IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2472コメント)

  • 私は都民なので、今日投票に行きました。
    分かっているけど、無駄な抵抗をします。

    以下3名以外にも「支持者がいる事」を示す為に。
    ①常に後だし緑のタヌキ、小池
    ②闇金の黒幕、宇都宮
    ③大ウソ付きで存在自体論外、山本

    これまで言われて来た、常識や当たり前の事
    (その情報元は視聴率優先のマスゴミ)
    が後に、真逆だった事が多数あります。
    その話は何処も取り上げないから、未だに国民は信じています。
    残念ですが、しょうがありません。

    小池の支持の多さは
    「自分自身で物事を考え判断する人間が減って来ている」
    と言う証拠でもあります。
    都民に限らず、世の中高齢化が進んでいます。
    出てきた数字を自分なりに分析し、その出所や背景を考え、
    自身に合った今後の対策を自分で考え実行する。

    そんな方は、高齢者じゃなくても
    そんなに多くはありませんね。

  • >>No. 13426

    > 「東京都 新たに34人感染確認」
    > 「東京アラート 方針固める」
    > ただ後に数字1つ取っても「矛盾だらけ」の結果になりますね。

    確かその後6/3に東京アラートが発令されました。

    本日の記事
    「東京都の小池百合子知事は3日の定例記者会見で、同日の新型コロナウイルスの感染者が124人と正式に発表した。」

    アラートの「ア」の字も出ない。
    そりゃそうでしょう。元々分かっていた事です。

    ただ今回分かった事、
    (分かったとは、国や都が気づいた事)
    「国や都が行った自粛政策は、コロナを抑える効果はあったかも知れませんが、
    それ以上に、経済的実害の方が遥かに大きかった」
    また「もし、同じことをしたら日本のどれだけの方が経済的死を迎えるか分からない」

    この程度の感染で自粛などアホの極み。
    もし都内100人程度の感染で不要不急の外出自粛なら、
    今後数十年は自粛する事になり、
    人々の楽しみの半分以上が消えて無くなります。

    インフルエンザ死の1/6~1/10以下のコロナ死を防ぐ為に、
    生きている価値すら捨て、
    意味も楽しみも無く、ただただコロナを恐れ長生きを目指す?

    アホだな

  • >>No. 339

    18時くらいに見たら、
    オール「満」でしたよ。(笑)

    ひと枠に約2名なので、17名の底辺弁護士?か司法書士が
    18時時点で「明日は出勤不要」と言われた訳です。

    こんないかさま、今日が初めてじゃないから、
    既に所属弁護士らは、以前の1/3以下かも知れませんね。

    だから「満」ではなく、
    「受付終了」なんですよ、正しくは。

    もう一つ言うと、
    過払い専門のミネルヴァが潰れた。
    世の中普通の1億人は
    「過払い専門の弁護士事務所は危ない」と思います。
    事案を持ち込んでも「倒産」では途方に暮れる。
    (ミネルヴァ被害者は1-2万人)
    普通はそんな事務所を避けます。

    それなのに、いまだに過払い事専門を宣伝にするアホ事務所は、
    今後計画倒産でも企んでいるのでしょうか?

    本気で今後商売するつもりなら、アホ過ぎです。
    1-2年後には100%消えてるね。

    次の倒産話を心待ちにしています。
    「無くなっていいよ」
    「無くなっていいから」
    「亡くなれオイ!」

  • 毎日、様々なニュースが流れていますね。
    取り上げられるのは、当然読む側の興味をそそる内容。

    今日私が選んだのは以下2つなんですが、
    共に「実行者」の心理は、昭和の名言として以前からあります。
    つまり、もう30年以上も前から「人間の大衆心理」として、
    取り上げられています。
    つまり「本人はそうするしか選択肢はない」
    と言う事象で、問題にする方が世の中知らな過ぎ?

    ①【家公務員に夏のボーナス支給、8年連続プラス】
    昭和の名言:
    (必殺シリーズ、役人中村主水)
    「いいか、この仕事を長く続けるにはな
    一に要領
    二に要領
    三四も要領
    五に目立つな」
    →保身優先で何もしなと、良い事が待っています

    ②【かんぽ不正販売2448人を処分 日本郵政、法令や規則違反】
    昭和の名言:
    (ビートたけし)
    「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
    →今、処分されたから「それが何?」
    そんな事より、公になる前に「内部告発」でもしていたら、
    ほぼ100%左遷+反省部屋+イジメで自己退社誘導だったでしょうね。
    これが日本大企業の真の姿。
    純粋な精神でサラリーマン続けるのは正に釈迦の精神領域、
    イヤその前に「無理やり能無しのレッテル貼られて退職だ」

    オマケ(笑)
    ③【アイフル】
    一体何なんだ?
    コロナでも業績の落ち込みが無い所か、好業績すら確認出来た。
    更に過払い件数が著明に減少している事を証明した「ミネルヴァ倒産」
    今日、日経が300騰げても「やはりのマイ転」

    平成の名言?:
    「死んだふり(殺したふり)」かな
    →今回はアイフル社主導ではなく、機関投資家が主導
    演出の一環ですから、その後もシナリオとしてあるでしょう。
    それが何時か、と言うだけです。

  • 今回のアホコロナの比較対象は「熱中症」

    未だ恐れて何処も話題にしない
    「既存の感染症を表舞台」に出したら、どうなるでしょうか?

    【本日のネットニュース】
    (マスゴミは怖くて近寄れない話題)
    日本の新型コロナ感染による死者数は956人で(6月26日時点)、一方、熱中症の死亡者数は、厚労省の最新統計によると2018年で1581人だ。

    そのなかで、どちらに重きを置き、どう行動するのが正解か。
    大阪府監察医で千葉科学大学危機管理学部の黒木尚長教授に訊いたところ、意外な回答が返ってきた。

    「そもそもマスクには(ウイルス感染の)予防効果はほとんどなく、他人にうつすのを防ぐためのもの。知らないうちに当人が感染している可能性があるのでマスクをするわけですが、咳やくしゃみが出そうになったら肘の内側で鼻と口を覆う“咳エチケット”で本来なら十分です。

    私の持論と100%一致する話。
    「だから、通常会話をしない電車内・パチンコ店に感染(クラスター)リスクは無い。」
    「コロナは飛沫感染が問題で、空気感染しない」
    「賢いマスゴミに騙されたアホ国民」
    これが現状。

    理論的な現実の感染リスクとその対策が最も重要。
    かたくなに恐怖して、経済損失30兆円以上は実にアホな話。

    このまま日本中が「反密」を貫いたら、どうなる?
    もういい加減、現実に目を向けろよ。
    初動の過ちを認めろよ。
    自身の保身だけじゃなく、この国の為に行動しろよ!

  • 今日から「ステップ2」ですね。

    構想では「ステップ5」まであります。
    (5年以上前から決めています)
    さあ、何時になることやら・・・

  • 過払い請求者(顧客)は1万~2万人と推測(未払い)されます。

    本来なら顧客に戻るはずの大切な過払い金は、次に3者に渡りました。
    ①元武富士社員の「広告会社連中」
    ②底辺弁護士集団の「ミネルヴァ連中」
    ③そのCM費用を飯の種にしてきた「マスゴミ連中」
    ・今回は明らかに、テレビがその犯罪行為を助長していた事になります
    ・あの番組を見なかったら、だまされなかったら「ミネルヴァを利用しなかった」

    そして今後と課題
    ①:犯罪被害者1万~2万人、この問題をマスゴミは過去の謝罪と共に大きく報道し、実態解明に積極的に協力すべきと思います。
    当然、過去の広告CM費用は「本来貰うべきでななかった為、利息を付けて顧客に返金、「誤CM返還金」として。

    ②:底辺弁護士と書きましたが、底辺は「底」を意味します。
    しかし今回の違法性の認識、その期間、被害者の数から言っても「完全に底割れ状態、地を掘り下げる程に酷いゲス連中。
    こいつら本当に国が資格を与えた「弁護士かよ」と思います。
    このニュースが大きく世の話題になれば、元々低い弁護士の社会的地位は更に落ちるでしょう。

    ③:過払い問題の遡及判決を皮切りに
    近年給与ファクタリングで有名になった闇金ビジネスは、
    貸金業法改正から急成長を遂げています。闇金被害は実に50万人~/年。

    アディーレに次ぐ、今回のミネルヴァ事件
    「貸金業法改正」による日本の実被害は既に計り知れません。
    金融庁・政治家共にその事実を認め「貸金業法再改正」を行うしかありません。
    今回のニュースが「世論を動かす切っ掛けになれば」と、切に願います。

  • 過払い金CMの大手弁護士法人
    「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇

    確かに表題の通り「悪の張本人」は奥が深いです。
    本文はかなり長く、余程興味がないと全部読みません。
    投資家を含む普通の方は
    「過払い専門の弁護士事務所が倒産」
    「過払い案件は、ほぼなくなった?」
    「弁護士事務所の顧客預り金、私的流用!」
    とだけ理解するでしょうから、それでいいでしょう。

    底知れぬ闇のポイント抜粋
    ①計画倒産の武富士元支店長が「過払い専門の広告会社を立ち上げた」
    ②世の底辺弁護士集団(事務所)にCM話を持ち込んだ
    ③それに乗ったミネルヴァは大きく成長する事になった
    ・武富士顧客リスト=アコム・アイフルリストと同じ事
    →それを持ち出して営業するんだから、効率が良いのが当たり前
    ④そしてミネルヴァの経営は広告会社が実質握る
    ⑤近年、過払い案件が少なくなると、広告費用と過払い利益がトントンになり、3-4年前から顧客の過払い金(預り金)は広告会社費用にそのまま渡る
    【これが、私的流用】
    ・そもそも広告費用は実権を握る広告会社のいいなりなので超割高
    ・ミネルヴァ社は何度か「まともな企業」になろうとしたが、
    その度に「広告を止める・社員を引き上げる」と脅され、諦める
    【自分達(弁護士連中)が犯罪を犯している事を自覚してた】
    ⑥どうにも負債が膨らみ限界を感じ、今回倒産
    ⑦この広告会社は他の弁護士・司法書士会社とも関係があり、次の倒産も近い?

  • 今日の月次で2つの事が確認できました。

    1つ目:
    コロナの実感染被害は別として、日本経済も世界的自粛の煽りを受け、
    様々な数字からリーマン超えの「大ショック」となってしまいました。
    その結果:新客の大幅減
    3月:20,310件
    4月:12,806件
    5月:7,688件
    昨年5月:19,347件

    国が主導した無利息50万円、が理由の1つかも知れませんが、
    今の時代「消費者金融の目的は交遊的出費が多かった」
    となります。
    近年総量規制もあり、審査をより厳しくしても貸倒れがこれ程あると言う理由は、
    正にそれだったようです。
    ①結論:近年は世の中大不況になると、新規の利用者は減る

    2つ目:
    世界的にリーマン超えの大ショック、諸外国では数十年~100年ぶり以上の疫病問題。そして自立能力が「ほぼ0」の日本経済
    (輸出やインバウウドのみに頼る国の経済政策が理由)

    その中でこれまで「本当かよ?」と思われていた事が、今回本当だと分かった。
    これまでとは軽く江戸時代以前?からある「都市伝説的な諺」

    「金貸しは、不況に強い」
    「風俗と金貸だけは生き残る(必要悪)」

    5月対前年度比
    営業債権合計:5,624億円(9.8%増)
    無担保ローン実績:4,293億円(9.6%増)

    「都市伝説的な諺が本当だったんだ!」
    は、今後歴史に残ると思います。

    今日ソフトバンクが大赤字で当分無配を宣言。
    それ以外にも今期は、
    日本を代表する1部上場企業が、業績予想の未定、赤字・減益予想と散々な状況となっています。
    その中でアイフルのこの数字は「玉石混交」と思われる全銘柄において、
    正に金の卵ではないでしょうか?
    犯罪機関が個人を洗脳的抑え込みにより今安値誘導していますが、
    いずれ限界が来ます。

    今期アイフルはスタードダッシュ!
    4月の対前年度比
    営業債権合計:10.9%増
    無担保ローン実績:10.8%増

    ②結論:世の中必ず元に戻ります。
    その時この苦境時でさえ、平静おろか増収予想が止まらないアイフルが、何処まで飛躍するか、300年以上の諺と5月月次が証明してくれました。
    今期の業績予想は達成するでしょう。
    それどころか、上方修正・復配も視野に入ります。
    クソの弁護士倒産も続くかも知れません。

    あと少しの辛抱です。
    これまで耐えて来たのですから。

  • 「RIZAPグループに司法書士法人 新宿事務所
    全うな消費者金融を敵に回す連中はとっとと世の中から消えてくれ!
    アディーレ・プロフェクト・ベリーベスト法律事務所もいずれ消えてなくなるでしょう。」
    珍しくいいタイミングだ。
    ミネルヴァとは書かなかったが、誤差範囲。


    「過払い金請求やB型肝炎訴訟CMで知られる
    東京ミネルヴァ法律事務所、(めでたく)破産」

    久しぶりにいいニュースだ。
    意外でもなんでもない。
    時代の流れだ。

    所詮底辺弁護士の集団
    潰れても誰も困りません(笑)

  • こちらの投稿も以前とは違い、少なくなっています。
    当然、評価する側の数も減少ぎみ。

    その中で「青」はある意味目立ちます(笑)
    今はあの方以外、不評総集めはいません。
    彼が投稿を辞めたら「青」は0ですね、私以外。


    森永 卓郎は、司法書士法人 新宿事務所が、
    世の中から「多数の訴訟を起こされている」事を承知の上で同社のCMに出ています。


    上記投稿が、普通ならほぼ無視&スルーされる何でもない1投稿が、
    特段読む側の興味をすすります。
    「青」は今逆に目立つ!

    「反」からしたら、実に本末転倒のアホ所業。
    私の投稿はこれまで同様に
    読む側視線で「注目され続けます」

    アホの顛末(笑)

  • いや、
    もしかしたらの話なんですが・・・

    あちらで書くと、
    アホ連中が「買い煽り」と非難するので、この話はこちらで。

    新社長が誕生。
    その前に、前社長は様々な手を尽くし、負の遺産(過払い問題)の清算を試みてきた様に思えます。
    実例を挙げると
    ・プロフェクトの前倒し利息返還金処理
    →当然他の事務所でも行っていると推測
    ・過剰な利息返還金の前期繰り入れ

    今日の「+9」は最初のご祝儀

    そして、明日24-25日に月次です。
    ここからは話半分で聞いて下さい。
    「予想外の数字が出るかも知れません」
    ・請求:600件以下
    ・利息返還金:5億円以下

    もし仮にその様な数字が出たら、
    これらは過去から相当な時間等を使った演出の結果。
    「何の演出か?」
    未だ騰がるわけがない、と思う多数を空売りと言う味方に付けながらの、長期上昇のスタート。
    未だ騰がらない、と思う連中が多いと言う事は当然陽線になります。

    近日の月次
    数字には期待していませんが、
    「社長交代時の派手な演出」には期待しています。

  • 失礼、追加。
    森永 卓郎は、司法書士法人 新宿事務所が、
    世の中から「多数の訴訟を起こされている」事を承知の上で同社のCMに出ています。
    数ある悪司法書士・悪過払い弁護士の中でも
    新宿は最悪レベル。

  • 赤字60億円の「RIZAP」
    3人の大物経営者にも逃げられ、もはや打つ手なし?

    RIZAPグループの2019年3月期決算は、純損益が193億円の赤字
    今年3月期も60億円の赤字と低迷
    さらに
    2021年3月期の業績予想は未定

    RIZAPグループ:
    発行済株式総数 5.56億株
    時価総額 862億円

    アイフルグループ:
    発行済株式総数 4.8億株
    時価総額 1,172億円
    さらに
    2021年3月期 純利益予想 179億円

    なんでこんなクソ会社と肩を並べているなじゃ!
    クソはとっとと潰れてしまえ!

    私はRIZAPグループが嫌いです。
    理由は、
    あの詐欺集団「司法書士法人 新宿事務所」
    のお金に吊られ、アホ極まりない恥ずかしいインタビューでCM出演した
    森永 卓郎が、
    更にRIZAPグループのCMに出ていたから。

    森永には、ほぼ100%自己利益優先と言う悪意がありますね。
    「余程のアホでない限り、痩せる事に1円も必要ありません」
    彼なら分かっています。

    RIZAPグループに司法書士法人 新宿事務所
    全うな消費者金融を敵に回す連中はとっとと世の中から消えてくれ!

    アディーレ・プロジェクト・ベリーベスト法律事務所もいずれ消えてなくなるでしょう。
    世の流れには逆らえません。

  • 「自民競合候補の地盤の県議に現金 前法相」

    法治国家である日本の
    その頂点でもある法務大臣が、選挙対策に現金を

    前法相の衆院議員克行容疑者が、
    実にアホだなーと思う理由の1つに、
    犯罪を数十人クラスで行っていた(贈収賄)と言う事。
    「そりゃバレるよ」
    3億円事件が未可決なのは、まさにこの逆。

    話を戻し、
    残念ながら、政治家とはこう言う次元の連中が殆ど。
    これだけ、イヤこの10年以上闇金問題が話題になっていても、
    ゲスの人気取り政治家や金融庁・消費者センター・都道府県知事は、
    世論批判にビビッてこの問題には一切「気づかぬふり」

    「人生掛けて自らの使命に立ち向かえよ」
    と言いたい。
    「それが出来ないなら、その職に就くなよ」
    と思う。


    「コロナでヤミ金トラブル増加、家族全員に取り立ても」
    (22日8時配信)
    給与(給料)の債権を売れば、金銭を受け取れる」などと宣伝し、高額な手数料を請求するもので「給与ファクタリング」などと称されている。国民生活センター、消費生活センターなどに相談が数多く寄せられている。

    締めは
    明日株主総会、新社長が誕生予定
    「株主の期待に沿えないなら、その職に就くなよ」な!

  • 恐らく今後、コロナ感染者が全く落ち着かなくても、世の中普通に戻るでしょうね。これ以上騒ぎを続けると、マスゴミと政治家が今度は「悪者」になりますから。
    「大矛盾」を行いながらも、一切の批判に「だんまり」を通して世の中は普通に戻って行きます。
    (6/7投稿)

    今日のニュース
    「東京都で21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに35人報告された。
    都内の感染者数は5月25日の緊急事態宣言解除後に再び増加し、6月は全て2桁が続いている」

    今日の繁華街や商店街、百貨店等々、
    人が集まる象徴的場所には、人が集まっているようです。
    新幹線も満席
    アホの「Go To キャンペーン」は8/1に開始予定

    多くに矛盾を抱えながらも
    「世の中は普通に戻って行く」と確信し以前に書きましたが、
    本当にそうなりそう。


    アホ連中に矛盾を突き詰めても、
    まともな答えは返ってこないから、聞くだけ無駄。

    東京で連日30人超の感染者確認は、
    (実際は軽く100人超?)
    以前のデータから、後に100-200人感染は確実なので、
    本来なら今は「緊急事態宣言準備の緊張的事態」
    でも世の中、マスゴミを含む誰もが「ダンマリ」
    で元に戻りかっけている・・

    元々分かっていた事ですから、それでいいと思います。
    当然その方がいいです。

    アイフルは、コロナにより減益はありませんが、利益の伸びは鈍化します。
    世の中普通に戻れば、利益の急伸が元に戻ります。

    世の中の状況がどうであれ、
    一部のアホ連中の洗脳的な思い込みがどうであれ、
    「現実的に世の中が普通に戻っている事」は喜ばしい限り。

    政府も実は「緊急事態宣言状況」を含む
    「過剰な自粛政策」は失敗だったと思っています
    小池は計算済

    「後だし緑のタヌキ」は100%都知事選に再選されます。
    そして来年のオリンピックは死ぬ気でも実施したいとの心中なので
    以前なら100%数字的に感染危険状況でも、東京パフォーマンスは絶対に
    冬~春は控えるでしょうね。

    ・アホコロナとは生涯共存
    ・既存の感染症同様に注意
    ・それにようやく気づいた人々が元の生活に戻る

    そして今後
    コロナアクシデントから解放されたアイフルは
    営業債権合計・無担保ローン共に前年同月比10%増を維持し
    過払い問題を払拭し、極めて近い未来に復配を実現する

    私は「真実を調べ、思ったままを書いただけです」

  • 【速報】県またぐ移動 19日“解禁”
    安倍首相表明 入国制限緩和も

    ちょっとアホ連中をからかうと・・

    つまり今日までは
    「県またぐ移動が “禁止” 」だったようです。
    そして、その「禁止的行動」を
    国や県の公人・プロのスポーツ選手・民間企業・マスゴミ関係者等々が
    行っていた、と言う事ですね?
    「理論的に全く説得力がない話ですから」
    誰もが最初から無視し、全く罰もバッシングもない。

    これが、矛盾の果て「アホコロナの現実」ですね(笑)

    軍曹殿程ではありませんが、私も無視カゴは利用しています。
    幸いここ最近、私のアホコロナに対する直反論は1つもありません(見えません)
    そろそろ、新参者に攻撃されそうですが
    「読みたくないなら、無視カゴに入れろ!」
    先を見越して返信しておきます。

    でもいい加減、「いい気になるな、このボケが‼」
    と言われるコロナ

  • 「アホコロナの話」
    私だけが知らないのかもしれませんが・・

    今日(17日)と19日(午前0時)の間に
    「何かとても大きな事実があった(ある)のでしょうか?」

    今日通勤電車で
    「国土交通省から・・都道府県またぐ移動を控えて・・」
    とあった。

    今ネットニュースで
    「都道府県またぐ移動自粛緩和「19日から予定どおり」西村担当相」
    とあった。

    18日の夜行で東京を出発して、24時に他県に・・ならOK?
    これが国が勧める新生活スタイル/ルール(笑)
    アホか!

    もう滅茶苦茶
    クラスター「0」のパチンコ屋を
    人気取りタレント・知事がマスゴミとタッグで魔女狩りの総リンチ。
    (今その罪がようやく一部で取り上げられています)
    今年初めの頃は確かに未知のウイルスだったから仕方ありませんが、
    3-4月には既知のウイルス。
    その時点での判断を誤ったから、
    その後の政策・対策は全てが笑える程の矛盾だらけ。

    もういい加減気づけよ。
    ワクチンは高価なようで、全国民接種は無理みたい。
    将来治療薬(これは出来る)全国民ワクチンは所詮絵空事。
    今後数十年、今の状況(抗体保有者はワクチン組のようなもの)と変わりません。
    もう他の病気同様に共存しようよ、日本では大した病気じゃないんだから。
    既存の感染症と同様に注意しましょう。

    「第2波、第2派・・の恐怖」
    これで、マスゴミは冬まで飯のタネが出来ました。
    その理屈だと、当分(1年~)観客を伴う一切のイベント、海外旅行、インバウンド、会合、飲み会、集会、要は人が集まる事は一切禁止、ですね。
    7-9月に感染の「根」を作ったら、11月~の冬本番に
    より大きな「第2波、第2派・・の恐怖」が来る~、でしょ!

    この本来良い国を、自分達の私利私欲の為に徹底的に潰さんとする、
    世の特権利権者やマスゴミ、
    この連中を本来なら我々一般国民が、その矛盾を突いて潰さなければなりません。

    難しい話しですが、
    そうなって欲しいです。

  • マルサの女2
    悪玉宗教法人の館長役、三國連太郎風に書くと

    「アイフルで負けないコツはただ2つ、
    どうだわかるか?
    昨日売らず、今日買わない。」

    もう1つおまけに
    「穏やかな生活を送る秘訣はただ1つ、
    テレビを見ない」

  • これ、小池の戦略かもね・・

    例えば茨城県水戸市の大工町(だいくまち)、
    東京で言う歌舞伎町。
    そこで今3-5店舗程度の従業員(ホステス含む)全員検査したら、
    10-20人は「(過去)陽性」確定だろうね。
    そうなると数日「0」の茨城が大騒ぎになる。
    でもそんな事する全国の道府県知事は一人もいない。
    やっても意味がないから。

    でも小池には意味がある。
    今回の東京感染者は言わば、実害も無かった過去の結果。
    しかし、マスゴミは利用され、
    いや「47・48人感染/日」は良いネタ!

    その(実害のなかった?)感染に対し、
    小池は今後に向け「特別プロジェクト」を立ち上げた。
    本人の都知事任期が7月4日まで。
    当然そのプロジェクトの計画はそれ以降も続く。

    つまり、
    「私を次の都知事にしないと、東京はコロナパニックになる!」
    と暗に脅している訳です。

    小池は後出し婆さん、
    山本はめちゃくちゃ、
    宇都宮はゲスの弁護士、
    日本をリードする都知事選にろくな候補がいない。

    知名度「0」でも維新の推薦なら、最有力かな。
    (吉村の件があったからでは無く、数年前から私は維新派です
    いつも落選していますが・・)
    自民は「貸金業法再改正」をしなかったので、もう入れません。

本文はここまでです このページの先頭へ