ここから本文です

投稿コメント一覧 (28コメント)

  • このところギャレー、ラバトリー事業の不調を隠すかのように シート供給やら貨物室床下構造材やら
    の供給を発表している 将来はともかく特に現状のシート事業はギャレー、ラバトリー事業の足枷では?

    現状 頼みは開発中「777-X」のみ、続く次世代機をめぐっては中型機「757」や小型機「737」など
    後継機開発が取り沙汰されているが、小型機では 柱であるギャレー、ラバトリーの利益が見込めず
    苦戦が続くと思う。
    長期保有で考えれば、次世代機への買い替え需要はまだまだ期待できる
    今は様子見、下がれば拾います。

  • 現状 シート事業は マイナス いつになったら利益に繋げられるか迷走中では?
    何かトラブルとかと言う問題では無く大きなトラブルが無いのに利益に繋がらないのが問題でしょう

    MRJに期待している方もおられる用ですが、残念ながら関係はありません

    アベノミクス前は 数百円の株価でしたから、今の株価はまだ高いと思います。
    買うのはまだ早い1000円 近くまで下がれば、長期保有で買いたいと思っております。

    以前にも一度 書き込みをしました下記内容です
    「このところギャレー、ラバトリー事業の不調を隠すかのように シート供給やら貨物室床下構造材やら
    の供給を発表している 将来はともかく特に現状のシート事業はギャレー、ラバトリー事業の足枷では?

    現状 頼みは開発中「777-X」のみ、続く次世代機をめぐっては中型機「757」や小型機「737」など
    後継機開発が取り沙汰されているが、小型機では 柱であるギャレー、ラバトリーの利益が見込めず
    苦戦が続くと思う。
    長期保有で考えれば、次世代機への買い替え需要はまだまだ期待できる
    今は様子見、下がれば拾います。」

  • >>No. 1081

    787の受注はそれなりにあるでしょうが、間違えてはいけないのは 787に限らず
    ボーイングの受注機=ジャムコ受注ではありません
    現状、787は既に織り込まれており 問題なのは新規開発機です
    確かにジャムコは航空機業界ではなくてはならないサプライヤーだと思います
    ですが、期待をされてる方には残念な言葉かもしれませんが、下請けですから
    ギャレー、ラバトリーなどを必要とする 新規開発機が進まなければ当然ジャムコは苦しくなる
    あたりまえのことです。
    確かに新規開発などもしているでしょうが、一次下請け、いまではティヤワン何てしゃれた
    呼び名も聞かれるようになりましたが.......
    その反面 お客さんはボーイングだけではありませんから
    ライバルメーカー エアバスからも受注を頂いております。

  • 2016/07/02 16:00

    >>No. 1155

    同感です。

    私も 以前 シート事業は問題ありと書き込みしました。
    最近は「航空 宇宙」とやたら持て囃されておりますが、宇宙関係はともかく
    航空は 最近始まった産業ではなく 何か勘違いの報道 定期的に取り上げられ
    まるで煽られてるような? 過剰だと思います。
    実体のないアベノミクスと 同じですかね (笑)
    とはいえ、みなさんが企業の実績、将来性を見据えて投資をしている訳ではありません
    ほとんどの投資家は、企業を応援するのではなく自身の為の利益目的ではないでしょうか、
    ですから業績に関係のない所でも株価は上下しますね、業績が安定し企業が優良であっても
    値動きの悪い株もあります。

  • 墜落はないけど
    当分は低空飛行でしょ

  • >>No. 1186

    為替も関係ない?
    とんでもない話、誤解です
    為替しだい と言っても過言ではない位の関係があります。

  • >>No. 1195

    同感です。
    こちらの株主は むしろ業績より為替を気にするべきです。
    アベノミクス前、円高の時は数百円の株価ですから (輸出企業 全般にセール状態でしたけど)
    もちろん787と言う最高のネタがあり、量産体制へと勢いがあったはずの時期もです。
    株価は円安に振れるまで全くと言って良いほど上がらない株でした。

    業績にしても787の生産あっても現状 ご覧のとうりです。
    生産中止検討や減産報道はありますが、本業、ギャレー、ラバトリーを必要とする
    新機種の開発は進まないのが現実、柱の事業に不安があるのでは?

    リニアをテーマで株を買うのは危険すぎます。
    おっしゃるとうり影響は私も無いと思います。
    むしろリニアに踊らされ現実は、シート事業のように作れば赤字、そちらのほうが心配では?
    そもそもテーマなんてどこの企業もPRのようなものですから

  • 787にエンジントラブル ジャムコ納入品では無いけど787生産事態に影響がなければいいが?
    円高、そして生産予定に陰りがでればダブルパンチ!

    また、ジャムコ 定時間縮小をするのか?

  • >>No. 1203

    ジャムコは、業績の心配をかき消す為かのようにいつも、そんなタイミングで
    198さんが書かれたような発表をしますね
    発表をしたと言うことは、黄色~赤信号かも?

    稼働 定時間縮小は避けられないかもしれませんね

  • >>No. 1207

    そーですね
    私も株式投資を始めてた頃、株式投資 ベテランの方に 「株は 頭としっぽ はくれてやれ」
    と 教わりました 15年近くも前の話ですが、いったん引くにはいいかも?
    しれませんね

  • >>No. 969

    助成金、頂いている企業は沢山ありますよ !
    アピールになるのかな?

  • >>No. 1341

    原油価格の動向に左右と言うよりも、為替と原油価格次第と言っても過言では
    ない位、株価への影響があると思います。

    業績は相変わらずの低空飛行ですが?
    現状は株価に関係なく、生産は低迷ですが原油高、エアライン各社がサーチャージを
    騒ぎだす位になればわかりません、車と同じです
    ガソリンが高くなれば エコカーが騒がれ買われる
    規模や価格は全く違いますが、そんな動きをするでしょう
    現に ここしばらくは逆の動き 、原油安から航空機キャンセルの流れでした
    ジャムコの生産、業績はそこ次第では?

    どちらにしても自社努力はしない、下請け虐めコスト削減だけを追求し
    それを企業努力とする ブラック企業ですけど 株価変動に付いては案外
    分かりやすいかもしれませんね。

  • >>No. 1346

    シート事業 駄目ですね
    現状は 他の事業も駄目でしょう

    ただ 株価に関しては 円安と原油高につられて上昇も期待
    出来ると思います。

    業績に関しては ジャムコがどんな発表、予想をしようが 所詮 下請けです
    生産目標をたて 営業 、目標を達成、それが難しいのが下請けです
    ましてジャムコは特化した顧客のみが客先ですから
    視野を広げるにもキャパは決まっておりその中での受注確保です。
    簡単に言えば、ボーイング、エアバス の受注機数からいかに
    ジャムコが、受注できるかです。
    あとは 新規開発機などの遅れや エアラインからキャンセルが大きく
    影響するでしょう。

    短期 業績は?
    期待するなら長期しかないでしょう。
    ですが 先にも書きましたが 株価は 業績と関係なく動いてますからね?

  • >>No. 1450

    同感です
    シートは全くダメ と言うか現状ギャレイ、ラバトリーみんなダメでしょ
    確かに為替の影響が大きいですが、私的見解では為替のおかげで現状の株価も維持していると思います。
    442さん書き込み、(日本経済新聞 朝刊17面)こんな 計画、発表を必ず会社が不調の時ほどしますね
    「製造こすと削減」ってただの下請け虐め、先日 7/10日 NHK クローズアップ現代
    「密着!下請けGメン 中小企業いじめの深層」ジャムコ特集かと思いましたが、氷山の一角
    違いましたね。
    担当者は 胸を撫で下ろしたのでは?

  • モーニングサテライト マスコミの恐ろしさ、真実を知ってか知らぬかは別にして株価への影響は凄いですね
    確かに、シート事業に力を入れると言ってましたが、現状はどうしょうもない赤字事業とは言ってませんでした
    真実は伝えず見せかけの勢いだけです。

  • >>No. 1463

    そーですね!
    シート赤字事業を世界シアの10%を目指すって「何をお考え???」まずは あーして、こーして
    赤字を黒に変えます。そこからでしょ、でも真実は公表できない、我が社は下請けいじめを「企業努力」とし
    下請けを潰しても黒字にかえます。そんなブラック企業とは、さすがに公表できません
    しかも「内装品を中心に売上高1000億円が今の目標」あくまで目標ですから達成できませんでしたで問題ないかもしれませんが、ギャレイ、ラバトリーを多数必要とする大型機の需要が見込めない現状で何故?どうして?
    達成できるの……? 目標でなく希望では!

    次回のTV出演は 第二弾 NHK クローズアップ現代
    「密着!下請けGメン 中小企業いじめの深層」ジャムコ特集で決まりです。

  • >>No. 1467

    悪材料は 言えない、言わない、隠したい、の三拍子です。
    先にも 書きましたがモーニングサテライトは、嘘は伝えておりませんが、現状は伝えず
    過去からの取り組みを持ち上げて伝えただけ、もちろんシート事業の赤字続きは伝えていません
    本当にマスコミは 怖いです。
    結果、四半期決算発表前の株価維持、上昇、策略にモーニングサテライトが利用されたか、加担したのか.....?

    ジャムコ株価については 企業業績よりも為替に左右されます
    為替を注視した方が良いかと思います。

  • >>No. 1471

    先行きは真っ暗です。
    航空機産業は確かに今後の需要にも期待が持てますが、ジャムコにとってはマイナス需要です。
    親会社 ボーイングが視野に入れているのは 小、中型機でありギャレイ、ラバトリーを多数必要とせず簡素化も進んでおり増えるどころか縮小状態、残るは 泥沼 赤字のシート事業だけ、「内装品を中心に売上高1000億円が今の目標」こんな話、なんの根拠もないのでは、ジャムコはボーイング、エアバスの下請け自社で市場を作ることは不可能です。
    ジャムコができるのは、マスコミを使った株価操作と下請け虐め、企業的、社会的にもブラック、モラルが無さすぎです。
    一部上場、恥ずかしくないのでしょうか?

    航空機需要、ボーイングの方向性、ギャレイ、ラバトリーは減る一方です。
    ボーイング社内ではあくまで「開発検討中」とのこと、「NMA(New Market Airplane:新市場向け航空機)」と呼んでいる、実現すれば「797」を名乗ると見られ、2011(平成23)年に登場したボーイング787以来の新型。航空会社への最初の納入は2025年ごろ、需要は20年あまりで4000機以上との声も聞こえます。
    737MAX8、737シリーズの現行最新機種で、“797”は、これよりひとまわり大きくなると見られる
    この開発中の旅客機の方向性は、ボーイングの747シリーズやエアバス(フランス)のA380のようなさらなる大型化ではなく、マーケットのニーズに応じた「より燃費が良く、より効率のいい運用が可能な機体」へと進んでいるようです。スペックについて、ボーイングは「あくまで検討段階」と前置きしたうえで、航続距離は5000海里(およそ9260km)程度、座席数は200席から270席程度としています。これは737シリーズの最新機種である737MAX10と787シリーズの標準的なモデルである787-8とのギャップを埋めるものという位置付けだそうで、「つまり、757より大きい飛行機で、757より航続距離が長い」(ボーイング)と説明します。それぞれのスペックは、737MAX10が座席数188から230で、航続距離5960km。787-8は座席数が210から250で、航続距離15200km。757シリーズの標準モデルである757-200は座席数200から228、航続距離はおよそ7222kmです。

  • 円高は赤信号、業績以上に株価に影響される
    偽りの株価も終わるかも?
    そして、円高理由に企業努力と言う下請け虐めコストダウンが更に発動、下請け倒産
    株主を騙し、下請けを潰す、悪魔のようなブラック企業!

  • 真実、事実を完全に的を得ておりますね
    下請け虐め経産省が動いたら完全にアウトです。

    ボーイングの業績や航空宇宙産業なんて言葉に惑わされておられる方もおられます。
    ボーイング増益 = ジャムコ増益 のような誤解されている方も?
    例え ボーイングが航空機を量産し利益をあげても、小型機の増産や貨物機などは
    ジャムコには 一切 関係ありません
    因みに MRJなんて書き込みも以前ありましたが、これも一切 関係ありません
    ボーイングの業績とは裏腹に大型旅客機 需要が激減、それに伴いギャレイ、ラバトリー受注は激減
    シート事業は相変わらず赤字事業、それでもギャレイ、ラバトリーの受注が取れず引くに引けない
    負の連鎖 、その穴埋めを自社努力なしに下請けへの強引なコストカット、更にマスコミを利用し今まで
    どうりの生産、作業を大げさにPR、ジャムコは下請け、ジャムコにとって市場は縮小状態、なんの根拠
    も無いのに大ほら吹きの売上目標をし株価操作、下請けを虐め 株主を欺くおっしゃる通り
    超一流にふさわしいブラック企業です。

本文はここまでです このページの先頭へ