ここから本文です

投稿コメント一覧 (185コメント)

  • 直前の月次成績が悪かったことから売られているが、
    これほどまでに売られているのは、ある意味その前の
    業績が良かったことへの期待感で株価が上がっていた
    ことが大きな要因だ。

    更に高値圏で空売りを大量にされてしまっているので
    まずは信用の買い方が手放す範囲である800円代前半まで
    早くいったん値を下げて買い方が安く仕込んだほうがいい。

    800円台前半で急反発してしまうと、
    仕込める量が多くないので上値も結局限定的になりそう。

    今のままだと、高値圏で空売りしている売り方は爆益状態で
    上に戻ってもまた売られてしまう。空売り組が強制買戻しに
    なる水準まで一気に株価を上げることを考えると、買い方には
    安いところでポジションを増やす必要があると思う。

    中長期的な業績はマーケットの後押しもあり良くなるものと思うので
    安いところで仕込んで寝かしておくのが中長期的には良いのかなと。

  • むしろ直近の株価が業績以上に上がっていたのは
    分かっていたことでしょう。

    それは業績が下がらずに上がっていくことに
    対する期待値が入っていたからですよね。

    ところが、今回の月次が悪かったことで
    その期待値に懸念が出た。

    そりゃ下がりますよ。

    心理的に考えて窓埋めしておいた方が
    将来的に上がると思いますけどね。

  • 例年、下半期にはハロウィン・クリスマスなどの大型恋愛イベントがあり、
    上半期よりも業績が良く、年間を通した業績の柱となっている。

    今回月次の業績が悪かったことは、1時的なものなのか、それとも
    下半期の業績に響く兆候なのかということが1つのポイントだろう。
    下半期の業績に響いてしまうと、年間を通じた業績にも大きく響くからだ。

    中長期組からすると、安くなれば買いやすいのでありがたいのではあるが
    どこまで下がって買い増すかというのが1つのポイントになる。

    個人的な見解では、上半期の業績が好調だったことの反動的なもので、
    一時的なものと見てはいるが、今までずっと好調だった業績に下落が起きたことで
    これから反転してしまうのではないか、という心理効果を生んでしまった。

    仮に来月挽回したとしても、次また落ちるのでは?という心理効果が残ってしまう。

    これから数カ月にわたり業績が挽回されることで、その心理は
    完全に払しょくできるのであろうが、それには時間がかかる。
    つまり、数か月間においては業績に関わらず株価の心理的低迷効果がでてしまう。

    特に高値圏における空売り組がいるので、高値を抜けるのは結構難しい。
    上値余地が少ないと買い方も力が入りにくい。
    業績が良かったということで株価が1000円台を維持できていたのだから、
    窓開けを埋めていったん800円前半くらいまでは株価が落ちる余地がある
    と思っている。

    一方で信用の買い方が死んでしまうような株価については
    空売り組の買戻しが入るだろうということもあって、
    700円代にはならないだろうと考えている。

    長期的にはマーケットの拡大などを考えれば、高値圏と言っていた金額も
    安値に変わっていくので、長期的には買いという目線は全くぶれていない。
    ただ、短期的には少し厳しい戦いが始まっているんだろうなと予測している。

  • >>No. 128

    窓埋め考えるなら800円台ですね。

    短期的には業績悪化しているのと
    需給でいうと高値圏で空売りがっつりされているので
    しばらく高値圏へのアタックしても
    さらなる空売りをくらう可能性がある。

    残念ながら買い方としてはなかなか
    厳しい戦いになるのかなとは予想。
    いったん下げて空売りの解消かつ
    ポジションの平均単価下げて戦わないと
    テッペンで空売りしてる売り方には
    不利な戦いになってしまっている。

    中長期組としてはガチホールドのままで
    下がったら買うを繰り返すだけなので
    全く気にしてませんが、一度下げないと
    空売り圏を脱するのは難しいと思ってます。

  • 巻き返せるか、再度頭を打ち付けられるか。
    信用倍率の新しいデータが更新された。

    2019年10月4日 0.40倍
    売残 337,100(+41,400)
    買残 136,200(-26,800)

    月次の成績が悪かったので、業績悪化の兆候の可能性から下落。
    多少買戻しは入っていると思われるが、全部ではないでしょうね。
    個人的には中長期的な成長については全く懸念していないので、
    短期的なものだと思っていますが。

    ただ、株価は需給できまってしまうので、信用買の人たちが
    まだまだ耐えているところを見ると、
    耐えられなくなる価格帯狙いなので25〜35%(800円台前半)は
    下げるか時間がたったら解消されるかな。

  • 巻き返せるか、再度頭を打ち付けられるか。
    信用倍率の新しいデータが更新された。

    2019年9月13日 0.60倍
    売残 323,400(-85,300)
    買残 192,500(-101,500)

    下落した先週は、信用買の損切の玉を回収するように売残が減少。
    空売勢は単純に利食いしましたというところ。

    今週の高値圏に戻ってきたら、空売勢の再度売り増しが想定される。

    本当は下手に抵抗するより値段を落として買い集めた方が
    買い方としても有利なので値段を落とし切ってしまった方が
    中長期的には値段が上がりやすくなるので良いと思う。

    信用買の人たちがまだまだ耐えているところを見ると、
    耐えられなくなる価格帯狙いなので25〜35%は下げるか
    時間がたったら解消されるかな。

  • >>No. 16

    ネットマーケティングの方が将来性があると思うなら
    そちらの株を全力で買えば良い。

    オミアイアプリはゆうても出会い系の域からでない。
    リアルなお見合いに手を出せば話は違うが、
    それはネットマーケティングの本業になり得ない。

    IBJはネット上でのマーケティングがリアルに比べて弱い感じがするが、むしろ伸び代だと思っている。
    ネット上でのマーケティングが強いところを買収すれば最強になる笑

    しかも増税、オリンピック後の不景気に備えて
    企業は広告予算を絞り出している。
    もろに影響を受ける広告業界を
    中長期で買えというのはとてもじゃないが
    代替ではないよね。

    短期とか、不景気後とかなら面白いかもしれんけどね。

  • >>No. 7

    いや、むしろ秋と冬じゃないの?
    クリスマスとか含めてイベント盛りだくさんですからね。
    業績が下半期の方が良いことからも明らかなのでは。

    秋冬に対する業績については
    むしろ安心材料しかないと思う。

    一方で株価は需給の問題で急に上がるか
    急に下がるかしそうって状況になってる。
    下手に耐えるより落ちるなら落ちてくれた方が
    上を目指せると思うという感じです。

  • 巻き返せるか、ナイアガラの始まりか。
    信用倍率の新しいデータが更新された。

    信用売りは25%買い戻されていたが、信用買は0.1%にも満たない。
    これでは上がる(元の値段に戻る)ったとしても、
    これでは再度売り増される展開が想定できる。

    そう考えると超短期で巻き返すのは厳しそうな様相になっている。

    下手に抵抗するより値段を落として買い集めた方が
    買い方としても有利なので値段を落とし切ってしまった方が
    中長期的には値段が上がりやすくなるので良いと思う。

    しかも、中長期では業績には期待ができるので、
    ここまでの空売りの解消が1つのキモになる。

    360%まで急増した売残は6億4000万円相当まで積み上がり。
    5%下落した今でも5億円弱の売りが残っている。
    信用買の人たちがまだまだ耐えているところを見ると、
    耐えられなくなる価格帯狙いなので25〜35%は下げたら解消されるかな。

    850付近の窓埋めが1つの目安になりそうな予感。

  • 買い煽ったり売り煽ったり大変ダネ。

    シンプルに中長期では買い。
    短期では買い上がらない限り売り。
    ってことなんだろうね。

    9月頭の空売りの数値がそろそろ開示されるので
    次どうなっているのか楽しみ。

  • 2019/09/09 00:53

    巻き返せるか、ナイアガラの始まりか。

    超短期で巻き返すのは厳しそうな様相になっている。

    下手に抵抗するより値段を落として買った方が
    買い方としても有利なので抵抗も少ないかも。

    中長期では業績には期待ができるので、
    空売りの解消が1つのキモになる。

    360%まで急増した売残は6億4000万円相当。
    信用買の人たちが耐えられなくなる価格帯狙いなので
    20〜30%は下落させてくると思われるので
    850付近の窓埋めが1つの目安になりそうな予感。

  • 会員の所属が婚活のフェーズで動いていくので、会員の特定種別は移動する。
    特定の部分だけを見るのは、流れを見誤りむしろ本末転倒になる。
    アナリストのコンセンサス含め、進捗度合いを含めて業績自体については
    懸念はされていないかと。

    ただ、短期で見ると結局のところ株は需給で値段が変わるので、
    360%に激増してた空売りが6億4000万円分あるので
    当面は厳しい展開になるかと思う。

    空売りの人たちを買い戻させる水準で考えると、
    20~30%ダウン、あるいは20~30%アップ。
    窓埋めの860~900円水準に突入するする可能性もある。

    今回の下落を考えると、空売りの人たちは利益が発生していて
    更に売り増しすることができることをかんがえると、
    ここから巻き返すのはちょっと大変な気がするので、

    中長期的には期待できるが、短期的には厳しい展開が待っているのかなと。

  • 某顧問が、いったん利益確定しろとメールしているとすると、
    当然買えという指示もしているという風に考えられるんですが、
    高値圏でこの空売りが360%まで膨れ上がっている状況を考えると、
    某顧問自体が空売りをして下がるところの利益を抜いているように疑えます。

    6億4千万円以上の空売りを消化する価格ラインを考えれば、
    この下げではまだまだ足りないはずで、20~30%の下落があれば
    買戻しが十分にされると思います。ちょうど窓も埋めることになりますし。
    あるいは、30~40%の爆上げをしていただけれれば、
    空売りの人たちが強制退場するラインに差し掛かります。

    これがナイアガラの始まりになるか、それとも巻き返しにつながるのか。

    ちなみに、証券アナリストさんたちの予想の通り、同じく強気買いですが、
    それはあくまで中長期での目線。短期目線では年初来高値、上場来高値、
    空売りの急激な増大、の3連状態で、価格が暴れるのは当然でしょう。

  • 今日は下がりましたね。
    これがナイアガラの始まりになるか、
    それとも巻き返しにつながるのか。

    いずれにしても中長期的には上昇銘柄であると確信してますが、
    信用倍率を見る限りでも360%も空売りが増えているので
    落ちると予想する人が圧倒的に多いのでしょう。

    6.4億円の空売り勢を強制買い戻しさせれば爆上げすると思いますが、
    それには約20%程度の上昇が必要になってくると思われます。

    今が年初来高値圏かつ、上場来高値圏であること
    直近の値上がりのきっかけが途中決算が良かったこと
    だとするとここから一段、二段とあげるのは
    新しい材料がない限り結構体力がいる感じかなと。

    一方で、ちょうど窓を開けたところまで落ちると
    約20〜30%の下落となるので、信用買の人たちが
    損切りして、空売りの人たちが買い戻すだろう。

    でも信用買の人よりも空売りの人が多いので、
    窓埋めができればガツンと反発すると分析。
    サポートラインのある900円に達することができれば
    急激な反発が見込めると予想。

    私のは中長期なので、ポジションは変えず
    安くなったら買い増すだけです笑。

  • 中長期目線としては、IBJは投資に最適だと思っている。
    マーケットの拡大含め、実業の将来性については安心している。

    一方で8月上旬からの値動きについては、短期目線では怪しさを醸し出している。
    これまで信用倍率は大体1.5~2.5倍を保ってきた銘柄が、直近の統計だと
    0.54倍にまで落ち込んでいる。

    2019年8月30日 0.54
    2019年8月23日 0.59
    2019年8月16日 1.09
    2019年8月9日 2.48
    2019年8月2日 2.37

    信用倍率が落ち込んでいる理由としては、25%の買い残の減少(388,100→294,200)もあるが、360%の売り残の増加
    (151,700 →548,100)が主たる要因といえる。

    現在の価格帯から30~40%上に押し上げることができれば、
    売りの強制買戻しが発動してくれるので、吹き上がる可能性がある。
    一方で下がり始めたらナイアガラになる可能性も出てきているともいえる。

    吹き上がる可能性と、ナイアガラになる可能性の両方が出てきているので、
    短期的には値動きが荒い展開になったと考えている。
    今はヨコヨコしてますけど。。。笑

  • 強烈な暴露。
    会社が無関係であることを示せない限り
    かなりやばい事態になる。
    最悪なことに國重氏は暴露を続けている。
    レイプか何かは株価に直接的な影響はないとしても
    新株予約権に関する疑惑に真実味を与える。
    額が額だし借りたことにした話は国税がきたら
    隠し通すわけにもいかないだろうから、
    貸付だったことにしたのは贈与とみなされて
    一気に課税されるんだろうな。
    そして國重氏についても税制適格なしとされるんだろう。
    国税としては美味しい話以外なにものでもない。
    リミックスの仲間という人たちが誰かによるが
    受け取った人たちの中で現金を口座に入れて
    しまった人がいれば、国税は贈与税をかける
    だろうね。
    彼らは口座の履歴をいつでも見られるからね。

  • やっぱり中長期銘柄としては最適。
    レンジでのボックスこら移行したので
    今後の動きが活発になりそうで楽しみ。

  • マーケットが急転した。
    これはタイミングが良い。

  • やはり中長期目的なら最高の銘柄。
    婚活ビジネスが世の中に必要とされる流れを
    止めることはできないのだ。
    今日はストップ高にも触れるし、いい気分。

    とはいえ、地合いの悪いし、決算の内容だけだと
    ストップから垂れちゃうのは仕方ないところかなと。
    短期で考えず中長期で考えれば優良銘柄なことに
    変わりはない。

    株にしろ為替にしろお盆で夏枯れ相場で
    値動きが激しくなりがちなので、
    機関のはめ込み等には注意していきましょう。

  • >>No. 76

    コンセプトってあるよね。
    立地、広さ、サービスなどなど。
    流石に内装だけでは判断しませんよ。

    ビジネスホテルをいくら高級化したって、
    高級ホテルにはなりません。
    作り直すレベルのことが必要になります。
    これくらいコンセプトは変わらないのです。

    高級化するのにかけたコストを
    来ないお客さんの分空けておいたら
    経営的にはダメージです。

    適度に高級で、お得な感じ。
    僕はそれで十分だと思いますがね。

本文はここまでです このページの先頭へ