ここから本文です

投稿コメント一覧 (91コメント)

  • 日本国内に
    「嫌韓」「反韓」
    の空気が強まっている。
    だから、安倍総理大臣は、
    文とは会談する気がありません。
    残念でした。

  • 反日マスコミは対韓強硬論がリスクと言っていますが
    対韓国友好こそがリスクであることは歴史が示している。
    韓国は日本にとって、
    もはや「友好国」ではなく「なんでもない国」になった。
    戦略的に無視するのが正しい姿勢。
    首脳会談も不要である。

  • 「サンデーモーニング」で
    日本は朝鮮を武力で植民地支配した……と偏向報道をしていた。
    当時、植民地と言えば必ず収奪するものがあった。
    しかし朝鮮にはそんなものはない。
    あったのは「はげ山」と「借金」と「ヒトモドキの朝鮮人」だけだった。
    あの時、日本が手を差し伸べなければ間違いなく
    朝鮮は「破綻して滅亡」か「ロシア領土」であった。
    ロシア領土となればこの世から朝鮮人はいなくなっていた。
    しかし今考えればその方がよかった。
    原住民滅亡はアメリカではインディアンが、
    オーストラリアではアボリジニがいなくなった。
    しかし朝鮮は合邦した1910年には1300万人だったのが、
    終戦時には2500万人の倍に増えている。これは他国の植民地ではあり得ない。
    さらに言えばインド人は英国人になれなかったが、朝鮮人は日本人になれた。
    こういうのは植民地とは言わない。対等な「合邦」である。

    しかし当時の日本は世界の人々に対して本当に間違ったことをやった。
    日本が朝鮮を援助しなければ、戦後の日本人虐殺も日本人拉致も
    ベトナム戦争での民間人虐殺も強姦によるライタイハン問題も
    フィリピンのコピノ問題も起きなかったはずである。

  • 「サンデーモーニング」で
    日本は朝鮮を武力で植民地支配した……と偏向報道をしていた。
    当時、植民地と言えば必ず収奪するものがあった。
    しかし朝鮮にはそんなものはない。
    あったのは「はげ山」と「借金」と「ヒトモドキの朝鮮人」だけだった。
    あの時、日本が手を差し伸べなければ間違いなく
    朝鮮は「破綻して滅亡」か「ロシア領土」であった。
    ロシア領土となればこの世から朝鮮人はいなくなっていた。
    しかし今考えればその方がよかった。
    原住民滅亡はアメリカではインディアンが、
    オーストラリアではアボリジニがいなくなった。
    しかし朝鮮は合邦した1910年には1300万人だったのが、
    終戦時には2500万人の倍に増えている。これは他国の植民地ではあり得ない。
    さらに言えばインド人は英国人になれなかったが、朝鮮人は日本人になれた。
    こういうのは植民地とは言わない。対等な「合邦」である。

    しかし当時の日本は世界の人々に対して本当に間違ったことをやった。
    日本が朝鮮を援助しなければ、戦後の日本人虐殺も日本人拉致も
    ベトナム戦争での民間人虐殺も強姦によるライタイハン問題も
    フィリピンのコピノ問題も起きなかったはずである。

  • >>No. 922

    日韓合邦の真の姿は、巨額の予算を投じ、
    首都京城(ソウル)を東京よりも
    近代化させてしまった日本人の器の大きさで証明されている。
    インフラ面だけでなく、衛生面での改善も著しく、
    感染病の多くが激減した事など枚挙に暇がない。
    他の一切の西欧列強が成し得なかった
    信じ難いこの偉業を日本人は誇るべきであり、
    当時朝鮮人と台湾人の大半が喜んでいたことであった。
    しかし、朝鮮では全権力を奪われた両班たちが第二次世界大戦後
    この事実を覆い隠し、虚偽の歴史を捏造し、再びと権力の座に就いて、
    言論弾圧と私刑(リンチ)とによって真実の声を封殺し、
    現在の韓国に到らしている。

  • >>No. 922

    日韓併合前の朝鮮では日本と全く異なり女性は
    奴隷同然で何の権利も与えられていなかった。
    結婚すれば家屋内奴隷として扱われ、それは余りに過酷だった。
    それ以下だったのは、奴婢・白丁と言われた本物の奴隷たちである。
    1871~2年の大飢饉では、人口の半分を占めた奴婢らの多くが、
    餓死したが朝鮮を支配していた両班(ヤンバン)たちは、
    奴婢たちの死に行くのを全く歯牙にもかけなかった。
    この様な非人道的制度を一気に改善し、
    想像を絶した朝鮮の近代化を行なったのが、
    日韓合邦の歴史的事実である。

  • 野党は年金2000円問題を“選挙の争点”にしようとしているが如何なものか?

    朝日放送「正義のミカタ」で「年金、老後2,000万円足りない」をやっていた。
    ----------------------
    高橋洋一氏;
    「最初に言っておくが、麻生さんが報告書を受け取らないというのは、
    皆さんは麻生さんが報告書を頼んだと思っているんでしょう?
    実は頼んでない。普通は諮問があって出すんだけど、これは諮問がない。
    この報告書は官僚がやったもの。
    どうしてやったかと言うと、今の消費税のタイミングです。
    平成30年9月からこれをやっていて、これが今出てくることがわかる。
    『消費税が大変で、年金が大変ですね』ということが言いたいんです。
    年金が大変だから消費増税当たり前ということがまずあります。
    そういう意図があってやっているということを気を付けた方がいいですよ。
    報告書は2,000万円足りないから老後の資金を“投資”しよう、
    と言っていて、これは金融機関の手先になっている」と核心を突いた。

    藤井聡教授;
    「簡単に言うと、このままでは2,000万円足りなくなるから
    消費増税させろよということなんです」と述べた。

    高橋洋一氏;
    「この年金制度は2004年の小泉政権の時につくり、私も少し手伝った。
    『年金100年安心』というのは自分の100年安心ではなくて、
    年金制度が100年安心ということ。
    皆さんは年金を“福祉”だと思っているかもしれませんが“保険”なんです。
    どういう“保険”かと言うと、
    半分は死ぬ、その死んだ分を生きている人に回している。
    だから半分死なないと絶対に年金はもらえない。
    早く死んだ人は全然もらえない、
    長く生きた人しかもらえないのが年金制度」。(文字起こしここまで)
    -----------------------
    野党はこれを安倍政権に結び付けて取り上げているが、
    実際は消費税増税のための報告書である。
    野党はこんなものに踊らされて、仕事した気になっているようだが、
    今の野党はいかに無能で、
    役にも立たたずの無駄な存在であることがよくわかる。

  • >>No. 929

    この「護る会」は、国会内で会見を開いた。
    しかし、守旧メディアの扱いは極めて少ない。
    記事にしているのは産経、日経、FNN、TBS、共同のみで、
    大手紙では読売、朝日、毎日、
    放送メディアではNHKが完全にスルーを決め込んでいる。
    立憲民主党や国民民主党の皇位継承問題に関する見解は報道しても、
    与党の議連については扱わなくていい、
    もしくは、扱うべきではないという判断なのだろう。

  • 自民党の保守系有志議員が、
    議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会(通称、護る会)」を発足させた。
    この護る会の設立趣旨は、自民党としてやるべきだったにもかかわらず、
    今まで放置されてきた諸問題に取り組んでいくこととされていいる。
    具体的には、皇位継承問題、外国資本による土地買収の拡大防止、
    「スパイ防止法」の制定などだ。
    加えて、既に法律になっている「改正入管法」、「アイヌ新法」についても、
    必要に応じて積極的に取り組んでいくとしている。
    いずれも、国家が取り組むべき課題として、保守派が訴えてきたものである。

  • アサヒはビールに韓国産原料を使用って本当か?
    韓国と関わると不利益しか生じない

  • 韓国と関わると不利益しか生じない

  • >>No. 166

    この「護る会」は、国会内で会見を開いた。
    しかし、守旧メディアの扱いは極めて少ない。
    記事にしているのは産経、日経、FNN、TBS、共同のみで、
    大手紙では読売、朝日、毎日、
    放送メディアではNHKが完全にスルーを決め込んでいる。
    立憲民主党や国民民主党の皇位継承問題に関する見解は報道しても、
    与党の議連については扱わなくていい、
    もしくは、扱うべきではないという判断なのだろう。

  • 自民党の保守系有志議員が、
    議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会(通称、護る会)」を発足させた。
    この護る会の設立趣旨は、自民党としてやるべきだったにもかかわらず、
    今まで放置されてきた諸問題に取り組んでいくこととされていいる。
    具体的には、皇位継承問題、外国資本による土地買収の拡大防止、
    「スパイ防止法」の制定などだ。
    加えて、既に法律になっている「改正入管法」、「アイヌ新法」についても、
    必要に応じて積極的に取り組んでいくとしている。
    いずれも、国家が取り組むべき課題として、保守派が訴えてきたものである。

  • >>No. 813

    百田氏が言った「某ビール会社」というのはアサヒビールである。
    アサヒのノンアルコールビールの、
    『アサヒ ドライゼロ』
    『アサヒ ドライゼロスパーク』
    『アサヒドライゼロフリー』
    の商品概要には、「食物繊維」に「韓国製造」と書いてある。
    『アサヒスーパードライ』は麦芽が「外国製造」と書いてあるだけで
    「韓国製造」とは書いていない。
    ここは消費者に分かりやすいようにきちんと国名を書くべきである。
    今や「レーダー照射」や「朝鮮人労働者の日本企業への差し押さえ」や
    「天皇陛下への暴言」などで韓国に怒り心頭の日本人が増えているのに、
    このタイミングであえて韓国産のものを使うとは、
    それは日本人への挑戦なのか?
    アサヒは利敵行為も甚だしい日本人の敵である。
    や国民は自分の身は自分で守るしかない。
    日本人の健康よりも韓国にすり寄るアサヒビールなど、
    断固、不買と飲まないことを日本人の意思として示すべだろう。

  • >>No. 813

    昨今、韓国産、シナ産の食品といえばかなり危険度が高いことが知れ渡り、
    たとえどんなに安くても身の安全のために
    「買わない・食べない・触らない」というのが日本人の常識となっている。
    特に韓国についていえば、工場で働く朝鮮人の衛生意識はものすごく低く、
    しかもコストを抑えるために検査も手抜きで、トイレ後の手洗いはしないし、
    工場の掃除も不徹底、従業員が食品に直接触るなど、
    食品への大腸菌の繁殖はかなり多いと言われている。

    しかも韓国では下水道やごみ処理場が徹底されていないため、
    いまだに人間や家畜の糞.尿を海に捨てている。
    韓国近海の海産物は汚染されていて
    人間が食べるものではなくなっていることも広く知られている事実である。
    朝鮮人の文化として人糞を使った薬用酒(=トンスル)を飲むくらいだから、
    彼らにとっては屁のカッパだが、繊細な日本人はやめておいた方がいい。
    大体、朝鮮人が見えないところでやっていることを信用できるか?
    日本人が食べるものならばと、痰を入れるくらいの反日民族であるのだ。

  • 某メーカーのノンアルコールビールの原材料はすべて韓国産!←危険!

    「夜 虎ノ門ニューススペシャル」で百田尚樹氏が述べた。
    「某ビール会社のノンアルコールビールの原材料はすべて韓国製にした。
    同じ頃にそのビール会社の新取締役に韓国人がなった・・・」

  • チベットやウイグルで中国共産党が行っている
    数々の悪行について
    日本のマスゴミはだんまりを決め込んでいます。
    今月12日からダライ・ラマ法王猊下が来日されているというのに
    日本のマスゴミは全く報じません。

    中国共産党の機嫌を損ねたくないというよりも
    いかに中国共産党に媚びへつらうかが
    今の日本のマスゴミ内での評価基準になっているのかもしれません。

    かつて河野洋平は登場していた飛行機が台湾に不時着した際のことを
    「私は台湾の空港で一歩も外に出ませんでした」と
    中共の喬冠華外交部長に自慢したというエピソードがありました。
    今の日本のマスゴミもそんなレベルに落ちているのだと思います。

  • 朝鮮人が支配する電通は
    NHKと共同でNHKエンタープライズという会社を作り
    その会社からNHK内に朝鮮人を入れ込んだ。
    今や500名以上の朝鮮人が
    NHKの全ての部門に入り込んでいます。
    そしてNHKの受信料が
    電通に流れる仕組みができています

  • 外務省が2018年版「外交青書」を公表した。
    この外交青書では、南鮮に関する説明の半分以上を、
    慰安婦問題を蒸し返した文在寅に批判的なものに割いている。
    後半はこうだ。
    韓国側が、日本側に更なる措置を求めるというようなことは日本として全く受け入れられるものではない。
    日本政府は、韓国が「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した合意を
    着実に実施するよう引き続き強く求めていく考えである。
    日韓間には困難な問題も存在するが、これらを適切にマネージしつつ、
    日韓関係を未来志向で前に進めていくことが重要である。
    総じていえば、これは「格下げ」というより「突き放し」に近いと思う。
    そもそも外交というものは、国家間の約束事によって成り立つのだが、
    南鮮はこの約束を全く守ろうとしない。
    昨今、対岸からスワップ協定の再開を求める声が聞こえてくるが、
    条約にも等しい国家間合意を守らず、経済的な協力を求める厚顔さは、
    「日本は南鮮に協力して当たり前」という手前勝手な根拠を基にしているのだろう。

  • 日米が求めているのは
    核の完全放棄と拉致被害者の全員帰国だ!!
    マスコミは論点をずらすな!!
    核の放棄は勿論だが、拉致問題の解決無くして問題が解決することは無い。
    アメリカがここまで拉致問題に言及してくれたのは
    安倍晋三という日本の首相の力がとても大きい。
    他の人間では無理だった筈だ。
    私たちは選択を二度と間違えてはいけない。
    「安倍ヤメロ」「蚊帳の外」の声は国民の声ではない。
    純粋な日本人の声ではないのだ。
    メディアは「朝鮮戦争終結」や「半島の統一」話に論点がズレ始めている。
    日米が求めているのは「核の完全放棄」と「拉致被害者の全員帰国」だ。
    間違えるな。

本文はここまでです このページの先頭へ