ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 2017/10/14 03:43

    全体の4%に影響、というコメントが殆ど軽視されているのですが、その評価は如何に?
    もちろん中長期的に会社経営に影響はすると思いますが、4%への影響で4割の株価が吹っ飛んだというのは、あまりに大袈裟に私は考えます。

  • 個人的にはT-iPSの夢の広がり方には改めてすごいものがあるなぁと感じました。

    行政との協調やお願い等はしないのか、という質問に対しては、既にITKやGRNはそのステージを超えた企業としての戦いに入っている、T-iPSは全く新しいので、治験の再現性などについて行政と密にやり取りをしていかなければならない、という話もありました。

  • 株主総会が終わりましたが、まだまだ道は長いですね。長期的に応援したいと思います。

    GRN1201の導出先はメガファーマを想定、特定のところと深くやり取りはせず、広く緩くやり取りをしている、フェーズ2を終えたところで『窓』が開く、とのことでした。それ以外の質疑は特に印象なし。

  • 明日以降も楽しみですね。
    現実味を帯びつつある(と考えられる)2つのパイプラインに加えて、iPS細胞と言ういかにも流行に乗った材料が出てきた以上、時価総額が4桁億円になっても何らおかしくないかと思います。

  • >>564
    個人的には、今まで期待させるIRもあまり出ていなかったので、第二四半期決算で派手な数字で着地し、併せて通年見通しも上向き、更に新商品(VR関係とかあればなおハッピー)のIRを期待していたのですが、ため息が出てしまいます。

    …長期的には「そとあそび」等で伸びが期待できそうですが、長期がどれほどなのかが見通せず、「長期」の投資がしにくいなぁと思う次第です…。

    もう逃げられないですが…。

  • セルラン1位を複数回獲得などで、今四半期決算に対する事前の期待は非常に高かったと思う。

    しかし、期待を超える決算ではなかったし、業績見通しのレンジの上限も下がっているわけで、ドッカンバトルの伸びしろのなさを表した形ではなかろうか。

  • 2016/07/02 17:47

    『八月の…』というタイトルに合わせて、8月1日の公開に向けて、一日一日カウントダウンをしながら、メディアミックス戦略を打ってくると考えるのではと思います。楽しみです。

    7月1日のプレスから考えると、綿密に毎日のスケジュールが組まれているのではなかろうかと思います。

    課金云々は株主としてもちろん重要ですが、仕掛け作りを上手にしてもらい、日々メディアを賑わせ続けてほしいものです。

    個人的にはあのプレスだけでは全貌が分からないという点で、まだまだ奥底がありそうでワクワクしていますし、期待をしているところです。

本文はここまでです このページの先頭へ