ここから本文です

投稿コメント一覧 (326コメント)

  • ◎割安株の代表格の銘柄!
    ◎多くのアナリストはPBR1倍以下をゲット銘柄!
    1.低PER・EPS・株価超安定での上げでの伸び率高まる状況銘柄!
    2.四季報で財務状態・業績の状態チェックでの原油安・円高基調での含み益増益基調銘柄!
    3..チャートのチェック(底値を打ち戻り陽線上・・・)
    ※1月下旬の決算報告業績に期待視も有り株価上げ基調は濃厚と見られる銘柄!!!

  • 決算報告4.3倍の業績拡大5年平均の54.2%を上回る72.0%達成!!!
    直近3Qの売上営業利益率は前年同期の2.8%→8.9%に大幅改善。
    経常利益同期比2.9倍の2.9億円拡大での先々業績堅調と見る。
    株価も期待視での一時的だが137円高に・・・下げ戻りでの底堅く推移。
    信用買い残も軽減の中、日毎に株価戻り歩調を高め上値狙い展開に。
    外部要因リスクも落ち着き状況下(最悪ヶースは織り込み済み)での上げ基調一から三段高
    段階へ!!!

  • 本日寄りから日本市場約6割が下落基調だが騰がっている銘柄は下げ過ぎ銘柄。
    業績堅調・材料視等々で大幅高になっている銘柄も有り此処も上げ幅微増銘柄
    本日も上げ基調・・・株価谷底から戻り陽線チャートでの上値踏み上げ状況。
    外部要因地合悪化でも株価織り込み済み銘柄ある意味リスクOFF/今月下旬3Q業績視に期待値・上振れ等々の好結果がに成ればと・・・株価はいわずとも・・今は割安での財務指標は超安定!!! 株価は上げ緩やか上昇・急上昇・高騰
    とにかく今の株価より上向き!!!

  • 通期未達成での下振れ・外部地合悪化懸念での株価下落での大幅安状況での決算報告
    での好感で株価戻り基調・・12-2月期(4Q)の経常利益は前年同期比84.7%増の9.6億円に拡大する見込み試算濃厚での更なるパワーアップが期待視されている。
    株価割安なだけに株価は反騰攻勢での上昇とは言いたいが鋸歯上昇での先ずは500円越えての上昇波動での何れ3段高(3×100)を上抜け来期に事業計画見極めスタンスシフト。

  • ETFの買い入れ方向が日経平均(指定225銘柄)からTOPIXに買い付け転換に・・一部上場銘柄2,000強が対象にフャンダメンタル(資産運用)シフト
    今や海外投資家(AI)による政治懸念・景気動向に日経平均がターゲットされての悪影響を受け今や日本全市場枯渇状況がようやく回避される様になる此処は決算業績連続増収増益基調での高配当で更なる高利回り実施継続。企業方向性も開発革新イノベーションでの需要掘り起しでの全世界への架け橋役割機能発揮する企業で有り(未来永劫革新成長する企業!!!)
    株価も繁栄での株価2倍・3倍となっていく企業であると言える。
    ◎近々株価動向に注視!!!!!

  • 日経平均株価値が下がっても今後トピックス(一部上場株価値)騰がって行く事が確実視・・・ITF投資信託等々が今までは日経平均指定銘柄(225銘柄
    限定の金融商品・ファンド等々の投資が一部上場2000社対象とした買い付けを実施する報道が成された先物売り市場が日経平均銘柄をターゲットに
    売り浴びせて下落させ日本市場を混乱投資意欲を衰退させたが政治・経済不透明の中でも業績・配当利回りの良い銘柄は資産運用での投資ファンドが
    注入され株価高継続に・・・日経平均が下がっても悲観する事はなくなる。
    ある意味日経平均株価は下落しても問題無し!!!
    北の達人は株価上昇は此れからが本番!!!!!。

  • 外部要因リスク最悪懸念が和らぐ(米中関税緩和での合意方向に)中国経済国内減税政策実施・EU離脱
    否決での合意離脱安浮上・再投票実施方向性・EU諸国等々最悪経済も織り込み済み・原油相場も安定での方向性・米国内もハイイールドにはならずVIX指数も安定等々での株価は上昇での追い風続く・・・
    1月には3Q決算も向かえ更なる株価上昇継続 日々・日々株価上昇での上値トレンド株価は軽5,000円越えて通期6,000円越え更なるハイテク・半導体関連での新たなる開発需要が高まり次なるステージに突入段階での活況迎え更なる業績拡大!!!
    今期配当も100円越え来期は115円~120円に株価2.5~3倍に跳ね上がると見る。

  • 外部リスク懸念は和らぎ株価上昇にフォローの追い風に此処も業績改善での北の達人パワーアップ業績拡張での株価底上げでの上げチャート75日線531円越え目指し段階に突入(抵抗線500円~525円)突破
    すれば軽く600円~800円へ急上昇へ踏み上げ空売り等々はある意味リスクONで株価踏み上げの潤滑油

  • 信用買い残も軽減の中、日毎に株価戻り歩調を高め上値狙い展開に。
    ※指定期日投売りが散発有りでの調整こなし段階的に踏み上げ基調に(出来高膨らめば
     上げ幅加速)
    外部要因リスクも落ち着き状況下(最悪ヶースは織り込み済み)での上げ基調に・・
    ※イギリスEU離脱否決での先送り再投票へEU諸国経済最悪懸念落ち着き・原油安定
     米中貿易緩和合意方向へ・米VIX指数安定方向・為替動向・国内金利動向方向性
     日米取引間協議不透明性が残り株価に影響有りか?その他政治・経済動向に注視
    ※放電加工・アルミ押出用金型でトップシェアー首位業績好調・航空エンジンにも
     需要拡大での先々4Q業績増収増益での期待値大と見ている。
    ◎今期株価は1,300円~1,600円へ。
    来期も増収増益確実視であれば更なる上昇局面に!!!
    ※投資は自己判断・自己責任て!!!!!

  • そう言えば3Q決算報告間近か・・・現状株安での調整・調整での割安レンジ
    推移。投資家心理冷え込み買い意欲沸かず上げ下げ運動・期待以上の決算と
    見ているが株価割安評価払拭され株価上昇反騰攻勢に転じ株価倍返しに返り
    咲くか・・・何れ噴き上がると云いたい。

  • 世界各国の航空エンジン部品等々が日本国内企業が占めているつまり開発技術力が優れている
    次世代航空機もEVに変貌へ更なる軽量・構造役割機能として部品開発転用が不可欠状況での
    需要拡大更なる防衛国日本戦闘機の国産化での秘めた技術力を生かした最新航空機が生産されて行くだろう。放電精密加工企業として飛躍成長発展して行くし当然ながら業績好調での高利回り配当にも継続実施 先見据えた投資スタンスでのホールド推奨。(ファンダメンタルスタンスがベスト)

  • 今期残り2Qが成長期としての大チャンス到来来期もステップアップでの業績好調拡大期
    政策実施でのキャシュレス化でのポイント還元プラットホーム構築での需要取り込み。
    革新ブロックチェーンシステム構築利用拡大での新たなる流通販路拡大(金融も含む)
    とにかく成果弟一主義での発揮できる成長期での大きな材料であるとともに成長性・収益性
    確保がでの追い風が今期・来期がクロスキャットには運気が漂う。株価も大化けも有り得る!

  • 2019/01/24 11:54

    ようやく光が差し込んで来た題材 炭素繊維による部品生産プレス装置の需要拡大が現実に
    先々業績拡大方向性が見えて来た。車社会での国内軽量化10%実施(2020年)EV化に伴う
    車体軽量化・航空産業界にも強度・軽量化の炭素繊維素材部品採用導入促進での北川精機が
    脚光・話題に・・・株価も本日S高 少なくても明日もS高濃厚(株価割安状況下)先々大きな
    需要期到来での株価反騰攻勢での株価○,○○○円越えも現実味を帯びている。

  • 谷底から這い上がるも出来高少なく踏み上げでのパワー不足で横横か・・・・・・・
    只3Q決算報告が来週中に期待はしていないが業績回復兆しでの決算内容とみている。
    代表者のメセージに当社株式への購買需要を高め、株価上昇につなげて行きたいと思います。思いますと言う事は今まで何も手腕(戦略・戦術)具体的対策対応がなく成り行き任せの経営継続・自社株価買い付けも効果なし株価に重石は有利負債・のれん償却等々投資家が敬遠すべき指数が残っており何を優先して取組むすべが解っているのかある意味温室育ち・・逆境に強い経営者と思いき投資したが株価がこの有様(重油高・為替が振れると業績に影響減収減益決算説明 経営アホ丸出し)重油・為替変動での言い訳し何の対応・対策・行動もせず業績悪化説明に終始???全く稼ぎ力が発揮できていない昼行燈経営者では株価も回復望めない。株価も下がりに下がったりでダメな会社といわれている(株価が証明している)
    ◎経営者が変わらなければ2度・3度同じ事の失敗を繰り返す。
    ◎われわれも投資スタンスを確り見極めて・・・(株価起死回生の株価上昇???)

  • ◎クロスクキャットは働き方改革への一環として、加速度的に需要の拡大が予想されるRPA市場への参入を決定。
    ※RPA市場参入の背景
    多様なステイクホルダーとの協働戦略を推進加速の中RPAとAI(人工知能)の連携や、高度なセキュリティ機能、ユーザーコミュニティの組成などの点で優位性があるオートメーション・エニウェアが新たなコラボレーションのパートナーに相応しいと判断した。
    オートメーション・エニウェア・ジャバン株式会社(本社 : 東京都港区)と、クロスキャットが提供するRPA(ソフトウェアロボットによる業務の自動化)製品のライセンス販売に関するパートナー契約を締結。2019年4月よりライセンス販売と導入支援サービスの提供を本格的に開始。需要取り込み業績拡大に期待視大の要因は労働人口の減少および高齢化の進行により働き方改革への関心が高まり、生産性を向上させる手段として業務にRPAを導入する企業が増え続け。2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がRPAに置き換わるとの予測されている。
    強みであるBI(ビジネスインテリジェンス)の分野において、多くの企業にシステム導入の支援そのコンサルティングノウハウを活用して新規の顧客開拓はもとより既存顧客のニーズも喚起し、業種業態を問わずRPAの導入を検討しているユーザーに向けて製品の提供、導入支援サービスや運用サポートなど、幅広いサービスを提供し、2019年度に10件以上の販売を目指す。中枢軸として大きな事業規模として成長性・収益性に寄与に期待視超大。
    何れ株価は大化けも有る化もよ。

  • 車社会でのEV化・自動運転・軽量化が年々高まり炭素繊維による部品生産プレス装置(オンリーワン)の需要拡大が現実にクルマの軽量化技術展に出展。
    日時:2019年1月16日(水)~18日(金)業界注目視での先々業績拡大方向性が見えて来た。政府発令国内軽量化10%実施(2020年迄)軽量化での北川精機業績拡大基調。
    航空産業界にも強度・軽量化の炭素繊維素材部品採用導入促進での国産機増産での需要取り込み期待視・今や空飛ぶ車・荷物運搬ドローン等々での強度で軽い炭素繊維部品・車体需要拡大
    見込まれる北川精機中期計画も成長性+10.5%増・収益性(営業利益 +12.3% )の計画値
    達成での増収増益を見込んでいる。

  • 平成30年10月27日に通期決算の増額修正発表
    通期の連結業績増収増益要因は工作機械事業において欧米市場を中心に全地域で旺盛な需要が続いていることなどから、売上は前回予想を上回り656億円となる見込。また、利益についても、売上の増加に伴い、営業利益は94億円、経常利益は93億円、親会社株主に帰属する当期純利益は65億円となる見込みであります。
    ※当連結会計年度は決算期変更の経過期間となることから、従来2月決算の連結対象会社は10カ月間(平成30年3月1日~平成30年12月31日) 通期決算が2月13日に会社
    見込での確定数値で有れば株価上抜きの上昇成り更に見込み額より増額と成れば株価
    軽く2,000円~2,500円突破・・(財務指標は割安状況)

    ◎12月決算の連結対象会社は従来通り12カ月間(平成31年1月1日~平成31年12月31日)前期比対比で増収増益確実視!!!! 来期株価3,000円~3,500円(業績大幅成長
    ・収益性が業績拡大要因で株価高値更新濃厚!!!

  • 空売り比率41%低下傾向徐々に買い玉が増えつつ海外機関は買い越し転じている。後々
    追い風此処も徐々に買い玉が増え行き上昇要因に今は売り玉優勢だが明日からは潮目が変わり上昇と見ている。徐々に売り玉リスクONでの買いに転じ大幅上昇へと見ている。

  • ◎政府は2027年迄にキャシュレス普及率40%高めたい旨を告知。
    スマートホン機能での決済・ポイント還元活用性が多様化になりキャッシュレスに
    拍車・・・此処クレジットカード(マスターカード)企業間・行政・個人・国際間等々システム構築されていてスマートホン機能に付加されれば更なるフインテック等々裾野が広がり投資にも利便性が高まる様相(ブロックチエーン構築)5Gに変遷状況になれば加速(ポイント還元がポイント投資資金に・ポイント還元金額が換金・送金・様々な取り組みがデータ処理可能でのリアルタイム業績に寄与され 安全性・信頼性から見てクロスキャットのシステム機能役割提供が有望に!!!

  • ◎本日引け際+2.14%高で引け 
    FOMC(米連邦公開市場委員会)を目前に控え、此処も出来高激減。30-31日には閣僚級の米中貿易協議が行われる予定両国貿易交渉に対する見極めでの様子見又中国とのハイテク覇権争いの火種もあり協議進展の動向に注視。ある程度は
    国内株式市況には織り込み済み様相・(只、先物市場は懸念材料で売り浴びせも)
    北川精機チャートは雲抜け上昇での上昇・上昇で500円突入での更なる株高基調継続でのS高になる要因が多く有り(何れ北川は大チャンス到来でのO,OOO円越えが現実帯びて来ている。)
    為替動向もレンジ推移での安定推移。 気配的に今は買いチャンスかも!。

本文はここまでです このページの先頭へ