ここから本文です

投稿コメント一覧 (212コメント)

  • 海外

    昨年度、その前、1億近い赤字を毎年計上だと思いますが売上は誤差程度。

    継続の価値があるのか? 撤退の基準は? 等は当然検討済と思いますが、それらは説明義務があると思います。

    海外は止めるべきと言う意味ではありませんが、成果(結果)はキチンと公表を行うことが義務であると思います。

  • JPモルガン、最近買い戻し傾向でしたがまた売りやってます。
    簡単には上に行かせないつもりでしょう。

    さて決算まで1ヶ月を切りました。
    昨季はともかく今期予想も過度の期待は大禁物です。

    くせ者は海外。

    既に海外展開開始後3年以上(5年以上?)は楽に経過しています。
    8月13日の決算発表は国内と海外の売上と利益を明確に公開お願いしたいですね。

  • 一番肝心な説明が抜けていました。

    GMOもバリューデザインも「法人向けのストック&ITトランザクションビジネス」です。※GMOは法人向だけではないでしょうが、主力と捉えてください

    「法人向けのストック」がキーです。

    IT系サービスの法人のストックは一旦積み上がると滅多なことでは減少しません。
    ひたすら積み上がる一方方向となります。

    何故か?

    導入済みの企業がバリューデザインから切り替えるには手間暇(=コスト)とリスクを負ってシステム改修や機器の置き換えやデータ移行を行い切り替える必要があるからです。(スイッチングコストがバカ高い)
    余程の事情が発生しない限り通常やりません。

    この点が(コンシューマー向けの)単なるトランザクションビジネスとは異なる点です。

    例としてグノシー、スマートニュース、NewsPicksを取り上げます。

    これらもトランザクションビジネスです。

    しかし少し便利な類似サービスが出ると簡単にそちらを使いませんか?

    こちらは皆さんの経験を振り返るとわかるかと思います。

  • 確かにGMOペイメントと似ています。

    ・同じIT系のストック型トランザクションビジネス
     GMOも15年くらい前の売上は10数億程度
     わずかな手数料ビジネスを積み上げて売上は約260億(18.9実績)に至っています

    ・根強いニーズが存在するサービスをわずかな手数料で提供している
     GMO等の決済代行会社はネット決済を導入する場合重宝します。
     バリューデザインは根強いニーズがあるハウスプリペイド、ハウスカードの導入をする場合重宝します。

     これらは独自でやるより彼らのサービスを利用する方がはるかに安く・品質良く導入出来ます。

    ・莫大な利益が出ない = ITの巨人が参入しない
     ここは超重要です。
     莫大な利益が出る領域はアマゾン、楽天、LINE、PayPay等が指をくわえて見ていません。

     決済代行業は最王手のGMOペイメントですら年間の連結営利は60億程度(18.9実績)
     巨人の視界に入らない領域で確実にストックを積み増すことが重要です。

  • 直近はパウエル議長次第ですかね?

    パウエル議長次第でバリューデザインだけでなく上下激しく動くのかな?
    利下100%折り込み済みとか危ないことこの上ない。

    PayPay、Line、楽天の3大QR決済対応はGood newsですが、かき消されなければ良いですけど。

  • PayPayの件はGoodです。
    もっとも長期の皆様には当たり前の事だと思います。
    LINE、楽天が対応した以上PayPayとしても対応せざるを得ないので。

    玉に瑕なところは、来期直ぐに大きな収益貢献とならないところでしょうか。

    一歩一歩、一歩一歩、、、ですね。
    3〜5年後が信じることが出来るか? だと思います。

  • >>No. 286

    今朝の寄りの成売とか、どなたがやってるのでしょうね?
    どうせやるなら3万株ぐらいの成売やってくれれば大きく下げてくれるのに。

  • 今週はアメリカですね。

    既に織り込み済みの利下げをやるのか?
    堅調な経済状況からは利下げではなく利上げが必要なのでは? と思いますが、利上げやるとトランプに首切られるでしょうから流石に利上げはないでしょう。
    だけど見送りは十分あるでしょう。

    さて、どうなるでしょう?

    どっちに転んでもダウも日経もマザーズも大きく動くと考えています。
    個人的には2,000前後の膠着状態は少々飽きたので少し動いて欲しいです。
    全体が上に上がっても釣られて上に行くかな? という懸念はありますけど。

  • 上は当然として下にもなかなか行かないですね。
    5月の取扱高が残念な結果だったにも関わらずです。

    いきなりステーキはあまり関係ないでしょう。
    ペッパーフードの利益は残念な状態ではありますが、売上は大きく増えてます。
    そのためバリューデザインのペッパーフード向けの取扱高は大きく増加しているはずです。

    それにも関わらず5月の取扱高の結果なので少し心配ではあります。

    なおペッパーフード向けの取扱高は大きく増えたとしてもペッパーフード向けにはシステム利用料は大きく増加させることは無理でしょう。

    そのためいきなりステーキによる今後の伸びは期待してはダメだと思います。

  • ハウス+ブランドで昨対34%増

    40%台が織り込み済みからすると、少々ネガティブサプライズと言えるでしょう。
    取扱高に関しては残念な結果です。
    しかも月末最終日近くまで引っ張って出すとは。。

    店舗数増加は今後の取扱高に大きく響くので非常に良いですが、ブランドは苦戦続きですね。

    ハウスだけに絞れば良いのに。

  • No.251

    様子見

    6/20 終値:2,079 …

    2019/06/23 12:02

    6/20
    終値:2,079 出来高:26,600株
    モルスタ1,200株買い戻しの空売残6,200株
    大御所JPモルガンは動かず

    さて来週。
    5月度月次発表があります。
    昨対40〜50%増は織り込み済み。
    ハウス+ブランドで上記範囲外ならサプライズですが、予想の範囲の着地でしょう。

    元気が出るような何かが出て欲しいですね。
    イランとアメリカがやり合うと貿易戦争とか、、そういうのはいらないから。

  • No.249

    様子見

    6/18 終値:1,972 …

    2019/06/20 23:11

    6/18
    終値:1,972 出来高:6,800株
    モルスタ100株空売増の空売残7,400株
    JPモルガン600株空売増の空売残36,900株
    20万株の買残は大きく減っている&機関の売残は増加中。

    今日は上がった。

    機関が力で強烈な売りを浴びせるのであればそれはそれで良し。

    市況にも寄るが、特別なサプライズがなければ上がっていくような気も。。。
    当然それも良し。

    しかし自分の思った通りには行かないですね。
    当たり前か。

    関税、FOMC過度の期待、イギリス、香港、、、事欠かないと考えていたが、、、

  • No.244

    様子見

    6/17 終値:2,014 …

    2019/06/19 23:25

    6/17
    終値:2,014 出来高:8,200
    モルスタ買戻し200株 Credit Suisse買戻800株

    6/18
    終値:1,972 出来高:6,800
    モルスタ100株空売増の空売残7,400株

    本日(6/19)の空売は未だわかりませんが、出来高はたったの2,300株

    機関以外で日々の売買に絡んでいる人は何人でしょう?
    二桁あるかなあ?

    それはさて置き、FOMC波乱なければ良いですね。
    変な期待が剥がれなければ良いですが。。。

  • スシローと元気寿司の経営統合白紙
    資本提携解消

    思ったようには行かないですね

  • No.241

    様子見

    6/17 終値:2,014 …

    2019/06/18 20:37

    6/17
    終値:2,014 出来高:8,200
    モルスタ200株の買い戻し!!

    たったの200株ですが1ヶ月ぶりですね。買い戻しは。
    FOMCが波乱なければ良いですけど。

  • No.239

    様子見

    6/14 終値:2,006 …

    2019/06/17 20:52

    6/14
    終値:2,006 出来高:157,00
    モルスタ空売参入!

    これでJPモルガン(36,300株)、Credit Suisse(9,500株)、モルスタ(7,500株)

    よってたかってこんな小型株をいじめなくても。。。
    意地でも2000から上には行かせないつもりか?

  • 連続の赤はあり得ないとしても、来期の数字に過度な期待は禁物でしょう。
    四季報以上に保守的な数字しか出さないIRです。
    (IRに関しては正直不満です)

    主な理由ですが、海外投資は来期も赤字継続でしょう。
    継続どころか更に赤字幅が拡大すると予想しています。

    海外を切ってしまえば来期2〜3億程度の営利は出ると思いますけどね。
    どちらが良いか? は微妙な所ですね。

    3〜5年後の海外は以下が3:3:1ぐらいかな? と予想しているので。
    ・撤退となる可能性
    ・黒字 〜 国内程度の利益になる可能性
    ・大当たりする可能性(国内を大きく上回る可能性)

  • No.231

    様子見

    6/12 終値:2,009 …

    2019/06/14 20:35

    6/12
    終値:2,009 出来高:4,400
    JPモルガン空売2,500株増の空売残36,300

    1日の出来高の半分以上がJPモルガンの空売

  • No.229

    様子見

    6/10 終値:2,034 …

    2019/06/12 22:45

    6/10
    終値:2,034 出来高:5,100
    JPモルガン空売1,200株増の空売残33,800

    この出来高でも容赦なく来ますね。
    2,000円台は出来高関係なくひたすら売るつもりですかね?

  • 6/7
    終値:2,049 出来高:4,100
    JPモルガン、Credit Suisse共に動きなし
    出来高がここまで少ないと動かないのかな?

本文はここまでです このページの先頭へ