IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは法人設立・起業1年目に最適な法人クレジットカード

コインに手を伸ばす手元の画像

写真:写真AC

当ページでは法人クレジットカードとして人気の高いアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードについて解説します。

「法人を設立してビジネスを拡大したい!」
「起業するので、経費とプライベートの支出を区別できるビジネスカードが欲しい!」

開業もないビジネスオーナーにとって「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(通称:アメックス・ビジネス・ゴールド)」は最も適した法人クレジットカードです。

その理由はとしては主に以下の通り。

  • 「アメックス」の知名度で取引先・同業者から一目置かれる
  • 税金など高額な経費も「事前入金」で限度額を気にせず決済できる
  • 経費で貯めたポイントは個人カードと合算できる!
  • マイル還元率が1.0%と高いので特典航空券と交換しやすい
  • 出張(特に海外)が快適になる付帯サービスが盛りだくさん
  • 状況に応じて接待のお店を提案・予約代行してくれるコンシェルジュ
  • 設立・起業1年目でも持ちやすい! 審査に通過した事例も多数あり

特に開業当初は、本業に集中しつつも、無駄な経費は徹底的に省くことでビジネスを軌道に乗せたい時期のはず。

そのようなときにアメックス・ビジネス・ゴールドを使えば、大幅な経費節減や事務作業を軽減できるというわけです。

年会費31,000円+税というのも有意義な経費だと言えますね。

ちなみに法人クレジットカードの年会費は、全額経費として計上できるので安心を。

ここから、アメックス・ビジネス・ゴールドの付帯サービスや特典について、法人設立・起業間もない方にとってメリットの大きいものを中心に詳しく解説しますね。


知名度・ステータス抜群のアメックスブランド

握手をする男性の画像

写真:写真AC

アメックス・ビジネス・ゴールドは、世界的に知られているアメリカン・エキスプレス社から発行されている法人クレジットカードです。

アメックスの知名度・ステータスは抜群で、日本でもクレジットカードに大して興味がない人でも知っているほど。

しかも、アメックスブランドのゴールドカードは、ただ名前が知られているだけでなく、世の中で以下のようなイメージが浸透しています。

  • 年会費が高くてお金持ちしか持てない
  • 海外旅行・出張が多い人が持っている
  • 限度額が他のクレジットカードよりも高い
  • 会社の社長や役員レベルでしか持てない

このようなイメージを持たれることこそ、ステータス(=社会的地位・信頼)が高い証拠!

実際に、法人クレジットカードである「アメックス・ビジネス・ゴールド」を持つことで、カードのステータスによって周囲の方に以下のような印象を与えられます。

  • ビジネスが軌道に乗っている
  • ある程度の売上が確保できている
  • 海外に行く規模のビジネス展開している
  • 国内・海外出張に行くだけの幅広い人脈を持っている

このようにアメックス・ビジネス・ゴールドを手に入れると、優れた経営者であることを周囲の方に対してアピールできるんですよ。


法人設立・起業したては「信用」がもっとも重要!

ここまでの内容を読んで、

「いやいや、それってタダの見栄でしょ。」
「カードのステータスって、そんなに重要なの?」

と考える方もいるはず。

ただ法人設立・起業したての方にとっては、クレジットカードの持つステータスというのは、かなり重要なものとなっています。

これは筆者も経験があるのですが、法人設立・起業から間もない時期というのは、まだ経営者として信頼されないことが本当によくあるんです...。

例えば、以下のような感じ。

  • この人に仕事を頼んでも、ちゃんとやり遂げてくれるんだろうか?
  • ビジネスが軌道に乗らずにすぐ廃業するのでは?
  • そもそも、本当に仕事をしているんだろうか?

このように経営者としての経験が浅いと、信頼を得ることが難しいんです。

当然、このようなネガティブな印象を持たれていると、新規顧客の開拓や人脈構築が思うように進むわけもありません。これは地味ですが、かなりの痛手となります。

そのような時に役立つのがアメックス・ビジネス・ゴールドのような、知名度もステータスも高い法人クレジットカードの存在です。

高ステータスの法人クレジットカードを持つことで、初対面の人に対しても「ある程度ビジネスが軌道に乗っている」などのポジティブな印象を与えることができ、信頼を得やすくなります。

これは年会費無料の法人クレジットカードも発行されている中で、わざわざ年会費31,000円+税のアメックス・ビジネス・ゴールドを持っていることも、信頼してもらえる理由の1つとなっているんです。

実際、筆者もこれまでに周囲の経営者から「社長、アメックス・ゴールドなんて凄いですね!」と何度も言われた経験がありますよ。

このように高い知名度・ステータスを誇るアメックス・ビジネス・ゴールドを持つことによって、あなたの社会的信頼が上がり、ビジネスで大きく役立てることができるんです!


設立・起業1年目でも取得できる可能性大

申請書や届出書の画像

写真:写真AC

ここまでアメックス・ビジネス・ゴールドの知名度・ステータスの高さを解説しましたが、そうなると気になるのが「そんなカードの審査に通るのか?」が気になりますよね。

特に法人設立・起業1年目の会社だと、決算書や確定申告書などの売上を証明する書類を用意することができませんからね。

ですが安心してください。

アメックス・ビジネス・ゴールドは開業間もない経営者でも取得しやすいです。

まず、審査に必要な書類は以下の通り。

  • 商業登記簿謄本または登記事項証明書(法人の場合)
  • 銀行口座
  • 代表者・個人事業主の本人確認書類

このように開業間もない段階でも用意できるものばかりです。

そのため、設立したての法人であっても、登記と口座開設さえ完了していればすぐに申し込むことが可能です(個人事業主は今すぐにでも申し込めますね)。

さらに、このカードは一律の利用限度額が決まっていません。

アメックスではカード利用者の状況に応じて、利用限度額を決めるため、設立間もない法人の方には限度額を少なくしてカードを発行してくれるんです(詳しくは後述します)。

実際に、筆者も法人1年目にアメックス・ビジネス・ゴールドを取得できています。

このような筆者の経験を踏まえても、アメックス・ビジネス・ゴールドは取得しやすい法人クレジットカードだと言えるんですよ。


アメックスは「事前入金」ができる希少なカード

多くの法人経営者の方にとって、法人クレジットカードを持ちたい本来の目的は「ビジネスの経費とプライベートの支出を区別し、一元管理すること」ではないでしょうか?

法人クレジットカードを手に入れ、あらゆる経費をカード払いにすることで、経理処理が簡単にできるというメリットがあります。

ただし、経費とプライベートの支出を区別するだけなら、どんな法人クレジットカードでも可能です。

そのような中で、このカードを持つ大きな理由の1つが「事前入金(デポジット)をすることで利用限度額を増やせるところ」にあります。

ATMを操作する後ろ姿の画像

写真:写真AC

事前入金というのは、カード利用代金の先払いのこと。

アメックスだけは、前もって連絡した上でお金を振り込むことにより「利用限度額+事前入金した金額」の金額まで決済ができるようになるんです。

限度額50万円 デポジットとして100万円を事前入金 トータルで150万円決済できる!!

画像:法人クレジットカード超入門 作成

そして、この事前入金できる金額に上限は決められていないため、限度額を無視していくらでも決済できるようになります。

クレジットカードの後払いというメリットは活かせませんが、うまく活用すればそれ以上のメリットがあります。

具体的には以下の2つ。

事前入金のメリットと期待できる効果

メリット 効果
あらゆる経費をこのカード1枚に集約できる 経理の簡素化
高額な税金でもポイントが付与される 経費節減につながる

ビジネスカードだと、個人用のクレジットカードとくらべて決済金額は大きくなりがち。

業種によっては支出が多く、決済金額が1ヶ月間で100万円を簡単に超えてしまうことも珍しくはないのでは?

他の法人クレジットカードを使っている場合、限度額に達して決済できなくなると個人用のカードで立て替えたり、振込で支払ったりすることになるはず。

これでは、せっかくビジネスでの経費を、クレジットカードで一元管理したいのに意味がなくなってしまいます。

でも、アメックス・ビジネス・ゴールドなら事前入金で限度額を気にせず決済ができるわけですからね。これはかなりお得なサービスと言えます。

管理人の経験上、特に事前入金が役立つのが、法人税や事業税、消費税などの納税です。

伝票や電卓、ペンなどが置かれた画像

写真:写真AC

税金は、業種によっては開業当初でも、かなりの金額になりますからね。

アメックス・ビジネス・ゴールドは事前入金をすることで、高額な税金をカード払いすることができるんです。

当然、税金であってもアメックス・ビジネス・ゴールドで決済すれば、カード会社のポイントを貯めることができるので、間接的な経費節減にも繋がりますよ!


Apple Payで少額の経費も手軽に決済できる

規模の小さい事業であれば、コンビニやスーパーなどで少額の事務用品や消耗品などを購入することも多いですよね?

このような少額な経費であっても、1枚の法人クレジットカードで一元管理し、しっかりと経費を把握しておきたいところ。

ただ、数百円の支払いのためにコンビニやスーパーのレジでアメックス・ビジネス・ゴールドを手渡して使うのは、少々、面倒臭いですよね?

でも、安心してください。
アメックス・ビジネス・ゴールドはApple Payに対応しています。

そのため、このカードをiPhoneやApple WatchのApple Payに登録しておくことで、コンビニやスーパーでの小額の支払いでも、スマホをレジでかざすだけで、スムーズに支払いができるんです。

もちろん、Apple Payで支払った経費は、アメックス・ビジネス・ゴールドの利用明細で管理できるだけでなく、ポイントも貯められます。

これにより少額な経費であっても、きちんと管理していくことができるというわけです。


補足:アメックスは国内ならほぼ100%使える

もしかしたら、「アメックスは日本国内で利用できるお店が少ない」というイメージを持っている経営者もいらっしゃるのでは?

いくら事前入金で限度額以上の決済ができると言っても、そもそも決済できるところが少なくては意味がありませんよね(汗)

確かに以前までは、日本国内でアメックスが使えるお店は少なく、正直、使いづらいカードでした。でも、それは昔の話。

現在、アメックスは国内最大手のJCBと提携しており、加盟店が共有されています。

つまり、JCBが使えるお店=アメックスが使えるお店ということ。

これにより、国内でもかなり多くのお店でアメックスによる決済ができるようになっており、使い勝手の問題も解消されているんですよ!


充実した旅行サービスが付帯! 出張でも大活躍!

空港の画像

写真:写真AC

アメックス・ビジネス・ゴールドは、出張で役立つサービスが充実していることも大きな特徴です。

法人代表の方であれば、取引先との打ち合わせのために飛行機の国内線を利用したり、接待で海外へ出張したりする機会が何かと増えてくるはず。

このカードなら、そのような出張が快適になるサービスが数多く付帯しています。

代表的なサービスが以下の7つ。

  • 電話1本で航空券・ホテルを手配してくれるトラベル・デスク
  • 法人向けサービスの「JALオンライン」が利用できる
  • 同伴者1名も無料の空港ラウンジサービス
  • 出発時・到着時の手荷物無料宅配サービス
  • 出発時も手荷物無料配送サービスを利用できる法人クレジットカードは希少
  • 東京・博多駅から宿泊ホテルまで手荷物を無料宅配
  • 無料ポーターサービス
  • 海外旅行傷害保険

それぞれのサービスを以下にて詳しく解説しますね。


電話1本で航空券・ホテルを手配してくれるトラベル・デスク

PCを見ながら電話をする女性の画像

写真:写真AC

出張が決まると、航空券やホテルをできるだけ早い段階で手配する必要があります。

ただ、予定に合った航空便やホテルを調べるのは意外と面倒なもの...。

行き慣れた出張先ならまだしも、初めて出張する場所だと情報収集にも時間がかかってしまい、本業に専念できる時間も奪われてしまいます。

そこで活用したいのが、アメックスの「トラベル・デスク」。

このサービスは、電話1本で出張予算や要望を伝えるだけで、適した航空便やホテルを提案してくれます。

ほかの年会費2〜3万円の法人クレジットカードのトラベル・デスクだと、具体的な航空便の時間やホテルを指定すれば予約代行してくれるというものがほとんど。

それだったら、自分でインターネットで予約するのと変わりませんよね...。

その点このカードのトラベル・デスクなら、

  • ○日の○時に○○で打ち合わせがあるから、それに間に合う航空券を!
  • ○日から○日まで、接待で香港に行くことになったから、航空券と香港の中心部で平均的な値段のホテルを!

このようなアバウトな要望を電話で伝えるだけで、プランを考え、提案してくれます。

まさに専用の秘書を雇うようなサービスと言えますね。

ですので、開業当初で社員もおらず、事務作業を依頼できない経営者の方にとっては、事務を軽減できる超便利なサービスなんですよ。


法人向けサービスの「JALオンライン」が利用できる

JALの国内線を利用する機会が多い経営者なら、「JALオンライン」が利用できるのも魅力です。

このサービスは、JAL国内線を法人向けの割引運賃で利用できるため出張の経費を軽減できます。

さらには航空券の代金は1カ月分をまとめての後払い。支払いの手間が省け事務が軽減できる効果もあります。

そしてさらに、JALオンラインへの無料登録や対象期間(6カ月)に10回フライトすればJAL国内線の「サクララウンジ」が利用できる無料クーポンがプレゼントされるのも魅力。

サクララウンジは、JALが上級会員やビジネスクラス搭乗者のために空港に設置しているラウンジで、通常のカードラウンジよりもはるかに豪華!

ソフトドリンクだけでなく、アルコールや軽食、サラダ、さらにはマッサージサービスが無料で受けられることも。

JALオンラインに無料登録または利用すれば、JALのエコノミー利用でもサクララウンジが無料で利用できるというわけです。

サクララウンジを利用するためだけにJALオンラインを利用するのも1つですね。


同伴者1名も無料の空港ラウンジサービス

タブレットを見ながらノートに筆記する手元の画像

写真:写真AC

JAL国際線やANA便を利用する場合だと、先ほど説明したサクララウンジは利用できません。

その代わりといっては何ですが、このカードには空港ラウンジサービスが付帯します。

国内ほぼすべて+ハワイの空港に設置されているラウンジが対象。

空港ラウンジサービスは多くの法人ゴールドカードに付帯していますが、このカードが優れているのは同伴者1名も無料で利用できること。

アメックス以外の法人ゴールドカードだと、カード会員1人だけしか空港ラウンジを無料利用できないんです...。

その点このカードなら、取引先やビジネス仲間と一緒に出張するときでも一緒に空港ラウンジを無料利用できるというわけです。

もしも一緒にいる取引先やビジネス仲間が空港ラウンジを無料利用できるクレジットカードを持っていれば何も問題ありません。

でももしも持っていなかったら、2人とも空港ラウンジを利用できなくなってしまいます。

取引先やビジネス仲間を放置して自分だけ空港ラウンジを利用することは現実的にかなり難しいですからね。

なので、取引先やビジネス仲間と一緒に飛行機を利用する機会があれば、このカードの空港ラウンジサービスが役立ちます。


出発時・到着時の手荷物無料宅配サービス

2つのキャリーバッグやリュックの画像

写真:写真AC

海外出張と言えば、スーツケースのような手荷物が付き物。

自宅や会社から空港まで、スーツケースを持ち運ぶのは正直かなり面倒ですよね...。

また、場合によっては国内で商談や打ち合わせを済ませ、その足で空港から海外へ出張なんてパターンも考えられます。

そういったとき、スーツケースを持ったまま商談や打ち合わせに顔を出すのはあまり現実的ではありません。

そんなときに役立つのが、この手荷物無料宅配サービスというわけです。

手荷物無料宅配サービスは、海外出張のときにスーツケースのような手荷物を1個、自宅・空港間で無料配送してくれるサービス。

つまり、国内の移動はスーツケースを持ち運ぶ必要がないわけです。

出発時も手荷物無料配送サービスを利用できる法人クレジットカードは希少

この手荷物無料宅配サービスは多くの法人ゴールドカードに付帯していますが、ほとんどのカードだと帰国時のみが対象。

アメックス・ビジネス・ゴールドのように出発時も自宅から空港までスーツケースを無料で送り、空港で受け取ることができる法人クレジットカードは希少です。

そのため、出発時に手荷物無料配送サービスを利用したいなら、アメックス・ビジネス・ゴールドを持つ大きな理由になりますね。


東京・博多駅から宿泊ホテルまで手荷物を無料宅配

東京駅の画像

写真:写真AC

先ほど説明した手荷物無料配送は、海外出張向けのサービス。

ただ、経営者ともなれば海外だけでなく国内出張の機会が増えるのではないでしょうか?

特に東京は会社が集中しているので、地方の経営者なら商談や打ち合わせのために新幹線で東京へ出張する機会も多くなるはず。

アメックス・ビジネス・ゴールドには、ほかの法人クレジットカードにはない国内での手荷物無料宅配サービスが付帯しています。

このサービスは、東京駅・新宿駅・博多駅の構内から宿泊ホテルまで、当日中に手荷物を無料配送してくれるというもの。

つまり、東京や博多への出張なら新幹線を降りてすぐに着替えが入ったカバンを預け、そのまま出張先へ向かうことができるわけです。

わざわざホテルにチェックインして荷物だけ預ける必要もありませんし、出張で不要な着替えなどが入ったカバンを持ち歩く必要もなくなるという便利なサービスです。

出張先から戻ってホテルに到着すれば、すでに手荷物は届いています。

当日配送してもらうには午前11時までの受付という条件はありますが、十分実用性が高いサービスです。


無料ポーターサービスで手荷物を運んでもらえる

アメックス・ビジネス・ゴールドの海外出張で便利なサービスは、まだまだあります。

「無料ポーターサービス」も、ほかの法人クレジットカードでは利用できないユニークなサービス。

このサービスは、事前に予約すれば空港周辺駐車場や最寄り駅、バス停留所からチェックインカウンターまで、係員さんが手荷物を運んでくれるというものです。

手荷物が1個だけなら、先ほど説明した「手荷物無料宅配サービス」で十分です。

ただ、無料ポーターサービスの特徴は持ち運んでくれる手荷物の数に制限がないこと。

そのため、着替えや生活用品が入ったスーツケースのほかにも以下のような荷物がある場合は便利です。

  • 仕事の資料や機材を入れた荷物
  • ゴルフやスキー、サーフィンなどの道具

こういった荷物が多いと、空港まで車で行ったとしても駐車場からチェックインカウンターまでの移動がかなり困難です。

そこでこの無料ポーターサービスを活用すれば、スムーズにチェックインできるというわけですね。

対象空港は成田・関西国際空港の2つだけですが、どちらも利用者が多い国際空港。

そのためこのサービスを活用できる経営者は多いのではないでしょうか。


海外旅行傷害保険は最高1億円まで補償

海外旅行保険の看板の画像

写真:写真AC

海外出張と言えば定番の「海外旅行傷害保険」は、アメックス・ビジネス・ゴールドにももちろん付帯します。

補償金額は最高1億円、そして海外旅行傷害保険でもっとも重要な傷害・疾病治療費用は最高300万円まで補償されます。

このカードの海外旅行傷害保険は、カード会員本人はもちろん配偶者やお子さんにも適用されるのが大きな特徴。

このカードで航空券などを決済しなくても適用されるので、プライベートでの家族旅行でも保険を活用できるというわけです。

ビジネスカードなのにプライベートの旅行も補償されるのは地味に嬉しいところですね。

ただし、プライベートの旅行などこのカードで旅行代金を決済しない場合だと、補償金額が下がってしまうことに注意しましょう。

最後に、アメックス・ビジネス・ゴールドの海外旅行傷害保険の内容を表にまとめました。


アメックス・ビジネス・ゴールドの海外旅行傷害保険

補償内容 補償金額
自動付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 5,000万円 5,000万円
疾病・傷害治療費用 200万円 100万円
賠償責任 4,000万円
携行品損害補償 1旅行につき50万円
年間100万円
救援者費用 300万円 100万円

国内旅行傷害保険

海外旅行傷害保険と来れば、国内旅行傷害保険も付帯しています。

具体的には、このカードで旅行代金を決済した出張中のケガによる死亡・後遺障害を最高5,000万円まで補償。

海外旅行傷害保険とはちがってプライベートの家族旅行に活用することはできませんが、この保険を活用する場面はかなり稀なので、あまり問題ないでしょう。

ただ、せっかくなら付帯していた方がいいに決まっていますよね。

アメックス・ビジネス・ゴールドの国内旅行傷害保険の内容は以下のとおりです。


アメックス・ビジネス・ゴールドの国内旅行傷害保険

補償内容 補償金額
死亡・後遺障害 5,000万円

経費節減効果が高いポイントプログラム

ここまで説明したとおり、アメックス・ビジネス・ゴールドは事前入金による限度額以上の決済や、充実した海外旅行サービスが大きな特徴です。

ただ、事業用のクレジットカードを持つならポイント還元率も気になるという経営者は多いのではないでしょうか?

法人クレジットカードなら、個人用クレジットカードよりも決済金額は多くなりがち。

せっかくビジネス用のクレジットカードを持つなら、ポイントで間接的に経費節減を図りたいところですよね。

このカードなら、その点もバッチリ!

アメックス・ビジネス・ゴールドのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」はANAマイル還元率が1%と、ANAカード並みにマイルが貯まるカードなんです。

そのため、事業経費を決済すればするほどお得にANAマイルが貯まります。

さらに、アメックスは法人カードと個人カードのポイントを合算できる希少なカード。

そのため、せっかくアメックス・ビジネス・ゴールドを持つなら、個人用のアメックスも合わせて持つことをオススメします。


個人用アメックスと合わせて持つことをオススメ

先ほども説明したとおり、アメックスは法人クレジットカードと個人用カードとで貯めたポイントを合算できる希少なカードです。

基本的には法人カードと個人用カードとでは別々にポイントが貯まるのですが、アメックスに電話するだけで簡単にポイントを移行し、合算できます(法人カードと個人用カードのどちらでも好きな方に移行可能)。

電話した翌日にはポイント移行が完了するので、すぐにでもポイントをマイルに移行して使いたいときでも安心してください。

そして、ポイントが合算できることによって、ビジネス(法人クレジットカード)で貯めた大量のポイントを、プライベート(個人カード)で使うことができるようになります。

正直、個人カードでポイントを貯めると言っても、毎月何百万円も使うわけではないはずなので、大量のポイントを貯めるのは、かなり難しいはず。

これが法人クレジットカードのポイントも合算できるようになることで、人によってはアメリカやヨーロッパにビジネス・ファーストクラスで旅行できる特典航空券と交換できるだけのポイント(=マイル)を貯めることできるようになるんです!

はっきり言って、これはかなり大きなメリットと言えます!

ちなみに、ポイント合算を活用するには、アメックスのビジネスカードと個人カードの両方を持っている必要があることだけは要注意。

それだけ気をつければ、法人クレジットカードで貯めたポイントを、プライベートで活かすことができるようになりますよ!


マイル還元率1%と、航空会社提携カード並みのお得度

飛行場の画像

写真:写真AC

アメックスは単にポイントが合算できるだけでなく、法人・個人どちらのカードもANAマイル還元率は1%とお得!

航空会社がクレジットカード会社と提携して発行しているのがANAカードやJALカードと呼ばれるもので、これらのカードは当然マイルが貯まりやすいのですが、それでもマイル還元率はどちらも1%。

アメックス・ビジネス・ゴールドと同じなんです!

つまり、このカードは航空会社が提携して発行されているANAカードやJALカードと同じくらいマイルが貯まりやすいということ。

なお、アメックスのポイントはJALマイルには移行できないものの、ANA以外の外資系航空会社にも移行できます。

具体的には次の15社のポイント(マイル)と交換できます。

  • ANA「ANAマイレージクラブ」
  • チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
  • デルタ航空「スカイマイル」
  • ヴァージン アトランティック航空「フライングクラブ」
  • タイ国際航空「ロイヤルオーキッドプラス」
  • キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」
  • シンガポール航空「クリスフライヤー」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブ・クラブ」
  • スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」
  • アリタリア-イタリア航空「クラブ・ミッレミリア」
  • フィンランド航空「フィンエアー・プラス」
  • エティハド航空「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空「エミレーツ・スカイワーズ」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • エールフランス/KLM航空「フライングブルー」

このようにアメックス・ビジネス・ゴールドで貯めたポイントは、世界中の様々な航空会社のマイルと交換でき、特典航空券を手に入れることができるようになっているんです。

ただし、ANA以外の航空会社のマイルに移行するとマイル還元率は0.8%。

ANAマイルよりも還元率が下がってしまうことにだけは気をつけてください。

とはいえビジネス上の決済で貯めたポイントをマイルと交換して、プライベートの旅行で活用することができれば、かなりお得なことには変わりません。

ですので、貯めたポイントはマイルと交換することをオススメしますよ!


4つのプロテクションで損害が補償される

また、アメックス・ビジネス・ゴールドはメインカードとして経費を決済するのに適したサービスも付帯しています。

キャンセル・プロテクション 出張や接待のために予約していた航空券やコンサートチケットがカード会員本人や家族の病気・事故・入院などの理由で行けなくなったとき、キャンセル費用などの損害を補償してくれます。
オンライン・プロテクション インターネットでの不正利用による損害をアメックスが全額補償してくれます。
リターン・プロテクション このカードで購入した商品の返品をお店が受け付けてくれないとき、購入日から90日以内なら1商品最高3万円まで、アメックスが代わりに返品に応じてくれます。
ショッピング・プロテクション このカードで購入した商品が90日以内に紛失・盗難に遭ったとき、年間500万円まで補償してくれます。

中でもキャンセル・プロテクションとリターン・プロテクションは、アメックスにしか付帯しないユニークな補償です。

ほかの法人クレジットカードなら損害として諦めなければならない支出であっても、このカードなら損害が補償される可能性が十分にあるというわけです。

そのため、安心して経費の決済に利用できますね。


電話1本で会食のお店を選んで予約してくれる

料理の画像

写真:写真AC

そして最後に紹介する付帯サービスは、「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」。

経営者にとっては出張と同じくらい、あるいはそれ以上に重要な会食。

このサービスなら、会食のセッティングをスムーズに済ませることができます。

一体どんなサービスなのかというと、電話で予約したいお店の予算や人数、状況などを伝えるだけで、専任スタッフが適したお店を提案・予約代行してくれるというもの。

会食のお店選びはけっこう気を遣いますし、ハズレのお店を選んでしまうと最悪の場合打ち合わせや商談が気まずくなってしまう恐れもあります。

開業間もない経営者にとっては、貴重なチャンスはぜひとも活かしたいところ。そういった失敗は絶対に避けたいものです。

そんな貴重な場面でもビジネス・ダイニング by ぐるなびを活用すれば、知識豊富なスタッフが適したお店を選んでくれるというわけです。

「ぐるなび」と聞くと値段が安い居酒屋さんしか提案してくれないイメージがありますが、個室や雰囲気のいいお店、料理が美味しいことで有名なお店など幅広く対応可能。

好みがわからない相手との商談や土地勘のない場所での接待で、特に活用できるサービスです。


アメックス・ビジネス・ゴールドまとめ

ここまで、アメックス・ビジネス・ゴールドの充実した付帯サービスを解説しました。

このカードが適しているのは、開業間もなく経費節減を図りながらビジネスを拡大させたい経営者の方です。

また、事業の経費をプライベートと完全に区別できるだけでなく、ほかの法人クレジットカードにはない以下のような特典・サービスが使えます。

  • 事前入金で限度額以上に決済できる
  • 旅行で役立つ特典が盛りだくさん
  • ポイントは個人カードと合算できるので利用しやすい
  • ANAマイル還元率1%とお得
  • 損害が補償される「プロテクション」が付帯
  • 電話1本で会食のお店を選んで予約してくれる

これらのメリットにより、他の法人クレジットカードと比べても、かなりコスパが良いクレジットカードになっています。

そして、何と言っても、アメックスはステータスが高いことで知られているにも関わらず、開業1年目の法人・個人事業主でも審査に通過できる可能性が高いのが注目すべき点。

開業1年目というのは、審査に通りにくく、なかなか法人クレジットカードを手に入れることはできませんからね。

その点、アメックス・ビジネス・ゴールドはあらゆる面において開業間もない法人経営者・個人事業主に適した法人クレジットカードだと言えますよ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

提供元:法人クレジットカード超入門!

※本記事の情報は、各クレジットカード会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る

関連するクレジットカードを探す

クレジットカードをカテゴリで探す