ここから本文です

投稿コメント一覧 (1625コメント)

  • >>No. 939

    どんな金融機関でも融資金の前倒し返済を制約する特約など無い。スルガにあるとすれば違法だよ。優良債務者といえども今のご時勢、レオパレスなどを見るにつけ
    自分の貸家が違法建築かどうか心配この上ないだろう。調べるにも数十万円の費用がかかるし、これから修繕費、改修費もバカにならない。若者が減少する世の中で一極集中も進み、家賃の先行き大きな高騰など望むべくも無い。
    先のことを考えたら出来るだけやすい金利を望むのは当然のことだ。

  • >>No. 930

    買い方の一部に「スルガは今が底、不良債権の引当金増加も懸念されるが4月からは新規貸出しも可能、優良債権は1年で2000億円弱自然減しているが、まだ高金利の優良債権があり今後の収益保全、建て直しは可能」と主張する輩がいる。
    3Q決算で悪材料出つくしと見ているのだが、もう1つ最も大事な視点が欠けている。
    優良債権の雪崩的減少リスク、即ち他の金融機関への乗り換えだ。高金利に泣く債務者本人は云うに及ばず、貸手の金融機関も融資先の確保に血眼で、低金利での乗り換えPRに余念が無い。スルガにとって「時は見方ならず、最大の敵」であることに気づくべきだろう。

  • >>No. 595

    来年1月14日、マイクロソフトはウインドウズ7のサポートを停止する。
    法人、個人を問わず、W10への乗換えが加速する。いまやパソコン無しには事業も生活も支障をきたす時代、その乗り換えサポートを引き受ける大手がここ。
    ようやくその重要性が市場に浸透してきた。

  • >>No. 184

    >配当さえ出してくれれば、のんびり再生してくれて構わない.
    預金がどんどん流出して、債権は不良化が進み、行員には高い給料を支払う。
    そんな事業環境でのんびり再生できるだろうか?

  • 必至に値段を維持して、創業家や買いもちのハゲタカファンドのの大量売却を狙っているだけ。下げたくても下げられない・・しかし終了ゴングはすぐそこまで来ている。さぞ焦っていることでしょう。

  • >>No. 96

    ここは業績絶好調、連続増配中です。しかも名うてのキャッシュリッチカンパニーでほぼ無借金(利益剰余金55億円vs有利子負債0.9億円)で1株純資産は1686円(四季報)もある。少なくても1600円台は射程圏でしょう。

  • 踏上げて持ち株処分狙いの、焦る短期筋が、売り玉が増えたとか逆日歩が付いたとか、街宣中です。
    逆日歩創出のために短期資金を日証金はずして高金利で借りたのでしょう。
    3月以降の売り玉は制度信用でも期限は9月以降、決算をまたいでの演技継続はほぼ不可能、高金利資金では3月中保つか、短期退却が関の山でしょう。
    今の値動きなど無視して売り玉も静かにホールドすればやがて宝船が舞い降りることでしょう。

  • ここはいつまで保つのでしょうか。最近大口持ち株処分サイドが個人の空売り目当てに某外資と結託して「課題出尽くし買い推奨」を出させ無理な買いを継続しています。
    無残な3Q決算、損失は一層拡大、大量の預金流出、延滞債権大幅増加、2000人近い高所得の行員を抱え込んだ結末はストップ安でもおつりが来る状態です。
    決算発表の瞬間に「悪材料出つくし」メッセージを流布、誰が信じるのでしょうか。
    デイトレの方々に遊びの場を提供しましたが。それにしても3月決算控えたこの時期の焦り、おめでたい改元、新天皇誕生を控え、結末が近そうです。

  • ビッグトレーダーズという資産運用アドバイザーのウェブがある。
    同社は昨年10月、いち早く新元号関連に注目という記事を出した。
    その中にここも入っている。当時の値段は250円台からの推奨だった。
    それにそれから3ヶ月、よく下げたものです。
    例え明日S高しても248円、上に及ばないのですから。

    ttps://bigtrade.jp/asset-management/new-era-name-brand-name/

  • >>No. 515

    今日の3Q決算数字は四季報と全く同じ、そして驚くべき大型自社株買発表でした。通期減配予想と云っても8円配当で4%を超える高利回りだ。
    しかも1株純資産は357円もある。
    今回の自社株買いは将来への自信の表れだ。ここは典型的な元号関連銘柄、すでに北海道から九州まで拠点ネットワークは整備済みだ。
    新元号は4月1日と云われているが、新元号を除いた新しい印刷物は今から整備しないと間に合わない。おそらく大量の注文が舞い込んでいることだろう。
    今期は過当競争での単価減とコメントしているが、それも3Qまでだ。
    今年は新元号、総選挙、消費税、東京五輪と印刷業界に強い追い風が吹きつけている。今期中に行なわれた組織スリム化も収益力に大きく貢献してくるだろう。
    昨年央までの株価はEPS30円で350~400円程度だった。
    今年は明日からこれを大きく上抜いて行く事だろう。

  • >>No. 347

    3Qは会社の前回予想通りの成績でした。通期見通しも変えていません。
    ただ通期売上見通し450億円(2.3%減)、額にして11億円減は保守的過ぎるのでは。
    理由は2つ、3Qの売上げ減は前期比わずか0.6%減の1.9億円でした。
    次に3Qの受注残は前期比4.8%増の16億円です。
    この受注残がそのまま4Qに上乗せされるとは思いませんが、4Qは官公庁予算の執行時期、期中受注、売上も予想され、おそらく今期は前期を凌駕するものと予想しています。
    今年の夏に向けて小中学校のエアコンなど暑さ対策が消費増税対策も含めブーム化するでしょう。
    ここは利益剰余金145億円、有利子負債5億円、時価総額127億円と時価総額をはるかに上回るキャッシュリッチカンパニー、PER6倍、配当12円もおいしい限りですね。
    このままでは東証1部も危うい、決算に向けて自社株買いもありそうです。

  • 売り買い8桁の数字以外のオーバーは買い60万株、売り120万株

  • 先日、仏BNPパリバが昨年末の市場混乱でS&P500連動のデリバティブを使い90億円近い損失を出したとの報道がでた。
    スルガは不動産取引が制約されており、新規にこのような外債が絡んだ取引きに手を出していないのか、他の地銀も含め注目している。
    円ドルは年末104円台もあり、外債を持っていた場合、損失が膨らむ可能性がある。3Q決算内容を見守りたい。

  • >>No. 51

    過去、株道場ブログの鎌倉さんは月島周辺に土地を持つここの含みは5倍以上あると云っていた。
    豊洲市場が開場し、築地も再開発、東京五輪を控えて地下鉄も豊洲まで延伸進捗、ドデカイ変わり身を見せるかも。
    EPS73円、8円配当、1株純資産786円と来てはまだまだ序の口かも。

  • >>No. 506

    今日は決算説明会ですか、アマゾン関連で新しい話を期待しましょう

  • >>No. 302

    サンバイオがドデカイIR、認可されたら今度はケアネットの活躍の番、今からフンドシ閉めなおして臨戦態勢必要。

  • ここは殆ど無借金経営、利益剰余金491億円vs有利子負債7億円、来期も受注残豊富で完工高水準(四季報)。
    得意とする法面工事の吹きつけ作業の機械化も進んでいる。加えて補正予算が成立した。
    自社株買いも実施中だ。
    例年2月初めに3Q決算だが目下のPER11倍、信用倍率1.08倍となっては増配期待で仕込み時だろう。

  • 最近のここは酷い掲示板になっている、まるで行く先を占なうかのように。

  • 5万株単位の売りが時折出てくるね。創業家の売りか、大手ファンド筋の投げか、そろそろ新しい展開になりそう。

本文はここまでです このページの先頭へ