ここから本文です

投稿コメント一覧 (155コメント)

  • メイ首相が6月7日に退陣することを表明し、次期首相を選ぶ保守党・党首選レースのスタートとなる。
    離脱強硬派のジョンソン前外相が立候補を表明しており、人気も高まっているようだ。ただ、合意なき離脱のリスクもその分高まる。英議会では合意なき離脱はしないことで通過しており、可能性はなお低いものの、テールリスクとしてはこれまで以上に意識されるところ。


    ポンドの価値は下がるばかり…

    今日は令和初の国賓、トランプ様来日
    日本にアメ車は無理って誘導路で示せばいいのに…

  • 週末に動きそうなイベントがあるね

    欧州、23日から26日にかけての欧州議会選挙
    25日から28日までトランプ大統領が来日
    英国のメイちゃん辞任時期


    27日休場
    英国がスプリングバンクホリデー
    米国がメモリアルデー

  • 中国商務省
    「国内経済は下方向の圧力に直面している」
    「貿易状況は一段と不透明であり、課題に直面している」


    中国依存の国や企業が心配

  • ドル売りについては、米株式市場でダウ平均が一時448ドル安まで下落する中、米10年債利回りも2017年以来の低水準に下げている。きょうは原油相場も心理的節目の60ドルを割り込み下げを加速させた中、先行きへの懸念が高まったようだ。


    債券市場へ逃避ですね😓
    米中問題だけでなく中東情勢、そして欧州の政治不安も重なって
    資金移動させているなら様子見が増えるね。。

  • 本日から欧州議会選挙の投票が開始となる。欧州通貨は、関連ニュースのヘッドラインで上下しそうだ。

  • FOMC議事録では「大半がインフレの低下は一時的と考えており、辛抱強いアプローチがしばらく適切」としている。市場の一部で期待されている年内の予防的な利下げのヒントは示されていない。


    パウエル議長の発言通りですね
    ただ、米中問題の悪化は想定外じゃないかな?

    取引制限を検討中の中国企業が5社とか…
    悪材料を少しずつ出されると、チャートの波予想ができない😿

  • トランプ米政権は中国監視カメラメーカーの杭州海康威視数字技術による米技術購入の制限を検討とニューヨークタイムズ紙が報じている。

  • 米中対立が激化する中、トランプ大統領が事実上のファーウェイ向けの制裁措置を発動しているが、それに対して米商務省が既存のネットワークやスマホの保守などに限って8月19日までの猶予を設定したことで懸念が緩和している。


    楽観的になるには関税が重し
    どの国の政治家も勝手な屁理屈ばかりで国民は無視
    英国は どーなるの❓

  • フランスのルメール経済・財務相は19日、今月26日に行われる欧州議会選でマリーヌ・ルペン氏が率いる仏極右政党「国民連合」(旧国民戦線)が勝利すれば、通貨ユーロとフランス経済・産業に打撃が生じる可能性があると述べた。

    世論調査では、国民連合とマクロン大統領率いる「共和国前進」が互角となっている。


    どの通貨も乗れる波がないね

  • 米中問題は企業を無視した泥沼に…
    しかし、ドル円は底が堅い
    朝8時からパウエル議長の講演です

    注目はコアラ!
    10時半にRBA議事要旨
    12時10分にRBAロウ総裁の講演

  • 関係者によると、ファーウェイはグーグルのアンドロイドの公開バージョンについては利用できるものの、グーグルが特許権を持つアプリやサービスにはアクセス不可能になるもよう。


    これを受けて…
    中国外務省が、華為技術(ファーウェイ)との取引を停止した企業との取引を停止する報復措置を示唆


    報復合戦だね。。
    お国の違いもあるから難しい

  • 週末ニュース
    ◇18日に行われたオーストラリア総選挙は、野党優勢の事前世論調査結果に反し、与党・保守連合(自由党・国民党)が勝利を確実にした。


    ◇12日にUAE沖合で発生したサウジアラビア船籍のタンカー2隻を含む4隻の商船への攻撃について、ノルウェーの保険会社DNK(ノルウェー戦争保険)がイラン革命防衛隊が関与した疑いが極めて強いと報告書をまとめた。イランは攻撃への関与を否定している。


    ◇イラク内務省は、イラクの首都バグダッドで現地時間19日に、米国大使館をはじめとする各国大使館やイラク政府庁舎が集中する「グリーン・ゾーン」にロケット弾が着弾したことを明らかにした。。イラク内務省当局者によると大規模な被害は生じていない。

  • きょうのNY株式市場でダウ平均は4日ぶりに反落。米中貿易問題が再び蒸し返されており売りが先行した。中国政府は米国との再交渉に意欲を失っているといった報道が流れており、市場の雰囲気を圧迫していた。この日発表になった農業機械メーカーの決算が弱く、米中貿易問題が米農家を直撃している様子もうかがえた。


    ミシガン大学消費者信頼感指数が2004年1月以来の水準に上昇したことを受けてドル円は反転している。

    カナダドル円とメキシコペソ円は堅調。「トランプ米政権はカナダ、メキシコに課す鉄鋼とアルミニウムの追加関税を撤廃することで両国と合意した」との報道をきっかけにカナダドルとメキシコペソを買う動きが先行。


    ただ、終盤になってトランプ大統領が「EUによる米国への脅威は中国よりも悪い」と述べると、反応が敏感です。。
    次はEUを口撃するのね
    まだ回復できない相場に新たな悪材料は、経済が冷え込みます😿

  • 中国の国営メディアが「中国は米国との通商協議を継続する気がない」と報じた


    人民元安が続くと相場が落ち着かない😿

  • 格付け会社ムーディーズ・ジャパンは16日、日本国内の銀行システムの格付け見通しを「安定的」から、格下げの可能性がある「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。日銀の大規模金融緩和で収益力が落ち込んでいるため。最大のリスク要因として、3大銀は海外向け、地方銀行は不動産向けの融資を挙げた。


    日銀は考えなあかん!

  • イタリアのサルビーニ副首相の「イタリアもルールを無視するトランプ大統領のような衝撃が必要」との発言に敏感に反応した模様。同副首相は今週、「雇用拡大に必要ならEUの財政規則に違反する用意がある」とも述べていた。


    違反のための言い訳にトランプ様を使うのね

    米中問題が継続でも2週間たつと反応する材料不足です
    中途半端な下落は様子見が増えるばかり…

  • 米政府高官の話として「トランプ大統領は輸入車に対する関税発動を最長6カ月延期する考え」との報道が伝わる


    原油は中東情勢の緊迫化だし…
    悪いニュースばかり相場に織り込んで
    落とすなら5円落として、10円戻せ!

  • ファーウェイ製品の使用禁止に道開く米大統領令署名へ=関係筋
    https://jp.reuters.com/article/exclusive-trump-huawei-idJPKCN1SK2SY


    中国とアメリカの喧嘩は続きそう。。

  • 伊・サルビーニ副首相の「雇用を誘発するために、政府は財政赤字の対GDP比で3%を超える準備をしている」との発言を受け、ユーロ売りが優勢に。


    中国への警戒がやや後退ですが、イタリアが…
    警戒感が残って動きが悪いね
    少しずつ戻すのかな?

    ユーロGDPとアメ小売りに注目です

  • ムニューシン米財務長官は「米中の通商協議はまだ続いている」「訪中の時期は今調整中」などと発言。また、トランプ米大統領が6月に日本で開催されるG20で、習近平・中国国家主席やプーチン・ロシア大統領と会談する方針を表明したほか、約3250億ドルの中国製品に対する追加関税については「まだ決まっていない」と述べた。


    中国の報復関税発表で相場が荒れてますね
    アメリカは第4弾の対中追加関税のリストを公表しましたが
    下落ばかりじゃ楽しくない。。😿

本文はここまでです このページの先頭へ