ここから本文です

投稿コメント一覧 (655コメント)

  • ユダヤ教の影響が大きいと思う。生まれた時からずっと宗教の影響を受けて暮らしてきたに違いないから、刷り込みのようなものを受けていて、成人後もずっと何かにつけてそれが蘇ってくるのだと思う。ヤハヴェの神というのも相当頑なで頑固だといえます。


    でも科学者としてはあっている部分が大きいとも思います。それになんといっても世界でただ一つのオリジナルな独創でもあるし、自分で捨てる方がおかしいともいえます。

  • 温暖化といっても程度問題で、時間の尺度では人の生涯で見て大きな変化があることが大事。宇宙空間で見たら、暗黒星雲も温暖化しているといえる。ここには水素ガスしかないので、水素原子にも温暖化効果はありそうだが、水素原子を温暖化ガスとは言わない。

    どうも長波長の光ほど、原子を励起させてから発行させるまでに時間がかかることが原因の一つらしい。温暖化ガスなどなくても少しは温まるようだ。二酸化炭素などになると、吸収から発光までに1000分の1秒ほどかかるものもあるので、多数の分子と衝突して、発光しないまま元に戻ってしまうものもあるという。このケースは温暖化の説明としてすごくわかりやすい。

    まあ、透明なガラスなどでも光速度は遅くなるが、ほぼ瞬間的に吸収と発光を繰り返しているのだろうね。


    それにつけてもあと一週間ほどでお終いか。

  • 体細胞のがん化には、「始発因子」(イニシエーター)と「促進因子(プロモーター)とが必要だが、放射線にはイニシエーターの役割はないらしい。

    近年先進国では滋養のあるものを積極的に摂取するようになったので、始発因子が出来なくなってきているのだと思う。だから願はどんどん少なくなってきている。そのうち、自殺や交通事故死よりも少なくなるかもしれない。

  • 痛み止めより睡眠薬というような話もあるようです。
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20318270U7A820C1000000?channel=DF260120166530&page=2


    「寝たら治る」というのは巷でもよく言われることですが、睡眠薬で寝たのでは、睡眠の質が落ちるから駄目なのではないかと思っていました。なぜ目覚めているときも効いているんでしょうかね。免疫力が上がるからでしょうか?

    もしかしたら睡眠薬(安定剤?)では薬価が低すぎてもうからないので、痛み止めを使うように指導しているのかもしれない。そんなこともないか。

  • よく、「日本人の半分がガンにかかる時代」なんて言われているが、実際のとこと日本でも年齢調整がん罹患率は毎年のように減少しているらしい。年齢調整がん死亡率なんかはもうとっくの昔から減ってきている。それなのにがん死亡率は増加している。先進国はほぼ総合的がん死亡率も罹患率も下がっているという。

    若者の10倍以上もがんにかかりやすい年寄りが多ければ、全体が大きく中央値からずれるのは、平均貯蓄額の計算なんかを見てもわかる。

  • ガンで死ぬ人の65%は後進国の人間で、先進国でガン死が増加しているのは日本だけなんだそうだ。下の人は、ガンは遺伝子の異常が蓄積して起こるもので、その中には放射線もあるとあげているが、同時に日本ではガンの放射線治療が少ないので治療効果も少ないとしている。但し実際には日本でも年齢調整がん死は減少している。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40436


    それでも日本は対人口比でみると恐ろしくガン死が多くて、胃がんなどは減ったといっても突出して多い。割合でいくと首位の中国より多い。北米は非常に少ない。まあ、アメリカなどは老人が少ないから少ないのだろうね。インドでは老人よりも中年層にガンが多いそうだ。老人が少なすぎるのだろう。

    劣化ウランなんかにしても放射線などあまりなくて、重金属の持つ化学的毒性が問題なのだろうね。放射線なんかよりもワクチンなんかの方がよっぽど危なそうだ。

  • 年齢調整がん死亡率を見ると、だんだん下行傾向にある。
    http://honkawa2.sakura.ne.jp/2158a.html

    がん死亡率だけみると急上昇しているとしかみえないけどね。
    http://honkawa2.sakura.ne.jp/2158.html


    発がん率そのものは毎年低下傾向にあるということか。

  • >>No. 18677

    生涯蓄積量が問題などとよく言われていますが、体細胞やDNAに故障が起こっても、修復してしまえばその時点でご破算でゼロになるはずなので、あくまでも統計的な話だと思いますよ。一人一人の人間には適用できないと思う。

    それより、ソ連の核実験って意外と少なかったんだね。ダントツだと思っていた。やはりいつか「希望の国」とバーナードショウが言っていただけのことはある。ソ連も内心平和を願っていたのかもしれない。

  • 衛星画像なんかに証拠がうつってないのかと思う。

  • >>No. 18675

    チェルノブイリ事故では、子供の甲状腺腫用の激増が話題になりましたが、これが果たして放射性ヨウ素による放射線被曝が原因かどうかよくわかっていないそうですね。事故以前の20倍から100倍という発病率の多さだから、直観的には事故による放射能が問題だと断定できそうなものですが、よく考えてみると、単によく検査したためだったとも解釈できます。その上、甲状腺疾患の治療のために医療機関では数万人に大量投与された時の追跡結果では対照群より発病率は低かったというデータもあって、これでは単なるうわさの類と見ることも出来そうです。まあ、厚生省なんかでは念のため危険としているようですが。一応危険とみておいた方がよさそうですが。近年あれこれの種類のがんが増えたというのも検査する側の気まぐれの影響かもしれない。こうしてみてみると、放射線ホルミシス効果を主張している人が数多いるのも頷ける。

    それから最近がんが増えているというのも、単に平均寿命が延びたからでしょうね。放射能の影響なら、放射線に弱い若年層にガンが増えそうなのに、現実には老人に圧倒的に多いのだから、放射能の影響はあっても軽微なものだと思います。

    地球自体の放射性物質も、過去にさかのぼるにつれて急速に増えているはずで、原水爆実験の多発時代よりも多かった時もそう太古の時代ではないと思いますが、例えば恐竜がガンになったケースなどはそれほどないらしい。植物のがんはウイルスが原因だともいわれている。

  • >>No. 19438

    そういえば、肉眼で観測しても、望遠鏡で観測しても、見ている体積は変わらないですね。宇宙ロケットもマラソンランナーも歩いている人も光速度で飛行しているのと似ている。

  • 量子の例外的なふるまい方はたいていドアをすり抜ける幽霊みたいなものにたとえられる。そうした例外的なふるまいはミクロの世界だけに現れるもので、マクロの世界には起こりえないものだと今でも信じられている。それぞれの原子の振る舞いを独立して起こるものとして、それらを掛け合わせれば限りなくゼロに近付く。しかし飛行機事故やムペンバ効果などといった身近な現象、天気予報などを見聞きしていると、かえってマクロの世界ではミクロの確率が増幅されて異常現象が起こるのではなかろうかといった気もしてくる。どうも10回に1回とか20回に1回は法則と逆のことが起こっているみたいだ。10回に1回というと多いようだが、世間的には十分無視される頻度だ。

    まあともかくいろいろあって世の中わからないものだ。

  • 韓国は国際的に決められた約束も守らないし、戦後いまだに財閥が闊歩しているし、ろくでもない国だね。韓国あかん国。

  • >>No. 18671

    あ、「さはらのとら」だったんだね。「しゃらはんとら」だと思っていました。眼が悪いもので。

  • >>No. 194

    あまり一瞬だとは思わないけどね。一時間で8000人くらいだと思う。

    まあ国家は今でも戦争やってるんだから、そちらの人殺しはなくなりそうもないが、いじめならなくせるかもしれない。

  • 今までがんになるのは確率の問題だと思っていたが、絶対がんにはならないという体質の人間がまず三分の一くらいはいるらしい。4分の1かも5分の1かもしれない。今現在では半分の人がガンにかかっている。

    https://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO005189/20150618-OYT8T50064.html

    前に安保徹の本で読んだが、アレルギー体質の人なんかはガンにはなりにくいそうだが、もしかしたら絶対ならないのかもしれない。自己免疫の過剰な人だ。膠原病患者なんかだ。どんな人でも運が悪ければがんになるものと思っていた。

  • だけど、ガリレーやニュートン以来これだけごにょごにょ調べていろいろな公式も出来たのに、ごく基本的なこともわからないのが不思議といえば不思議だ。

    昔ファインマンが「至高の公式」とか「最大のミラクル」とか何とかいった数式があるが、自然がああいう風に構成されているとしたら、スーパージェッターの時代になっても本当のところはわからないと思う。


    それで、この掲示板も間もなく終わりらしいね。千年後よりは限りなく最近に近い。人間の寿命も最近だけですね。こればかりはどうしようもないよ~!

  • 国家なんていうのは、戦争で人殺しをして、一方では医療機関で人を救っている。だからどっちが本当なのかわからないところで、大体嘘つきだろうと思う。

    今月の28日までらしいですね。予定はそうらしいです。

  • 風速62mだと、大体時速200キロと少しか。車のフロントガラスだったら何でもない。車のほうが頑丈にできているから、家にぶつかったりするとあぶないのか。

本文はここまでです このページの先頭へ