秋冬は投資の“旬”だった!? いい投資の日 Yahoo!ファイナンス特集

いい投資の日キャンペーン実施中

特集

投資にも「旬」があるらしい!
大学教授に聞いてみた

はじめさん
最近投資を始めたサラリーマン。
岡田先生
投資に詳しい大学教授。専門は行動ファイナンス。

11月19日(月)開催 無料 いい投資の日記念イベント2018  お申し込みはこちら(外部サイト) 会場:東京証券取引所

投資にも
旬がある……?

一年を通じて株式市場を見たときに、利益を得られる可能性の高いタイミングがあるのを知っていますか?

えっ そうなんですか?

意外かもしれませんが、投資の世界にも「旬な時期」と「そうでもない時期」というのがあるんです。野菜や果物みたいですよね。
今日は、実際のデータと共に説明していきましょう。

ハロウィンと投資の
不思議な関係

実は、まさに今どきの季節こそ投資にとっての旬な時期なんですよ。

ハロウィン効果」とか
セルインメイ(Sell in MAY 株は5月に売れ)
といった言葉をニュースなどで見かけたことありませんか。

これは、11月から翌年4月までの投資リターンが高い傾向を指して言います。データで見てみましょう。

こんなに長い期間の数字で実証されているんですね。
これって海外のことみたいだけど、日本はどうなんですか?

ハロウィン効果と呼ばれるくらいなので米国は顕著ですが、
日本でも、そして北半球のその他の国々でも見られる現象なんですよ。

ハロウィン効果は特に北半球の国々で見られる

ちなみに、過去50年の日本株データ(TOPIX)を使って調べたところ、
6か月間の保有を前提として、さらに細かく日単位で見ると、
『11月14日』がベストの投資開始日ということになります。

実際には日付までこだわらずとも、この11月から年末くらいの時期というのは、過去50年間のデータを見る限りは投資を始めるのに適した時期のようです。

なるほど、データに裏付けされた「旬」と言えますね!

「旬」に着目した
投資術とは

では、これから僕たちが投資をはじめるとしたら、どうすればいいのでしょうか?

ハロウィンから年末くらいにかけての時期にTOPIXなどのインデックスファンド投資をスタートし、6か月後に売却して、その後の半年は何もしないでじっとしている、そしてこれを毎年繰り返す、という手もありますね。

日本株の過去データを使って、もしこれを実践していたらどうなっていたか、みてみましょう。

こんな実験結果が! これなら僕もできそうですね。

ただし!
これは50年間などの長期間における傾向であって、毎年必ず発生するものではありません。年によってはまったく逆の動きをすることもあります。

数十年といった長期投資を考えるうえでは有効ですが、短期的には用いないほうがよいでしょう。

確かに……。最初の1、2年でうまくいかなければ、もう止めてしまいそうですね……。

ビッグデータとAIを使って
各銘柄の「旬」を見つけ出す

もっと他のやり方ありませんか?

株式市場全体では年前半ころ(11-4月)に旬があるようなので、今度はひとつひとつの企業ごと、国内の全上場銘柄について「旬」を調べてみました。

そんなことできるんですか? どうやって調べるんですか?

はい、人力ではとてもたいへんなので、AI(人工知能)の出番です。
膨大なデータ(ビッグデータ)から固有のパターンを見つけ出すのはAIが得意なのです。その結果を一部ご紹介しましょう。

ハロウィンシーズンとは限らないんですね、銘柄ごとに旬な時期って違うんですね。

はい、それぞれの企業ごとに特徴や個性があるので、旬の時期もさまざまです。

これを活用して、その時々の旬な銘柄を組み合わせ、旬が終わったら入れ替えるという運用ができれば、1年を通じて超過収益をねらうことも可能になります。

自分で調べるのは大変だけど、AIがやってくれる時代になってきてるんですね!

明日のために……
資産形成の心構え

なんとなく始めてみたけど、先生の話を聞いて、あらためて自分の投資を見直してみようと思いました。

今日の話はひとつの切り口ですが、投資や資産形成としっかり向き合うのは大切なことです。

最後に、私なりの資産形成の心構えをお伝えしたいと思います。
投資初心者の方、まだまだこれから、という方はぜひ参考としてみてください。

投資初心者の心構え

  1. 1.手数料はボディーブローになることを心に刻む
  2. 2.長期投資で時間を味方につける
  3. 3.テーマや流行に乗った投資はさける

理想の投資とは、手数料を抑制した指数平均をコンスタントに上回る投資信託を長期保有すること

お得に投資を始めるならこちら

「いい投資の日」の期間限定! キャンペーン実施中

コンテンツ監修

岡田克彦
関西学院大学大学院経営戦略研究科・教授
(株) Magne-Max Capital Management社CEO

1963年、兵庫県に生まれる。関西学院大学大学院経営戦略研究科教授。行動経済学会会長。
Magne-Max Capital Management社CEO。ワシントン大学大学院でMBAを取得。神戸大学大学院博士後期課程修了。博士(経営学)。モルガン・スタンレーとUBS証券でデリバティブ・トレーディングと資産運用に従事。その後、シンガポールでヘッジファンド運用会社を共同経営したあと、研究活動に主軸を移す。

続きを読む いい投資の日キャンペーン実施中

期間限定

いつもよりお得な
「いい投資の日キャンペーン」
実施中

全国各地から「いい投資の日」にちなんだ様々なキャンペーンを集めました。
この機会に、キャンペーンを利用してさらにお得にはじめてみませんか。

実施中のキャンペーン(外部サイト)

  • 近日公開予定

  • 近日公開予定

  • 詳しい適用条件は各社のページをご確認ください。
  • キャンペーンは各社ごとの主催となります。ご不明な点は、各社問い合わせ窓口までお問い合わせください。

ヤフーグループの運用会社・アストマックス投信投資顧問からのお知らせ

  • 株式の「旬」をAIが探し出す! ヤフーグループの投資信託 Yjam