個人投資家が1億円を作る方法とは? 近年AIを投資に生かす動きが本格化。AI投資の第一人者、関西学院大学大学院の岡田克彦教授の
最新著書「Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略」は、
AI投資の全てがわかりやすく書かれています。
今回の特集では、大きく変わろうとしている投資の最前線を全4回でお伝えします。

「投資家心理」をAIで読み解け!編

人はなぜ、投資で負けてしまうのか

1億円以上の利益を稼ぐ「億り人」の話題や、 仮想通貨をきっかけに投資に興味を持った人も多いことでしょう。 しかし、実際に「投資」で勝ち続けるのは至難の業! 株式取引では6割から7割程度の個人投資家が「負ける」といわれる厳しい世界でもあるのです。

岡田教授が語る「悪い投資パターン」。「ひとつの銘柄だけに集中投資している」
      「気が向いた時に買って、そのまま放置している」「大きな含み損を抱えたまま、損切りできない」そして「刻々と変わる市場心理を読み解くことができない」

トランプ大統領誕生で見えた市場心理の不思議

トランプ米大統領誕生が確実となった2016年11月。
番狂わせの結果を受けて日経平均株価は一日で5%を超える大暴落を記録して取引を終えましたが、欧米などの海外市場がそれほどの波乱が起きなかったため、 翌日の日本の市場は大幅上昇。
その後、日本でも年初来高値を更新しながら高値を切り上げて行きました。
そこに大きく影響したのは投資家の 不安心理
「トランプ大統領が誕生したら、株式市場は大混乱に陥る」と言っていた専門家の多くは、株価が上がるにつれて「経済成長が期待できる」と言い始め、 株価は加速度的に上昇していったのです。

相場には常に投資家心理がある

1995年1月。阪神・淡路大震災が発生した日も株価は下落してスタート。 被害の大きさを考えれば、これは当然の動きです。
しかし、翌日には株価は次第に落ち着きを取り戻し、特需が見込める企業の株を買う動きが見え始めました。
特需だけでなく、「ニッポンは大丈夫だ。必ず復興する」。
そんな投資家心理も働き、震災後の数日間の相場が形成されていたようにも見えました。
そう、良いことがあったから株価が上がる、悪いことで下がるというほど相場は単純なものではなく、出来事のインパクトもさることながら、 その出来事を投資家がどう感じるかという心の動きが重要なのです。

投資家心理が相場の流れを変える時も

実は、この阪神・淡路大震災の時、裏で、あるイギリス系投資銀行のトレーダーの行動が相場に大きな影響をあたえていたのです。
彼は、震災発生前から持っていた日経平均先物のロングポジション(買い持ちのポジションで相場が上昇すれば利益、下落すれば損失となる)を下げさせるわけにはいかず、 隠し口座を使って相場を買い支えるという暴挙にでました。
所属していた投資銀行を簡単に吹き飛ばしてしまうほどの大きな注文であるにもかかわらず、です。
日経平均が予想よりも下がらなかったのは、ある意味、彼のおかげなのでしょう。 思ったより下がらなかったからこそ、投資家の人々は慌てて株を売るのではなく、 一部の銘柄に対しては買いに転じたという現象が起きたのです。

プロも投資家心理に逆らえば、失敗する

人は何かが起こった時、他の人がどうするかを見て、自分も行動を起こします。
この多くの人が集まり、発揮される「群集行動」のパワーは、思いのほか大きい。特に、何が正しいのかわかりにくい環境では、 相場は群集行動の影響を大きく受けます。
震災の翌週から、投資家心理はマイナスの方向に固まり始め、株価は下落。
不正に手をそめたトレーダーの彼は、逃亡先で逮捕され、実刑判決を受けました。
また、トランプ氏が大統領選に勝利した2016年、金融危機以降で最多のヘッジファンドが閉鎖に追い込まれたことも、 すご腕とされるプロであってもこの群集行動を正確に読み解き、「勝ち続ける」ことがいかに難しいか を物語っているといえるでしょう。

悪い出来事があっても相場が下がるとは限らない。投資家がどう感じるかという心の動きが重要。

投資家心理を数値化し、AIが学習する

では、注目度が高まるAIはどうなのでしょうか。
株式運用のためのAIを開発し、運用助言を行うマグネマックス・キャピタル・マネジメント(MMC)を創業した関西学院大学大学院の岡田克彦教授は、 著書『Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略』の中で、
株式市場を複雑にする投資家の不安心理ですが、これを数値として扱うことはとても重要です。 現代のように、様々な人々が、いろいろな思いをウェブ上に吐露する時代では、 大規模にデータを集めてこの不安心理を何らかの数値情報に変換し、AIに入力することで、株価予想の一助とすることができるのです」。と書いています。

すご腕トレーダーvs.AI

さらに岡田教授は、「私がかつて勤めていた証券会社に、Dさんというすご腕の現物株トレーダーがいました。 毎月毎月コンスタントに利益を積み上げていくのです。彼が長年相場と格闘して体得した、群集投資家の動きに対する洞察力があったからだと思います。 私たちは日々、試行錯誤しながら、さまざまな特徴量(過去に群集行動で売られ過ぎた状態に陥った時の多種多様な因子など)を試し、 Dさんの再現をAIでできるように模索しているのです」。とも書いています。
株価にトレンドが発生するのは、多くの投資家が同じ方向を見ているから。Dさんのようなすご腕トレーダーの投資行動をアルゴリズム化できれば、 相場全体を見下ろして投資家がみな同じ方向を向いているかどうかを可視化することもできるでしょう。
人間を上回る冷静さと、冷淡なほどの行動力を持ち、群集心理の読み解き方とすご腕トレーダーの磨き上げられた感性を加えていく----。 膨大なデータを取り込み続け、成長し続けていくAIとの対決は、いずれ人間が全く勝てないレベル にまで達してしまうのかもしれません。

市場の動きに対する人とAIの違い。AIは思い込みに左右されず事象そのものを事実として捉える。

AIを活用した金融商品、どう選ぶ?

AIを活用した投資信託は今、次々に生まれていて、ネット、 銀行や証券会社の窓口でも購入できるようになりました。人の能力を超えた分析を元に運用される投資信託が増えることで、 個人投資家は自分の弱さを補い、ポートフォリオを充実させてくれる金融商品が成長していくでしょう。
しかし、岡田教授は「世界レベルでいえば、AIの優秀な研究者はごまんといるので、最終的には、金融のセンスをどうAIでモデル化するか、 そのための良質なビッグデータをどう取得するか、爆発的に増加するデータを時間内に計算させるための計算資源をどう確保していくか、 こうした分野の競争になると思われます。」と、注意点も話します。世の中に情報はあふれ返っていますが、賢いAI投資信託を作れるデータは特別です。 できれば、投資家との関係性が深く、より生活に密着した良質なビッグデータで育ったAI投資信託を選びたいですね。
このように、安心して投資できるAI投資信託を選ぶために、私たちももっと知識を養わなければなりません。 岡田教授の著書には、AI投信が相場をどのようにモデル化しているのかが詳しく説明されていますので、まずはご一読を。 あわせて、このシリーズでも次回は「AI投資の仕組み」を詳しくお伝えします。

  • 岡田克彦
    AI投資について教えてくれた先生
    岡田克彦 Katsuhiko Okada
    関西学院大学大学院経営戦略研究科・教授
    (株) Magne-Max Capital Management社CEO
    1963年、兵庫県に生まれる。関西学院大学大学院経営戦略研究科教授。
    行動経済学会会長。
    Magne-Max Capital Management社CEO。ワシントン大学大学院でMBAを取得。 神戸大学大学院博士後期課程修了。博士(経営学)。 モルガン・スタンレーとUBS証券でデリバティブ・トレーディングと資産運用に従事。 その後、シンガポールでヘッジファンド運用会社を共同経営したあと、研究活動に主軸を移す。
  • Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略
    参考書籍
    Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略
    出版社: 講談社 発行日:2018/4/26  
    人工知能を使って20年間で1億円を作る方法! 一日に約4000万人が利用するヤフーの 日本語ポータルサイトは世界的にも希有な存在。ニュースへのアクセス数や、ショッピングの傾向、 そして恋愛や映画の嗜好まで分かり、加えてレベルの高い独自のファイナンス情報も提供している。 こうして集められた膨大なビッグデータを分析すると、未来が正確に見える。ヤフーのビッグデータを学習した 人工知能を使った投資を徹底解説!!

AI投資をさらに詳しく!

岡田克彦教授の登壇イベント

参加無料

「インベスターZ」出演者と学ぶ! おかねの特別授業

出演予定:ドラマ「インベスターZ」出演者

出演予定
ドラマ「インベスターZ」出演者

©️三田紀房/コルク
©️「インベスターZ」製作委員会

  • 第1部:トークセッション「イオンやイオンカードのおトクな活用法」
  • 第2部:トークセッション「長期分散投資の具体的な実践法」
  • 第3部:講演「Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略
    ~AIを使ってお金に働いてもらう方法~」
  • 会場:イオンシネマ全国13劇場(メイン会場:イオンシネマ板橋
  • 日時:2018年9月4日(火) 13:00~15:00
イベント詳細(外部サイト)

参加無料

夏の資産運用セミナー

出演:JOY氏

出演: JOY

これからの「おかねのこと」を考えたい方必見!

  • 第1部:Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略
  • 第2部:さぁ、はじめよう♪群馬で¥JOY(エンジョイ)マネートーク&握手会(抽選)
  • 会場:群馬県前橋市 ベイシア文化ホール 小ホール
  • 日時:2018年9月2日(日) 13:30~16:00
イベント詳細(外部サイト)

アストマックス投信投資顧問
株式会社からのお知らせ

AIを使った投資信託

Yjamプラス

ヤフーのビッグデータから生まれた、
持続的・安定的に市場を上回る収益を目指す投資信託

ビッグデータ
検索や株価など、ヤフーが持つ
100サービス以上の膨大なデータ
人工知能 (AI)
市場の規則性やパターンを学習したAIが
投資家心理によって生まれた
「株価の歪み」を探し出す
詳細をみる (特長・販売会社・基準価額)

※本コンテンツは、ヤフー株式会社の著作物であり、転載・利用するには当社の許諾を事前に得て頂くことが必要です。

記事提供:内田まさみ