ここから本文です

投稿コメント一覧 (137コメント)

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • No.3596

    揚げ過ぎ

    2013/09/10 13:36

    日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタ)アクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 2013/09/09 22:30

    日本触媒<4114.T>が。シティにより投資判断を「2」から「1」に格上げされ、目標株価を1130円から1250円に引き上げられました。その根拠としてアクリル酸、SAP、「アクリビュア」などを増額が挙げられました、今期営業利益も125億円から140億円に上方修正されました。SAPは安定高成長が見込め、高品質を訴求しやすい稀有な製品と位置づけられ。紙おむつ業界にあっては、業界トップの技術を有する同社は必要不可欠なパートナーであり続けるだろうと予測されました。
    アクリル酸、SAPは、従来から継続されている、日本触媒の収益に貢献する主要製品です。
    「アクリビュア」は、日東電工と協力研究された液晶のプロテクトフィルムのことだと素人ながら想像します。
    従来「富士フィルム」「コニカ」のトリアセチルセルロースが主でありました。
    「ラクトン環構造を主鎖に有する(メタアクリル重合体」発展形としての光学フィロムの様々な形態で特許が取得されています。
    様々な最終製品としては、表面にでない有望製品を生産しています。
    コンクリート混和剤用ポリマー(アクアロック)が建築資材として収益力上昇要因として存在します
    特許保有は7233件です

  • 日本触媒株式会社「4114」
    連結PBR17.17 倍
    連結PER0.98
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/17/news088.html
    NHKは日本触媒と共同で、フィルム基板上でも長期間安定に発光する有機ELデバイス(OLED)の開発に成功したと発表した。OLEDを使った薄くて軽いシート型フレキシブルディスプレイ実現に向け、研究開発を進めていく。
    従来のOLEDは、基板上に陽極、有機層、電子注入層、陰極という順で積層して成膜しているが、基板材料にフィルムを使った場合、時間の経過とともに、大気中の酸素や水分が基板側・陰極側の両方向から進入して電子注入層と陰極を劣化させ、寿命が短くなるという欠点があった。
    今回、酸素や水分の影響を受けにくい電子注入層の材料を開発するとともに、劣化しにくい陰極材料を採用。陽極と陰極の位置を入れ替えた逆構造にして積層することで、長期間安定に発光する「iOLED」(inverted OLED、逆構造OLED)を実現したという。
     通常のOLEDは100日間大気中にさらすと発光面積が約半分になるが、iOLEDは同期間で劣化しないことを確認したという。
     5月30日~6月2日にNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で開く「技研公開2013」で展示。フレキシブルディスプレイの早期実現に向けた研究開発を加速していく。

  • 日本触媒株式会社「4114」
    連結PBR17.17 倍
    連結PER0.98
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/17/news088.html
    NHKは日本触媒と共同で、フィルム基板上でも長期間安定に発光する有機ELデバイス(OLED)の開発に成功したと発表した。OLEDを使った薄くて軽いシート型フレキシブルディスプレイ実現に向け、研究開発を進めていく。
    従来のOLEDは、基板上に陽極、有機層、電子注入層、陰極という順で積層して成膜しているが、基板材料にフィルムを使った場合、時間の経過とともに、大気中の酸素や水分が基板側・陰極側の両方向から進入して電子注入層と陰極を劣化させ、寿命が短くなるという欠点があった。
    今回、酸素や水分の影響を受けにくい電子注入層の材料を開発するとともに、劣化しにくい陰極材料を採用。陽極と陰極の位置を入れ替えた逆構造にして積層することで、長期間安定に発光する「iOLED」(inverted OLED、逆構造OLED)を実現したという。
     通常のOLEDは100日間大気中にさらすと発光面積が約半分になるが、iOLEDは同期間で劣化しないことを確認したという。
     5月30日~6月2日にNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で開く「技研公開2013」で展示。フレキシブルディスプレイの早期実現に向けた研究開発を加速していく。

  • 日本触媒株式会社「4114」
    連結PBR17.17 倍
    連結PER0.98
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/17/news088.html
    NHKは日本触媒と共同で、フィルム基板上でも長期間安定に発光する有機ELデバイス(OLED)の開発に成功したと発表した。OLEDを使った薄くて軽いシート型フレキシブルディスプレイ実現に向け、研究開発を進めていく。
    従来のOLEDは、基板上に陽極、有機層、電子注入層、陰極という順で積層して成膜しているが、基板材料にフィルムを使った場合、時間の経過とともに、大気中の酸素や水分が基板側・陰極側の両方向から進入して電子注入層と陰極を劣化させ、寿命が短くなるという欠点があった。
    今回、酸素や水分の影響を受けにくい電子注入層の材料を開発するとともに、劣化しにくい陰極材料を採用。陽極と陰極の位置を入れ替えた逆構造にして積層することで、長期間安定に発光する「iOLED」(inverted OLED、逆構造OLED)を実現したという。
     通常のOLEDは100日間大気中にさらすと発光面積が約半分になるが、iOLEDは同期間で劣化しないことを確認したという。
     5月30日~6月2日にNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で開く「技研公開2013」で展示。フレキシブルディスプレイの早期実現に向けた研究開発を加速していく。

  • 日本触媒株式会社「4114」
    連結PBR17.17 倍
    連結PER0.98
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/17/news088.html
    NHKは日本触媒と共同で、フィルム基板上でも長期間安定に発光する有機ELデバイス(OLED)の開発に成功したと発表した。OLEDを使った薄くて軽いシート型フレキシブルディスプレイ実現に向け、研究開発を進めていく。
    従来のOLEDは、基板上に陽極、有機層、電子注入層、陰極という順で積層して成膜しているが、基板材料にフィルムを使った場合、時間の経過とともに、大気中の酸素や水分が基板側・陰極側の両方向から進入して電子注入層と陰極を劣化させ、寿命が短くなるという欠点があった。
    今回、酸素や水分の影響を受けにくい電子注入層の材料を開発するとともに、劣化しにくい陰極材料を採用。陽極と陰極の位置を入れ替えた逆構造にして積層することで、長期間安定に発光する「iOLED」(inverted OLED、逆構造OLED)を実現したという。
     通常のOLEDは100日間大気中にさらすと発光面積が約半分になるが、iOLEDは同期間で劣化しないことを確認したという。
     5月30日~6月2日にNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で開く「技研公開2013」で展示。フレキシブルディスプレイの早期実現に向けた研究開発を加速していく。

  • NHKと日本触媒は、ディスプレイ技術の学会「SID 2013」で、大気中の酸素や水分への耐久性が同社の従来の試作品に比べて大幅に高い有機EL素子を開発したと発表した(講演番号:P.140L)。また、その技術を用いて作製したディスプレイを、2013年5月28日に実施した「技研公開2013」のプレスプレビューで実演した。
    フレキシブル有機ELの実用化に朗報
     最近、フレキシブルな有機ELディスプレイや有機EL照明の開発が進んでいる中、耐久性が実用化への大きな課題として残っている。解決策として素子外部の封止層のバリア性能の強化が図られているが、特殊な材料が必要となり、コストを大きく上げかねない。今回のNHKなどの技術は素子内部の構造や材料を変えるだけでも耐久性向上に大きな効果があることを示した。 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/EVENT/20130528/284134/
    日本触媒株式会社「4114」
    連結PBR17.17 倍
    連結PER0.98

  • 日本触媒株式会社「4114」
    連結PBR17.17 倍
    連結PER0.98
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/17/news088.html
    NHKは日本触媒と共同で、フィルム基板上でも長期間安定に発光する有機ELデバイス(OLED)の開発に成功したと発表した。OLEDを使った薄くて軽いシート型フレキシブルディスプレイ実現に向け、研究開発を進めていく。
    従来のOLEDは、基板上に陽極、有機層、電子注入層、陰極という順で積層して成膜しているが、基板材料にフィルムを使った場合、時間の経過とともに、大気中の酸素や水分が基板側・陰極側の両方向から進入して電子注入層と陰極を劣化させ、寿命が短くなるという欠点があった。
    今回、酸素や水分の影響を受けにくい電子注入層の材料を開発するとともに、劣化しにくい陰極材料を採用。陽極と陰極の位置を入れ替えた逆構造にして積層することで、長期間安定に発光する「iOLED」(inverted OLED、逆構造OLED)を実現したという。
     通常のOLEDは100日間大気中にさらすと発光面積が約半分になるが、iOLEDは同期間で劣化しないことを確認したという。
     5月30日~6月2日にNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で開く「技研公開2013」で展示。フレキシブルディスプレイの早期実現に向けた研究開発を加速していく。

本文はここまでです このページの先頭へ