ここから本文です

投稿コメント一覧 (404コメント)

  • >>No. 475

    富士石油前身アラビア石油時代からの株価浮き沈み後の底這いの歴史

    富士石油の株価10年チャートからは消えてしまい見ることができないが、
    富士石油前身のアラビア石油時代の2006年 エジプト、ノースウエスト・
    オクトーバー油田で 商業量の埋蔵量を確認と発表し 株価を2550円まで
    高騰させた事があったが、現在の株価は その時の 十分の一にも達していない。
    それどころか エジプト、ノースウエスト・オクトーバー油田開発失敗の後に
    出てきた ノルウェー、イメ油田開発(話)の時の株価1000円超の4分の一
    にも達していない。

    ノルウェー年金基金による富士石油株買い増し報道(日経新聞2017年8月17日)
    数か月後の 昨年大発会での最高値655円からも 随分と下落したものだ。

    昨年10月の台風24号による東電姉崎停電時に富士石油ご自慢の自家発電装置が機能せず、ご自慢のユリカ装置等操業一時停止損害額発表に至っては実際の損害額より約17倍も過剰損害予想発表して自ら自社の株価を暴落させる様な事をする会社の株価が超低迷なのは自業自得というものだろう?

    富士石油はお粗末な自社の停電事故処理による損害額を約17倍も過剰発表して、
    忍耐強く富士石油株を所有していた一般株主に大損害を与えてまで一体誰に大判振る舞いしたかったのか?

  • >>No. 462

    一つ前のスレッドに 投稿妨害者が恐れる 「不都合な真実」が残されている。
    是非とも一読願います。

    ■一つ前のスレッド
    『富士石油(株) 2019/10/21〜2019/11/10』
    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1005017/5017/10

  • >>No. 424

    出光興産が第4位大株主の富士石油とはこの様な会社です。

    平成29年9月30日現在の「大株主の状況」欄に
    (GOVERNMENT OF NORWAY)   =4.39%= 
    と記載した注釈欄8.
    =平成29年6月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書
    (変更報告書)=において(ノルウェー銀行)が平成20年6月14日現在で
    以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期
    会計期間末における実質所有株式数の確認ができていないため、上記大株主の状況に含めていません。
    なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりです。
    (ノルウェー銀行) 株券等保有割合 =5.03%=

    6月20日の大量保有報告書で5.03%と既になっているものが
    9月30日現在でも確認できてない会社とは一体全体如何なる会社か?
    しかも 日本経済新聞の記事(8月17日)発表段階ではその約2カ月前に既に
    若干の買い増しは終了済みという事実が、””公衆の縦覧に供されていた””  事は明白ではないか?  日本経済新聞の8月17日記事の情報源はどこか?
    5.03%以降 ノルウェー(政府?銀行?年金基金?)が更に買い増しをし
    大量保有報告書(変更報告書)を出したという発表は富士石油からも一切ない。

    ここで問題にしているのは 大株主の保有株数移動を2カ月経っても確認でき
    ていない富士石油のお粗末さではなく、日本経済新聞の「ノルウェー年金基金
    が富士石油株を買いましする」という 既に約2カ月前に、公衆の縦覧に供され
    済みの8月17日の記事は富士石油からの情報かノルウェー(政府、銀行、
    年金基金 ?) どこからの情報かという情報源の問題だ。

    富士石油はこの数年前までノルウェーでイメ油田という油田の開発をしており
    ノルウェー政府とは当然コンタクトがあったわけだから、ノルウェー政府
    ( ノルウェー銀行? ノルウェー年金基金?)が富士石油株を買い増したか否かなどは問いあわせれば容易に確認できた筈だし、確認する義務が有った筈だ。

    =富士石油掲示板が破壊的状態の為。実質的親会社たる出光興産掲示板への
      投稿お詫び申し上げます==

  • >>No. 423

    今年の4月に出光興産が昭和シェルと統合後は アラムコ・オーバーシーズ・カンパニーが==出光興産株の7.66%==を所有する堂々の第2位大株主となった。(2019年9月30日現在)
    10月1日以降 今日に至るまでアラムコ・オーバーシーズ・カンパニーが
    出光興産株を売却したなどという正式発表は出光興産から一切ない。
    5%ルールにより万一売却すれば アラムコも発表する義務がある

    出光興産は イランと歴史的に緊密な関係にあるが、米国主導のイラン産原油
    禁輸制裁前から イラン産原油調達比率は高くはなかった。
    経産省の「資源・エネルギー統計年報」に基づく毎日新聞6月14日付の記事
    では、出光興産を含む日本の石油会社の イラン産原油調達比率は 5.2%

    その中で 経産省天下り官僚を社長に迎えている富士石油のみが イラン産原油の調達比率が 約3割(会社四季報2019年2集情報)と異常に高かったのが注目される。国の八方美人外交に協力している様にも見えるが、経産省から天下り社長
    を迎えている富士石油が出光興産の身代わりでババを握らされたのか? 
    ==富士石油の中間期決算は 63億円超の経常損。==

    一方、出光興産はサウジアラビア、サウジアラムコとも良好な関係を維持しながら、歴史的に緊密な関係にあるイランとの関係も悪化させないように、出光興産が第4位大株主である富士石油には 約3割のイラン産原油を調達させてきたのだろうか? イラン産を使わざるを得ない富士石油の弱点を利用とは、 出光興産は
    なかなかしたたかだ! ””実質的””親会社の特権か?

  • >>No. 405

    > 富士石油の2019年3月末の大株主は、「東京電力フュエル&パワー:8.85% (2019年4月1日付でJERA(同じ東電グループ)に譲渡)、クウェート石油公社:7.52%、サウジ政府:7.52%、昭和シェル:6.66%(2019年4月1日付で出光興産株式会社と経営統合し、同社の完全子会社化)、住友化学:6.54%等々..」となっておりますが、ノルウェー政府はサウジやクウェート政府や東電や昭和シェル(サウジも大株主?だった?)が仕切り支配するところに入り込むと国家トラブルになることを恐れ、急遽逃げたのでしょうか?教えてください。

    ==富士石油からは正式発表もない為 詳細不明ですが、ノルウェー年金基金が
      巨額の投資利益を得たのは確実で、その分 富士石油株価時価総額が棄損
      したという事実が残りました。

  • >>No. 1

    > 2019/11/11に作成された富士石油(株)について話し合うスレッドです。
    > スレッドのテーマと無関係のコメント、もしくは他にふさわしいスレッドがあるコメントは削除されることがあります。

    > ■一つ前のスレッド
    > 『富士石油(株) 2019/10/21〜2019/11/10』
    > https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1005017/5017/10

  • >>No. 324

    > 出光のHPによるとアラムコ・オーバーシーズ・カンパニーは23,115千株7.65%の第二位の大株主。

    =この方の投稿にも、当方の投稿にもアラムコが出光興産株を買い増してる等とは
      一言も書いてないし匂わしてもいない ==

    2017年8月17日に 日本経済新聞が ノルウェー年金基金が富士石油株
    を買い増しすると書いたことがある、アナリスト達も囃したて昨年大発会に
    655円という最高値を付けた。その前後に当時富士石油第7位大株主であった
    ノルウェー年金基金は買い増すどころか売り逃げして3月末の大株主リストから
    忽然と姿を消した。 出光興産が第4位大株主の富士石油の株価は250円程度
    で 時価総額も200億円にも達していない。

  • >>No. 398

    > みんな煽りじゃないと思ってますよ

    富士石油株式掲示板で当方の投稿に対して、絶えず投稿名を変えては
    執拗に妨害投稿を書いては消し書いては消しという卑怯極まりない
    輩に 富士石油掲示板が他の掲示板では見たこともない程に台無しにされ
    ている為 そいつが出光掲示板をも荒らしに来たのかと 疑心暗鬼になった
    次第です・・・ 出光興産が第4位大株主の富士石油掲示板 お暇でしたら
    一度覗いてみて下さい。

  • >>No. 393

    出光興産と昭和シェル統合(2019年4月1日)以降の
    ==2019年9月30日現在の 出光興産筆頭株主と第2位大株主==

    出光興産の筆頭株主は  8.98%保有の 日章興産
    出光興産の第2位株主は  7.66%保有の アラムコ・オーバーシーズ

    アラムコ・オーバーシーズが 1.33%程度持ち分増やせば筆頭株主となる。

    何度も投稿せざるを得ないのは、まともな真実を述べている投稿を”煽り”だと
    誹謗中傷する輩がいるからだ。個々の掲示板は その人間に反論もできないのか?
    上記は真実を投稿しただけだ、なにが煽りか、煽りというなら現在の出光興産
    の第2位大株主名と持株比率を明確に指摘してくれ!

  • >>No. 390

    今年の4月に出光興産が昭和シェルと統合後は アラムコ・オーバーシーズ・カンパニーが==出光興産株の7.66%==を所有する堂々の第2位大株主となった。(2019年9月30日現在)
    10月1日以降 今日に至るまでアラムコ・オーバーシーズ・カンパニーが
    出光興産株を売却したなどという正式発表は出光興産から一切ない。
    5%ルールにより万一売却すれば アラムコも発表する義務がある

    出光興産は イランと歴史的に緊密な関係にあるが、米国主導のイラン産原油
    禁輸制裁前から イラン産原油調達比率は高くはなかった。
    経産省の「資源・エネルギー統計年報」に基づく毎日新聞6月14日付の記事
    では、出光興産を含む日本の石油会社の イラン産原油調達比率は 5.2%

    その中で 経産省天下り官僚を社長に迎えている富士石油のみが イラン産原油の調達比率が 約3割(会社四季報2019年2集情報)と異常に高かったのが注目される。国の八方美人外交に協力している様にも見えるが、経産省から天下り社長
    を迎えている富士石油が出光興産の身代わりでババを握らされたのか? 
    ==富士石油の中間期決算は 63億円超の経常損。==

    一方、出光興産はサウジアラビア、サウジアラムコとも良好な関係を維持しながら、歴史的に緊密な関係にあるイランとの関係も悪化させないように、出光興産が第4位大株主である富士石油には 約3割のイラン産原油を調達させてきたのだろうか? イラン産を使わざるを得ない富士石油の弱点を利用とは、 出光興産は
    なかなかしたたかだ! ””実質的””親会社の特権か?

  • >>No. 375

    出光興産と昭和シェル統合(2019年4月1日)以降の
    ==2019年9月30日現在の 出光興産筆頭株主と第2位大株主==

    出光興産の筆頭株主は  8.98%保有の 日章興産
    出光興産の第2位株主は  7.66%保有の アラムコ・オーバーシーズ

    アラムコ・オーバーシーズが 1.33%程度持ち分増やせば筆頭株主となる。

  • >>No. 329

    > たぶんこれが最新情報ですよ。

    アラムコ・オーバーシーズ・カンパニー 2311万5800株 7.66%

    アラムコ・オーバーシーズ が 堂々の 出光興産第2大株主

  • ==中間期累計経常損(予想)7億円と発表していた会社の中間期決算結果==
    > > 1Q単独 経常損     42億17百万円
    > > 2Q単独 経常損     21億72百万円
    > > 中間期累計経常損     63億89百万円
    > > > > > > > > > >> > > > >
    富士石油の大甘予想は常に外れる。それも小さなハズレでなく 大外れ!
    中間期 7億円の経常損(予想)が  63億89百万円(実績)=約9倍

    会社通期経常損益予想は、49億円の経常”利益”から10億円の経常””損””へと
    富士石油は大幅に下方修正したが、そんなものではとても済まないだろう?
    上半期63億89百万円もの経常損発生理由も明確でないのに、下半期は上半期
    とは逆に53億89百万円もの経常利益を出す予定などと言う会社予想を殆どの人間は信じないだろう? 信じるに足る根拠が何も示されてないのだから。 
    常識的に考えて、通期経常損100億円超の予想の方が当たりそうだ!
    会社発表の大甘予想ですら今期減収減益で赤字転落となるのは確定したも同然!
    > > > > > > > > > >
    2013年3月期~2016年3月期の4期連続赤字決算の悪夢が再来か?
    2013年3月期         純損失額  130億25百万円
    2014年3月期         純損失額  118億97百万円
    2015年3月期          純損失額  181億09百万円
    2016年3月期          純損失額   94億09百万円
    2013年3月期~2016年3月期純損失額累計 524億40百万円

  • ==中間期 経常損63億89百万円==と惨憺たる結果に終わった理由が何か判らないが、敢えて憶測を言わせてもらえば、米国主導の5月1日以降のイラン産原油完全禁輸制裁が大きく影響してるのではないか? 制裁国米国と被制裁国イランの仲介役を期待された6月の安部首相のイラン訪問時の日本タンカーへの攻撃も未だ何者の犯行かすら判明していない。
    売上高激減理由として小規模定修の実施を富士石油は発表しているが、大規模定修を2年前に実施しておきながら、大規模定修並みの40億円~50億円の減益要因が出る訳がない。イラン産原油調達比率約3割の調達先変更がスムースに実施できなかったのではないか?
    クウェート、サウジアラビアが第2位、第3位大株主でありながら、尚且つ
    サウジアラムコが大株主であった昭和シェル(現 出光興産)が第4位大株主でありながら、それらの大株主と敵対関係にあるイラン産原油を調達原油中約3割も買っていたのが不可解極まりない。サウジ原油を減らしてまでイラン原油を買う必要がどこにあったのか? (社長が経産省天下りだから国の八方美人外交に忖度?)
    イラン産原油輸入ができなくなったからとサウジに泣きつくというのも虫が良すぎる。サウジ自体が9月14日のドローン攻撃で大被害を受けており、サウジもそんなに甘くはないだろう? 
    原油を含むエネルギー資源の輸入は長期契約(一般的に20年程度)が普通と いわれている。長期契約途上で解約すれば多額の違約金も支払わねばならない。
    米国フリーポートLNG事業や原発事業の失敗で東芝がつまずき上場廃止危機を招き東証2部に格下げされたのも畑違いのLNG事業で長期契約を結び安易に不慣れな事業に手を染めた事がその一因と言われている。

    会社正式発表が一切ないのだから、いろんな憶測を立てられても富士石油は
    文句をいえない。 ””情報のり弁非開示主義””の代償だろう。。

    ===詳細は投稿番号193参照===

  • 東亜石油 大発会終値  1491円  11月8日終値 2521円
    富士石油 大発会終値   290円  11月8日終値  252円 

    東亜石油前期売上高  30,760百万円 経常利益 4,169百万円
    富士石油前期売上高 541,647百万円 経常利益 3,599百万円  

    東証1部の富士石油の株価が 同じ精製専業で売上高が富士石油の1割以下の
    東証2部の東亜石油の株価の 1割以下で 経常利益は東亜石油以下とは摩訶不思議

    上記内容は全て富士石油から正式発表されたものと株価取引実績のみ。
    投稿制限すべき内容では一切ない。。。。。

  • 発電事業が柱に成長した東亜石油とは まるで正反対の富士石油
    昨年の台風24号による東電姉崎停電時に、通期稼働していた筈の
    富士石油の自家発電設備がまるで役立たなかった。
    (停電発生させた東京電力パワーグリッドに賠償請求しない理由はこれか?)
    正常に機能していれば概算20億円とか(?)の巨額損失は防止できた筈だ!

    == 会社四季報2018年1集 == では 

    ””自家発電設備の通期稼働がコスト低減に寄与””(冷笑)  
    ””国内は自家発電設備活用した電力外販を模索”” との記載があった(冷笑
    > >
    富士石油が 東亜石油の様に 近い将来に電力外販を始めたとしても
    肝心の時に役立たずの 富士石油の電力など危なかしくて誰も買わんだろう。
    富士石油の近い将来の新規事業に実に皮肉な悪影響となった。

  • > > アラビア石油時代からの非情の遺伝子は富士石油にも引き継がれている。
    > >
    > > 名前のみ遺しているが、資本金1億円、従業員数4名(2019年6月26日現在)の
    > > 富士石油筆頭連結子会社アラビア石油の旧社員は2013年4月1日に
    > > JX(現JXTG)の資本金がなんと僅か4百万円の孫会社に放り出されたが、
    > > 当時 あまりの血も涙もない非情さに驚いたものだ !!
    > > > > >
    > > AOCエネルギー開発当時の通産省天下り社長の突然のとんずら以上に驚いた!
    > > 昨年大発会での最高値655円前後での当時の第7位大株主ノルウェー年金基金の高値売り逃げ以上に驚いた!
    > > 2013年3月期~2016年3月期の4期連続最終損益赤字決算の時以上に驚いた!
    > >
    > > 毎年多くの災害被災者が, 特に今年は富士石油の地元千葉県の方々が主に台風停電、水害災害等々の被害に泣いている。今年は多くの災害被災者を慮り天皇即位祝賀パレードすら延期となった。
    > > しかるに、昨年の台風24号の災害を悪用し きわめて嘘に近い虚偽情報を流し
    > > 株価乱高下させて金儲けを企てるなど、まともな企業、まともな人間のする事か?

  • >>No. 782

    10月24日のNHKクローズアップ現代「ドローン兵器の脅威」
    これ見ても、サウジで原油設備がドローン攻撃で大被害を
    被っていても、それでも 原発が安全だと言える人は、
    被害が現実に自分の周辺で起こらないと判らない人間だ。

    サウジの原油設備は修復できるが、原発が攻撃されたら
    一巻の終わり。
    格納容器が壊れなくともドローンにサリンで はい、それまでよ!

    関電の役員どもの私腹肥やすために 超危険な原発稼働にこだわり
    高い電気料金払っている国民の命を危機にさらす様な会社は有害無益!

    > > > > > 原発やめますか
    > > > > >    それとも人間やめますか?

  • 毎年多くの被災者が泣く国で災害を株価操作に悪用する企業等消滅すればよい!
    人間として最もしてはならぬ事を平然と行っていても恥ずかしいとも思わぬ企業

    昨年の台風24号よりも今年の台風15号、19号の方が袖ヶ浦地区への影響は
    格段に強かった筈だが、今年は台風損害、停電損害無いのか? 昨年は特別か?

    昨年の台風24号による東電姉崎変電所停電(昨年10月1日発生)による
    富士石油損失(概算20億円)第一報発表(台風停電発生38日後の11月8日)
    昨年前後の株価と出来高は次の通り
    ( 昨年11月8日は中間決算発表日だった )

    昨年11月8日 終値 450円  出来高   774,400株
    昨年11月9日 終値 374円  出来高 3,136,600株
    昨年11月14日終値 355円  出来高 1,569,299株
    昨年12月25日終値 261円まで暴落した。  

    富士石油公式発表による、台風24号に起因する停電操業一時停止による
    実損額=特別損失(災害による損失)は下記の通り2種類あるが、どちらも
    昨年11月8日に発表の 概算20億円 より遥かに小さい金額だ。
    2019年2月13日付 第3四半期報告書(災害による損失)116百万円
    2019年5月9日付 2019年3月期決算短信(災害による損失)234百万円
        
    ===全て株式取引記録と会社正式発表事実を列記したまでの事(過去の記録と 過去の会社発表をそのまま列記しただけだから過去の投稿と類似した投稿になるのは至極当然な事。
    ===むしろ 会社正式発表の数字が上記の様に 特別損失(災害による損失)の損失額に ほぼ2倍の差があるのが実に不自然だ! ===

    前期の経常利益が35億99百万円程度の会社が、”実は38日前に発生した
    台風停電による操業一時停止で 概算20億円の損失が発生する予定です” と
    唐突に発表すれば  出来高急増、株価暴落するのは当り前だ!

    実際の損害額は 11月8日唐突発表概算20億円の約17分の1の疑惑濃厚!

  • 会社四季報2019年2集が報じた ”富士石油のイラン産原油調達比率約3割”
    5月1日以降の米国主導のイラン産原油禁輸制裁に対して、富士石油は原油調達先
    をどの様に変更したのか、変更してないのか 会社正式発表を一切していない。
    会社四季報でも第2集で ” 対応策固まる ” と報じておきながら、第3集、第4集では一切触れていない。
    イランとは歴史的友好関係にある出光興産を含む日本の全石油会社(含 富士)
    ですらイラン産原油調達比率が5.2%(経済産業省「資源・エネルギー統計年表」に基づく)なのに富士石油単独では約3割もイラン産原油を調達していたのも実に奇妙だが、富士石油の社長が経産省天下り社長である事と関係があるのか?

    富士石油の第1四半期の業績が 売上高激減、経常損が40億円以上となった
    理由は何か? うがった見方をすれば 米国禁輸制裁の猶予措置が5月1日以降
    も継続されると経済産業省も富士石油も読み間違ったのではないのか?
    原油調達先を富士石油第3位大株主のサウジアラビア他に変更しましたと発表しない理由は何か?? 変更してない、変更できてないからか?

    富士石油は 肝心なことは公表せず沈黙を保つ””情報のり弁主義””及び会社正式
    発表をせずに、会社四季報や日経新聞のみにリークし記事にさせる富士石油のやり方が 完全裏目に出て 会社の信用が失われただけだ。。
    これでは 投資家が疑心暗鬼になり富士石油株への投資を躊躇するのは当然だ。
    富士石油経営陣は 自社の株価を上げるという経営者としての当然の務めを果たしていない。 全員退陣すべし!

本文はここまでです このページの先頭へ