ここから本文です

投稿コメント一覧 (2155コメント)

  • 先日の市場外取引による自社株買いの相手先は、JPモルガン絡みだったし、EDINET関係書類を拝見すると、FMR LLCが定期的に同株を取引しているのが伺える。

    当然、その他の外資系の空売りor買い戻しも株価に大きな影響を与えているはず。

    これらの外資系企業は、何を重視してトレ-ドしているのか?

    ここ最近は、大きな地合い(日経平均株価)が、寄付に反映されている様に見えるのだが、すぐに息切れしているのも事実。

    PS~素朴な疑問なのは、現状の売り方さん(外資系も含めて)は、どこを目標にしているのだろうか?

    現在のボリンジャ-ボトム(ー3)は、約269円なのだが、日足チャ-トの逆張り指標(スロ-・ストキャスティクスやMACD)を見ると、底打ちにも感じるのだが・・・。

    日経平均株価が、22000~23000円を目指す様な展開になれば、ここも350~400円を目指す形になるんかなぁ~。(ただの愚痴です~苦笑)

  • お疲れ様でした。

    とりあえず、終値ベ-ス3400円台(8/1の3420円以来)良かったですね。

    しかしながら、<SB623>のポテンシャルを信じているホルダ-の方達にしてみれば、『始まりの始まりの半歩』ぐらいの感じ・・・なのだと思います。

    PS~実は、普段、M証券の監視ツ-ルを使用しているのですが、10銘柄×20ペ-ジ分の内、1ペ-ジを気になる医薬関係(45〇〇銘柄)にしているのですが、本日は、全銘柄がプラスになっていました。

    ※本日は、サンバイオが上昇額・上昇率共に断トツのトップ。

    会社からの正式IRは出ていませんが、同掲示板・別スレを拝見すると、近々に<SB623>に関するポジティブな情報公開が続きそうですので、素直に期待している次第です。

    とりあえずは、①新株式の発行価額3712円、②4月高値4780円をクリアして欲しいと思っています。

  • 素朴な疑問なんですが、リミックスポイントの1Q短信を拝見すると、仮想通貨関係の金融関連事業なんて、4/6月でセグメント売上高が2億500万円しかありません。

    ちなみに、マネックスGの4/6月の収益合計が132億円です。
    (内、コインチェックの営業収益は13億円弱)

    確かに、金融関連事業に絡む、連結子会社であるビットポイントジャパンが運営する仮想通貨交換所において、仮想通貨の不正流出が発生し、その事から同社グループとして、今期2Qにおいて、37億円弱の特別損失が発生する予定なのですが、何故それに、マネックスGの株価が引っ張られるのか?

    PS~たぶん、冗談で書かれてるんですよね。(苦笑)

  • >>No. 257

    >ただ、ここは例によって言うことと結果がまるで違いますので、何とも(^^)

    流石に、このタイミングですから、2Qの売上ぐらいは読めるのでは?と信じたいです。(苦笑)

    しかしながら、去年の今頃のアナウンス(アップルからのフルアクティブ受注急増!!)に比べたら、今年は業績に関するコメントがほとんど聞かれないので、たぶん本当に無いのだと思います。

    そう考えると、仮に年末の資本注入がうまく行ったとしても、3~4Qの赤字決算で、株主資本は再びズタズタになるのがオチなのでは?と思ってしまいます。

    PS~あと、色んな方がコメントされていますが、現状のJDIを、仕入先はどう見てるんでしょうか?

    手形は切っていないので、JDIからの現金支払い条件が気になります。

    普通なら、前金なんでしょうが、当月出荷・末締め・翌月10日払いとかぐらいですかね?

    そう言えば、この前は、8/8に200億円融資されていましたね。
    ※ちなみに、8/10は土曜日でした。

  • >>No. 242

    >公称では、茂原はG6マザーで5万枚/月、スマホ換算で1,400万枚/月なので、白山の倍ですね。

    早速ありがとうごさいます。

    と言う事は、(とりあえず)今期2Qの売上1239億円以上は、腹に入ります?

  • >申請を行いましたのIRは出さない方針と会社が以前に言ってなかった?

    そうなんですか?

    PS~実際の所、ニプロは、2018年6月29日に、<STR01>の同IRを出されていますね。

  • >>No. 223

    実は、最近気になったのは、一億さんとWeiphoneさんのやり取りで、白山工場が実質止まっているのに、2Qの売上が前期上半期を上回るコメントから、『茂原フル稼動』と、茶化していた件なのですが、

    実際、現状の茂原工場が、どれくらいの生産能力があるのか?と思っています。

    PS~申し訳ない。 ゲ-ハ-さんがコメントされている『白山のドンが、茂原のドンに業務提携を申し出たら・・・』の真意が、よく分からないのですが・・・。

  • >>No. 202

    >自分から応募するモノわかりのいい人ってそんなにたくさんいるのかな?

    実は、そのポイントが白山工場だと思っています。

    6/12に発表された内容を見ると、2020年3月31日時点で満40歳以上の社員(JOLED出向者・海外出向者含む)から、1200人となっているのですが、

    注意書きがあり、『白山工場組織、V2ライン及び西日本オフィスの各拠点における勤務者については、年齢制限を設けない』とあります。

    つまり、白山工場を実質的に停止にする方向で、今回のリストラを確実なものにするのでは?

    PS~Suwa連合からの資本注入を確定させる条件として、この1200人のリストラは、否か応でもやり抜かなければならない気がします。

  • お疲れさまです。

    8/5に、久し振りにIR(スズケン絡み等)が出て、3100円⇒3445円まで急騰した後、結局終値3115円まで戻したのは、まだ記憶に新しいと思います。

    今年4月以来の好感できるIRにも関わらず、線香花火で終わってしまいました。

    個人的には、「あのIRを見ても、3400円台から売り叩かれるんや・・・」とギャップを感じたのが本音でした。

    たぶん、現状、同株の取引を実質的に支配しているのが、短期トレ-ド組(100株インして、100円以上抜けたらOKの類い)だからでしょう。

    これは、他のバイオ関連株にも言える事だと感じています。

    ※正直な所、私も他のバイオ銘柄では、ちょこっとやっています・・・。

    そういう意味では、サンバイオで、そのようなトレ-ドをされている人達を疎ましく思っても、非難はできないのが本音です。

    PS~私自身は、8/5のIRは、<SB623>の進捗具合を暗に示しているものと信じていますが、やはり、『厚生労働省に対し、「再生医療等製品」として製造販売承認申請を行いました』と云う正式IRが出るまでは、辛抱(我慢ではありません~笑)あるのみ!!と考えている次第です。

    ぶっちゃけ、サンバイオが下がった分は、(何とか)他銘柄でカバ-します。(苦笑)

  • >>No. 184

    >以前、ここでリストラは3000人規模と記述したと思います

    たぶん、それは2017年8月に発表された、『国内外でグループ従業員の3割弱に当たる3700人規模の人員を削減』の事ではないでしょうか?

    今回は、2019年6月に発表された『国内社員約4600人の4分の1強に当たる、国内での1200人の希望退職募集』になるはずです。

  • 昨日出来高の2827万株が物語っているのでは?

    同株の場合、今回のような情報後の流れだと、もっと大きく出来高が膨らむのだが、今回の3000万株割れを目の当たりにすると、本当に買いたい人(JDI株に期待している人)は既にお腹が一杯で、新規に買いたいと思う人が多くないのが伺える。

    要するに、現在、会社が必死にアピ-ルしている外資の資本注入が、本当に計画とおりに進むのか?と半信半疑で見ている人が多い証拠。

    9/27予定(8/29から変更)の臨時株主総会が目先のヤマになると考えるが、少なくとも、ここまではホルダ-か期待するような材料は出ないのでは?

    PS~あと、今期2Qの売上ですが、一応、1Q短信には、今期上半期の売上が前期比増収見込みとありますので、逆算すると、約1239億円以上の売上予想になります。

    ①2Q(7/9月)が、実質的に半分を経過しようとする中、②1Q時点の在庫保有日数が49日で、③国内主導の前工程と海外主導(?)の後工程で生産している、④いち部品メーカーであるJDIですから、利益予想はともかく、このタイミングで発する売上予想は、信憑性が高いなのでは?と考えている次第です。

    但し、後工程で不具合が発生して、出荷が3Q(10月以降~)にズレ込む可能性があるのは否定しません。

    しかしながら、今期2Qとして、仮に1200億円台の売上があったとしても、『その数字自体は、本質的には大した事はない』と云うのが、素直な感想です。

    1Qの売上+アップルウォッチ関係で約300億円のイメ-ジなのでは?

    2Qは、JOLED株売却による特別利益200億円が発生しますが、白山工場絡みで更に特損が出る可能性もありますし、9月末メドまでの早期退職者に支払われる人件費等も嵩むのでは?と見ています。

  • >2Qは白山停止なのに、前期より売上アップ(笑)。

    すみません。

    1Q決算短信を拝見すると、1ペ-ジ目の最後に、
    『連結業績予想については、2020年3月期上半期の売上高につき前年同期比で増収となることを見込んでいます』と明記されています。

    前期上半期の売上が約2143億円なので、逆算すると、2Q単体で約1239億円以上の売上予想となるのですが、この具体的な記述って、今回発信されたIRの中に明記されてます?

    上記文章の後で、『詳細は添付資料P.4「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明」をご覧ください』

    と明記されているのですが、どうも見当たらないのですが・・・。

    PS~例のアップルウォッチに使用される有機ELディスプレイが、売上に貢献するんですかね?

  • >JDIが衰弱した最大の原因、白山工場の建設を強引に決めたからですよ。

    あと、目の前の株価には関係ないと思って書きますが、当時、不幸だったのは、白山工場で取り組んでいたフルアクティブの開発・量産化が遅れ、逆に、アップルが有機ELディスプレイの採用を早めた事です。

    タラレバを言っても仕方ありませんが、もし、フルアクティブの開発が順調に進み、当時の新型iPhoneに採用されていたら、その頃の多くのホルダ-の方達が救われたのでは?と思ってしまいます。

    PS~しかしながら、仮にフルアクティブが上手くいったとしても、『その後の有機ELディスプレイの流れは変わらない』のも事実だと認識していますので、現状の高精細有機ELディスプレイの開発・量産化もですが、時代の流れにマッチしていない(他の国際企業の躍進が激しい)と云う点を考慮すると、同掲示板の常連売り煽りの方達の見解は正しいと思います。

    ポイントは、現状予定されている資本注入・モバイル部門の分割・外資主導による非モバイル部門での再出発が本当にできるか?です。

    現時点で、これができると確信する人達は、静かに買い進めばイイのでは?

  • >お前もいい加減に他へ行けや・・みんな迷惑してるでよ!・・カス!

    前にも言ったやろ。

    本物のカスにカス呼ばわりされてもなぁ~大爆笑!!

    PS~心配せんでも、大して投稿数は多くないんで、そんなにムキにならでもイイって。

  • 早速ありがとうございます。

    PS~そうなると、白山工場に付いている担保設定はどうなるんですかね?

    分かりやすいのは、白山工場が、新会社(モバイルカンパニ-)の資産になる事なのですが・・・。

    現状の流れは、それを踏まえての動きなんでしょうか?

  • >長々と、取り留めの無い煽りは終わったか?・・クダラン奴やなっお前は!

    誰かと思ったら、又、お前か~笑!!

    PS~まだ投稿しとったんや。 せいぜい頑張りゃあ~。

  • >JDIのIRではアップルの前払い金もモバイル子会社に付け変えるとしてますよね。

    あっ、そうなんですか? それは見落としていました。

    ちなみに、どこに明記されていますか?

    あと、分社化と、分割は別ですよ。

  • 非モバイル部門の業績に対する厳しい見方があるのは、仰る通りだと思います。

    PS~考えなければいけないのは、ディスプレイの商売そのものに収益性と将来性が全くないのか?、或いは、これまでのJDIの経営陣に商才が無かっただけなのか?と云う点です。

    非モバイル分野と云う括りで見れば、車載に限らず広い用途があるのではと思いますし、以前コメントさせてもらった事もあるのですが、いち部品メ-カ-の位置付けだけではなく、最終製品を加味した業務提携の道も残されているのでは?と思います。

    ・・・と、Suwa連合等は考えているのだろうと、想像しているだけです。

    それが正しいのか見誤りなのかは、いち素人トレ-ダ-の私には分かりません。

    汚い言い方ですが、それらの思惑に乗りながら、JDI株で儲けられればイイと云うのが本音です。(苦笑)

  • アップルが白山工場を引き取る場合ですが、アップルはOEM生産なので、白山工場自体の入手が目的なのではなく、その不動産を売却して、相殺した前受金分を早急に回収する方向で動くはずです。

    一番分かり易いのは、建物を撤去して更地の状態で入手し、残った土地を売却する事なのですが、問題は、その土地が、現在見えている前受金残(937億円)で売れるのか?です。

    どちらにしても、JDIが法的整理に追い込まれたら、前受金残は回収不能となり、その替わりに白山工場を差し押さえる形となりますので、JDIの倒産を確信されているWeiphoneさんにしてみれば、遅かれ早かれなのでは?

    PS~私が懸念しているのは、本当にモバイル部門を分割するのであれば、その主力取引先であるアップルとの前受金をキレイにしていなければ、話が上手く進まないのでは?と云う事です。

    取引先から外れる可能性の高いアップルに対して、分割後も、JDIの資産である白山工場に担保設定をし続ける可能性があるなら、話は別ですが・・・。

  • 1Qの貸借対照表をチェックすると、「機械装置および運搬具(純額)」が、2019年3月末から約480億円分減少している。

    「有形固定資産」で見ると、約518億円分の減少なのだが、事業構造改善費用として、特別損失(約517億円)が計上された中、約464億円が、白山工場の固定資産の減損損失分になる形。

    ①モバイル分野を分割したい点、②今回の事業構造改善費用の対して、撤去費用と云う言葉が使われている点、③アップルの前受金が937億円(前回数値より▲82億円)に縮小した点、④今回の有価証券報告書の中で、『白山工場における、生産時に必要な水処理設備等の運営作業のための長期委託契約』の未超過残高(約125億円)に対する違約金等の債務計上及び支払いが発生する可能性に言及している点から、

    白山工場をアップルに引き取ってもらい、残りの前受金をチャラにする話が裏で進んでいるのでは?と想像している。

    この事は、オアシスからの資金調達を確実なものにする為にも、必要不可欠になっているのでは?

    これによって、国内の大規模リストラ(目先の目標は約1200人)も加速する(せざる得ない)と予想する。

    その上で、モバイル部門の分割(既存顧客・モバイル部門絡みの在庫・開発技術等)を実行して、そこで得た資金も糧にしながら、非モバイル部門主力に本格的に舵を切る・・・と云うのが、大きな流れと考える。

    PS~上記は、あくまでも、これまでの情報からの憶測ですが、会社側も目先の資金繰り絡みだけではなく、業績改善に期待が持てそうなビジョンを、少しでも具体的に語ってくれないと、いつまでも”綱渡り状態”と言われ続けるだけに見えます。

    あと、8/9(金)の夜間PTSにおいて、出来高が約136万株できていますが、最安値51円台まで下がった事で、空売りをしている人達が、両建ての買いを入れたのでは?と見ています。

    手数料は余分に掛かりますが、70円台の信用売りを、50円台で両建て買いするのは有りと思いました。

    但し、今回のIRを考慮すると、値頃感でロングに繋がる買いをするのは早計なのでは?

本文はここまでです このページの先頭へ