ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • 買付価格3100円の創通の株価は11/6に3325円まで上がりましたね。
    現在は3105円。買付者のバンダイの決算発表は11/7でしたがこれから何か動きはあるのでしょうか。
    創通の動向が参考になるかわかりませんが、私は様子見です。11/18の週には何か動きがあるといいですね。

  • 公開買付説明書によると、540円は市場価格を基準にして評価を行う「市場株価法」のレンジではなく、将来のフリーキャッシュフローを算定して評価する「DCF法」に基づいてものです。野村は上限667円、SMBCは上限727円です。
    将来株価がいくらになるか、誰にもわかりませんが、DCF法を採用していることから、ある程度将来性を現状より高く評価していることがわかります。
    今回のTOBは恐らく成立すると思いますが、過去のTOB事例から、買付予定数の進捗によっては上限近くまで買取価格が変動することは考えられます。塩野義もそれを織り込み済みで540円を設定しているでしょう。
    それにしても、SMBCより野村は低く評価しているのが気に入らないですね。
    540は野村の市場株価法のレンジの中心値です。

  • 競合製品がたくさん出てくることは歓迎すべきだと思います。まだマーケット自体が小さいです。消費者の選択肢が多い状態が出来て、マーケットが大きくなってからが本番です。そこで一番のシェアを取れれば、ソースの株価も安泰です。国内に関しては、まずはオリンピック、次に万博に向けてマーケットが大きくなることを期待します。新規参入は大歓迎ですね。ソース頑張れ。

  • 今日の株主総会で、何かサプライズはあったのでしょうか?
    どなたかご存知ないでしょうか?
    明日の大幅上昇を期待しています。

  • 塩野義がここを共済した理由はHPや論文を見ればわかると思いますので、本当なら大人気株になっても不思議ではないと思いますよ。
    次世代ワクチンの技術を利用して何か考えているのでしょうね。
    今から仕込んでいるあなたは大正解です。

本文はここまでです このページの先頭へ