ここから本文です

投稿コメント一覧 (240コメント)

  • ちなみに、本当に優秀な機関投資家であるフィデリティーは、その(レーティング軒並み下げ)際組入を変更していなかったことが明らかになっています。機関投資家(ファンドマネージャー、アナリスト)とはいえ、優秀でない人は山程います(元ファンドの開発とマーケやってたので、ここらへんは本当によく知っている)。特に、大手証券系のファンドマネージャーは、ただのサラリーマンの場合も多く、あきれるような方もけっこういた。外資は基本的に優秀な比率が高く、以前から述べていますが、フィデリティーはその中でも群を抜いて優秀だった。まあ、20年前の話ですが。

    まあ少なくとも、去年の4月、PER13倍に下げたディップを格下げした無能アナリストども、それを受けて外したバカファンドマネージャーたちよりは、そこで自己ルールでポートフォリオ組入上限金額を投入し、現在120%弱の含み益となっている私の方がここについてはよほど理解できている。もちろん、こんなバカレーティングでフィデリティーもアセットマネジメントOneも、投資態度は一切変えないでしょう。

    長期の方はなんも気にせずホールドしましょうw

  • どこかのアナリストがディップの格下げをしたようですね、有料記事なんでどこかまでは見えませんが。

    思い出されるのは、去年4月の今期減益予想決算での、アナリストの動き。片っ端から、発表後にレーティングを下げて翌日以降のファンドの投げ売りを誘いました。結果、どうなったか。株価は格下げどころか逆行高し、ファンド勢はみなただの底値売りとなった。

    あれだけ無能極まる結果を出したここをカバーしているアナリスト(のひとり)が、また無能極まるレーティングを出したとしか思っていません。1日の下げとしてはかなりきついですが、全く気にせずホールド。どこのアナリストか知りませんが、再び醜悪な結果をもたらすものと確信しています。

  • うわー、基準価格で(手数料非考慮)で上昇幅が1割超えたよw
    なかなかないねこんな投信w

  • >>No. 176

    もう何度も書いてますが、ライメックス企業への出資はおそらく10%程度、本業と全くシナジーのないこのテーマについては、機関投資家は完全無視です。別のテーマで大化けするプロセスに乗ってるので、今後の株価について期待してもいいとは思いますがw

  • >>No. 178

    私は今日の終値で買値から120%上昇になっちゃいましたが、下記のとおり当然ホールドです。まあ私みたいにスコープが5年とかじゃなきゃここで利食いは当然ありですが、ディップはここからが面白いと思いますよ?

  • 5年後、ディップは人材関連ではなく、日本の中小企業に広くRPAを行き渡らせた原動力となったAI/RPA企業として、株式市場から認知されていると思っています。かつて、アルバイト求人媒体企業として、PERが「わずか」20倍と評価されていたことも、笑い話となるでしょう。

    そしてディップにとっての令和の本業を、財務への打撃無しで立ち上げてしまった決算期となる令和最初となる今期は、ディップの第2の創業史として、社史に刻まれることでしょう。あくまで、目標株価は5年後3万(分割無し)。RPAがドライブするEPSの3倍成長、業態から評価されるPER50倍、そして死ぬほど余るキャッシュを投入する膨大な自社株買い。何も難しいとは思いません。500円に満たない現在の3千円からの株価上昇は、その口火に過ぎません。

  • >>No. 739

    優待券でしか食べたくない、、、賛同しますww
    ここのコスト管理の志向考えたら、下記の方が言ってるけど多分本当に業務用のカレーだろう。レモンサワーもグレープフルーツサワーもおもくそ書いてあったし「業務用」って。まあ、このランチは、だめだね。

    一家って、ホームラン飛ばすけど三振というよりエラーも多い気がする。まあそれも含めて可能性だと思ってるけど。今のところ、博多劇場大ヒット、ラムちゃんホームラン、青とうがらしエラー、ラムちゃんランチも、エラーかなあ。

    今は、ラムちゃんの多店舗化成功を祈るのみ。現行の博多劇場規模で出せるなら、おそらく株価は大変な飛躍をする。

  • 今朝の日経朝刊で、3年ROIC全企業3位ということで北達が取り上げられてました。相変わらず、こちらの財務指標はほれぼれします。すべては、北達の経営能力の結果です。私のような長期の投資家は、たったひとつ、経営というリソースだけを見て株を買うべきだと思っていますが、これについて反証が過去一度も上がってこないのがここ、北の達人です。これからも安心してホールド。

    ちなみに私、1位andfactory、3位ここ北の達人、6位リンクバル、7位ダブルスタンダードと紹介された上位25位のうち4銘柄を、投資12銘柄中で持ってたりします。ROICは尺度として見たことなかったのですが、やはり好みの傾向は出るものですね。

  • せっかく今朝の日経で、3年ROIC全企業中6位ととりあげられたのに、反応ないな。しかし、自分では調べてなかったROICが全企業6位(大事なことなので繰り返しw)、これマジですげえんだけど。ここのテーマは売上。新しい分野での成功。でもきっと期待に応えてくれると信じるぞ。

  • 今朝の日経の、アンファク一位の3年ROICの記事は面白かったです。なるほどゲーム攻略サイトのノウハウでしたか。最後のほうに、妙な懸念を上げていたけど、こちらの競争力をなめてもらっちゃ困るね日経記者w

    ちなみに私、1位andfactoryのほかに、3位北の達人、6位リンクバル、7位ダブルスタンダードも持ってたりします。実はROICは投資尺度として見てなかったのですが、資本効率重視というのは結果的にROICも高いということですね。いずれにせよ、企業内の投資効率が高いなら、外部からの投資効率もきっと高くなるはずです。最低5年徹底ホールド、何倍になるのか楽しみです。

  • 今朝の日経で、ROIC3年平均上位企業に俺たちのダブルスタンダードが、ラッキーセブン7位登場!さすがは俺たちのダブルスタンダード!w

    ちなみに、1位andfactory、3位北の達人、6位リンクバルも持ってるぜ、さすがダブルスタンダード持ってる俺w

  • まあ、かなり微妙な上方修正ですね。下限は切り上がったけど、上限は誤差の範囲です。ただ、ようはく会社が公式に「減益の可能性はない」ということを打ち出せたと。従来の予想は、下限だと全部減益だったわけでw

    まあ、AI/RPAやるから今期は減益で許してね決算発表で暴落してから、慎重になってるのはわからないでもないですが、いい加減幅持たせた予想とかやめてほしいです。相変わらず、IRについては不満の種は消えません。でももちろん、減益で許してねIRの頃よりは圧倒的にまともになってますから、相対的には私は高く評価できます。

    さて、前回の投稿で述べたとおり、ここからは業績と業態変換の両輪が、RPAの成長という点で完全に相乗効果で株価が上昇する予想ですが、この「RPAへの投資」という、会社がおそらく社運をかけて取り組んだ事業について、業績へのダメージゼロでスタートできたというのは、本気で凄まじい経営力だと判断します。前回述べたとおり、ディップの顧客はRPAが極めて有効に働く層であり、この分野の成功は見えていましたが、成功するためには当然に投資という財務的にはダメージを伴います。これを、業績に影響なく実現しました。

    私のような長期投資家が買うべき唯一の会社のリソースは、経営です。ここが、圧倒的に優れていると証明されたも同然な今期、私はこの優れた経営力によるAI/RPAの発展により、EPSとPERの双方が上にシフトし、5年後の株価3万円(分割しなかった場合)について自信を深めました。

  • >>No. 733

    カレー単品のランチ勝負かー、ちと見栄えがw多分夜営業への集客投資だと思うが、、、

    カレーでなく、むしろ普通にラムちゃんセットの肉をランチにまとめたプレートとかにした方が、夜への誘引効くと思うなあ。カレーだとカレーの風味が強くて、ラム肉の旨味をリセットする気がする。

  • 過去3回の、本決算中間決算四半期決算を経て、現在+67.7%。決算後下げるって、いったいなんの話なのか。錯乱以外の何ものでもないですね。

    ということで、決算跨ぎに迷う必要は全くないです。例え一時下げようと、どうせ上げるんだから問題なし、むしろポジティブサプライズで爆謄したときの持たざるリスクが怖いということですねw

  • >>No. 370

    あのー。

    私去年4月初旬にここ買って、本決算1回、中間決算四半期決算1回ずつ、
    で、私の北の達人含み益+66%なんですが、いったい何を言ってるんです?
    あなたの理屈だと3回も決算過ぎてたら、かなり含み損じゃなきゃおかしいですよね?

    と、錯乱してるinoにマジレスしてみるw

  • ラム肉の調達ルートが確立できれば、ラムちゃんの店舗展開が加速、おそらく相当競争力ある業態(博多劇場を大幅に上回ると思う)なんで、業績も飛躍するだろう。博多劇場の餃子もけっこう美味いが、あのラムちゃんセットの旨さには到底及ばない。焼肉店とかと比べても、カルビ等の脂の旨味ではなく、肉本来の旨味なので結果ヘルシーであり、しかも焼肉よりは安く上がる。

    ハイボールタワーの仕掛けは楽しくも客も、そして実は店もコスパよし(ハイボールなんざものすげえ原価安い)、ドリンクはそれも含めて業務用丸出しで特にビールで負担となろう1Lジョッキ無し等徹底的にコストを絞ってある。かなりしっかりとしたフィージビリティースタディーをしたはず。そして、帰り際リセッシュを女子店員が吹きかけてくれる謎のサービス、一家らしさ爆発。やはり一家は、日本一のおもてなし集団を目指すだけあって、店のホスピタリティーとそれにとどまらない客に踏み込んでくるコミュニケーションが、他に例を見ない。

    ラム肉、例えば商社と組んで独自の調達ルート開発せんかな。で、例えば現在のこだわりもん一家全部ラムちゃん業態に転換するとか。まずは、そうやって認知度を上げたら、日本にホンモノのラム肉ブームを起こして、ラムちゃん全国展開、株価テンバガーとか。ふつーに充分ありうる。

  • 3%というクソ高い手数料払っても、すでに利食いゾーン。
    やっぱり、苦手な分野をしっかりとカバーしてくれる投信はいいね。
    多分投信通じてじゃなきゃ、外株は一生買わないと思うw

  • 私以外にも説得力ある否定を述べた方が少なからずいるのに、まだ出てくるこの話。

    再掲します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    866
    一条三位中納言
    2019年11月28日 16:31
    以前からLIMEXについて、忘れた頃に?言い出す方がおられますので、ここらへんで一度きっちり否定しておきましょう。

    ディップのPBRは6.45倍、ようは解散価値の6倍以上の時価総額です。これはとりもなおさず、ディップが将来生むキャッシュフローを現在価値にすれば、現在の解散価値の5倍以上の価値があると、市場がみなしているということです。

    LIMEXは以前私が試算したところ、おそらく発行済の10%程度をディップは握っていますが、例えばLIMEXがIPOとかして、1000億程度の時価総額となり、ディップが100億程度の資産価値ができたとしますね。売却すれば70億とかの利益となります。

    これ、なんか意味ありますか?ディップに。一過性の70億の利益など、今のディップの時価総額と解散価値の差分、1700億程度からみて、なんか価値ありますか?ディップが将来獲得すると市場がみなしているキャッシュフローの現在価値は、一時的な70億に比べれば莫大です。

    無論、こういうことを材料視する個人投資家も多くいることが逆に掲示板から推察されますから、多少は変動するかもしれません。しかし、基本機関投資家は全く材料視しません。結局、この規模の時価総額の企業が、それで大きく株価を変動させることは、まず無いと思ったほうがいいでしょう。

  • さて今日は上がってるかな、、、、おじゃるーーーーーっ!

  • >>No. 357

    ちなみに、当日のテーマは「謎の一流インド人シェフ(ただのインド人コスプレIBM日本人社員)」対ワトソンというタテマエで、双方が作った料理を参加者が食べ比べして、勝敗を決めるというものでな。挙手でワトソンが買ったんじゃが、麻呂も含めて空気読んだと思うでおじゃる、正直ワトソンよりIBM社員がつくったカレーが少しうまかったでおじゃったwwワトソンカレーは話のネタ以外にはなんの意味もなかったでおじゃるwでも、このイベントのおかげで、仕事的には全くAI関係ないデータサイエンティストの卵じゃった麻呂が、この頃からAIについては、業務外ではおじゃったが知恵がついて、その本質価値を理解できたと思うでおじゃる。

    イベント情報当時は検索したら出てきたんじゃが、もういくら探しても情報ないのう。

    と、なんでこのネタ引っ張るかといえば、ちと衝撃的なデータ見つけてな。IBMの株価が、当時(170ドル前後)から5年で134ドルと下落しているのでおじゃるよ。ようは、お主の言うビジネスAIトップは、IBMの業績を引き上げるまで至っておらんのでおじゃる(コグニティブ事業は大きな利益をあげていない)。まあメインフレームやら巨大IBM全体からしたらまだ小粒な事業ではおじゃるが、逆にそこにとどまっているのが懸念でおじゃる。

    でもITバブルもそうでおじゃったが、失望とともに弾けて株価も下落したものの、光通信やらヤフーやらという、本来の価値を大幅に市場を誤解させた存在以外は、株価についても業績についても、当時を大きく上回っておじゃる。AIに至ってはバブルすら来ておじゃらん。AIがまだIBMについてもTDSEについても、その本質的価値を実現できていないと麻呂は信じているのでおじゃる。全くの無期待、バブルなき株価低迷でおじゃる。

    麻呂が理解するAIの姿は、全てのゲームのルールを塗り替える存在でおじゃる。街を歩いても仕事してても、「これAIの方が成果上がるじゃん」ってものばかりでおじゃる。麻呂はTDSEがそんな時代の勝ち組に生き残る、その可能性に賭けておじゃるよwということで、最近やっと画像貼れるようになったでおじゃるw

本文はここまでです このページの先頭へ