ここから本文です

投稿コメント一覧 (11980コメント)

  • >>No. 25523

    >今では、渡来人の渡来時期は1世紀以上早まってきている。


     渡来人というのは、特定氏族を指すのではないのですよ。史料的に確認できないほど古い時代から江戸時代まで、「渡来人」は絶えず日本に来ている。しかし、比較的新しい渡来人でも、すぐに大陸独自の文化を捨て、日本に同化して、日本人と区別がつかなくなってしまった。
     それだけ、日本人の消化能力がすごいということだが。

  • >>No. 18964

     カルロスゴーンは、ルノー、日産、三菱という巨大企業のトップだ。それほどの地位にあるカルロスゴーンが、数十億円の金で逮捕された。しかしその程度の額は、共産党幹部連中の汚職の金額としては珍しくもない。中共では、カルロスゴーンよりずっと小物の共産党幹部が、カルロスゴーンと同等かそれ以上の金を着服している。

    
 おいおい君が「このシミッタレた国民性はなんだろう。(笑)」と言ったのは、日本に対する罵声である。ただそれは、おいおい君の正直な感想でもあろう。ただそんなおいおい君の感覚は、まともでないんだよ。


     もちろんおいおい君は、そんな金には手が届かない。しかし共産党の幹部は、10億円単位の金を着服している。そんなのを日常茶飯事で見ているおいおい君にとって、億という金が当たり前になっている。

  • >>No. 25527

     日本が、国史(日本書紀、古事記)や律令を導入した時、渡来系の氏族を重用した。しかし、彼らは唐に留学し、そこで勉学をして、帰朝してから仕事をした。
     つまり渡来系を自称しているくせに、大陸系の学問も情報も何も知らなかったことになる。彼らの家には、大陸時代の情報が何も伝わっていなかったのかな?だから留学してこれらを学ぶ必要があった。
     だから本当に渡来系なのかどうか、実は怪しい。

  • >>No. 25527

    >秦氏は秦の始皇帝の子孫を自称していて、そうだとすれば戎族・羌族系でしょう。ただ、本当だかわからないね。韓国の氏族らしいことを読んだ。

     この秦氏さえ本当に渡来系かどうかは不明。
     秦氏の氏神の一つ、松尾大社の祭神は、大山咋神と中津島姫命。どこにも渡来臭がしない。秦氏が大陸からの避難民を傘下に収めて、家人や家宰として使っただけかもね。

  • >>No. 25523

    >渡来系だということは確かでしょ。建築などに非日本的要素が色濃いし。今では、渡来人の渡来時期は1世紀以上早まってきている。



     明治時代になって、西洋建築が多数造られた。そのごく初期は御雇外国人(つまり渡来人)が造った。
     しかし明治中期以降は日本人技術者が一人前になって、ほとんとは日本人の手で造られた。
     つまり「建築などに非日本的要素が色濃い」にしても、それを本当の大陸人が作ったかどうかはわからない。もちろん本当の渡来人はいたはずだが、彼らでさえ、平安時代後期にはほとんど渡来系を称しなくなった。
     日本において、あまり渡来系を称しても、メリットがないんだろうな。

  • >>No. 18959

     おいおい君がカルロスゴーンを擁護するのは、ゴーンを持ち上げることで、日本をディスることができると思ったからだ。そして、今やカルロスゴーンは、おいおい君にとって同志になったと妄想している。

    
 おいおい君のカルロスゴーン擁護発言の内容は、かなり幼稚だ。
    
 おいおい君は、「ゴーン クラスのCEO なら、年収30億は当たり前で、ニッサンが彼に支払った金額は、実質的にフィアットやフォードのCEO と同等になる、しかし日本の株主には何故か容認されない。だから、隠したのだ。」と言った。
 日本人が非常識なほどケチだと、おいおい君は言っている。しかし、カルロスゴーンに対して、フランスのルノーの支払う報酬でさえ10億円程度だ。これまで発表されてきた日産からの報酬7億3千万円は、常識的な金額だ。

  • >>No. 25521

     ともかく平安時代には、機内の豪族の三分の一が渡来系(自称)だった。しかし、これらの豪族の屋敷その他の遺構をみても、まったく大陸系の要素が無い。

  • >>No. 25520

     室町時代の大大名大内氏は周防の国人上がりだが、その先祖は百済の聖明王と自称している。
    
 もちろん真偽は不明。日本人の出自の自称は、あてにはならない。新撰姓氏録が作られた平安時代には、千家以上の渡来人の末裔がいた。それが鎌倉、室町となり、ほとんど源平藤橘になっていく。
    
 しかし大内氏は大陸貿易で財をなした家である。大陸貿易をするにあたって、百済王族の末裔というのは何かと便利だったのかもね。

  • >>No. 25511

     日本の渡来人は、何故か自称なんだよね。渡来系氏族の豪族の屋敷を発掘しても、何故か純和風のもの。大陸系の要素が無い。つまり彼らは、様々な形で大陸と交流があり、大陸知識を身につけ、渡来系を装っただけかもね。

  • >>No. 18959

    >ゴーンが居なくなったら、日産は又負債地獄に戻ります。
    >年収30億円でも、世界の常識なのを知らないのだね、ゴーンは年収30億円見当で仕事をしていたが、日産の経理じゃぁ、高額すぎて非常識。で、結果的に減額表示にしたんだよ。



     ゴーンは、就職先を間違えたな。
     中共では、カルロスゴーンの足元にも及ばない小物の共産党幹部でさえ、カルロスゴーンをはるかに超える汚職で大金を着服している。ゴーンは、中共を喰い物にしたら、もっと大金を掴めたのにね。

    「12年11月以降反腐敗運動で失脚した高級幹部の中に、収賄金額が1億元(約17億円)に上った省部級の幹部は12人いた。中国当局最高指導部の中央政治局常務委員だった周永康と軍制服組元トップの郭伯雄は、収賄・横領で不正蓄財した金額はそれぞれ1000億元(約1兆7000億円)以上と言われている。しかし、当局は具体的な金額を発表していない。当局が、公表すれば国民から強い反発を招き、共産党政権を揺るがしかねない事態に発展するのを恐れているとみられる。」(大紀元 2018年10月11日)

  • >>No. 18945

    >で、共産思想の「敵」はなんですか?よく考えてみましょう。


     国家のあり方としては、共産主義国家に敵対するのが民主主義国家だろう。
     「民意、野党、自由な発言が自由主義の弊害。それらに対応する対策をしようとして、自由主義の過ちを犯さない様にするのか社会主義」という言葉がよく示している。

     民意、野党、自由な発言こそ、民主主義を支えるものだから。民主主義って面倒臭いけれど、民意の反映です。その間に失われた命は貴重なモノで取り返しは付きませんが、民意を反映している事に変わりは無いでしょう。



    >アンタはどう言う常識の持ち主だい?新聞が民意に従う必要が何処にある(呆)


     新華社、人民日報などは、世界の常識的なマスコミではない。民意も無関係。共産党の宣伝機関だ。

  • >>No. 25477

    >しっかし、このアンダマン酋長親子、よく日本人に化けたもんだなァ。笑


     追い詰められた側の必死さが、微笑みを誘うね。w
     北朝鮮の金一族は、戦後のどさくさに作った王家のまがい物だ。世襲にこだわることは、世界の王家の真似をしている。もっとも、エギリスやオランダや日本のようなスマートな立憲君主制とはいかない。古代の王家の猿真似にとどまっている。
     王権には権威と財産が付属する。それを巡って、お家騒動が起きている。金正男暗殺事件は、時代劇のお家騒動だと解釈すればよくわかる。これも古代の王家の猿真似だ。

  • >>No. 25480

    >君たちの自尊心を健全に回復し「日本をトリモロス」のに天皇など要らん!


     中共では、共産党という新貴族が80年ほど前に勃興し、過去の歴史を清算した。だから王家が全部、世襲であることが理解できない。できない上に、異常に憎悪し、執拗に罵倒する。
     ただ世界の先進国は、立憲君主国であり、世襲の君主をいただき、かつ議会制民主主義の国家である。君主国と共産主義国との抗争の勝敗はすでについている。
     それがわかってるから、余計に連中はいきり立っている。w

     「政体は立憲君主制とする。王権は、1953年3月27日の王位継承法の規定に従い、男子または女子によって世襲される」(デンマーク王国憲法第2条)
     「王位は、オラニエ = ナッサウ公ウィレム 1 世の嫡出の子孫による世襲とする。」(オランダ憲法第24条)

  • >>No. 25480

     日本における天皇の特別な地位は、現在の地球上にある他の王国でも当たり前にあることです。イギリス、オランダ、ルクセンブルグ、スウェーデン、デンマークなどはヨーロッパに残る王国です。
     いずれも立憲君主国であり、高度に発達した議会制民主主義の国です。日本となんら変わりません。王への尊崇を悪とするのは、共産主義国家ですが。王国は残っても、共産主義国家は現在ほとんど消滅していますよね。どちらが支持されているか、すでに答えが出ています。

  • >>No. 25480

     天皇制維持への批判は、いかにも幼稚ですね。だって、アジアでは、立憲君主制ではない中共がもっとも野蛮でしょ。オランダは、憲法で王家の特別的地位を明記している。
    「第 24 条  王位は、オラニエ = ナッサウ公ウィレム 1 世の嫡出の子孫による世襲とする。…」
 でもオランダ人を野蛮だという人間はいませんからね。

  • >>No. 18929

    >中国が侵略してくる訳がありません。…仮に、中国が侵略してくるとすれば目的は何ですか?トヨタですか?(笑)
    中国が日本を攻める「大義」は何ですか?ありえない話です。


     中共が他国を侵略する「大義」なんて、存在しない。ただの国家的欲求を満たすだけ。
     尖閣諸島については、そのGHQ時代にアメリカによって統治されている沖縄に含まれている。そしてサンフランシスコ講和条約において、そのアメリカが引き続き統治することが決定している。そして尖閣諸島を含めた沖縄は、そのアメリカから合法的に返還されている。


     第一、GHQ時代もその後も、中共は一度として尖閣諸島の領土要求をしていない。返還を前に、国連と日本による資源調査の結果を知って、にわかに領土要求を持ち出した。もちろん、法的に何ら正当性はない。

    
 南沙諸島や西沙諸島のように、中共による武力侵攻を受けていないだけマシだが。いつベトナムやフィリピンと同じ被害を被るか。

     現行憲法でも、自衛権は否定されていない。そして他国から侵略を受けている東南アジア諸国と連携して平和共存を図ることは、何ら憲法に反しない。

  • >>No. 25484

     韓国の主張は、歴史的に竹島が韓国に含まれていたことと、戦後に連合軍総司令部のいつくかの措置が竹島を韓国のものだと認識していた上でというもの。もちろん、戦後の部分については、連合国総司令部が否定している。そして歴史的な部分については、韓国は未だに何の証拠も提出できていない。

     相変わらず、「竹島が韓国のもの」と念仏のように、同じ言葉を呟くだけ。w
     
     根拠が示せないと焦り、話題を際限なく広げ、論点を不明にして逃走を目論んだ。相変わらず、姑息なペテン師だ。w

  • >>No. 25484

     ポツダム宣言においても、日本は四島及び付属の島は確保されている。戦前から島根県に属していた竹島は、ここに含まれる。
     韓国が反対していた和平条約草案は、承認され調印された。もちろん、連合国と見做されていない韓国は、その当事者ではない。サンフランシスコ和平条約締結後、平和的な話し合いで竹島占領は無理となったのち、韓国が武力侵攻に踏み切った。その後も、幾度となく日本側から国際司法裁判所での訴訟を提案したが、韓国は逃げ回っている。

  • >>No. 25484

     朝鮮を放棄したが、竹島はもともと島根県に属している。つまり、日本列島に属する島であって、ポツダム宣言でも放棄の対象ではない。
     連合国と日本との和平条約に関して、韓国は事前に和平条約草案をアメリカから知らされた。韓国ではこの草案に対して改定を要求し続けた。それは対馬領有を認めよというもので、これは全く相手にされなかった。この時点では、韓国は竹島について、なんの要求もしていない。

  • >>No. 25484

     領土問題について、李承晩は執拗にアメリカに要求したが、アメリカはきっぱりと断った。1951年7月19日、韓国は対馬の領有を要求した和平条約案を取り下げ、かわりに竹島の領有を持ち出した。
    
 これに対してダレス国務長官顧問は、即日韓国に対して歴史的な根拠の提示を要求し、またアメリカでも独自調査を開始した。しかし、韓国からの回答はなく、アメリカの調査でもその証拠はなかった。そこで8月10日、アメリカは、竹島が日本領であると韓国に通告するに至った。

本文はここまでです このページの先頭へ