IDでもっと便利に新規取得

ログイン

消費税増税におけるキャッシュレス・ポイント還元、一番トクする方法は?

記事提供元:株式会社ぱむ

クレジットカードの画像
写真:アフロ
2019年10月、ついに消費税の税率が10%になりました。もっと買いだめしておけば良かったという方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカード決済などのキャッシュレス決済を利用すると、増税前よりもおトクに買い物ができる可能性があることをご存じでしょうか。
この記事では、今話題のキャッシュレス決済に対するポイント還元制度について、その概要やおトクな活用方法をご紹介します。

消費税増税とともにスタート! キャッシュレス決済に対するポイント還元制度

消費税増税とともにスタートした「キャッシュレス決済に対するポイント還元制度」は、増税による消費の落ち込みを抑制し、キャッシュレス化も推進しようという制度なのですが、全ての店舗、キャッシュレス決済手段に適用されるわけではありません。
制度を賢く活用するために、まずは概要と対象店舗、対象の決済手段を確認していきましょう。

【概要】
経済産業省の公式ホームページによると、「対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済でお支払いをすると、最大で5%のポイント還元」を受けられる制度となっています。

【対象の店舗】
対象となる店舗は、経済産業省に申請し登録された店舗となっています。
そう聞くと難しそうですが、対象店舗の探し方は、実はとても簡単です。
その方法は、以下の2つです。

自分が訪れる店舗がポイント還元の対象店舗なのか事前に知りたい方はアプリやwebを、現地で分かれば良いという方は店頭のポスターやステッカーを確認してください。
また実際の店舗だけではなく、Yahoo!ショッピングなどのオンライン店舗も対象です。

増税直前の2019年9月2日現在、対象となる店舗は全国約28万件、9月5日現在で登録申請中の店舗は約58万件あります。店舗の登録申請は2020年4月末まで受け付けており、対象の店舗は今後も随時増えていくことが予想できます。

【対象のキャッシュレス決済手段】
ポイント還元の対象となる主なキャッシュレス決済手段は以下の4つです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • QRコード
  • 電子マネー

日本国内で発行されたクレジットカードやデビットカードであれば、ほどんどのカードがポイント還元の対象です。 QRコードは対象であるものと対象でないものがあり、店舗によっても利用可否が異なるため、注意が必要です。先ほどご紹介した地図アプリやweb、店頭のステッカーで確認が可能です。
また交通系の電子マネーは、事前に利用登録が必要なものがほとんどですので、注意してください。

【対象の期間】
このキャッシュレス決済に対するポイント還元制度は期間限定です。 対象の期間は、増税開始の2019年10月1日から2020年6月30日までの9カ月間となっています。2020年の東京オリンピックは7月開催ですので、その前月末まで、と覚えておくと良いでしょう。

ではここから、決められた期間の中でより多くポイント還元を受けられる方法をご紹介していきます。

ポイント還元率の2%と5%はどう見分ける?

今回のポイント還元制度における還元率は2%または5%となっています。
具体的には、「小売・飲食・サービスなどの一般の中小店舗では5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドでは 2%の還元」を受けることができます。

例えば、対象店舗で10,000円(税抜)の買い物をした場合、いくら還元されるのでしょうか。原則は税込価格に対してポイント還元されるため、以下のような計算になります。

・2%還元対象となるお店で、対象のキャッシュレス決済を利用した場合、
10,000円(税抜)×税率10%=1,000円(税額)
11,000円(税込)×還元率2%=220円
⇒220円分のポイント還元

・5%還元対象となるお店で、対象のキャッシュレス決済を利用した場合、
10,000円(税抜)×税率10%=1,000円(税額)
11,000円(税込)×還元率5%=550円
⇒550円分のポイント還元

せっかくポイント還元を受けるなら、5%の還元を受けたいという方が多いことでしょう。では、還元率が2%なのか5%なのか、どうやって見分ければ良いのでしょうか。

その方法はとても簡単で、先ほどご紹介した対象店舗を探す方法と同じです。

対象店舗を探すとき、ポイント還元率の確認と対象のキャッシュレス決済手段の確認も同時に行っておきましょう。

簡単にポイント還元の恩恵を受けるためにオススメの方法

簡単にポイント還元を受けるためにオススメのキャッシュレス決済手段は、クレジットカードです。

クレジットカードは、キャッシュレス決済の中で消費者・事業者ともに最も普及している決済手段です。さらに先ほどもご紹介した通り、ポイント還元の対象となる主なキャッシュレス決済手段の中で、クレジットカードやデビットカードは、ほどんどのカードがポイント還元の対象となっています。

期間限定とはいえ、買い物をする機会(=ポイント還元を受ける機会)が1日に何度もある方も多いかと思います。ストレスにならず、簡単にポイント還元を受けるには、自分にとって最も身近なキャッシュレス決済手段を使うことがオススメです。

クレジットカードによっては、国のポイント還元制度に加え、独自のポイント還元制度を設けていることもあります。この機会に各クレジットカード会社のポイント還元制度を確認し、新たなクレジットカードの作成を検討してみても良いかもしれません。

また、クレジットカードを含む多くのキャッシュレス決済において、ポイント還元の上限は15,000ポイント/月となっています。

例えば楽天カードの場合、15,000ポイント/月を上限として、楽天ポイントが還元されます。楽天カードは100円利用につき1ポイント付与され、期間中に楽天市場で楽天カードを利用すると、通常の8倍相当のポイントが還元されます。そのため、月に190,000円相当の買い物をすると、上限の15,000ポイント還元されるという計算になります。 おトクだからといって使いすぎないよう注意しましょう。

まとめ

キャッシュレス決済に対するポイント還元制度を活用すると、増税後にもかかわらずおトクに買い物ができる可能性があります。
クレジットカードなどのキャッシュレス決済は今後もますます普及していくことが容易に想像できます。この機会にぜひ、自分にあったクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を見つけ、ポイント還元制度をフル活用しましょう。

記事提供元:株式会社ぱむ

※本記事の情報は、各クレジットカード会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

キャッシュレス・ポイント還元事業対象カードを探す

関連するクレジットカードを探す