ここから本文です

投稿コメント一覧 (660コメント)

  • 仮想通貨そのものは、今後値上がりすることは間違いないんだよね。
    客の損金を利益にしている証券会社も、仮想通貨に関しては痛しかゆしと言ったところじゃないのかな。それほど利益は出ていないはず。
    むしろ客をカモにしているのはFXや株のほうでしょ。

  • エリオットはド素人なんだけど、それでも一言。
    1月3日のスパイクローで下降第1波の終わり。4月24日の高値で調整2波の終わり、現在は下降第3波が始まったとこ、って感じじゃないのかな?
    違ったら後免。添削、ご指導したけりゃしてください。

  • ドル円が1月3日の2番底をつけに来るのかどうか?非常に興味深いとこですが、残念ながらクロス円のショートは先週すでに決済してしまいました。

    ドル円やユーロ円のボジションを持ってから気が付くんですが「なんでポン円に注意しなかったのか」ってことです。ポン円なら早かったのに、といつも後悔してしまいます。
    トレード技術に関して言うなら、2,3年前よりは飛躍的にうまくなっていますが、それでも注意力不足がなおりません。

    こまったもんですね。

  • >>No. 1557

    いや、憲法上の「権利」とは、あくまで「生得的な権利」のことですから、それなら年金を納付してもしなくても、生活保護の対象にはなります。また、年金受給額が生活保護受給額額に及ばず、それ以外収入がないのなら、不足分は生活保護対象ですよ。
    これ、なかなか誰も指摘しない事実ですけど、最大の問題は、今の年金受給者と納付者の間に著しい断裂があるってことですよね。賦課方式の現在の制度では、納付者が見ず知らずの年寄りを養うことを強要されているわけです。その年寄りたちが「もっと年金よこせ」と言ったら、そりゃ納付者は怒りますよ。今の納付者は受給者ほどには優遇されないんですから、気持ちはよくわかりますよね。
    例の2000万円問題ですけど、野党はまたぞろ空騒ぎを始めてますが、反面、納付者からの苦々しい視線を浴びているということを自覚するべきでしょう。

  • >>No. 15777

    「俺を教育して社畜にしてくれない会社は人間疎外だぁあ」って、頭は大丈夫かね?

    笑い。

  • 何を言っているのか?どうも私に言っているのかとも思うんだが、勝手に書かせてもらう。

    ブラック企業がなぜブラックだったのか?と言えば、逃げ出せないからだ。他に雇用先がないから「どうせ逃げられまい」と会社はタカをくくってブラックのままでいられたのだ。じじつアベノミクスによって十分かどうかはともかく、雇用需給が回復するとたちまちのうちにブラック企業は壊滅した。

    このことから分かるように疎外の本質は、再雇用市場があるか?逃げ出すことが出来るかどうかなのだ。

    しかし、それなら再雇用市場が未発達にならざるを得ない終身雇用制度の方が疎外は激しかったに決まっているではないか。
    疎外を論じながら終身雇用制度を追慕するってのはバカがやることだ。

  • >>No. 15682

    なるほど、国家の財政とはなにか?全く頭の整理がついていないんだ。

    >親がアリさんなら感謝するけど、キリギリスさんなら恨むね。

    そんな子供みたいな話はしてませんよ。莫大な国債を遺産として受け取ったら、私なら親に感謝します。財産を残してくれたからです。
    国家の財政ってそういう風に考えないと正しく把握できないんだよ。君のはたんなる家計簿でしょ?

    それじゃだめです。

  • >>No. 15652

    いわゆるマザコンやオタクと言われる人には口唇膠着を抱えている人が多いんです。

  • >>No. 26753

    >反動だろうが安倍、福田、麻生政権下で下降線を辿ったGDPが民主政権に成った2010年から上昇に展示てるのでそれは評価に値する現象です。

    反動でも構わない。俺は民主党を評価するというのならどうぞご自由に。
    ただ、反動だけど評価すると、きちんと言っていただきたい。どっかのオッサンみたいに嘘八百をまき散らすのはやめていただきたいんだよ。嘘は世の中を悪くするだけだからです。
    オッサンと違って私は嘘は嫌いなんだよ。

  • 2015/02/01 01:06

    >>No. 26752

    http://ecodb.net/country/US/imf_gdp.html

    誇張じゃありません。本当のことです。リーマンショックの影響でアメリカのGDPが本格的に減退したのが9年。回復したのは11年。減退期はわずか2年です。見りゃ分かるでしょ。しかもその後もアメリカは成長を続けています。もちろん原因は量的金融緩和のおかげです。

  • >>No. 26748

    >具体的なGDP 5%Upと言う様な事柄へは評価しないと言う。

    だからすでに説明していますよ。00年のGDP増は先進諸国で軒並み起こった現象です。考えられる理由は反動増。つまり自然増加です。民主党政権と何の関係もありません。

    事実を分析するオツムがないのなら、それも愚民でしょ。

  • アメリカの経済政策が高い実績を上げたという事実を認めるとなんでアメポチになるのかね?
    事実を事実として認識しないで、ゆがめて認識することが反米なのか?

    それじゃ鬼畜米英とおんなじだ。愚民だね。

  • >>No. 26737

    >そう言う見かたでアメリカは評価するのかな?

    アメリカは量的金融緩和でリーマンショックからわずか2年でショック以前まで回復させたんだから、そりゃ評価せざるを得ないだろ。

  • テロと言えば思い出されるのは啄木の「悲しき玩具」かなぁ。

    なんにしてもテロと犯罪の違いって、本人の政治的意図の有無とか、事件の動機によるとしか言いようがないし、起こった事実としては区別できないよね。例えば、どう見ても自分の欲得がらみで引き起こした事件を、民族闘争に仕立て上げた金嬉老はテロリストなのか?それとも犯罪者なのか?日本人からすれば犯罪者だが、韓国人からみればたとえ一時的にせよテロリストで先生だったわけだろ。
    その後、金嬉老は韓国でも犯罪者扱いされることになったが、ようするにその後の彼の不品行によって事件の動機が疑われたからこそそうなったのだ。

    テロと犯罪の違いは、やはり動機の違いでしかないよね。

  • >>No. 26507

    >自分は民主党支持じゃないけど 民主党は、リーマンショックでマイナス5%から次の年にはプラス1%にまでGDPを押し上げて 政権担当の3年間でGDPは5%にまで上げたんだよ。現政権は2年でマイナス1.5%じゃなかったかぁ?本当に現政権のアベノミクスで解決すると思っているの?目出度いお方やねぇ。

    政権の評価としてそういう見方は全く正しくない。それこそお目出度いオッサンだ。
    10年のGDP増は反動による自然増であって、このことはほとんどの先進諸国で同様にGDP増が起こっていることからも分かる。だからこれをもって民主党政権と自民党政権を比較するのは間違い。

    当時の民主党政権と比較するべきなのは、01年にV字回復したアメリカだろう。V字回復どころかその端緒にすらたどり着けなかった民主党は、少なくともアメリカの、それもブッシュ政権よりもはるかに無能だったのだ。
    それは間違いない”事実”だ。

    このことといい、ピケティといい、どうもこのッサンは事実認識に関する視点がゆがんでいるんだよね。
    もっとまっすぐに公正に物事を見るように注意しなさい。

  • >>No. 26538

    >然しフランス革命がルソーの革命だと言うのは更に陳腐な意見だと思います。

    ですから、なぜ陳腐なのかをきちんと説明しなければならないでしょ。

    できますか?出来ないのなら、謝ってください。

    私は卑怯未練は大嫌いなんです。

  • >>No. 26428

    >テロの語源はルソーの死後に起きたフランス革命で出来たのでルソーにはテロと言う概念すら有りませんから全く陳腐な引用と言わざる得ません。

    フランス革命はまさにルソーの革命だったんだけどね。
    陳腐ねぇ。ルソーを陳腐と言いたいのなら、まず彼の本をキチンと読んで理解し、かつ検討できるようになってからでしょう。

    君はまだそんなこと言う資格がないんだよ。

  • >>No. 26504

    ピケティの不等式、「資本利益率(r)> 成長率 (g)」なんですが、だからと言ってピケティが言っているのは決して(g)を停滞させることではないんですよ。彼は経済成長論者であり、強硬な量的金融緩和論者です。経済成長の上で再分配せよというのが彼の主張すするところです。とうぜんアベノミクスにも大賛成だしデフレ容認論者でも無成長社会論者でもありません。

    アベノミクスのもたらす景気浮揚を真っ向から否定し、はてはハイパーインフレやスタグフレーションなんて妄想喚き散らしていたオッサンが、なんでピケティに納得できるのかね?
    出来ちゃおかしいだろ。

    まずは妄想を喚き散らした反省と謝罪から始めるべきです。
    それが人の道ってもんだよ。オッサン。

  • >>No. 26376

    >それは論外です。
    その理屈ではスピード違反もテロ行為に成ってしまいますので、秩序を破壊する目的が何かと言う事がテロで有るか一般犯罪で有るかの違いなんですよ。

    いや、しかしルソーは、犯罪とは国家に対して戦争を仕掛けることだと言っていますよね。犯罪と戦争は通底していると、彼はそう言っているんです。
    彼のこの発言は一般には比喩と看做されているんですけど、私は額面通り受け止めています。
    ルソーの発言を逆から見ると、秩序とは戦争のためにあるということにりますし、確かにそういう考え方もあり得る。いや、どうもそっちの方が正しいのではないかと、私はそう考えているんですよ。

    具体的に言うと、秩序を最も切実に必要としている団体と言えば軍隊でしょ。つまり軍隊の秩序とは、より合理的に戦うための武器として存在しているわけです。秩序抜きに軍隊は戦えません。ですから軍隊において秩序を乱す行動は利敵行為です。つまり秩序を乱す人間は敵と同じなんですよ。
    同じことは国家についても言えるだろうと私はそう考えています。

    そのように考えると犯罪とテロに本質的な違いなどあるのか?実際よく分からないんですよ。あえて言えば規模と政治的意図の有無くらいのもんでしょう。

  • >>No. 26367

    >地下鉄サリン事件で社会秩序が破壊されたと言う事は無いでしょう。
    社会構造や制度が壊れたと言う事も無いし、人間の行動に変革が起きたと言う事実も有りません。
    一体社会秩序とは何を指して言ってるのか全く可笑しな理屈だ。

    いや、すべての犯罪が秩序解体運動であることは確かなんだよ。

    信号があるでしょ。君はなぜ信号を守るんですか?なぜ赤信号で停車するんですか?青信号になったら安全に横断できると信じているからでしょ。君が青信号で安全に横断するためには、横行する車も赤信号になれば止まってくれるという前提があるからそう信じられるわけだよね。もちろんみんなもそう考えているから赤信号で止まるんだよ。

    つまり秩序っていうのは他人の秩序なんだよね。他人がルールを守ってくれるという期待が自分にルールを守らせているわけ。

    仮に100台に一台が信号を無視して突っ走る交差点があったとしたら、信号は役に立ちますか?たちませんよね。信号に従っていると100分の1の確率で重大事故に遭遇するなんていう交差点では信号なんかに従っていたらかえって危ないからです。
    つまり信号無視は秩序解体運動なんですね。

    ただ、私は日本人の犯罪発生率の低下は、ちょっと不気味だと思いますけどね。

本文はここまでです このページの先頭へ