ここから本文です

投稿コメント一覧 (47コメント)

  • 新値更新!サイバーセキュリティー関連3692 FFRI 4,360 +95

    4,390円の高値あり。


    政府は23日に、今年度のサイバーセキュリティーの施策方針を示した上で、来年度も積極的に予算を振り向ける姿勢を示した。近年では急速にサイバー攻撃の頻度が増すと同時にその手口も複雑化し、被害もより深刻になっていることが背景にある。

     FFRI<3692.T>は国産のセキュリティー対策技術「FFRI yarai」を展開。NEC<6701.T>との協業も開始したことでサービスの浸透が加速しそうだ。

    大幅売り長   


    5月23日4,115円情報配信、高値4,390円

  • 新値更新!AI関連4382 HEROZ14,860 +380
    15,220円の高値あり。

    同社は19年4月期のBtoB売上について、前期比2倍への拡大を見込んでいるが、建設業界やエンターテインメント企業などにも提供するストック型サービスの積み上げが、今後の業績成長を強くけん引するとみている。

    4月4日12,770円情報配信、高値15,220円

  • 買い攻勢!営業利益予想3.4倍6838 多摩川HD 1,372 +75

    4月に配信から30%以上上昇した銘柄ですが、
    昨日から再び暴騰して続伸中。

    1,373円の高値あり。

    前3月期決算を発表し、連結営業利益は1億5300万円(前々期比2.9倍)だった。
    また、今期の営業利益予想も5億2400万円(前期比3.4倍)と急拡大を見込んでいる。
    一部の太陽光発電所の保有目的を変更し販売する見通し。
    期末一括配当は5-30円(前期実績5円)予想。

  • 新値更新!配信から32%上昇3969 エイトレッド 1,951 +33
    1,968円の高値あり。
    連日の高値更新です。

    19年3月期の経常利益(非連結)は4.8億円(前の期比50.9%増)と、従来予想4.2億円を上回って着地。
    20年3月期も前期比14.5%増の5.6億円に伸びる見込みで、8期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    今期の年間配当は前期比5円増の16円に増配する方針に)


    4月25日1,482円情報配信、高値1,968円

  • 買い攻勢!2930 北の達人 593 +23
    反発して600円の高値あり。

    新たに材料が出ましたね。

    同社が消費者庁に届出を行っていた、主力商品の1つである、便秘改善に有効な高純度・高品質なオリゴ糖食品「カイテキオリゴ」が「機能性表示食品」として受理されたと発表。



    5月27日537円情報配信、高値607円

  • 新値更新!配信から31%上昇3969 エイトレッド 1,936 +92

    1,945円の高値あり。

    19年3月期の経常利益(非連結)は4.8億円(前の期比50.9%増)と、従来予想4.2億円を上回って着地。
    20年3月期も前期比14.5%増の5.6億円に伸びる見込みで、8期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    今期の年間配当は前期比5円増の16円に増配する方針に)


    4月25日1,482円情報配信、高値1,945円

  • 新値更新!配信から26%上昇3969 エイトレッド 1,873 +134
    1,873円の高値あり。

    19年3月期の経常利益(非連結)は4.8億円(前の期比50.9%増)と、従来予想4.2億円を上回って着地。
    20年3月期も前期比14.5%増の5.6億円に伸びる見込みで、8期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    今期の年間配当は前期比5円増の16円に増配する方針に)


    4月25日1,482円情報配信、高値1,873円

  • 連日攻勢!3日続伸3266 ファンドクリG 143 +9

    129円で寄り付いて144円の高値あり。

    不動産や証券、太陽光発電ファンド開発や運用、不動産や証券への投資を展開。中国や韓国への進出支援ファンドも展開。前期に民泊等宿泊事業ファンドを設立。

  • 新値更新!配信から16%上昇9279 ギフト 4,900 +215
    5,120円の高値あり。

    19年10月期第1四半期(18年11月-19年1月)の連結業績は、売上高20億8400万円(前年同期は四半期連結財務諸表を作成していないため増減比較はなし)、営業利益2億9700万円で、営業利益の上期予想(4億4000万円)に対する進ちょく率は67.5%に達している。
    同時に期末一括の配当予想を従来の20円から25円(前期は18円)に増額。
    株価は上場来高値を超えて青天井相場入り。


    4月1日4,385円情報配信、高値5,120円

  • ストップ高!配信から34%上昇5724 アサカ理研 2,090 +400
    本日も買い気配のままストップ高。

    米中貿易摩擦が激化傾向をたどるなか、中国側の報復手段として米国が大部分を中国からの輸入に頼るレアアースを取引材料に使うとの思惑が浮上しており、レアアース関連に買いが向かっている。


    23日1,550円情報配信、高値2,090円

  • 新値更新!配信から60%上昇3479 TKP 5,670 +10
    5,760円の高値あり。

    20年2月期に大幅増収増益を計画

    19年2月期の連結経常利益を従来予想37.2億円から40.5億円に上方修正(前の期は32億円)。


    10日3,585円情報配信、高値5,760円

  • 新値更新!配信から22%上昇3784 ヴィンクス 1,417 +9
    1,448円の高値あり。

    自己保有株を除く発行済株式総数の5.07%にあたる90万株、取得総額12億6720万円を上限とする自社株買いを実施へ。


    4月10日1,181円情報配信、高値1,448円

  • 新値更新!配信から28%上昇6088 シグマクシス 1,382 +11
    1,409円の高値あり。

    19年3月期の連結経常利益は13.2億円(前の期比26.4%増)。
    20年3月期も前期比13.5%増の15億円に伸びる見込みで、3期連続で過去最高益を更新する見通し。


    8日1,095円情報配信、高値1,409円

  • 新値更新!配信から17%上昇2222 寿スピリッツ 5,820 +100
    5,840円の高値あり。


    20年3月期業績は、売上高452億円(前期比10.9%増)、営業利益69億7000万円(同16.6%増)を予想。食品の安心・安全への消費者の関心は一層高まるなか、品質及び衛生管理の一層の強化を図る。
    また、引き続き、増産体制の構築及び生産性の向上による製造採算の改善に対処するとしている。


    7日4,985円情報配信、高値5,840円

  • ストップ高!レアアース関連5724 アサカ理研 1,690 +300

    さらに上げ幅を拡大してストップ高。

    米中貿易摩擦が激化傾向をたどるなか、中国側の報復手段として米国が大部分を中国からの輸入に頼るレアアースを取引材料に使うとの思惑が浮上しており、レアアース関連に買いが向かっている。


    23日1,550円情報配信、高値1,690円


    ⚫︎先ほど短期急襲特別銘柄をXXしましたので、こちらも要注目です!

  • 新値更新!AI関連4382 HEROZ 14,540 +400
    14,820円の高値あり。
    連日の高値更新です。

    同社は19年4月期のBtoB売上について、前期比2倍への拡大を見込んでいるが、建設業界やエンターテインメント企業などにも提供するストック型サービスの積み上げが、今後の業績成長を強くけん引するとみている。

    4月4日12,770円情報配信、高値14,820円

  • 2019/05/29 11:20

    続伸!9740 CSP 5,770 +240
    5,780円の高値あり。
    新値に面です。

    ◎大和証券(5段階・1>2>3>4>5)

     CSP<9740.T>――新規「2」、7750円



    4月8日4,930円情報配信、高値5,780円

  • 4日続伸!74%増益3687 フィックスターズ 1,845 +35
    新値更新して1,854円の高値あり。

    上期経常が39%増益で着地・1-3月期も74%増益


    17日1,595円情報配信、高値1,854円

  • 新値更新!サイバーセキュリティー関連3692 FFRI 4,300 +170
    4,330円の高値あり。


    政府は23日に、今年度のサイバーセキュリティーの施策方針を示した上で、来年度も積極的に予算を振り向ける姿勢を示した。近年では急速にサイバー攻撃の頻度が増すと同時にその手口も複雑化し、被害もより深刻になっていることが背景にある。

     FFRI<3692.T>は国産のセキュリティー対策技術「FFRI yarai」を展開。NEC<6701.T>との協業も開始したことでサービスの浸透が加速しそうだ。

    大幅売り長   


    23日4,115円情報配信、高値4,330円

  • 暴騰中!レアアース関連5724 アサカ理研 1,620 +230
    1,688円の高値あり。

    米中貿易摩擦が激化傾向をたどるなか、中国側の報復手段として米国が大部分を中国からの輸入に頼るレアアースを取引材料に使うとの思惑が浮上しており、レアアース関連に買いが向かっている。


    23日1,550円情報配信、高値1,688円

本文はここまでです このページの先頭へ