ここから本文です

投稿コメント一覧 (144コメント)

  • インフォテリア 世界40ヶ国に展開する生産設備メーカー平田機工がHandbookを活用しペーパーレス化を実現。経営幹部のタブレット活用で経営会議などの準備工数や会議資料の保管負担を大幅削減。いいね♬

  • ショーケース 切り返し↑

  • ショーケースTV ふるい落とし・差し込みの安値 押し目買いでオーケー牧場👌

  • >>No. 284

    ■全個体電池関連銘柄

    5218 オハラ
    5706 三井金属
    6955 FDK
    6976 太陽誘電


    トヨタ・ホンダ、EV事業前倒し 全固体電池、20年代前半に量産
    2017/10/26 05:00| 自動車・輸送機 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

     トヨタ自動車とホンダが電気自動車(EV)の事業化ペースを加速する。トヨタはEV性能を飛躍的に高める全固体電池のユニットを2020年代前半に量産する。ホンダはEVを国内で20年に投入する。世界的な環境規制の強化などで、EV市場への期待感が高まっている。EV対応では日産自動車や独フォルクスワーゲン(VW)が先行しているが、トヨタなど他社の戦略が鮮明になってきた。(3、6、7、最終面に関連記事)
     
     トヨタが開発中の全固体電池はEVの航続距離を大きく伸ばし、充電時間の大幅な短縮、原価低減につながる。ディディエ・ルロワ副社長は「“ゲームチェンジャー”となりうる技術だ」と強調した。
     
     全固体電池の試作品はすでに完成しており、技術者200人以上の体制で開発を急いでいる。特許出願件数も世界トップで「次のステップは量産に向けての準備。20年代の早い段階で紹介できるのではないか」(ルロワ副社長)として...

  • 日立建機決算は予想以上に改善、鉱山機械回復確度も高まる みずほ

  • 日立建機 2007年12月以来の高値

  • 安川電機 ドカッと↓

    大口が売り目線に転換 思惑相場終了

    安川電「中立」に格下げ 大和
    安川電 「アンダーパフォーム」に格下げ マッコーリー

    安川電機 格下げ、12カ月の目標株価4000円 大和
    安川電機 格下げ、12カ月の目標株価3000円 マッコーリー

  • >>No. 85

    ・ブルームバーグのデータによるとアエリアをカバーするアナリストはいない

    ・アエリアの戦略、監査法人の変更、不動産関連事業への参入などについても疑問視 空売り調査会社ウェル

  • ・アエリアを対象にしたリポート公表 空売り調査会社ウェル

    ・ウェル・インベストメンツ、アエリアのダウンロード数を疑問視

    ・株式会社アエリア(3758) 非現実の数字の上で漂う

    ・アエリア適正価格465円、70%超の下落余地 
    要約 アエリアは、モバイルゲームでたった1つのヒット作を有するのみだが、第三者の業界調査会社のデータによれば、当該ゲームのダウンロード数は同社による度重なる公表値より遥かに少ない。
    当該ゲーム以外に同社に近い将来ヒットが期待できる作品はなく、過去3年間のM&Aの実績も失敗続きである。更に悪いことに、大半のM&Aは株式交換や新株予約権を駆使しており、株主は希薄化のリスクに直面している。同社は高く吊り上げた株価を維持しなければならないが、収益もキャッシュフローも改善の見込みは薄い。
    最近になって同社は、規制当局に不適正行為について罰金等を受けた顧客企業を有する小規模な監査法人に変更した。
    我々はアエリアの適正株価を465円、即ち70%超の下落余地があると評価する。

    ・WIR新レポート:アエリア(3758), IT/モバイルゲーム会社 唯一のヒット作品のダウンロード数は重複数値込みで喧伝?(実際のユーザ数は8割減か)

  • >>No. 13

    節目突破・レンジブレイクすると買い目線に転換します( ^ω^ )

  • 大口が売り目線に転換 思惑相場終了

    安川電「中立」に格下げ 大和
    安川電 「アンダーパフォーム」に格下げ マッコーリー

    安川電機 格下げ、12カ月の目標株価4000円 大和
    安川電機 格下げ、12カ月の目標株価3000円 マッコーリー

  • >>No. 9

    安川電機 1,200→4,100 買い目線から売り目線へ
    タカラトミー 長期保有しています(^^♪

  • トヨタ・ホンダ、EV事業前倒し 全固体電池、20年代前半に量産
    2017/10/26 05:00| 自動車・輸送機 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

     トヨタ自動車とホンダが電気自動車(EV)の事業化ペースを加速する。トヨタはEV性能を飛躍的に高める全固体電池のユニットを2020年代前半に量産する。ホンダはEVを国内で20年に投入する。世界的な環境規制の強化などで、EV市場への期待感が高まっている。EV対応では日産自動車や独フォルクスワーゲン(VW)が先行しているが、トヨタなど他社の戦略が鮮明になってきた。(3、6、7、最終面に関連記事)
     
     トヨタが開発中の全固体電池はEVの航続距離を大きく伸ばし、充電時間の大幅な短縮、原価低減につながる。ディディエ・ルロワ副社長は「“ゲームチェンジャー”となりうる技術だ」と強調した。
     
     全固体電池の試作品はすでに完成しており、技術者200人以上の体制で開発を急いでいる。特許出願件数も世界トップで「次のステップは量産に向けての準備。20年代の早い段階で紹介できるのではないか」(ルロワ副社長)として...

  • 昨年度の人材派遣国内市場、8.8%増の4兆3898億円−働き方改革で特需 2017/10/26 05:00 日刊工業新聞

     矢野経済研究所(東京都中野区、水越孝社長、03・5371・6900)は25日、2016年度の人材派遣業の国内市場規模が前年度比8・8%増の4兆3898億円とする...

  • 安川電機 格下げ、12カ月の目標株価4000円 大和
    安川電機 格下げ、12カ月の目標株価3000円 マッコーリー

  • 安川電「中立」に格下げ 大和
    安川電 「アンダーパフォーム」に格下げ マッコーリー

  • >>No. 613

    秀英予備校、AI導入し英語教育 小学生向け 2017/10/25 22:00 日本経済新聞

     秀英予備校は25日、eラーニング用システム開発のデジタル・ナレッジ(東京・台東)と提携し、人工知能(AI)を持った英語教材を作成すると発表した。学習指導要領の改訂で2020年度から小学校の英語教育で時間や内容が拡充されるのに合わせ、小学生向け英語学習サービスを強化する。まずは現4、5年生を対象に12月から新教材を用いた授業を試験的に始める。
     
     デジタル・ナレッジが開発した「AI Training+」を使う。パソコンやタブレット端末を通じ、AIが問題を出題。生徒のスピーキングやライティングの回答を「意味」「文法」の2つの評価軸で採点し、添削もできる。生徒の習熟度に応じたトレーニングも行う。
     
     生徒の利用しやすさや効率性などの結果を見て、18年度から本格導入する。20年度から英語授業が始まる小学校3、4年生への導入などを検討する。

  • 日々公表銘柄を解除された銘柄
    -解除日:2017/10/25

    ・オーネックス (5987)
    ・FDK (6955)
    ・アルテック (9972)

本文はここまでです このページの先頭へ