ここから本文です

投稿コメント一覧 (564コメント)

  • 世の中すべてできてると考えて間違いない。これ以上は言わない。

  • この下げはトラスト連中により電通の自社株買いに寄った仕込まれた下げ。ここを信売って電通を信買う。セプティーニは320円まで信売り、いずれあがるが底で買い。トラストが電通とセプティーニの株の主要株主であることに注意。担当ディーラーも同じではないかと推測。投資金額には大きな差がある。ここで電通を4000まで持ってゆく。損を埋めてセプティーニに戻る。

  • 月曜日はダウの上げに対応して日経あげる状況で前場3700,後場3750をキープか?

  • 株価が上がっても持ってなきゃ意味ない。専制の日産ゴーンさえ株所有に躍起になった。役員報酬を株オプションに換えた。畢竟権力を維持するのは株の所有しかない。佐藤は経営権は持ってるか知らんが走る馬車馬だ。七守と清水と電通が手綱を握る。他のジャパントラストだの何だのは投資の見返りだけだ。馬車馬の逆襲をどの様にして達成させるかーひねり男ーの動きで株価が決まる。

  • 過度なテレビ偏重というか広告媒体としての従来のテレビの役割はネットに変わられようとしてますが、映像の役割はますます重要になってAIを駆使しての新しいコミュニケーションツールはつぎの時代を迎えようとしています。一方印刷技術の発明と発達が人類に齎したものは偉大でした。新聞、雑誌、書籍は今後は記録媒体として一定の役割を果たして行くでしょう。コミュニケーション分野は今後はコミュニケーションプラットフォームを基軸として拡大して行くのですが、電通は勃興するGAFAなどとcompetitor出なくかつ皆と協力するポジショ二ングにいます。

  • 7守が創業してネット広告部門で佐藤が実績を上げ700億を売り上げる会社が電通に20%の株式を任せたのは何故か。20%の株式とは今後の会社運営と人事、について
    の最終的権限を譲渡したということ。創業した7守の考えはわからないが結局絶対的経営の自信がないからだろう。ガリバーに乗っ取られる前に融和的自分等の居場所と金を確保したという事。このままだとモラールの低下が必然。社長ではあるが又相応の役員報酬はあるがそれ以上のインセンティブが無い佐藤はどうするか?ここからが問題。いずれにしても株価が高くてはなにもできない。下げれば投資信託の投げも生ずる。そこからだ。

  • 利益率が低い、ネット広告事業は実は労働集約型ビジネス。コスパがわるいがスポンサーらの需要増大には答えなければならない電通は国内ではセプティーニに照準を定めた。資金と経営の安定には必要と手を組んだ。が佐藤は今は傀儡。相応の株を持ってない。個人持株を増やすしかない。七守も清水も株は譲渡しないから増やすには自己資金、かストックオプションしかないが自己株式のパーセントを上げないと意味がない。となるとコツコツと集める。集めるには恣意的に株価を下げる。このため決算をボロボロにして見せたが却って上がる。そうだろう20大株主は電通だ。そこで投資信託トラストを使って売りと買いギャップで下げさせてるのが現状と判断できる。いつまで、いくらまでやれるか。320円くらい。12月までにと考えられる。2020初頭からはいやでも上がる。

  • 七守と清水が持って佐藤がほとんどない。株を持たなきゃ意味ない。

  • 今年1月150円が8ヶ月で3倍近く。株は電通に買い占められ肝心の佐藤もどうにかして株数を増やしたい。ここは下げて買いをコツコツと増やして行くしかない。下げて買う、下げて買う300円を割るまで続ける。集まったところで上げ工作を仕込もうとしてるが収益があがりながら下げを継続できるか?が課題。

  • 2019/08/16 11:33

    後場に期待!!!

  • ほんじつは前場は自社株買いはなく後場で下げを抑制する買いとなろう。したがって買いなら前場。

  • 2019/08/16 05:09

    まいける斥ぞけ!

  • 2019/08/16 05:02

    497へ
    Transaction platforms は、TENCENT、BAIDU、NETFLIX、YAHOO、PAYPAL、 UBER、LINKEDIN、EBAY、Airbnb が代表的な企業であり、ICT を通じて商品、サービスを提供 する B to C(企業対消費者取引)および C to C(消費者間取引)の仲介者である。
    Innovation platforms は、MICROSOFT、ORACLE、INTEL、SALESFORCE、SAP が 代表的な企業であり、ICT を通じたクラウドによる B to B(企業間取引)のネットワークの中核としての 役割を担っている。
    Integrated platforms は、APPLE、GOOGLE、FACEBOOK、AMAZON、ALIBABA が 代表的な企業であり、B to C の仲介者としてのネットワークとともに B to B の仲介者としてのネットワ ークの双方を兼ね備えている6。
    Investment platforms の代表的企業は、SOFTBANK、PRICELINE、NASPERS など が代表的な企業である。
    以上のプラットフォーム企業のうちGAFAは何が画期的かというと従来の広告と小売、GNPの11%をとりいれて成長しているということだ。広告で言えばネット広告という部門で今やテレビ、新聞などとmediaを超え始めた。テレビを見ない、新聞を読まない層が増えてるが高齢層が未だに社会の中枢にいる限り広告に関する限りこの辺で止まるだろう。今後益々変化するのは小売部門とシェアリングサービスということだ。ウーバーやエアビブが代表的だが日本には定着していない。いずれも既得権でがんじがらめ。自家用車の商用使用も白タクで縛られている。ユーザーの需要を阻むのはユーザーが作り上げたエコノミーという矛盾である。唯一観光地にある人力車サービスは白タクではない。
    話はそれたがGoogleと電通だがGoogleがBToB,BtoCであるのに対して電通はすべてBToBである点に違いがある。電通は消費者やユーザーとの間に直接の関係はない。この違いが将来どのようなものになるのか面白い。

  • 493一揆なるものへ
    誤って打った広告なぞありえません。広告は必ず打つものが内容をチェックしてして校正済みになって初めて掲載されるからです。黙って誤って掲載されるわけがないでしよう。広告は広告主から料金をいただいているのですから勝手に誤って広告を出す筈はない。うすら虚言を掲示板に書く場合、身元をフィードバックして行く場合もありますよ。フェイクはダメです!

  • 一揆かなんかしらんが何言ってるノーーーーキサーマ

  • どうも世界は株即ち経済優先から政治の時代に、謂わば覇権闘争の時代に移った。政治は命をかけた生存競争でどちらかが勝ちどちらかが敗北するということで決着する。米国と中国の貿易戦争とは闘争でどちらかが音をあげるまでは続く。双方勝つためにはなりふり構わない。米国は日本、豪州、インドとくんで太平洋進出を企む中国に対峙すると決めた。中国はロシア、と一衣帯水地域と組んだ。問題がEU諸国と南北朝鮮という微妙国だ。この二国の立場は頗るtouchyでどっちと言わずに泳ぎ回ろうとしている。日清、日露、第一次、第二次世界大戦の背景が軍事の回廊とよばれるこの朝鮮半島の覇権闘争であったことを想起させる。時代は繰り返す。日本は韓国にどちらにつくのかを迫った。勿論背には米国がいるのは間違いない。文政権は中国側に媚びを売り、北朝鮮は米国に交渉を急ぐ。だれも先はわからないがいえるのは覇権闘争に勝ったものが生き残るということだけだ。
    日韓の本格的触発の危機は2020年初頭徴用工の賠償による日本企業資産の現金化が着手された瞬間、日本政府の日韓断交である。韓国のオリンピックボイコットやあらん限りの半日闘争がスタートする。Gsomniaも破棄され米軍基地の韓国からの撤退が決断される。韓国は中国側に回る。北は米国と交渉して中立の立場をとるだろう。世界はとんでもない方向に動き出した。一旦動き出した慣性はなかなか方向を変えられない。

  • NYダウ800ドルダウン。東京がどの程度の下落か?その中で適切対応ができるのは好都合。電通自社株買いの適切対応で下げ抑制コントロール。

  • 2019/08/14 13:11

    froよ
    総発行株の3%-4%というのは市場に出ている株数が約20%とすると15%-20%ということ。上がるのは当たり前で疑問は全くなし。

  • 巷間日韓関係悪化が騒がれているが韓国内ては政府主導による情報操作が徹底され反日で世論が統一されている。正しく日本の主張をしようにも手がない。韓国内日本大使館も情勢を口を加えている。情報を的確に発信する拠点がない。それは政策として構築できてないからである。
    しっかりとした機関Japan Intelligent serviceの設立が急がれる。現在ある組織の拡充が必要。それも政府と民間参加型組織であって年間少なくとも1000億の予算を背景に内閣。財務、防衛、外務の横断組織、民間から関係する代表的組織が参加する。任務の第一は各国大使館内にJIS任務部署の設置、情報ネット特殊技術員の派遣、自衛隊からの特殊任務を遂行できる人員の派遣が必要。例えば韓国問題ではネット操作による日本からの情報操作と韓国内マスコミの分断、を秘密裏に実施できる人員の確保。これらの活動は主要各国にて推進される。
    以上の活動を現法憲法の下推進できる組織を作りまとめ上げることのできるのはどこか?

本文はここまでです このページの先頭へ