ここから本文です

投稿コメント一覧 (2111コメント)

  • >>No. 685

    マルさん~こんばんは。本年も、どうぞ~よろしくお願い致します。

    え~っと・・・ごめんなさい。
    掲示板のタイトルは、似たようなもので・・・「短歌~つれづれなるままに~」です。

    そして、行き方は・・・マルさんが、どこまで~行けたのか分かりませんが、
    最初は、「らくらくコミュニティ」と言うトップ画面に、「掲示板」が
    左下の方にあるので、そこの「みんなの掲示板」と言うところの・・・
    「一覧を観る」と言うところを、クリックすると・・・いろんなカテが、
    出てくるので、そこの「短歌・詩・文芸」に行ってみてください。
    今だと・・・私のは、一番下の方で~出てくると思います。

    以上の説明で、お分かりになりましたでしょうか?
    よろしくお願いします。^^:            <瑞希>

  • 2019/01/09 22:20

    >>No. 683

    https://community.fmworld.net/pc/index.php?command=topas&asid=495731000


    念の為、このアドレスを・・・添付しておきますね。<瑞希>

  • >>No. 682

    阿香さん、マルさん、真志郎さん~新年あけましておめでとうございます。

    大変、遅くなりましたが・・・阿香さんのご紹介のサイトに、この同じ~
    「瑞希」で、先程投稿しました。
    掲示板の、「短歌・詩・文芸」という場所です。^^:
    まだ、不慣れなので・・・うまく、使えていませんが、皆さん~!
    確認してみてくださいね。

    お待ちしています!よろしくお願い致します。     <瑞希>

  • >>No. 681

    阿香さん~お久し振りです!やはり・・・ロムしていただいてたのですね。
    とても、嬉しいです。また、新しいサイトを~ご紹介いただき・・・
    ありがとうございます。^^:

    早速、拝見させていただきましたが・・・また、明日にでも~ゆ~っくりと
    読み・・・手続きをしたいと思います。

    >「道は きっと どこかに通じます」

    本当に・・・そうですよね。仰る通りだと思います。
    私も、その昔~「サウンド オブ ミュージック」の映画は、観ました~♪


    > 冬もみじ 川面に流れ 浮き沈む
                 朱の色かなし たまゆらの恋

    ~返歌~

     ☆たまゆらの恋とてわれの琴線を
              揺らせし君を忘れられまじ


    阿香さん~佳いお年を、お迎えくださいね。     <瑞希>

  • >>No. 678

    マルさん~こんばんは。本当に・・・押し迫りましたね。
    「主婦」の立場としては、”大忙し”なんですけど。。。
    怠惰な私は・・・「マイペース」そのものです。アハッ~

    >拙い歌に付き合ってくださって、ありがとうございましたm(_ _)m
     下手の横好きを地でいく私ですが、雅やかなひとときを頂戴しました

    マルさん~!もう、このまま・・・私も、お返ししたいところです。
    真志郎さんにも、ご挨拶しましたけど・・・
    このような拙い歌詠みの場所で、本当に~よく、お付き合いいただけました。
    本当に・・・ありがとうございました!^^:

    >行く年を振り返りなば胸ちくり後には立たぬ悔いの多きよ
     来る年を迎えられるは幸いか幸いにするは吾の心なり

    この2首~♪仰る通りですね!
    要するに・・・人間は、悔いが多ければ~多い程・・成長していけるのでは~と
    思います。いえ、思いたいです。^^:

    ☆悔ひあればある程に成る人なれば己を信じ前向きゆかん

    マルさん~!本当に、今まで・・お付き合いいただき、ありがとう
    ございました!そして、来年からは・・・こう言うかたちでは~
    お会い出来ないのですが。。。
    若し、マルさんがよければの話なんですけど~下記の場所へ、
    お越しいただければ嬉しいです。^^:(ブログなんですけど・・・)

    https://blogs.yahoo.co.jp/tears_of_rui

    マルさん~どうぞ、佳いお年を・・・お迎えくださいね。<瑞希>

  • >>No. 677

    真志郎さん~こんばんは。
    いよいよ~秒読み(?)段階になりましたね!^^:
    いえ、感じ的に・・・ですけど。。。アハッ~

    この一年~いえ・・・今まで、私のような~拙い者に、
    お付き合いいただき、本当にありがとうございました!
    そして、お世話になりました。
    この場所は、もう無くなりますが・・・また、ブログの方で~
    お付き合いいただければ、有り難いです。^^:

    >古の歌の心と縁をば絶やさず今日も人生賛歌

    ☆歌詠みで心通ひしこの場所を一生忘れじわが糧とせむ

    真志郎さん~佳いお年を、お迎えください。<瑞希>

  • >>No. 673

    真志郎さん~こんにちは。いつも、ありがとうございます。

    そうですか。お風邪を・・・召されていましたか。
    お見舞が、遅くなりましたが~どうぞ、これからもお大事に・・・
    なさってくださいね。(ブログ・・・今、全然です。シュン。。)


    >人災の最たるものの戦争を回避するのは人の心か

    真志郎さん~本当に・・・そうですね。これだけは、絶対!避けなければ~!
    今の世の中・・・何となく~不気味感を感じます。

    ☆猫達も睦み合ふやうに人なれば心に愛を満たし続けん <瑞希>

  • >>No. 672

    マルさん~こんにちは!いつも、ありがとうございます。

    いよいよ、押し迫りましたね。^^:

    >漫才は萬歳ともいふめでたさを演者忘れじ笑ひ届けよ

    そうですね!この歌の意味すること~♪仰る通りだと思います。

    ☆人たるに笑顔のよろし伝へたきものを笑ひに添へて向かはん

    なかなか、大掃除も・・・まだ、手がつけられてません。
    ぼちぼちと、やっていきましょう!アハッ~
    マルさん~どうぞ、お身体・・ご自愛ださいね。 <瑞希>

  • >>No. 668

    マルさん~こんばんは。遅くなりました!
    そして、いつも~ありがとうございます。

    >中京競馬場のパドックでたくさんの名馬とジョッキーさんを見ました

    わぁ~羨ましいですぅ!♪どんなお馬さんと、ジョッキーの人が~
    居たのでしょうね。

    >命を懸けて走るんですね、人馬とも

    まぁ・・・そうですよね。偶に、落馬は・・耳にしますけど。。。
    私は、そういう場合~どちらも・・・可愛そうになるんですよね。
    本当に、少ないケースですけど・・・ジョッキーが居ないまま~
    一生懸命~!馬だけで走っている光景は、私に言わせれば・・・
    「可愛そう~」としか言えません。(涙)

    >カレンダー痩せに痩せたりヒラヒラと一枚きりに師走の風が

    うふふ~マルさん・・・本当に、そうですね。
    表現が・・・マルさんらしいなぁ~って思いました。

    >気は焦れど体は動かずの私です(^o^;)

    はい~!「上に同じ~!」です。何故か~気は焦るのですけどね。

    ☆師走とや何故か何かに後ろより追ひ掛けらるるそはわが裡に

    マルさん~ぼちぼち・・・いきましょうね。アハッ~
    今日も、お疲れ様でした。おやすみなさ~い。   <瑞希>

  • >>No. 667

    真志郎さん~こんばんは。大変、遅くなりました!
    いつも、ありがとうございます。

    >私は人生レース、行き当たりバッタリ、迷馬の侭で走ってきた様です。

    真志郎さん~「人生」は・・なかなか、競馬のような~”読み”は難しいですよね。
    本当に・・・何があるか~わかりません。
    でも、神様(大いなるもの)のような存在があるとするなら・・・
    それぞれ~全ての人に・・・「全ての面で公平になる」よう、設定されて
    いるんじゃないかな~と思ってますけど。。。?

    >走り来て吾が人生も四コーナー黄落走路迷馬の侭で

    うんうん~「4コーナー」ですね。競馬に例えられて・・・さすがですね!
    競馬は・・・4コーナーに来ると、大体~決まってきて、大盛り上がりに
    なりますものねっ!「人生」も然り~?
    そして、「終わりよければ、全てよし」なんて~諺もありますけどね。

    ☆「人生の読み」は出来ねど時ときの大波・小波を乗り超へゆかん<瑞希>

  • >>No. 2123

    皆さん~こんばんは。この場所も、す~っかり!寂しくなりました。

    「テキストリーム」も・・・いよいよ、来月いっぱいで~終了とのこと。
    致し方ないですね。^^:
    考えてみれば・・・私も、ここ数年~しっかり!この場所で、遊ばせて
    もらいましたね。
    そんな風に考えてみれば・・・いろんな人との出会いがあり~且つ!
    考えさせられるようなこともあり・・・それなりに、意義があったかも~♪

    一応、この場所は・・11月末で、私の中でも~「終了」ということに
    させてもらいます。
    最後に、お越しいただいてた・・・「亜琉さん」にも~ありがとうございました。
    他に、若し~ロムしてくださってた方が、おられましたら・・・
    その方達にも、「ありがとうございました」と~!♪

                            <詩乃>

  • >>No. 663

    マルさん~こんばんは。いつも、ありがとうございます。

    マルさんと・・・こんな話題で、盛り上がれるのは~とても、
    嬉しいですね。^^:

    >昔、二番三番にはなれるのに一番に届かない ビワノハヤヒデ って
    仔がいました  初めて一着になった時は泣きました~(^o^;)

    そうなんですね。はい~私も、知っていましたよ。
    最近も、同じような馬が居て・・・感動しましたけど。。。
    「シュブルブラン」でしたっけ?(←間違えてるかも)

    >近くに中京競馬場があります

    えっ~そうなんだ。。いいですねぇ。
    好きな馬を・・・パドックで、ずぅ~と見詰めていたいです。
    私は、今のところ~土・日曜日に、TV観戦派です。アハッ~

    ☆わたくしの裡の何かが騒めきて競争馬への思ひ高まる  <瑞希>

  • >>No. 662

    真志郎さん~こんばんは。いつも、ありがとうございます。

    >懸命に走る姿に感動しますね!

    真志郎さん~そうなんです。競争馬は、その走る姿~♪本当に・・・
    美しいと思うし、可愛いし。。どの馬も~♪
    本能のまま・・・走っているんだろうけど、でも~それだけじゃあ
    ないような気もするのです。^^:

    >本能で走る駿馬や本能で人も馬券に夢走らせる

    あの「サトノダイヤモンド」は、私の知る限りでは・・・どうやら~
    「本能」だけで、走っていたのではなく・・・考えて走っていたと~
    言われていました。そして、馬の中でも・・・強心臓~!♪とのことで、
    それなりに注目していました。しかし、昨年の「凱旋門」では・・・
    16位と言う結果に終わり・・・残念でしたが。。。
    「サトノダイヤモンド」の姿を見なくなり・・・私は、その寂しさを
    埋めるように~他の馬に・・・眼がいき、私なりに~今の、「アーモンドアイ」に
    目が留まりました。勿論、今のような素晴らしい能力を持った馬などと~
    言う何の知識もない時に、何となく~惹かれました。
    それから、注目しつつ・・・応援するようになりました。でも、あのルメール
    騎手が騎乗すると言うのも、あったかも知れませんね。

    あっ~ごめんなさい!長くなりました。^^:
    今日も、お疲れ様でした。おやすみなさ~い。   <瑞希>

  • >>No. 659

    真志郎さん~こんばんは。いつも、ありがとうございます。

    >「北風小僧の寒太郎」の歌を流しながら石油販売車が・・・

    へぇ~そうなんですね。地域が違えば・・・^^:そうなんですね。

    >木々飾る秋の衣裳を容赦無く剥がし木枯らし駆け抜けてゆく

    あらら~前のマルさんのレスで、同じような~歌を投稿してしまいました。
    でも、考えてみれば・・・今の時期は、こういう光景が多いですよね。


    ☆注目せる「ジャパンカップ」の「アーモンド・アイ」
                 驚愕せしは「レコード」の走り


    先日、25日・・ジャパンカップの競馬(G1)が、行われました。
    関心のない人は、余り~よくご存知ないかも知れませんが。。。笑
    私は、以前から・・・馬券を買わない競走馬のファンでして~♪
    「オグリキャップ」から、「ディープインパクト」~そして・・・
    「サトノダイヤモンド」・・・今は、「アーモンドアイ」に、注目して
    おります。^^:
    でもね、今回は・・「サトノダイヤモンド」も出場したのですけど、
    6位に終わりました。「アーモンドアイ」の優勝は、とても~
    嬉しかったのですけど、片や~ちょっと、寂しさを感じました。
    ちょっと、複雑です。騎手の「クリストフ・ルメール」さんが・・・
    好きですね。

    ☆古馬相手に堂々闘ふ牝馬なる「アーモンドアイ」の
                   呼び名は「怪物少女」なり

    ☆五歳馬の「サトノダイヤモンド」よわが裡に
                   秘めし雄姿は忘れ得ぬよ嗚呼

    何か・・・字余り等~短歌とも呼べないもので・・・失礼しました!<瑞希>

  • >>No. 658

    マルさん~こんばんは。いつも、ありがとうございます。

    >はたはたと窓打つタオル歌ってる『北風小僧の寒太郎』を

    いつも、ユニークな歌を~ありがとうございます。
    「北風小僧の寒太郎」ですか。う~ん・・・知らないことはないのですが。
    次に来るフレーズは・・・「やって来る~」でしたっけ?笑

    タオルが、窓を打っているのですね。^^:

    お互いに、風邪など~引かないようにしましょう!


    ☆次々と出でくる白き山茶花の北風に揺るる姿に学ぶ <瑞希>

  • >>No. 654

    真志郎さん~こんにちは。いつも、ありがとうございます。

    >垣越えし枝の蜜柑に描かれたるハロインの顏が睨んでいたり

    真志郎さん~光景が・・・浮かびますね。でも、そういった中にも~
    素敵な切り口から、詠まれましたね!♪

    >昨日は、久し振りに一万歩き・・・

    まぁ~いいですね!なかなか、一万歩は・・・歩けないですね。
    私も、極力~歩数を稼ぐようには・・・生活しているのですけど。
    夜のウォーキング(散歩?)も、毎日は・・・なかなか、続けられません。

                         <瑞希>

  • >>No. 655

    マルさん~こんにちは!いつも、ありがとうございます。

    >苛立ちもまた動きなり心鍛える道に加えむ

    あらっ~また・・・お気持ちを、サラ~ッと表現なされましたね。

    >息で手を温める夜の楽しみは鍋をつついて酌み交わす酒

    そして、またまた~美味しそうな・・・温かい歌が、生まれましたね。
    そうですよね!これからは、お鍋に~限りますねっ!♪
    わが家も・・・例外でなく。。。アハッ~

    >今夜はすき焼きで~す(^o^)/~~

    おぉ~~~!♪羨ましい。。「すき焼き」は・・・いいですねっ!♪
    そうだっ!わが家も、今夜は~鍋にしょ!アハッ~  <瑞希>

  • >>No. 649

    真志郎さん~こんにちは。いつも、ありがとうございます。

    >カラオケで大声出すのも、ストレス解消になる様です。

    いやぁ~ほんと!声を出して歌を唄う~って・・・良い健康法ですよ。
    そう~思います。そういう意味では、私は・・・出来てないなぁ。^^:

    >病む人の苦しみ知るや病んでこそ優しさ労わり病みに教わる

    本当に・・・この真志郎さんの歌の通りですね。
    学んでいくべきことですね!♪

    ☆病得て知ること得るもの知らずして生きゐるわれのこの先思ふ

    この歳まで生きてきて・・・歳が増える毎に~これからが、どうなるかと
    思うのみです。でも、極力!前向きで・・・頑張っていこうと思います。
                         <瑞希>

  • >>No. 646

    マルさん~こんにちは。いつも、ありがとうございます。

    >秋を飛び越して冬?

    本当に・・・そうですよね。仰る通りです!^^:
    最近の天候は、考えさせられるものがあります。

    >病得て 思う哀しみ 知らぬ人 病知らずの 人の眩しき
    >少し刺々しい気分で詠みました

    そうでしたか。刺々しい気分は、歌の句切れのスペースに~
    表明なされてるのでしょうか。
    何があったのか~でも、想像はつきますけど。
    時には・・・ほんと~!愚痴りたくなる時も、ありますよね。
    どうぞ~そういう時は、ここで・・・吐き出してくださいね!
    私なんか・・・しょっちゅうです。アハッ~


    ☆されど今君が吐露せる言の葉を噛み締めゆかんわがゆく道に

    マルさんの歌を受けて・・・即詠しました。^^: <瑞希>

  • >>No. 643

    真志郎さん~こんにちは。いつも、ありがとうございます。

    >老いてくると一年が早いですね!

    しごく~!共感。。。アハッ~

    >新曲に挑戦音程乱るるも表現したき歌詞の心を

    真志郎さんは、こちらの歌も~愉しんでいらっしゃるのですね!♪
    はい~また・・・拝見させていただきますね!^^:

    それにしても・・・私は、長く~声を出して・・・歌らしい唄は、歌ってませんね。
    どうしてだろう?そういう友達が、居ないから?時間がない?
    う~ん・・・よく分かりません。

    でも、時には・・・何か、歌ってみたい思いは~湧きますね。<瑞希>

本文はここまでです このページの先頭へ