ここから本文です

投稿コメント一覧 (1088コメント)

  • 脳梗塞治験未達から、大手製薬会社と創薬バイオベンチャーであるサンバイオの時価総額を比較し、たかだかベンチャー企業の分際でとdisる的外れなアホ連中が湧きに湧き相手するのもアホらしくなったサンバイオショックを経ての総会だけに。
    躓きあった後の企業による力量を見るには良い機会なので、個人的にも参加したかったけど、スケジュールが間に合わん残念至極。

    当然、患者であり株主でもあるホルダーも参加すると思うので、
    今日の都内による気温とは真逆な熱い質疑を森社長たちにぶちかまし、納得出来る回答を貰い満足出来る総会となるとええなぁ。

    総会前にサンバイオは、
    外傷性脳損傷治験データ学会発表→アナリスト説明会→欧州医薬品庁より先端医療医薬品の指定IR発射。
    こうした流れを経ての総会だから、質疑には出来るだけ多くの時間を割いて欲しいところやなぁ。

    それと、ホルダーによるデータを見やすくさせたカスタマイズ力は凄いな。
    これは、サンバイオ自身も見習ってやって改めて見やすいデータ開示した方がええなぁ。
    後でスケジュールが落ち着いたら、じっくり観るしかないなホンマ。


    とりあえず、総会も昼夜の二部構成で開いてくれへんかホンマ。(苦笑)

  • 慢性期脳梗塞治験主要評価項目未達の件で、アホな死体蹴り連中ばかりが湧き湧いたが。(苦笑)

    今回いよいよ、外傷性脳損傷フェーズ2の結果を米国学会発表した後によるアナリスト説明会やなぁ。

    又、何気に米国学会発表でのピッツバーグ大学教授によるコメントもええなぁ。
    【ピッツバーグ大学の神経外科教授であり神経外傷治験センター(Neurotrauma Clinical Trials Center)の責任 者である Dr. Okonkwo, M.D., Ph.D.,は、以下のように述べています。「外傷性脳損傷は全世界で一般的な疾 患であるにもかかわらず、辛く長期化する障害は現状過少に評価されています。今回の臨床試験の結果は大変画期的であり、損傷を受けた脳が再生する可能性を示唆しています。これは、外傷性脳損傷にとどまらず他疾患で行われている研究にも大きな意味を持つ可能性があります。」】
    今回外傷性脳損傷フェーズ2の米国学会による評価は、慢性期脳出血治験開始へのモチベーションにもなるなぁ。

    慢性期脳梗塞治験主要評価項目未達データも活かしつつ、精鋭のチームSB623によって組み入れ基準から投与量と熟慮を重ねた治験デザインで、エビデンスレベルの高い試験で真っ向勝負するのがええな。

    それと以前、今井主任部長のインタビュー記事で。
    【また、TBIだけでなく、脳梗塞、脳出血への応用も可能だと思います。大脳白質の軸索障害という病態と考えると、これらの疾患の病態生理に違いはありません。今回のSTEMTRA試験の対象は外傷性ですが、外傷による軸索切断よりむしろ、外傷による血腫で圧迫された虚血傷害の患者さんがほとんどでした。】
    と、答えてたので。

    やはり、丁寧にサブデータ解析した上で、組み入れ患者や投与量の変更など熟慮を重ね慢性期脳梗塞の新たなる治験デザインで再挑戦やな。
    大日本住友も治験を継続の意思ならば、サンバイオはピッツバーグ大学教授をアドバイザーに迎え入れ、精鋭のチームSB623を編成し国内の単独治験開始でええやんなぁ。

  • 日本再生医療学会が、
    科学雑誌ネイチャーの早期承認制度による批判に対して姿勢表明した同日に。

    外傷性脳損傷を対象にした第2相試験(STEMTRA試験)結果を、
    米国脳神経外科学会で発表IRとはええやんなぁ。
    これは、日本での申請から承認の流れで上市への道筋になりおるな。
    しかし素人の考えやけど、有力な学会で安全性を伴った解析結果発表となれば、
    高く評価されてもおかしくないと思ってしまうわ。
    マーケットは、どう判断するかは?知らんけどw
    兎にも角にも、今から内容の次第が気になってしまうなぁホンマ。

    また、米国上市を狙うならば。
    真っ向勝負のランダム化比較試験でフェーズ3を挑むしかないし。
    腐れネイチャーからも批判の的にされんよう、真っ向勝負で地獄の壁であるフェーズ3通過させんとなぁホンマ。

    とりあえず、今日は散髪屋の帰りにエコノミストを買っとこか。
    もう、サンバイオショックとの言葉はいい加減に聞き飽きたわw
    大いに時間はかかるが、脳梗塞もランダム化比較試験から国内上市はサンバイオ単独で狙うとか言い切ってしまえばええやんな。
    流石にデータ解析途中だから、そうも言えんのか。(苦笑)

  • それと今回は、かなり個人も被弾したと思うけど。
    俺も、今月に再び脳梗塞治験を燃料に上場来最高値を伺うと見立て。(苦笑)
    そこで、半分以上利確の目論みが木っ端微塵やったけど。(苦笑)
    高値追わずの現物でいたから、振り出しに戻ってしまっただけの状態。(苦笑)

    とにかく、最低限退場処分にならん様に学習能力を身につけろやでええちゃうか。
    偉そうに宣う連中ほど、赤っ恥の経験が凄まじいと思うホンマw
    230億円男のシスも最初から好スタートではなかったしなぁ。
    また俺も、ロジャースみたいに空で赤っ恥してから無茶ぶりは自粛。(苦笑)

    とりあえず買ってはおらんけど、
    上場が2003年な山田社長のところが条件付承認を受け事で、
    今後マーケットによるバイオ銘柄への好感が少しでも上がっていくとええなぁ。

    従って、森社長も浪花節でなく一層の働きで上市成果しかない。

  • おっ、大阪のセミナーに参加したホルダーがおったんやな。
    参加したホルダーのみんな、ホンマお疲れ様。

    とにかく、サブデータ解析からの究明はガッツリ時間を要するなぁ。
    細胞薬のサブデータからの究明による事例とか知らんだけに、
    脳梗塞による治験デザイン見直しからのプランは大日本との折り合いも含め来期中に目処が立ったならば御の字と思っとこか。

    またスタッフも増えておるとは、更に製薬メーカーを目指す経営強化に邁進とは。
    メーカーを目指すならば、山本事業部長が竹中半兵衛みたいな軍師となって、
    国内ローチンに向けガッツリ成果を成し遂げられるのか注視やなぁ。

    それとIR芸の長けたスタッフも雇っていたらええな、
    情感的な浪花節でなくネガティヴを抑える様、治験フェーズ2は大日本住友の米国子会社が実施し、次なるステップであるフェーズ3で最高の結果を得るための錯誤による結果であり、従ってサンバイオは解析究明から大日本住友と練り上げて再び治験に挑む姿勢は変わらなく予算も組むとの開示タイミングが企てる策士も必要やな。

    だから今回、脳梗塞による治験フェーズ2結果と社長の反省文みたいなIRは残念やったけど。
    企業として先ずは、外傷性脳損傷の国内ローチンに向けて精力的に動くのは最善。
    とにかく実績保有を成し遂げんと話しにならんし、何の為に日本のマザーに上場したんや!となるしなぁ。
    企業は成果を出してナンボであり。

    そこで今後、
    米国での外傷性脳損傷治験フェーズ3へと挑むにしろ脳梗塞治験も再スタートさせるにしろ。
    きちんとリカバリープランまで想定した上で、そこで追加の資金が必要となるしても。
    国内ローチンの実績を盾に、
    前回の増資発射した際の時価総額より倍以上の価値を上げる仕事ぶりをせいへんとアカン。
    仕事ぶりで株主に納得して貰い協力を得んと、みんなJPモルガンや狂気染みた買い煽り連中みたいに投げに投げるでホンマ。
    時価総額を上げる事は、
    増資による希薄化ダメージを抑える事も第三者割当でも有利に働く事にもなっていくだけに。
    とりあえず来期は、
    国内ローチン及びリカバリープラン向けての仕事ぶりには注目したいところやなぁ。

  • 今日、SQと連休前日で出来高190万か。
    もし?ゲーマーの申し子であるシスが38万保有銘柄が、
    リバ狙いの動機からサンバイオだった場合?
    今日の前場によるザラ場で、とっとと上手く売り抜け去って欲しいところやなぁ。
    シスも去り他の株クラスタも去ってからが、株価の足固めとなるだけに。

    そして、個人も今回は懲りたところで来月サンバイオの本決算による思惑も走らずシレッと信用買い残し整理整頓が更に進むことが理想的であり。

    とにかく、
    治験デザイン失敗の結果を受け入れながらも「正しい道を進んでいる」との信念は分かるだけに、
    経営者として時間やコストの制約などシビアに向かい合いながら、
    慢性期脳梗塞のサブデータ究明と外傷性脳損傷の申請から保有実績を築き上げて貰わんとやなぁ。
    兎にも角にも、今回の治験デザイン失敗が次なる治験デザインへと活かし、
    今後予定しておる脳出血による治験成果にも繋げて欲しいところやなホンマ。

  • 改めて2013年米国の保険屋によるリポートを見て、米国は外傷性脳損傷での長期的後遺障害を負った死亡数はHIVや皮膚癌など比較しても問題やなぁ。

    なので、アジアによる医療機関や保険屋が開示したデータとか?あった場合には、
    ブリッジレポートからでも何でも良いでの開示して欲しいところやなぁ。
    知りたいところやねホンマ。
    更に、外傷性脳損傷治験の詳細データも後ほどガッツリ開示して貰いたいところ。

  • このスレッド、皮肉でも何でもなくアクセスランキング偉い高いなぁ。
    これホンマか?

    また株クラスタのテスタが、ブラフかもしれないが買いおったみたいやな。
    明日は、タチが悪い手垢まみれのド短期運動会祭りになりそう気配。

    とにかくテスタの御家芸である一気売りがオチとして待っておるから、
    とりあえずホンマに買いたいと思うタイミングは各々の判断でやな。

    面白いオチとして、株クラスタたちが機関による空売りの猛追で撃沈から機関による鬼の買い戻しが見れたら最高なんやけどホンマw

  • 森社長のダイヤモンドオンラインによるインタビューと人事IRをサンバイオのHPで見て。

    本家の板が、
    y板名物である煽りdisりを含めた書き込みが多すぎ量が半端ないだけに観るの諦めw
    戦う気もエネルギーも全くなく。(苦笑)
    SB623とサンバイオで検索してたら、ここにたどり着いた。
    そして確認したいことが掲示してあり、このスレッド感謝!

    もう先日に確認したホルダーがおったんやね。
    経営計画変更も無い上で、
    脳出血まで含めて予定されている治験の費用まで充分に織り込む予算確保やったやなぁ。

    過活動膀胱治験費用事例、
    国内医療機関による費用算出で2010年為替レートではプリウスより低い価格。
    後その他諸々な費用の工面は、いずれカルフォルニアから入る銭も使えばええんちゃうの?
    俺も、この暴落相場が落ち着いた頃にサンバイオへ確認してみるわ。

    最も市場が期待していた脳梗塞治験失敗と認めた上で今は針のむしろな境地やけど、
    患者を含めサンバイオを売り抜けせずに投資しておるファンドたちは、
    森社長から浪花節の言葉ではなくプランBの発表を望んでおると思うから、
    失敗原因を徹底的に究明した上で大日本住友とも折り合ってプランBを開示をした方がええな。
    それが経営者としての手腕でありリカバリー力がホンマに大事であり、
    それが患者をも裏切らない事にもなるからなぁ。

    だから、今回の外傷性脳損傷上市後を睨んだ人事IRみたいのは良いね。
    従って、究明後には必ずプランBも開示し諦めてないところを示さんとやなホンマ。
    それで?外傷性脳損傷の申請はいつなんや!間近なのか?
    益々、速く知りたいところやなホンマ。

  • 下方修正開示から治験の進捗状況は順調の言葉が会社側から出て良かったわ。
    フォーラム前に我先に応援するふりかまして売り抜けたいが為に、IR出る出る詐欺の連中が宣い沸いてただけに心配してたのでw
    とりあえず、来期の楽しみが増えたわホンマ。

    しかし時間外は、もう少し気合い入れて売り抜けなぁアカンな。
    売買が1億も到達してない商いでは、信用買い残し整理整頓も進まないへん。
    売り方は、今日の寄りから気合い入れて全力投球頼むでしかし!
    切った張ったが相場の花やからなぁホンマ。

    それとサッカー日本代表、白熱した試合からアジア杯決勝進出は良かった。
    個人的に負けると思っていたから、ホンマに俺の予想は全くもってアカンw

  • 日本脳卒中学会理事でもある木村教授は、脳梗塞治療には血栓溶解薬。

    そこに細胞薬であるSB623が安全性を担保された上で申請から上市され、
    実際に個人差もある上で患者に改善効果ありから利用患者の増加が見込まれた時の相場による反応は見当もつかんな。
    噂の段階で急騰し実で売られて終わるのか?
    はたまた脳梗塞治療の実績から新たなるパイプライン期待や鞍替えなど含めた期待から、株主優待銘柄みたいに底堅い銘柄へと成長するのか?
    とにかく、長い付き合いにはなりそうな銘柄やなぁホンマ。

  • 話題のゾフルーザは治験段階でアカン代物やったみたいやなぁ。。。
    かえって無治療プラセボ群よりもウイルスが増加しアカンことになって、
    その上で症状も長引かせて舐めとんかわれ!となるわなぁ。

    添付資料と治験データで、
    感染症学会は公衆衛生上でも問題視しゾフルーザの推奨を見送るのも当然やなぁホンマ。
    それで塩野義製薬による注意喚起もしないで販売してしまうアウトな企業体質にも問題であり、それに乗っかってしまったマスコミにも問題やな。

    なので、
    慢性期脳梗塞治験結果後に日本脳卒中学会による反応も楽しみやなぁ。
    是非とも治験データと添付資料で判断した上で、
    学会の議題にあげて欲しいところであり反応も見たいところ。


  • フォーラム控え、IR出る出る詐欺の様なIR飽食連中が宣って湧き。
    応援とは思えん、売り抜け空売り煽りと同類に映り辟易やったけどw

    そして昨日のフォーラムに参加した、みんなお疲れ様。
    今、昨日のスレッドから読んでフォーラムに参加した、みんなはまともな感性で良かったわ。
    これが出る出る詐欺連中と同じ、いきり勃つ厨二みたいな内容だったらアカン終わったと判断するところやったわホンマw

    しかし、改善に向けて前向きな患者も参加したオープンなフォーラムに岡野教授と森社長も参加した事はええな。
    厚労省による人口動態統計の数字を眺めても、
    男女差なく深刻な問題であり一命を取り留めた患者の為にも。
    とにかく、
    独立行政法人との協議を重ねに重ねて1日でも速く申請し上市させて欲しいところやな。
    また、
    森社長も待ち状態である慢性期脳梗塞の治験結果も楽しみにしたいところやなホンマ。

  • ホンマ、毎日続くだけに大変難儀。
    また親の全盛期をも知るだけに精神的ショックと肉体的介護疲労も上乗せやから、
    ホンマ泣きたくなるのも当然。

    今日ちょっと、特許について調べていたら2015年に議論されてたね。
    まずは脳梗塞の臨床研究そして日本で脳出血の臨床試験開始も狙っていたらしく、
    ホンマこれからやね。
    治験が1日でも早く開始されると良いですね。

  • 森社長、マメなニュースリリースとはエエなぁ。
    カルフォルニアから銭を貰ったIR発射の翌日に日経新聞の援護射撃あるとは、
    アホな俺には思いもつかんかったわw

    しかし、後遺症で苦しむ患者による現実はホンマ厳しい。
    ワンランクアップ改善の為に藁をも掴む思いに駆られるわ、人として当然だわ。
    従って、森社長による上市へのモチベーションが高いのも理解出来る。

    また傷害部位や重症度などの多様なばらつき状況下で、尚且つ薬の投与部位も治験担当医の裁量に任されているばらつき三昧な状況下で。
    良く、有意な結果を叩き出したのは改めて凄いなぁホンマ。

    とりあえず、目先の株価はええわ下がろが上がろうが。
    相場の事は相場に聞くしかない。
    とにかく、慢性期外傷性脳損傷の上市の目処と脳梗塞治験の結果が出るを待つのみ。
    兎にも角にも、是が非でも上市させなぁアカンわなぁホンマそう思う。

  • 市場開始気配は、こんなもんやろ。
    個人も率先して買わんだろう。
    ディフェンスシブ株云々より、この不安環境では追い証の投げもあるから。
    とりあえず、この環境下でサンバイオは信用買い整理整頓へと向かう方がエエな。

    こんな地合い悪い中で、
    上がる上がるの繰り返しする御花畑組が意気消沈する頃に整理整頓も進んでいたら儲けもんやな。

  • やっと、いよいよ明日から日本市場が開けるのぉ。
    再び、明日から機械仕掛けのAI取引が開戦やな。
    今日は米国の12月ISM製造業景況指数が発表で、明日は米国雇用統計やな。

    また、中国のPMIも50割で日本市場にとっても悪材料出尽くしとなる数字ちゃうから。
    明日、AIが日経及びマザーズはどこまで掘り下げるのか?再び正月早々に年金マネー炸裂か?見ものやな。
    不安感漂う環境の中でサンバイオは上昇でなく、どの価格帯で逆張りを含めた買い支えあるかが重要やな。
    グローバルに取引を展開しておるAI連中だけに、
    正月から買いに走っても行って来いでハイ終了となる可能性が高い。
    慢性期脳梗塞治験結果までには、まだまだ時間があるからなぁ。
    個人も正月からデカく逆張り勝負もせいへんやろ。

    とりあえず、
    慢性期脳梗塞治で良い結果を得たら今年も森社長は出来る限りメディア出演した方がエエなぁ。
    出たとしても出演ゴールで20%の下落もないやろ、SB623の認知度を高めることも経営者として大切。
    ipsは大人の利権絡む芳ばしい世界だけあって知名度もあるが倫理問題含めまだまだ遠い話し、それに比べてSB623の知名度はまだまだやしなホンマ。

  • 昨日で大納会となって良かったか?
    ダウもナスも芳しくないスタートから掘るのか?上げるんか?謎だから?
    もう寝る。(苦笑)

    しかし今更感やけど、箸折った記事でもあるが東洋経済はやりおったな。
    この時のサンバイオによる財務状況からアカン増資覚悟の必要性あり、
    尚且つSB623は外傷性脳損傷治験?どないやん?と疑問符が付くばかりで買わんかっただったけど。(苦笑)
    いざ、増資に打って出た動機と内容がボロ株バイオと違って見えたから思わず行使が終わる頃に買ってしまった。
    その後、11月1日の材料発射とメガバンクから融資連発で今に至り。
    10月からホンマにダウもナスも日経も下り坂相場の中で、
    外傷性脳損傷治験結果が優良にて出て良かったのぉ。
    更に、森社長はTV出演で当面は増資の必要性がないと明言。
    この行き先が不安定感溢れる環境の中で治験結果は微妙で、
    更に年末増資発射では洒落にならんかった。(苦笑)
    また、今後に控えている慢性期脳梗塞治験結果も期待したいところやなぁ。

    兎にも角にも、安倍晋三!
    年金マネーの支えばかりに頼らんで消費税アップ撤回せいや!ホンマ。(苦笑)

  • こんなもんやろなぁ。
    ダウとナスは、
    別に先行きが明るい材料で陽線付けてのリバースで無く自律反発ぽい上げやしなぁ。

    また、日経は後場から日銀砲であるETF買いか?オイ。
    外人は大型連休となる日本の年末年始やから買わんだろう。

    それと中国共産党の存在も悩みのタネやったわ。
    大晦日に控える中国指標 であるPMIが50を下回ると景気減速懸念。
    更に来月3日は米国製造業景況指数も待っておる。

    こうした不安定感を増す外部環境時、
    とにかくサンバイオは膨れ上がる信用買い組の整理整頓が進むことが最善やなぁ。
    今後に影響する上値の重い鉛は整理整頓した方が後々にエエからのぉホンマ。

  • 再び、恐怖指数が上昇やなぁ。

    【指標】12月米消費者信頼感指数 128.1、予想 133.7

    米国消費者信頼感指数も予想よりアカンがな。(苦笑)
    景気後退期の前兆か?オイ。
    この下落トレンドでダウもナスも日経も行って来いのボラが大きい振れ幅はアカンわホンマ。

    これは益々と来年は銘柄厳選やなぁ。
    ここ以外は、どうしようか?じっくり思案しとこか。

    とりあえず、明日の相場は期待せず、もう寝る起きても仕方ない。(苦笑)
    明日も心理的にアワワ、、、オタオタの繰り返し相場になっても可笑しくないな。

本文はここまでです このページの先頭へ