自然エネルギーなどさまざまな方法で製造できる。

インスタグラム

昨年の新語・流行語大賞に選ばれたのが「インスタ映え」。スマートフォンなどで写真や動画を投稿するSNS(交流サイト)「インスタグラム」に、ひときわ映える、引き立つ写真を投稿することを示す言葉。

黒鉛電極

鉄鋼製造では鉄鉱石を原料とする高炉と、鉄スクラップを原料とする電炉がある。電炉は電気でスクラップを熱して溶かすが、その導電体として使われるのが黒鉛電極。この黒鉛電極の価格が昨年急騰。3倍あまり跳ね上がったと伝えられる。

eスポーツ

「eスポーツ」は「エレクトリック・スポーツ」の略で、コンピュータゲームやビデオゲームでの対戦をスポーツ競技としてとらえたもの。反射神経や操作の正確さ、さらには素早い状況判断、高度な戦略・戦術が要求されることからスポーツだと位置付けられている。

陸上養殖

魚類の養殖は、海上や池、河川に網などで隔離したゾーンで行われる。が、赤潮や台風など自然災害、水温や水質など環境変化の影響を受けやすいという脆弱(ぜいじゃく)性がある。餌による海洋汚染を起こす場合もある。

はやぶさ2

現時点でJAXA(宇宙航空研究開発機構)が運用中の科学衛星・探査機は8つあり、2014年打ち上げの小惑星探査機「はやぶさ2」はその一つ。

特集掲載期間: 2018年6月25日(月)~7月20日(金)