IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プラチナカードの選び方を最高年会費118万円の専門家が徹底解説!

カードを差し出す手元の画像

写真:アフロ

プラチナカードはゴールドカードより年会費が高額になり、着実なコスト負担が生じるのがデメリットです。

年会費は3,000円~130,000円となっており、年会費無料カードもある中で大きな負担が生じます。

多くのプラチナカードは初年度から年会費が発生するので、失敗しないカード選びが重要となります。

そこでこのページでは、プラチナカードを所持するか否か、また膨大な種類がある中でどのプラチナカードを選べばいいのかを解説します。

各種付帯特典・保険・ポイント還元で年会費を取り戻せるか否か

プラチナカードはコストが高い反面、特典・付帯保険・ポイント還元・ステータスが、一般カード・ゴールドカードよりも充実している傾向にあります。


プラチナカードならではのサービスとしてはコンシェルジュが挙げられます。利用できるプラチナカードが大多数であり、トラベル・ダイニングを中心とした特典、付帯保険も充実します。


コンシェルジュサービスで最も便利なのは居酒屋・レストランの手配。各種会合の幹事になった時はお店の手配は面倒ですが、プラチナカードのコンシェルジュに依頼したら、無難で良いお店をいくつかピックアップしてくれるので、そこから選べば時短につながります。


海外旅行での移動経路の調査などは意外と面倒なので、事前にコンシェルジュに確認しておくと安全・安心です。


一部プラチナカードではゴールドカード以下と比較してポイント還元率が優遇されるケースもあり、利用金額が大きい場合はポイント還元で年会費のもとを取れるポテンシャルがあります。


海外旅行傷害保険も充実しており、その都度保険に加入する必要がなくなって便利です。また、ショッピング保険も年500万円など高額になり、大多数の方なら購入品をほぼカバーすることが可能になります。


プラチナカードの券面は豪華で高級感に満ち溢れており、保有による満足感を得やすいのも利点となります。


カード会社ごとに付帯特典は異なってくるので、自分に合ったプラチナカード選びが重要になってきます。


基本的には年会費を超える特典を受けられるか否か、保有による満足感を得られるかが、プラチナカード選びのキーポイントとなります。


プラチナカードによっては初年度の年会費が無料だったり、あるいは年会費を上回る価値があるポイントプレゼント等の入会キャンペーンを開催することもあります。


このようなカードについて気になっている場合は、実際に利用してみるのも選択肢の一つです。プラチナカードの価値・利便性・満足度については、実際に保有して利用しないとわからないことも多いためです。


最も重要なのは「自分が使う特典が多く付帯しているか」です。したがって、プラチナカードを取得する際に役立つ選び方の基準としてベネフィットが重要となります。


プラチナカードの選び方の基準としては、ステータス性、空港ラウンジ・その他トラベル特典、ダイニング特典、日常生活で役立つ特典、付帯保険・補償内容が大事ですので、掘り下げて解説します。


ステータスで選ぶプラチナカード

日本国内で信頼性・ステータスでプラチナカードを選ぶ場合、アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードがおすすめです。


持つだけで自信が持てるステータスカードであり、世界的に知名度が抜群となっています。


金属製のメタルカードの質感も卓越しているので、保有による満足感は最上級となっています。


その他、金属製のクレジットカードで、Mastercard最上級であるワールドエリートのステータスを持つラグジュアリーカード、銀行系クレジットカードのプラチナカードである三井住友カード プラチナも高いステータスを誇っています。


空港ラウンジ・その他トラベル特典で選ぶプラチナカード

海外旅行の出発前、上質な空港VIPラウンジでゆったりと待ち時間を過ごすことができるのが、プラチナカードの魅力の一つです。


ゴールドカード以下で利用できるラウンジとは異なり、食事、アルコール、仮眠室、シャワーなど内容が豪華になる傾向にあります。


主なサービスは以下2つであり、プラチナカードごとにどちらが使えるかは異なっています。


  • プライオリティ・パス:海外1,300カ所以上の空港ラウンジを利用可能
  • ラウンジキー:海外1,100カ所以上の空港ラウンジを利用可能

プライオリティ・パスの場合、安価なプラチナカードは本会員のみ・同伴者は有料というケースが多いです。


しかし、アメックスプラチナのような高級プラチナカードの場合、家族会員も無料だったり、同伴者も1名無料になるカードがあります。


付帯保険で選ぶプラチナカード

プラチナカードの魅力の一つとして、付帯保険の金額・補償内容が手厚いというメリットがあります。


もちろん、年会費3,000円といった格安プラチナカードの場合、年会費10,000円のゴールドカードよりも見劣る場合もあります。しかし、一般カードよりは格段に豪華となっています。


プラチナカード以上のステータスカードともなると、多くのカードで最高1億円の補償を受けられるため、やはりゴールドカードや一般カードとは比較にならないハイスペックとなっています。


海外旅行に頻繁に行く方の場合、その都度海外旅行傷害保険に加入すると、積もれば多額になります。


そうであればプラチナカードを保有して、都度海外旅行傷害保険に入る手間をなくすというのも有力な選択肢です。


プラチナカードの海外旅行保険の選び方としては、自動付帯か否か、家族の補償の有無、最も利用頻度が高い傷害疾病治療の補償額、キャッシュレス診療、日本語デスク、救急車の手配までしてもらえるか等です。


いったん現金で医療費を支払うことも不要なキャッシュレス診療が可能か否か、何かあった時に日本語デスクに電話したら近くの医療機関の紹介・救急車の手配までしてもらえると安全・安心です。


これらすべてを兼ね備えているのがアメックスプラチナであり、盤石の補償を確保できます。


その他、JCBプラチナも年会費25,000円(税抜)とリーズナブルであるにもかかわらず、付帯保険が充実しています。


ダイニング特典で選ぶ

プラチナカードにはレストラン・料亭でお得な特典を利用できるカードが多いです。日本発行のプラチナカードにある内容は以下のとおりです。


  • コース料理2名以上の予約で1名分無料
  • 料理・ドリンクのアップグレード
  • 料金30%OFF
  • 予約困難店を予約可能
  • リムジン送迎サービス

コース料理1名分無料サービスの場合、1回あたり10,000円や20,000円といった金額がお得になります。


したがって、この特典の利用頻度が高い場合、それだけで年会費のもとを取ることも可能です。


日常生活の付帯特典で選ぶ

プラチナカードの中には、日常生活で特別な特典を得られるクレジットカードもあります。


こうしたサービスをフル活用した場合、コストパフォーマンスを良くすることも不可能ではありません。


一例としてOrico Card THE PLATINUMは、ネット通販での還元率が原則として3%以上になります。


インターネットの利用が多い方の場合、オリコポイントを効率的に獲得できます。


また、楽天ブラックカード(カードランクはプラチナカード)の場合、楽天市場でお得な3つのコースを全て利用可能。楽天プレミアムカードは1つだけなので、楽天で最上級のサービスを受けられます。


"ザ・プラチナ" 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、いつでも出光SSでガソリン・軽油2円/ℓ引き、灯油1円/ℓ引きになります。


年会費別のおすすめプラチナカード

年会費無料のクレジットカードなら何枚でもお手軽に選択できます。ただし、コストが高い年会費のプラチナカードはそうはいきません。


どのプラチナカードが適しているのかはライフスタイルによって変化して、クレジットカードにかけられるコスト・負担できる年会費は、個人個人で変わってきます。


住居・携帯電話・インターネット等と同様に、プラチナカードは固定費となるので、年会費は重要な構成要素となります。


そこで年会費ごとのおすすめプラチナカードを解説します。


年会費が安い格安プラチナカード

とにかく保有コストを抑えてプラチナカードを保有したい場合、年会費3,000円(税抜)のTRUST CLUB プラチナマスターカードがおすすめです。


  • ショッピング利用100円=2ポイント
  • 空港ラウンジが利用無料
  • 利用可能枠:30万円~100万円
  • ダイニング by 招待日和
  • 国際線手荷物宅配優待サービス
  • 国内高級ホテル・高級旅館予約サービス
  • 旅行保険
  • バイヤーズ プロテクション

年会費2万円台のおすすめプラチナカード

TRUST CLUB プラチナマスターカードの登場までは、プラチナカードの中で最安値水準は20,000円前後でした。手頃な年会費が魅力で、審査のハードルもさほど高くありません。


この価格帯のプラチナカードは多く、エポスカード・クレディセゾン・三菱UFJニコス・ジャックス・出光クレジットなど、数多くのカード会社がプラチナカードを発行しています。


JCBは少し高い25,000円(税抜)となっていますが、独自特典が充実しているのが特徴です。


おすすめは年会費と比較してメリットが豊富で、コストパフォーマンスが良い以下3枚です。


  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • JCBプラチナ

年会費3万円台のプラチナカード

年会費が30,000円台になると、20,000円台のクレジットカードよりも特典が充実する傾向にあります。


おすすめはJALカードプラチナ、TRUST CLUB プラチナVisaカードです。


TRUST CLUB プラチナVisaカードはポイントを年会費に充当すると高還元となり、プラチナカードに共通する特典は一通り揃っている万能カードです。


JALカードプラチナはJAL航空券等の購入が4%還元となるのが大きなメリット。国際ブランドはJCBとアメックスの2種類があり、ゴールドカード以下にはない充実の特典が満載となっています。


年会費5万円前後のプラチナカード

年会費5万円前後のプラチナカードとしては、三井住友プラチナカード、ラグジュアリーカードのチタンカード、招待制のエムアイカード プラチナ等があります。


かつては年会費5万円+税のJCB THE CLASSはプラチナカードか否かという議論がありましたが、現在はブラックカードとしての地位を不動のものにしています。


三井住友プラチナカードはマイ・ペイすリボの活用でポイント還元率が最大1.8%となるのがメリットです。


コンシェルジュはVPCCではなく自前のもので、オンラインでの依頼・メール回答を受けられないのがデメリットです。コンシェルジュ目当てということであれば、他のプラチナカードがおすすめです。


ラグジュアリーカードは金属製クレジットカードであり、素材の上質さは最上級です。


Mastercardの最上級のグレードであり、日本国内史上初のワールドエリートMastercardとなっています。記録というのはいつか破られる可能性がありますが、「史上初」という記録は永遠に残ります。


コンシェルジュサービスの使い勝手も良好であり、電話だけではなくメールでの回答にも対応しています。


カフェやバーの優待、月1回のTOHOシネマズ映画無料など、多くの方にとってお手軽に利用できる優待特典があるのも魅力的です。


年会費10万円前後のプラチナカード

中には年会費が10万円前後の高級プラチナカードも存在しています。アメックスプラチナ、ラグジュアリーカードのブラックカード、ブラックカードにカテゴライズされるダイナースクラブ プレミアムカードがあります。


また、ANAのプレミアムカードも10万円前後となっています。


  • ANA JCBカード プレミアム
  • ANA VISA プラチナ プレミアムカード
  • ラグジュアリーカード ブラック
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • ANA ダイナース プレミアムカード

インビテーション制から自己申し込み制に切り替わり、誰にとっても身近な存在になったのはアメックスプラチナです。


金属製のメタルカードでもあり、抜群のかっこよさを誇るセンチュリオン券面で、かつ上質の素材が魅力的です。光が当たる角度によってはキラキラと光り輝きます。


また、アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードならではの豊富なトラベル特典が魅力的となっています。


ダイナースプレミアムはインビテーション制となっており、まず年会費22,000円(税抜)のダイナースクラブカードを作成して、利用実績を積んでインビテーションを待つことになります。


ダイナースクラブらしくダイニング特典が充実しており、かつポイント還元率が1.5%とアメックスプラチナの1.5倍となっています。


ANAマイルに年4万マイルまで1ポイント1マイルで移行できるので、年266万円程度の利用額であれば、効率よくポイントを使うことが可能です。


また、日本のクレジットカードの中でも最もコース料理1名分無料サービスの対象店舗が多いのも特徴です。また、中にはダイナースクラブカード限定の店舗も存在しています。


ラグジュアリーカードはMastercardの最上級ランクである「ワールドエリート」のステータスを誇ります。


ラグジュアリーカードのチタンカードは年会費50,000円(税抜)とプラチナカード級ですが、グレードはなんとMastercardプラチナカードよりも2段階も上となっています。


コンシェルジュは世界的ネットワークを誇っているアスパイアであり、対応の品質は上々です。


電話はすぐにつながり、年会費130,000円(税抜)のアメックスプラチナやダイナースプレミアムと同様に、回答は電話・Eメールの好きな方を選択できます。


JCBザ・クラスや三井住友プラチナカードが電話でしか回答をもらえない中、ラグジュアリーカードはフレキシブルな対応で非常に使い勝手の良いものです。


ただし、マイル還元率は低めなので、マイルを貯めたい場合は基本的にはおすすめできません。


もっとも、ハワイアン航空のマイルに交換できる希少なクレジットカードなので、ハワイアン航空のマイルに交換するのは有効な使い方です。


アメックス・プラチナとラグジュアリーカードは金属製カードであり、素材の金属感・手にした時のズッシリ感・重さが卓越しています。


アメックスプラチナ・ラグジュアリーカードの上質な素材を体感すると、他のプラスチック製クレジットカードでは物足りなくなるかもしれません。


まとめ

プラチナカードは年会費が高く、コスト負担が重くなります。したがって、選び方としては、以下の観点が重要になります。


  • 保有・利用による満足感があるか
  • 特別なポイント還元となる支払いが多額か否か
  • 付帯特典を使う機会があるか
  • 付帯保険が必要か

特典・付帯保険・ポイント還元・ステータスが、一般カード・ゴールドカードよりも充実している傾向にあります。


一般カード・ゴールドカードにはない特典や満足度が得られるプラチナカードが見つかった場合は、まず1年間使ってみましょう。


多くのプラチナカードは豪華な入会キャンペーンがあるので、1年目のコスト負担は低下します。


そして、2年目の年会費が発生する前に更新の是非を検討し、コストに見合う価値がなかったと判断した場合は解約して問題ありません。


提供元:ブログ The Goal 運営者 まつのすけ

※本記事の情報は、各クレジットカード会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る

関連するクレジットカードを探す

クレジットカードをカテゴリで探す