IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2247コメント)

  • 日経は↗なのに、🦀はいつまでたっても横歩きしかできないのかね?
    モリター?

  • 虹ヶ咲の7話をみましたよ
    7話も素晴らしい仕上がりでしたね
    お互いを思いやる姉妹の姿が美しく描かれていました
    二人の衝突も必要以上に過激かつヒステリックには見せず、あくまでも思いやる気持ちに昇華されていました
    彼方の歌唱によって遥に思いを伝え、共有して行く流れはお見事だと思います
    母親からの置き手紙も心憎い演出でした
    なんというか、お手本のような仕上がりで心が洗われました
    東雲学院を登場させるとこで、この世界ではスクールアイドルが根付いていること、
    改めて様々な境遇の子がスクールアイドルに取り組める世界であることが描けていたと思います
    次回しずく回も楽しみですね

  • やるかやらないかは別として、
    雪穂と亜里沙をほったらかしにしているのだって勿体無いなぁと思う

  • 東雲学院のスクールアイドルが平和的に参入してくる流れの方が、まだ受け入れられたんじゃなかろうか?
    東雲学院には遙ちゃんがいるし
    えーでちゃんの歌唱チャンスがあるかもしれないってなるし
    滅多矢鱈に何度もギスらせて得することがあるのなら、どういう理屈なのかを説明していただきたいと思うのは人情なのでは?

  • ヒューマンは劣化しているのでしょうね
    これを見ても芸術的センスや匠の技は当時の人達に遠く及ばなくなってしまっているとしか思えません

  • 良いシーンですよね
    見て良かったと思えますし応援したくなりますね

  • 20章の件は、私が過去に忠告していたことを、見事にやらかしたようですね
    何故、自ら地雷を踏み抜きに行ってるの?
    Lumfの追加タイミングもこれは狙ってやってるの?
    これでシナジーを生み出せてるの?
    モリター?

  • 虹ヶ咲6話見ましたよ
    6話も良い仕上がりでしたね
    絵コンテは京極さんだったんですね
    璃奈と愛との出会いから始まり、
    AbemaTVウルトラゲームス イメージガール決定戦第4回のネタを入れていたり、
    ガラスを使った演出や、MVの璃奈ちゃんボードの横からちらりと見える口元のカット等、
    丁寧に作られていたと思います
    璃奈ちゃんボードの導入に至る流れは、スクスタのキズナエピソードとの整合性も考えられているようで、
    璃奈ちゃんボードを外すお話しがこの先にあったとしても、違和感なく描けるのではないかと思います
    視聴者の共感を得ると共に視聴者を鼓舞するストーリーは、好評価されるのではないでしょうか
    EDへの流れも含めてお見事でした
    次回、彼方ちゃん回も楽しみですね
    タイトルから察するに、あの子も出てくるのかな?

  • EA業務提携とジョジョもあるんだけどねここ
    これまでがこれまでだからなのかね

  • なのになんで20章であんなことになってんの?
    モリター

  • 2020/11/05 20:48

    NEO SKY, NEO MAP
    フルで聞いたけど良い楽曲だなぁ
    歌詞も良いじゃないですか
    目頭が熱くなる

  • どうしてラピライのアニメは頑張れなかったのかなぁ

  • MWZの4話を見ましたよ
    面白いじゃないですか
    イヌの妹連行、ヘッドキーパー内の裏切り者と金の流れ、シャアケの素性、研究施設の秘密、議員の疑惑、不正蔓延る帝国軍組織、ヘルマン隊長の過去
    1話の中で一気に情報が出てきましたね
    レオカディオはイヌの妹を救う行動を選ぶことになるのかな?
    いやぁ4話、濃厚濃密でしたね
    円盤が売れるような作風ではないと思いますが、作品としてはかなり良く仕上がっていると思いますよ
    アニメ好きなら、観さえすれば分かるはず
    キツイ描写もあるので誰にでもオススメするというのは難しそうですが、もっと観て貰えたらいいのにねぇ
    次回も楽しみ

  • モリター?
    20章の件で数字に影響はでてんの?

  • 神様になった日
    東西南北!無限リーチ!とか、アホ回として楽しめるっちゃあ楽しめるんですが、
    俺達は一体何を見せられているんだ……
    もう残り13日しか残ってないんですけど?
    と思ってる人が大半な希ガス
    既存の概念に頼るな、捨てろ、独創性をもて
    ということを伝えたかったんでしょうか

  • 虹ヶ先、MWZは、どちらもアニメーション作品としては、今のところなかなかに良い仕上がりになっているのではないかと思います
    新規プレイヤーが増えてくれるのか、そして定着してもらえるのか
    これが問題

  • MWZの3話も見ましたよ
    2話3話に渡って、フリーレンの炎が人に対して悪い影響を及ぼす代物であること、
    帝国側が住民から良く思われていない様子が描かれていましたね
    密輸した銃器のマーク、帝国の研究施設だあった廃屋に放置されていた書類に印刷されていたマーク、
    これがどう繋がっていくのか、気になりますね
    2話3話には、どちらにも小さな女の子が登場していますが、イヌは己の身可愛さ故か迷いながらも、
    最終的には自分の身を危険に晒してでも、その女の子を救う行動を取っています
    これはイヌと実妹との関係性を想起させる、演出上の仕組みになっているのかもしれません
    そしてラスト、怪物の指には……明らかになる悲劇
    3話は、ヤスミンが登場したことも見どころのひとつなのでしょうが、
    ゲームを未プレイでヤスミンが何者なのかを知らない視聴者が置いてけぼりになることがないよう、
    お話として成立する作りになっていたのではないかと思います
    これからゲームをプレイする人は、「このキャラ、アニメに出てた女の子だ」という感覚を味わえるんでしょうね

  • 匙加減を間違えたり誤解して作ってしまうと、
    退屈なミュージカルや学芸会のようになってしまうから難しい

  • 虹ヶ咲5話、見ましたよ
    本当に良く仕上がっていますね
    制作スタッフに感謝してしまう仕上がりです
    キャラクターにしっかりと魂が宿っていると思います
    挿入歌が、ただMVとして作中にあてがわれているのではなく、ストーリーを繋げるピースとしてしっかり機能していたことは、視聴者に好評価される要因となることでしょう
    5話に限った話ではないのですが、シーン、カットを取り上げて、キャラクターの心情や演出の意図解釈を語りたくなれるものに仕上がっていると思いますよ

  • 虹ヶ咲の4話も良く仕上がっていましたね
    各キャラクターの特徴紹介を自然にこなしつつ、
    愛のモノローグを中心に据えて、新メンバーを迎えた同好会が未知の未来に向けて再出発した様子を描いていました
    3話で見えてきたテーマのひとつ、スクールアイドルとファンの関係性についても触れていましたね
    この調子で順調に行ってほしいものです
    ちなみにニコニコの評価では1:とても良かったが9割でした

本文はここまでです このページの先頭へ