ここから本文です

投稿コメント一覧 (1244コメント)

  • 2020/02/22 05:43

    1,902 -65(-3.30%)
    サンリオ<8136>が急落。同社子会社のサンリオエンターテインメントは21日、テーマパーク「サンリオピューロランド」と「サンリオキャラクター手間パークハーモニーランド」(大分県日出町)を22日から臨時休館すると発表した。
    新型肺炎の感染拡大を受け、来場者や従業員の安全に配慮したもよう。再開は3月13日を予定している。テーマパーク関連では、オリエンタルランド<4661>も下落している。同社は臨時休館などの発表を出してはいないが、新型肺炎による影響が今後も拭えないことから、売られている。

  • 2020/02/19 23:02

    1,047 +46(+4.60%)

  • 2020/02/18 00:47

    560 -20(-3.45%)
    まんだらけ <2652> [東証2] が2月14日大引け後(15:15)に決算を発表。20年9月期第1四半期(10-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比37.3%減の1.2億円に落ち込み、10-3月期(上期)計画の4億円に対する進捗率は31.4%にとどまり、5年平均の61.1%も下回った。
    直近3ヵ月の実績である10-12月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の8.9%→5.1%に大幅悪化した。

  • 2020/02/18 00:41

    1,938 -61(-3.05%) 年初来安値1,905(13:09)
    2020年4〜12月期の決算は、売上高が前年同期比3.4%減の約421億円。営業利益は同36.1%減の約24億円、純利益はほぼ半減の約15億円だった
    いずれも過去5年間で最悪の数字であり、5年前に比べると、営業利益はおよそ5分の1、純利益は6分の1の水準にまで落ち込んでいる
    同社は通期での業績予想を、売上高577億円(前年比2.4%減)、営業利益40億円(前年比16.4%減)、純利益23億円(同40.7%減)で据え置きとしたが、新型コロナウイルスの流行など不確定な要素も多く、2020年3月期以降の回復見通しは霧の中だ
    サンリオでいま何が起きているのか、まずは売上高や利益の内訳を見てみよう。
    国内については、物販事業(=店舗やオンラインでのキャラクターグッズ販売)の売上高が前年同期比3.9%伸び、営業利益も同70.3%増と大幅に増加。しかし、稼ぎ頭のライセンス事業(=国内のアパレルや雑貨などへのキャラクター使用許諾)の売上高が前年同期比6.6%減、営業利益は6.7%減と低調だった。
    一方、海外はもっとずっと厳しい状況で、売上高が前年同期比13.4%減、営業利益は同24.9%減と大幅に目減り。とくに、同社にとって最重要地域と言えるアジアでは、日韓関係の緊張や香港デモの影響もあって、売上高が13.4%減、営業利益が20.4%減。
    海外全体では、売上高で21億円、営業利益で12億円を失う結果となった
    このような事業の苦境に加え、本社経費と物流費の高止まりで販管費がふくれ上がり、全体としては冒頭に書いたような厳しい業績となっている。
    また、キャラクターのロイヤリティフィー(使用料)の売上高に占める比率が5年前(2015年4〜12月期)の45%から、2020年の33.4%へと減少していることも気がかりだ。
    同期間に入場者数を大きく伸ばして「V字回復」と話題になった「サンリオピューロランド」など、テーマパークの売り上げがおよそ6割増えた(50億円→80億円)ため、ロイヤリティの比率が多少減るのは仕方ない。
    しかし、海外の売上高がこの5年間でほぼ6割減るなど(4〜12月期ベースの比較)、本業であるキャラクタービジネスの弱体化はそれを上回るペースで進んでおり、このまま放置すれば会社の根本まで揺らぎかねない

  • 2,664 -43(-1.59%)
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券では6日付で、レーティング「オーバーウエート」(強気)を継続、目標株価は3010円から3100円に引き上げている。
    同証券では連結営業利益予想を上方修正、あわせて目標株価を3100円に引き上げるとしている。20年3月期192億円(前期比32.6%増、従来197億円、会社側計画は190億円)、21年3月期218億円(従来194億円)、22年3月期224億円(同198億円)と試算。また、(1)高配当利回り(2)北米金融サービスや精錬周辺事業の拡大(3)貴金属価格上昇恩恵――の3点から、従来の「ディフェンシブ性」に加え、「グロース性」をも見出せることから、「オーバーウエート」を継続するとしている。
    目標株価3100円は、21年3月期予想BPS2189.6円と妥当PBR1.42倍から算出されている。妥当PBR1.42倍は2009年3月期以降のPBR・修正ROEの相関関係から導かれている。
    7日の終値は、前日比105円高の2738円。

  • 2020/02/16 00:54

    2,827 -3(-0.11%)
    日本のガソリンスタンドが減少していると、WEB CARTOPが伝えた
    車の燃費性能が向上し、同じように使っている限り燃料消費が減ると筆者
    また世界的にエンジン車が減っていく流れにあり、減少傾向は続くとした

  • 16,280 +10(+0.06%)
    地金大手の田中貴金属工業は14日、金を1グラム当たり前日より21円高い6155円で販売した。同社の小売価格ではイラン・イスラム革命直後に付けた1980年1月22日以来約40年ぶりの高水準だった。新型コロナウイルスによる肺炎流行への危機感を反映した。
    金は株や債券と違って、そのもの自体に価値があるため戦争や経済危機が警戒されると「有事の安全資産」として投資資金の受け皿となる。
    今年1月8日に米国とイランの全面的な軍事衝突が不安視された際、同社の金価格は6149円に急上昇した。新型肺炎が経済活動に大きな障害になるとの不安から、金は一段と値上がりした。

  • 2020/02/14 22:51

    1,048 -40(-3.68%)
    日系中堅証券が2月14日、ラック<3857>のレーティングを中立(B)に据え置いた。一方、目標株価は1,500円から1,200円に引き下げた。因みに前日(2月13日)時点のレーティングコンセンサスは3(アナリスト数2人)で「中立」の水準、目標株価コンセンサスは1,275円(アナリスト数2人)となっている

  • 924 -86(-8.51%)
    ブックオフグループホールディングス <9278> が反落している。13日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、営業利益を18億円から14億円(前期比9.7%減)へ、純利益を12億円から9億円(同58.6%減)へ下方修正したことが嫌気されている。
    BOOKOFF国内直営店でCD・DVD・ゲームやブランドバッグ・時計・貴金属を中心に売り上げが想定を上回って推移したことで、売上高は830億円から840億円(同4.0%増)へ上方修正した。ただ、消費税増税や暖冬の影響により、第3四半期に入り粗利率の高い書籍、アパレルがそれぞれ低調に推移したことや、19年10月の台風の影響で半数以上の店舗が臨時休業となったことなどにより、利益面は減額したという。
    なお、第3四半期累計(19年4~12月)決算は、売上高623億800万円(前年同期比4.6%増)、営業利益8億2800万円(同36.1%減)、純利益5億5900万円(同40.8%減)だった

  • 2020/02/13 07:31

    29,551.42 +275.1(+0.94%)
    12日のニューヨーク株式相場は、新型肺炎の拡大をめぐる市場の懸念が後退する中、大幅反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前日比275.08ドル高の2万9551.42ドルと、4営業日ぶりに史上最高値を更新。ハイテク株中心のナスダック総合指数は87.02ポイント高の9725.96と、3日連続で最高値を塗り替えた。
     ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比9181万株増の9億6456万株。
     中国政府の12日の発表によると、新型コロナウイルスの新たな感染者は、湖北省で10日ぶりに2000人を割り込んだ。感染拡大のペースが鈍化傾向を示したことを受け、市場では中国の経済停滞による世界景気の下振れ懸念が後退。スポーツ用品のナイキや建機のキャタピラーなど、中国との取引が多い銘柄を中心に買いが入った。
     米大統領選の民主党候補指名争いで、11日に投開票されたニューハンプシャー州予備選はサンダース上院議員が勝利した。急進左派で「反ビジネス」色の強いサンダース氏との戦いになれば、現職で産業界寄りのトランプ大統領が有利との見方が広がり、投資家のリスク選好意欲が高まった。
     米連邦取引委員会(FTC)は11日、米IT大手5社に対し、過去の合併・買収(M&A)に関する調査を開始すると発表した。先行報道を受けて前日はハイテク株に売りが膨らんだが、この日は「各社の業績に大きな影響はない」(日系証券)との見方から、一転して買い戻しが入った。
     個別銘柄(暫定値)では、ユナイテッドヘルス・グループが4.4%高と急伸。ナイキは3.0%高、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは2.8%高、キャタピラーは2.5%高となった。一方、メルクは2.4%安、トラベラーズは1.2%安、ファイザーは0.9%安だった

  • 2020/02/12 22:35

    1,086 +41(+3.92%)

本文はここまでです このページの先頭へ