ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 今拾わないで、いつ拾う?この先下げたところで、オハラの将来性を俯瞰すれば、自ずと答えは、、、
    もとより、判断は、常に自己責任で

  • >>No. 891

    四季報取材担当にも重大な責任がある。3年、5年の先ならいざ知らず、直前、直近のコメントでさえ、営業赤字大幅改善、とある。でいて、この結果だ。先のsasori氏の書き込みにあるように、ショールームの状態が象徴している。社屋を見ずして会社側の言うまま、ダイン社の政権と持ちつもたれつの関係もあって「忖度」が働いてはいまいか? 
    自らの視点に欠け、余りにも酷すぎる。
    投資家はある程度四季報等の資料を基に、ある程度は信頼して投資決断をする。
    取材能力の問題か、馴れ合いか、忖度が働いたものか、、、
    少しは使命感をもって取材に当たって欲しい
    (出版社hpにクレーム受け入れマド見つからず、本欄宛投稿、と)

  • >>No. 477

    会社発表、確かに酷く解り辛いですね。何処まで消化出来たかがキモ。一見して理解し易い形で公表すべく、改善を期待したいものです

  • 2015年6月の1400円、2016年4月の890円への急伸時こそが利益確定に動くチャンスでした。黒字化定着した今、底値ー高値切り上げ傾向の経過が見て取れ、会社企業買収戦略が裏目に出ない限り、現時価近辺はそろそろ反転、騰勢に向かう公算が大と思われます。この場面での損切りは避け、たとえ利が乗らなくても1000円水準への反転の機会での売却機会を待ち、むしろナンピン買い増しを検討すべき時にある、と。

  • うるさいハエ1匹、無視リストへポイ。退治しました。アキュセラ、cyberdyne、gunosy、メドピア… 性懲りなく同じことやってる様で。。お気の毒なことで

  • 容易に予測できたとは言え、議論がかみ合わず、虚しいですね。当方も、今後5年以上の長期なら、全固体二次電池の将来性から見れば、5000円も十分〝あり得る〟材料と捉えています。
    ネット、掲示板とは。 相場とは如何なるものか。 事業経営とは…。
    製品メーカーと異なり、縁の下の力持ち的素材産業が故に、人気化し辛く、現状では
    過小評価に甘んじてはいる。
    その何たるかを理解せず、見当違い、筋違い、的外れのクレームを。
    己の非礼を省みず。
    虚しい議論はしない主義で…。。

  • 新規公開株に手を出すのはギャンブル。そのことを自覚できず、思惑が外れ、しつこいまでに投資先の勢と言い放つようでは、投資に向かない。そろそろ発想を変えられたら如何?企業家の本来的責任は、雇用も含めた事業の安定的継続。財務状況と言い、全固体電池というスケールの大きな分野への将来を見据えた取り組みと言い、十分評価に価する内容と考えています。500円割れを拾っている投資家も紛れもなく居る事を冷静に考えられるようご忠告しておきます。1度限りの打ち返しにて、返信無用と、敢えて付記しておきます。

本文はここまでです このページの先頭へ