IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴールドカードの選び方を最高年会費118万円の専門家が徹底解説!

ゴールドカードのイラスト

写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート

ゴールドカードは一般カードより年会費が高額になり、着実なコスト負担が生じるのがデメリットです。

年会費は2,000円~29,000円程度となっており、年会費無料カードと比べると家計に負担が生じます。

一部ゴールドカードは初年度の年会費は無料ですが、中には1年目から年会費が発生するゴールドカードもあるので、失敗しないカード選びが重要となります。

そこでこのページでは、ゴールドカードを所持するか否か、また膨大な種類がある中でどのゴールドカードを選べばいいのかを解説します。


各種付帯特典・保険・ポイント還元で年会費を取り戻せるか否か

ゴールドカードはコストが高い反面、特典・付帯保険・ポイント還元・ステータスが、一般カードよりも充実しています。


ゴールドカードならではのサービスとしては空港ラウンジが挙げられます。空港ラウンジを利用できるゴールドカードが大多数であり、トラベル・ダイニングを中心とした特典、付帯保険も充実です。


一部ゴールドカードでは一般カード以下と比較してポイント還元率が優遇されるケースもあり、利用金額が大きい場合は年会費をペイできるポテンシャルがあります。


海外旅行傷害保険も充実しており、中にはプラチナカード級の補償が用意されているゴールドカードもあります。


そのようなカードの場合は海外旅行の度に保険に加入しないという選択肢もとれるようになります。


また、ショッピング保険も年200万円や300万円など高額になり、中には500万円というゴールドカードもあります。大多数の方なら購入品をほぼカバーすることが可能になります。


航空機遅延費用保険が付帯するゴールドカードも存在しており、万が一の大幅遅延・欠航の際に大いに役立ちます。


ゴールドカードの券面は黄金色で高級感に満ち溢れており、ステータスが高く保有による満足感を得やすいのも利点となります。


カード会社ごとに付帯特典は異なってくるので、自分に合ったゴールドカード選びが重要になってきます。


基本的には年会費を超える特典を受けられるか否か、保有による満足感を得られるかが、ゴールドカード選びのキーポイントとなります。


ゴールドカードによっては初年度の年会費が無料だったり、あるいは年会費を上回る価値があるポイントプレゼント等の入会キャンペーンを開催することもあります。


このようなカードについて気になっている場合は、実際に利用してみるのも選択肢の一つです。ゴールドカードのベネフィット・特典の価値、利便性・満足度については、実際に保有して利用しないとわからないことも多いためです。


最も重要なのは「自分が使う特典が多く付帯しているか」です。したがって、ゴールドカードを取得する際に役立つ選び方の基準として特典が最重要。


ゴールドカードの選び方の基準としては、ポイント還元、空港ラウンジ・その他トラベル特典、ダイニング特典、日常生活で役立つ特典、付帯保険・補償内容が大事です。


以下、ゴールドカードで重要な構成要素・カードスペックについて掘り下げて解説します。



空港ラウンジ・その他の旅行特典で選ぶゴールドカード

国内主要空港、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港などで、空港ラウンジを利用できるのが、ゴールドカードの魅力の一つです。


ソフトドリンクが用意されており、中にはアルコール、おつまみ、朝の時間帯のパンサービスなど、内容が豪華な空港ラウンジもあります。


  • 羽田空港 パワーラウンジ ノース/サウス:早朝はクロワッサン(数量限定でなくなり次第終了)
  • 成田空港:ビール・ウイスキー・スパークリングワイン等1杯
  • 中部国際空港セントレア:ビール、お菓子
  • 広島空港:日本酒(期間限定)

中には世界中の空港VIPラウンジ(ビジネスクラス以上の搭乗者が利用するラウンジ)を利用できる特典が付帯しているゴールドカードもあります。


主なサービスは以下2つであり、一部ゴールドカードが利用できます。


  • プライオリティ・パス:海外1,300カ所以上の空港ラウンジを利用可能
  • ラウンジキー:海外1,100カ所以上の空港ラウンジを利用可能

プライオリティパスは楽天プレミアムカード、JCB ゴールド ザ・プレミア、アメリカン・エキスプレス・カード等が利用可能です。


ラウンジキーの方は、ミライノ カード Travelers Gold、TRUST CLUB ワールドカード、JCBゴールド等によって使えます。



付帯保険で選ぶゴールドカード

ゴールドカードの魅力の一つとして、付帯保険の金額・補償内容が一般カードよりも手厚いという利点が存在しています。旅行・出張・ショッピングなど多様なシーンで安心をもたらしてくれます。


もちろん、年会費2,000円といった格安ゴールドカードの場合、年会費3,000円の一般カードよりも見劣る場合もあります。しかし、多くの一般カードよりは格段に豪華となっています。


年会費10,000円前後のゴールドカードになると、最高1億円以上といった補償を受けられるカードもあり、やはり一般カードとは比較にならないハイスペックとなっています。


海外旅行に頻繁に行く方の場合、その都度海外旅行傷害保険に加入すると、積もれば多額になります。


そうであればゴールドカードを保有して、海外旅行傷害保険にその都度加入する手続きをカットして、手間をなくすというのも有力な選択肢です。


やはり時間というのは有限なので、意義に乏しい事務手続きに余計な時間を使うのは避けたいところです。ゴールドカードの場合は旅行傷害保険が付帯しているので、そのようなシーンでも役立ちます。


ゴールドカードの海外旅行保険の選び方としては、自動付帯か否か、家族の保障の有無、最も利用頻度が高い傷害・疾病治療費用の補償額、キャッシュレス診療の可否、日本語電話サポート等が重要な要素となります。


いったん現金で医療費を支払うことも不要なキャッシュレス診療が可能か否か、何かあった時に日本語デスクに電話したら近くの医療機関の紹介・救急車の手配までしてもらえると安全・安心です。


海外旅行傷害保険が充実しているゴールドカードの筆頭はアメックスゴールドであり、豊富な補償でカバーされます。


その他、JCBゴールドは付帯保険が充実しており、安価なプラチナカードを凌駕する水準となっています。



レストラン・ダイニング特典で選ぶ

ゴールドカードにはレストラン・料亭でお得な特典を利用できるカードが多いです。日本発行のゴールドカードにある内容は以下のとおりです。


  • レストランの料金20%OFF
  • コース料理2名以上の予約で1名分無料(一部のみ)
  • レストランの予約サービス

コース料理1名分無料サービスの場合、1回あたり10,000円や20,000円といった金額がお得になります。


したがって、この特典の利用頻度が高い場合、それだけで年会費のもとを取ることも可能です。


個人用ゴールドカードではアメックスゴールド、ビジネスゴールドカードではEX Gold for Bizに付帯しています。


高級レストランによく行く方の場合、アメックスゴールドの高い年会費をあっという間に取り戻すことも可能。例えば1年間で5万円・10万円といった金額を得することもできます。


ライフスタイルによっては一般カードだと機会損失が生じてしまい、むしろゴールドカードを保有した方がコストパフォーマンスが良好になるケースも存在しています。



日常生活の付帯特典で選ぶ

ゴールドカードの中には、日常生活で特別な特典を得られるクレジットカードもあります。


こうしたサービスをフル活用した場合、コストパフォーマンスを良くすることも不可能ではありません。


一例として Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)は、ネット通販での還元率が原則として2.5%以上になります。


インターネットの利用が多い方の場合、オリコポイントを効率的に獲得できます。


携帯電話会社のゴールドカードでは、dカード GOLDはドコモ料金、au PAY ゴールドカードはau通信料金が10%OFFになる特典があります。ドコモやauのユーザーで料金が高い場合はお得になって素晴らしく家計が助かります。


楽天プレミアムカードは楽天市場でお得な3つのコースのうち1つを利用可能でプライオリティパスも付帯。ネット通販をよく使って旅行に行く方の場合はピッタリとなります。


ザ・ゴールド 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合、いつでも出光SSでガソリン・軽油2円/リットル引き、灯油1円/リットル引きになります。


さらに、ショッピング等でカードを使えばガソリン・軽油が最大8円/リットル引きになる「ねびきプラスサービス」が年会費無料で自動付帯となります。


特定のガソリンスタンドでの給油が多いというカーライフの場合、こうしたガソリン料金優遇型のゴールドカードも選択肢に浮上します。


ANAの搭乗頻度が高い場合はANAアメックスゴールド等のANAワイドゴールドカード、JALの搭乗頻度が高いならJAL CLUB-Aゴールドカードがお得です。


フライトボーナス、継続ボーナス、ANAカードマイルプラス/アドオンマイル等で、ザクザクとマイルを獲得できます。



ポイント還元で選ぶ

ゴールドカードの中には、通常のクレジットカードよりもポイントが貯まりやすい制度をもったカードが多く存在します。


楽天ゴールドカードの場合、楽天市場で一般カードよりも+2倍となり、SPUで5倍〜16倍のポイント還元を受けられます。


百貨店のゴールドカードでは、自社デパートでのお買い物は5%〜10%となるカードがあります。


  • エムアイカード プラス ゴールド:5%〜10%(初年度8%)
  • 大丸松坂屋カード〈ゴールド〉:5%〜10%
  • タカシマヤカード≪ゴールド≫:8%〜10%
  • ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード:10%

注意点としてはポイントUPが適用される月間上限があったり、一部の商品やセール品などはポイント還元率が低下する場合もある点です。



ステータスで選ぶ

信頼性・ステータスでゴールドカードを選ぶ場合、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめです。


持つだけで自信が持てるステータスカードであり、世界的に知名度が抜群となっています。


キラキラと光る黄金色のアメックスゴールド券面は、カード中央に君臨するセンチュリオンが抜群にカッコいいです。


その他、JCBゴールド ザ・プレミア、銀行系クレジットカードのゴールドカードである三井住友カード ゴールド等も高いステータスを誇っています。



年会費別のおすすめゴールドカード

年会費無料のクレジットカードなら何枚でもお手軽に選択できます。ただし、コストが高い年会費のゴールドカードはそうはいきません。


どのゴールドカードが適しているのかはライフスタイルによって変化して、クレジットカードにかけられるコスト・負担できる年会費は、一人ひとり違ってくるのが実情です。


住居・水道光熱費・携帯電話・インターネット等と同に、ゴールドカードは固定費となるので、年会費は重要な構成要素となります。


そこで年会費ごとのおすすめゴールドカードを解説します。


年会費無料のゴールドカード

ごく一部に年会費無料のゴールドカードが存在しています。


  • イオンゴールドカード
  • セブンカードプラス ゴールド

招待制(インビテーション制)となっており、自己申し込みはできません。


一般カードよりも充実しているのでメリットしかないゴールドカードです。欲しい場合はまず一般カードを作成して、カードショッピングの実績を積み重ねて招待を待ちましょう。


年会費が安い格安ゴールドカード

とにかく保有コストを抑えてゴールドカードを保有したい場合、年会費1,905円(税抜)のMUFGカード ゴールドがおすすめです。


  • 記念月のご利用でポイントが1.5倍
  • POINT名人.com
  • プレミアムスタープログラム
  • グローバルPLUS
  • 空港ラウンジサービス(海外渡航で国際線を利用する際)
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 国内渡航便遅延保険 最高2万円
  • ショッピング保険 年間限度額100万円
  • 三菱UFJ銀行のATM/コンビニ利用手数料無料

また、年会費2,000円(税抜)のオリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドも選択肢。一般加盟店で1%、ネット通販は2.5%以上と充実のポイント特典が魅力的です。


年会費1万円未満のおすすめゴールドカード

手頃な年会費が魅力で、審査のハードルもさほど高くないゴールドカードも存在しています。


エポスカード・エムアイカード・ジャックス・出光クレジットなど、数多くのカード会社がゴールドカードを発行しています。


おすすめは年会費と比較してメリットが豊富で、コストパフォーマンスが良い以下3枚です。


  • TRUST CLUB エリートカード:3,000円
  • エムアイカード ゴールド:5,000円
  • エポスゴールドカード:5,000円(年50万円以上利用すれば翌年からは年会費無料)

年会費1万円〜2万円前後のゴールドカード

年会費が10,000円台になると、更に特典が充実する傾向にあります。


おすすめはアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)、JCBゴールド ザ・プレミア、ANA VISA/マスターワイドゴールドカード、ソラチカゴールドカード、JAL CLUB-Aゴールドカードです。


アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスの序列ではスタンダードカードですが、他社基準だとゴールドカード相当のクレジットカードです。


トラベル&エンターテインメント特典が充実しており、特に海外旅行に行く機会がある方におすすめです。


JCBゴールド ザ・プレミアは、プライオリティパスのプレステージ、JCB京都ラウンジ、ダイニング30(レストラン30%OFF)など、充実のベネフィットが付帯しています。


年100万円以上利用すればJCBゴールドと同じ10,000円+税で維持できるので、年100万円以上使う方におすすめです。


ANAをよく利用する方はANA VISA/マスターワイドゴールドカード、ソラチカゴールドカード(東京メトロもよく使う方におすすめ)がコストパフォーマンスが良好です。


JALをよく使う方の場合、JALカード CLUB-Aゴールドカードがお得です。中でもJALカード Suica CLUB-Aゴールドカードは、年100万円の利用で5,000 JRE POINT(≒3,333マイル)の特典があるので、利用額が年100万円ちょいの方におすすめです。


JALアメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカードの場合、アドオンマイルの特典でJAL航空券が3%還元となり、手荷物無料宅配も付帯します。


年会費3万円前後のゴールドカード

年会費3万円前後のゴールドカードとしては、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが存在しています。


ゴールドカードの中では最高級のクレジットカードであり、圧巻のベネフィットが魅力的です。



「ゴールド・ダイニング by 招待日和」

国内外約200店舗のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代が無料になります。家族や友人との楽しいひとときに役立ちます。



旅先の安心や快適をサポート

ゴールド・カード付帯のサービスで、旅先でも安心して過ごせます。例えば、海外旅行時のお電話での日本語サポートや、航空機遅延・旅行キャンセル時の充実した補償に加え、海外旅行傷害保険も自動付帯されています。


準備からご帰宅まで、快適な旅行をサポートしてくれるのが、アメリカン・エキスプレスのゴールドカードの真骨頂です。



特別な体験を、ご家族にも「家族カードが1枚無料」

家族カードの年会費(通常12,000円+税)が1枚目は無料です。家族も基本カード会員同の特典やサービスを享受できます。また、カード利用のポイントが合算されるので、家族と一緒に大きくポイントを貯められます。



アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」

公共料金のお支払い、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでのお買物など、多様なシーンでカード利用代金100円につき1ポイントが貯まります。ポイントは一度交換すると、最大3年間の有効期限が無期限になります。


また、ボーナスポイント・パートナーズの提携店なら、通常獲得可能なポイントよりも多くのポイントが貯まります。


メンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、Amazon・Yahoo!ショッピング・JAL・iTunes・HISなど便利なショップがポイント3倍になります。また、年4万ポイントまで1ポイント=1ANAマイルに交換できるので、ポイントの実質還元率もアップします。



スーツケース1個を無料で配送「手荷物無料宅配サービス」

海外旅行の際、出発・帰国時(自宅ー空港間)に、スーツケース1個を無料で配送してくれます。多くのゴールドカードは帰国時のみなので、出発時も対象なのはアメックスゴールドの真骨頂です。


対象空港は羽田空港(第3ターミナル)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港です。



空港までの道のりも快適に「エアポート送迎サービス」

海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MKグループ)のお車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供してくれます。


HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービスにて国際航空券、海外パッケージツアーを購入の場合に利用できます。



同伴者とゆっくり過ごせる「空港ラウンジ」

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと利用当日の搭乗券を呈示すると、国内外29空港の空港ラウンジを、カード会員はもちろん同伴者1名も無料で利用できます。



空港VIPラウンジ年会費が無料「プライオリティ・パス」

国内外1,200カ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員と家族カード会員は年会費無料(通常99米ドル)で登録できます。


さらに、1回32米ドルの利用料が年間2回まで無料になります。年1〜2回海外旅行に行くというライフスタイルの場合に便利です。



最高1億円まで補償「海外旅行傷害保険」

国際航空機のチケットやパッケージ・ツアーの代金をカードで支払うと、基本カード会員には傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円の海外旅行傷害保険が、家族カード会員には傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されます。


また、カード決済がない場合でも基本カード会員には傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されてパワフルです。



海外旅行先でも、24時間サポートを受けられる安心「オーバーシーズ・アシスト」

海外の旅行先からでも気軽に日本語で電話して、多様なサポートを享受できます。


レストランのご予約から緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間無料でアメリカン・エキスプレスならではのサービスを受けられます。



もしもの"キャンセル"に安心「キャンセル・プロテクション」

急な出張や病気・ケガによる入院などにより、カードで代金を支払い済みの旅行やコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償します。



飛行機の遅れによる臨時出費を補償「航空便遅延補償」

基本カード会員が海外に旅行の際、航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償してくれます。


また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償されるので、安全・安心です。



まとめ

ゴールドカードは年会費が高く、コスト負担が重くなります。したがって、選び方としては、以下の観点が重要になります。


  • 特別なポイント還元となる支払いが多額か否か
  • 付帯特典を使う機会があるか
  • 付帯保険が必要か
  • 保有・利用による満足感があるか
  • 自分のライフスタイルとそのゴールドカードが合うか

特典・付帯保険・ポイント還元・ステータスが格段に充実しているのがメリットである反面、高い年会費がデメリットです。したがって、利点・欠点を総合考慮して選ぶことになります。


一般カードにはない特典や満足度が得られるゴールドカードを選んだ結果として見つかった場合は、まず1年間使ってみましょう。


多くのゴールドカードは豪華な入会キャンペーンがあるので、1年目のコスト負担は低下します。


そして、2年目の年会費が発生する前に更新の是非を検討し、コストに見合う価値がなかったと判断した場合は解約して問題ありません。

提供元:ブログ The Goal 運営者 まつのすけ

※本記事の情報は、各クレジットカード会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る

関連するクレジットカードを探す

クレジットカードをカテゴリで探す