ここから本文です

投稿コメント一覧 (32224コメント)

  • このスレッドで「1件目を表示」とすると2000年8月24日 08:10と出ます。

    その前から私はタイヤのトピックやオイル交換のトピック、あちこち除いては書き込んでいましたが、自分が好きな話題で好きな様にやり取りしたいと、この2つをほぼ同時に立ち上げました。

    当時、Osekkai4649というハンドルネームの方に立ち上げ方を教わってスタートしたと思います。工具のスレッドと合わせて、この2つの場所でテーマに関わらずいろんな方といろんなお話が出来ました。

    単純に考えても20年近くですね。良く続いたものです。書き込んで下さった皆様のおかげです。そして運営するYahooが止めると言っても不思議ではない程、時代が変わっているでしょうし、駅の伝言板と同じように当初の目的は達成されてもはや重要度が下がっているのが事実でしょう。

    それにしても、長く続けることが出来ました。いろんな方が書き込んでくださいました。ありがとうございました。

    こちらにも多くの方が書き込んでくださいました。近年ではチョコさんとradioさん、ssyuyu61さん、一杯書き込んで下さいまして有難うございます。

    以前頻繁にお越しいただいたhasshan_RSさん、sunnyday110さん、S3043061さん、・・・お元気かな。まだ当時のお車で楽しんでらっしゃるかしら。

    出会う事はありませんでしたが、それ以上にいろんな思い出が作れました。本当に長い間色々書き込んで下さった多くの方々に心より厚く御礼申し上げます。

    有難うございました。皆さま、これからもカーライフを存分にお楽しみください。お元気で、さようなら。

  • このスレッドで「1件目を表示」とすると2012年11月1日 00:00の投稿と出ます。

    旧車のスレッドで同じことをすると2000年8月24日 08:10と出ます。

    この2つの前から私はタイヤのトピックやオイル交換のトピック、あちこち除いては書き込んでいましたが、自分が好きな話題で好きな様にやり取りしたいと、この2つを立ち上げました。

    当時、Osekkai4649というハンドルネームの方に立ち上げ方を教わってスタートしたと思います。ほぼ同時に立ち上げたので、恐らく2000年8月24日 08:10の方が正しくて、2012年11月1日 00:00はYahooの都合で何処かのタイミングでリセットされたのかなと思います。

    ただ、2000年8月24日 08:10も、もっと前かもしれません。全く覚えていないので。

    それにしても、長く続けることが出来ました。いろんな方が書き込んでくださいました。ありがとうございました。

    先のOsekkai4649さんだけではなく、Pokiさん、heartmaxさん、今頃どうされていらっしゃるかな、という方を思い出します。

    本当に長い間お世話になりました。ありがとうございました。

    これからもお互いのカーライフを存分に楽しみましょう。それでは、さようなら!!

  • >>No. 68160

    瞬間燃費と平均燃費の表示の場合、前者は経緯に関係ありませんが、後者は累積ですからおっしゃる通りでしょう。

    HONDAのLIFE JB5と言う車で修理依頼があり、置いて帰ってもらいました。修理を終えて取りに来るのを待てども、一向に来ない。代車に貸した車が余程気に入ったのか(笑)、連絡をしても時間が無くて中々行けないと・・・。

    来る時は必死できたんでしょうけどね。

    で、丁度家で動かなくなったと言う車のレスキューに行く用事があり、乗って行ってあげましょうと、代車のキーは奥さんにでも預けておいてくださいという事でしばらく走って納車。そして自分の車に乗り換えてレスキューに行き、全部終えて倉庫に戻ると、JB5のオーナーからお礼の電話が。

    燃費が良くなっていると。



    納車したばかりでそれがすぐわかるのか?そう言えば燃費の表示が出ていたなあ、と思ったんですが、彼の話を色々と聞いていると、その平均燃費の表示が私が納車した際には17㎞程の表示になっていたそうです。彼は10から12㎞しか見たことが無くて、この車はこう言う燃費なんだと諦めていたと言います。

    これを考えますと、短期間でリカバリーできているので極端に古いデータは圧縮されて、新しいデータを更新しながらそっちに比重を掛けるような計算式になっているんではないかと思うのと、今までどんな乗り方をしてたんだ?と思ったのが印象的でした。

    私は勿論無茶な走りをしていませんが、エコランしたわけでもないです。17㎞と12Kmの差が出る、というのはどう違えば、どう走れば、そうなるのか少し興味がありますね。

    あくまでもあの表示が正しいのなら、ですが。

  • >>No. 44663

    ボディーはそもそもGNDになっていますから、それをさらに設置してもそこの抵抗分が変わるだけで大差はないと思います。

    走行中の空気との摩擦でボディー表面が静電気を発生しても、多くは流れてしまって帯電状態にはならないでしょう。

    放電による感電は、人間の方に原因がありますからね。

    電位を掛けるのもイオン化傾向とかを用いて説明し、さも効果ありと言っているようですが、洗車、掃除をする方が余程効果的でしょう。

    燃料系にバンテージを巻いて、それから電磁波が出る、磁力が何かを起こす、そんなことが有るならメーカーが、レーシングチームが先にやって標準化されています。アーシングでさえ何らかの効果は期待できるだろうけれど、それが明確に実感できるほどのものではない、つまりやっても悪くはないですよ、程度のものだと思うべきでしょうね。

  • >>No. 44662

    私はいろんな方が持ち込む車を見てますが、外は何やらコーティングしてピカピカ、でも室内はものだらけとか、室内も適度に奇麗でもトランクの中は物を積んだままとか、まあエンジンルームに手を入れてその時に少しは洗おうとか、拭いて置こうかなんてことをしている車となると極端に少ないですね。

    オイル交換とかエアクリーナー、ATFだの何かしらの整備をしましたというシールは貼って有ったりしますが、一体この車のボンネットって前回はいつ開けたんだ?というほど埃まみれというのさえあります。

    オイル交換する業者も、それをするだけじゃ無しに、せめて周辺は拭いてあげなさいよ、とも思うんですが余計なことをして帰って叱られたりトラブルを嫌がっているのか、或いは時間の無駄と割り切っているのか。

    まあ、少なくともオーナーが何もしていない車だというのは見ればわかります。扱いは同じにしているつもりでも気持ちの上で違いは有るでしょうね。よくあるガソリンスタンドのお話になると、こう言う車こそは鴨ネギでしょう。

    整備をする前にこうしたエンジンルームとかの掃除をしちゃうことが有ります。そうすると濡れた部分を乾かすまで作業出来なかったり、逆に修理よりも掃除の方が長く掛かったりしますが、汚いのは許せないんですよね。

    簡単に外せる部品は外したりずらしたりしながらあちこちウエスで拭きまくり、パークリを掛けて汚れを落としたりします。

    Bafore and Afterを写真で撮って見せたりしますが、わあ奇麗になった!程度で、そうするための努力、手間は余り察していない様です。まあ、自己満足の世界ですからそれでよいと割り切っていますが。

    下回りの汚れ、あちこちの擦り傷やぶつけた後、凹み、タイヤ、いろんな部分を見ると運転のスタイルも見えてきます。車は所有者の性格の一面を表すものでもありますね。

  • >>No. 44659

    私も冬場に降りる時には、まずストライカーを触ったまま降ります。

    途中で触ったり、降りてから触るとバチッと来ますが、これは静電気が発生してという事ではありません。帯電しているという事です。

    ストライカーや金属部分を触りながら降りれば、静電気は同様に発生しても、次々にGNDに流れて帯電しません。

    帯電しないという事はGNDに対して電位差を持っていないわけですから、当然バチッと来ません。

    物理の簡単な話、いや理科の実験レベルかな。ストライカーはすぐそこにあるので慣れれば不自然な動作になりませんし。どうしてもそれでは降りにくい、という方は椅子のボルトにワイヤーを固定しておいて、その端に何かマスコットの様なものでも付けておけば、それを握りながら降りて、ドアを閉める前に車内に放り投げておけば良いのです。

    車体のどこかに触りながらというのが、慣れてしまえば一番楽では有るんですが。

  • >>No. 44658

    カバーをするなら2揃え買って、交互に使ってクリーニングすべきですね。

    自宅の部屋と違って車は外を走っていますから、汚れ方は自室以上です。より頻繁に掃除をしないといけません。

    なのに、皆さんは外から見える部分を磨いてばかりでいらっしゃる。

    室内とエンジンルームを、下回りこそ、そう言った部分にどこまで神経を使っているのか、これが本当に大事だと思うのですけどね。

  • >>No. 68155

    本当に私も感謝です。

    自分では気が付かない色んな話題をここでやり取り出来ました。

    「へぇ~っ」という事は一杯。時に目から鱗でした。

    もう直ぐ無くなってしまいますね。明日の朝が最後の書き込みかな。

    本当に皆さん、お世話になりました。

  • >>No. 68154

    う~む、5千万円以上が2%というのはおかしいですね。きっと節税、脱税で本当の収入を隠しているんでしょう。

    300万円いかが50%もいるとなると、最低賃金とか生活保護とかが切実な問題になるのでは。どうもバランスよく全体を見渡せるような数字には思えないのですが、集計の背景というか条件が知りたいですね。

    さて、今Mercedesを買えない人などいない、買わない人が買っていないだけだと、好き嫌いの或いはお金を何に掛けるか、どこに掛けるかの考え方の違いと書いてきましたが、今もその考えは変わりません。

    身の回りに乗る人がいないという事は、その周辺が皆同様のお考え、清貧を尊び、贅沢を嫌う、周囲に配慮するそう言ったことの徹底された地域ではなかろうかと思うのです。

    Mercedesは昔ほど遠い存在ではなくなりました。これは事実です。排気ガス規制やら、環境問題で小型車を作って平均値を改善しないとメーカーとしていけないという事で、AとかBとか何だかわからないけどバッチが付いているなあ、という車種が増えていますし、Sでも格安のグレードは有ります。私が考えるに、昔の威厳を持っているのはもはやAMGかMaybachでもなければ、もはや普通の車と何も差がない車になっていると思います。

    そう特別視する必要はないと思いますよ。若い奥様も、娘さんも、御隠居されたおじいさまも、都内でも市内でも一杯見かけます。特に日本では売れている輸入車の一つでもありますし。

  • >>No. 44656

    座布団、クッションはよく見かけますね。

    お尻が冷たいからとか、小柄な女性は前が見やすいからとか、色々と理由は有るんでしょう。

    しかしきちっとホールドしてくれないので運転に集中すると邪魔ですね。

    長時間運転するTAXIドライバーでもクッションを愛用している方が多いようです。数珠の様な背もたれのカバーで指圧してもらう物なども見かけますね。慣れでなくてはならなくなっているんでしょうけど、まあ客を載せて飛ばさないからシートにホールド性能を求めなくても良いのかな。

    乗り降りするたびにクッションがずれないように工夫すれば、静電気の発生も抑制できる可能性はありますね(笑)。

  • >>No. 68151

    世の動力性能を高らかに歌う多くのスポーツカーは、エキゾーストノートの音にもこだわりを持っています。

    トヨタがLFAを出す際に、エンジン開発で提携しているYAMAHA繋がりで、YAMAHAの管楽器を作っている部門に排気系統の設計を委託するなど、世界一のサウンドを目指したと公言しています。

    そして、欧州では古くからANSA、Gilette、マフラーの専門ブランドが純正納入してきました。今でもTubiやAkrapovicなど、高性能のマフラーを供給しています。

    スポーツカーに乗る多くの方は、こうしたマフラーを入れてあたかもF1が発するようなサウンドを手に入れたくなるんです。

    ですから、イベントなどで集まっているああ言う車は多くがこうしたマフラーに交換してより勇ましい咆哮をさせていたり、中にはCupなどの競技用(車検非対応)をつけて、シフトの度に火を噴きながら爆音を轟かしたりしています。

    私がこうしたオフ会とかミーティングというのに行くのも嫌だというのがこれ。いい歳した大人の暴走族でしかありませんからね。

  • >>No. 68151

    >車重を感じさせない加速と減速。それにさっと回る旋回性能です。
    ・・・前者の「車重を感じさせない加速と減速。」それはほぼすべてのスーパーな車で実感できると思います。

    何速、何キロに関係なく踏んだら踏んだだけ前に飛び出します。その瞬間周囲の車は止まって見えますね。

    これだけの動力性能なので、制動力も凄まじく、以前も書きましたが300km/hからの急減速でもステアリングから手を離した状態でもそのままの状態でスッと止まります。あの減速Gはフォーミュラーカーを除けば、自動車として体験できる最高のGではないでしょうか。

    ただ、「それにさっと回る旋回性能です。」というのをどの程度の速度で曲がるか、というのとひらりひらりと曲がるというのでは違うんですよね。

    これは一部のスポーツカーは実現できても、その他のスポーツカーは(もちろん一般的な旋回性能よりはるかに上ですが)苦手にしています。車両重量が重くなっているので、物理の法則には逆らえないのです。

    軽いCaterhamのSeven620Rが車重545kg、Superlight R500が516㎏ですので、旋回性能はこうした車の方が速いです。出力は620Rが310ps、R500が260psですので、加速性能も当然十分です。

    こうした世界の一つの頂点はAriel Atom 500 V8でしょうね。500psで500㎏ですから、もはやフォーミュラーカーです。前後にウイングをつけてダウンフォースを充分付けないと思い切り走らせることが難しいレベルに成って来ます。

    こうした軽い車がフル加速するのと、重量級がそのパワーに任せてフル加速するのと出は乗っていてその実感が違うんです。

    軽い車の全力加速はバイクの加速に似ています。まさに矢の様に突き進む、風を切り裂いて進む、そう言う感じなんですが、重量級がこれをやると、後ろから蹴りだされる様な力任せの加速、或いは乗っている乗り物の箱ごと、まさに前方の空間へ発射される感覚です。

    スポーツカーとは言えないような2t近い重量級の加速となると、金庫の様な塊ごと後ろに何か衝突したのか、と言えるほどのグイグイと押し出されて目の前の世界に落ちて行く様な錯覚をもたらします。

    さてさて、加速の際のエキゾーストノートですが、つづきで書かせていただきます。

  • >>No. 44652

    刷毛で塗るタイプもあります。紙のシール用なんでしょうかね。浸透させるのかな。

    ドライヤーなどで温めると速く出来ると思います。

    奇麗にはがせると良いですね。

  • >>No. 44651

    その通りです。触るだけで汚れますし、衣類と擦れて余計に帯電します。

    あれは納車時にはすべて取り去っておくようにディーラーに頼んでおけば、奇麗にして納車してくれますよ。

    納車と言えば、過去に一度だけですが箱に入った状態で自宅前まで積車で来て、そこで開梱した車が有りました。おもちゃの車でもあるまいし、木箱に梱包されてくるなんて・・・。

    当然、登録時に車は一度箱から出しているでしょうから、そのまま持ってきたらよい物を仰々しくも自宅前で箱をばらして車が出てきて、カバーを取り去ってエンジンを掛けて、拙宅ガレージに入れるまで実に二時間ほど掛かっていました。ご近所に大迷惑。

    工場を出てから、オーナーの手元に来るまでに、タイヤを何回転しかさせないというのがこだわりなんでしょうか?Porscheなんてラインオフしたら、全数テストドライバーが指定されたルートを全開を含む高速走行で走らせてチェックしたうえで出荷されますから、敢えて言えば新車で販売されているPorscheはレース用のもの以外はない、ともいえます(笑)。皆中古車。

    そう言えばLexusのLFAもディーラーまでのデリバリーにLFA専用のトレーラーが有って、それで運んだらしいですね。LFAが完売した後は、専用トレーラーは車検とか修理で活躍するのだろうか?

    こういうイベントというか演出するのは、一部の方々は好きなんでしょうねえ・・・。

  • >>No. 44650

    >あまりに安いので、タイヤが減ったらホイールごと替えようかと思いましたが
    ・・・ご興味がない車種でしょうけど、Veyron 16.4と言う車が有ります。これが、マグネシウムの純正ホイールについても定期交換指定部品になって居まして、タイヤ交換は4,000㎞ごとが指定、そして4回以内にホイルごとの交換を推奨しています。

    速度を出す、出せる車ゆえに、タイヤは最高速トライアルをする場合は必ず新品であることを指定していて、更に一度最高速トライアルした場合は距離に関わらずホイールごとの新品交換を指定。

    タイヤ交換だけでも相当額になりますので、今まで交換された方はホイールごと交換された方が多いようです。まさに今回の話を地で行くようなお話です。

    タイヤはPilot Sport2 for Veyronという専用なので高いのですが、これの後継モデルChironではこのタイヤ交換インターバルは変わらないにしても、タイヤの費用自体を25%ほど安くできるようにした、と公言していました。さすがに高すぎると批判されたんでしょうね。

  • >>No. 44647

    シール剥がしのスプレーが有りますね。それを掛けて放置してから剥がします。残った部分や糊はパーツクリーナーとウエスでごしごし。

    長年守られてきた地肌が顔を出すと、きっと新車の時はこうだったというほどピカピカなことでしょう。

    各部分の素材は見た目もそうですが手触り、感触まで考慮して設計されていますから、購入したらそれをしっかり味合わないともったいない。

    そんな所にビニールを残していると、ビニールのシートの車を買ったのと同じですからね。

    物を大切にするというのは使いながらちゃんと手入れするという事です。サンバイザーなどもビニルで覆われたままの車がたまにいますが、静電気で埃がまとわりついていて逆に汚らしいです。

  • >>No. 44646

    同じ銘柄で比較してもですか?

    最近は台湾、中国のブランドが安くてあちらこちらで見かけますが、車は立派でも足元がこれだと懐事情を察して仕舞います。

    お洒落は足元から、と言いますが、下着や靴にちゃんとしたものが無いと、上着がいくら上等でもダメという程、見えない所、目につきにくいところにしっかりとしたこだわりを持つべきなんです。

    タイヤは命を載せている。有名な宣伝文句ですがまさにその通り。安かろう悪かろうでは意味がありません。

    しかし組み込んだタイヤホイールのセットが、交換工賃と同じ価格なんてのはあり得ない程の差ですね。流通経路の複雑さやテナント料、従業員の賃金と考えても、ネットの方が経費が掛からない分安くできるのは理解できますけど。

  • >>No. 44642

    カセットコンロってのは、火力が弱いですよね。手軽で便利そうですが、あまり手の込んだ料理には不向きで、単純に炊くという感じの調理に適しているような。

    炭とか練炭とかで火を起こすと、遠赤外も出て中々美味しく料理できそうですよ。

    その道具が2,000円ならお買い得と割り切って、後は深く考えないようにしましょう。下手に調べるより、それで知らない方が幸せという事もあります。

    車でもなんでもそうですが、価値というのは買う瞬間にあるだけで、買った後はもう価値は無い物と考えてしまえば気が楽です。いくらで買った、幾らしたんだ、という気持が続くほどに、シートカバーや、内装のビニールも取れないという、車との接し方になってしまいかねませんからね。

    買ったら思い切り楽しむ。すぐに使う。値段なんかさっさと忘れて、それでいいんですよ。

  • >>No. 44641

    取り寄せとかできないお店とか商品なんでしょうか?

    行きつけの店を作っておくと、行ってからではなく、行く前に電話で有無も確認できますし、取り寄せを頼んで届いたら取りにゆくという事も出来ますよね。

    手に入らなくて困った、というのは滅多にないですが、探すのも買い物の楽しみで良いのではないかと。そう言うのをゆとりとして味わうのも乙なものです。

  • >>No. 68148

    >趣味の車ってこうなんですね(笑)
    ・・・それですね(笑)。乗りたいときに乗る。「乗る」というのが目的で、「どこに行く」というのは二の次です。堪能したら帰宅する。

    何台かあるんで、今日はどれに乗るか、それは靴を選ぶ、時計を選ぶ、着るもの似合わせてコーディネートする、そう言う感覚に似ています。

    最近はどこに行く、で車を選ぶのは倉庫の車ばかりになりました。KPは先日書いた通り、ボロ、ポンコツ呼ばわりなので(奇麗にしているんですよ。WAXピカピカですし、中もちゃんと掃除機掛けています)、GTRかRX8ならまあどこでも行けますが、RX8はちょっとチャラいイメージで受け止められやすいですね。

    GTRは意外にも大きいので、それなりにきちんとした場所でも場違い的にはなりません。

    512や928は、最近はクラシック領域に近くなってきて、集まる場所、メンバーを考えながら使うようになりました。以前は気楽に乗って行ってたんですが、腐っても鯛、「うわー、Ferrariや」と言ってもらえましたが、今はなおさらその度合いが強くなってきて、たぶんレア性が上がってきているんでしょうね。

    928も見かけないけどしっかりPorscheと書いてますからね(笑)。知らない人にとっては紛れもないPorscheなんでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ