IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (578コメント)

  • >>No. 1561

    離脱決定後に想定される事態
    今や多数派と思われる残留デモ隊の暴徒化、裏切られた形の北アイルランドとは険悪な関係に(各地でテロや暴動も)、スコットランド独立加速

    どっち付かずの今の状況がユーロとポンドには適温相場なんだと思う。
    何も決まってないからあまり下がってないだけで、何かが決まればどんな形にせよ下がるよ。

  • 結局どっち付かずの今の状況がユーロとポンドには適温相場なんでしょうね。
    何かが決まればどんな形にせよ下がると思ってるんですが。

  • 何か色々と勘違いしてるみたいですけど大丈夫ですか?^^;

  • それにしてもどこの業者もスプレッド酷いね。この時間帯で平気で20とか30開いてるもんなー。
    かなり前からお世話になってる外為ジャパンってマイナーだと思ってたけど、結構優秀なんだね。

  • スキャでポンド買いしてる人はともかく、暴騰期待でポンド買い持ちしようとしてる人って、まだ仮想通貨やってるの?みたいな感覚なんですが、ポジティブ材料って何なんでしょうか?

    あくまで個人的な見解ですが、今後の展開を予想してみました。
    ・合意なき離脱 → 問答無用で暴落
    ・秩序だった離脱 → 今や多数派と思われる残留デモ隊の暴徒化、裏切られた形の北アイルランドとは険悪な関係に、スコットランド独立加速 → じわじわと下落
    ・国民投票、総辞職 → 先行き不透明感から下落

    何も決まってないからあまり下がってないだけで何かが決まれば結局下げる気がするんですが、どうでしょうね。
    もはや仮想通貨だけにどんな動きするか分かりませんが。。。

  • 仰る通りです。
    EUとの合意案がイギリス議会で否決された場合は自動的に合意なき離脱とするって取り決めにしときゃ済む話なのにあえてそれをしないのは残留させたいからでしょう。
    そのせいでどれだけの企業がダメージ受けてるのか分かってるんだろうか。
    例え上手く離脱出来たとしてもその後の各国との貿易交渉がスムーズに行くとは思えない。
    もうこんな絶望的な国からは早く撤退した方が良いと思う。

  • ジョンソンさんは10月末までに離脱できなかったら溝で野垂れ死ぬんじゃなかったっけ?^^;
    良い溝紹介してあげるよ。

  • なるほど。
    「委員会段階での最初の採決」がそれなんですね。こっちの方が重要なのにそれに関するニュースが見当たらなかったもんで。
    ありがとうございます。

  • EUとの合意案がイギリス議会で否決された場合は自動的に合意なき離脱となるっていう取り決めにしておけば良かったのに。
    これならイギリス議会も安易に否決出来ないだろうし、合意なき離脱となってもイギリスのせいに出来たのにね。

  • なるほど。
    結局合意案の採決は何時に行われるんですか?
    こっちが否決されたら意味ないですもんね。

  • 「離脱協定法案可決に十分な支持を得られる公算が大きい」みたいだね。
    可決されてどういう値動きになってもそれは受け入れるしかないけど、とにかくもう決めてくれ。

  • いずれにせよこんな茶番はもう見飽きた。
    ありでもなしでも離脱したら十中八九下がるでしょう。
    買い材料が見当たらない。

  • 決められないのはむしろEUの方だと思うんですよねー。
    今まで拒否するチャンス何度あったでしょうか。
    結局合意なしを決めたのはそっちだ!っていう形にしたいからここまでズルズル来たんですよね。

  • 合意なき離脱はもう既定路線にはないと思います。
    決めない事を決め続けるプロ集団がそんな事はしないでしょう。
    結局ジョンソンさんも狂人を装った普通の人でした。
    合意あり離脱でも結局下げると思うので早く決断を!

  • 議会可決となれば合意あり離脱となるでしょうが、そこから先の買い材料って何でしょうか?
    買い材料は出尽くしだと思いますが、今度は売り材料しかなくなるんじゃないでしょうか?
    まず僅差だけに議会は大荒れになるでしょう。
    それだけなら大した問題ではないけど、今やイギリス国民は残留派が多数と言われてる。離脱の現実を突きつけられたらイギリス各地で暴動やテロが起こるでしょう。
    裏切られた形になった北アイルランドはもっと酷いかもね。
    スコットランドはこれを機に独立の動きを加速させるでしょう。
    10年先とかは分かりませんが、明るいイギリスの未来が見えないのは自分だけでしょうか?

  • 合意なき離脱はほぼなくなったっていう理由だけで買われてる気がするから、今のどっち付かずの状況がポンドにもユーロにも適温相場なのかも知れないね。
    協定案が可決されて合意ありの離脱が確定したら一瞬跳ね上がるかも知れないけど、そこが天井になりそうな気がする。
    僅差だけに議会は紛糾しそうだし、残留派の抗議デモにスコットランド独立の動きも加速して、厳しい現実に直面するだろうね。
    合意なき離脱よりちょっとマシなだけがする。

    そんな事お前に言われなくても分かってるわ!
    ってそりゃそうだよね、ゴメン^^;

  • 今日採決するかどうかはバーコウ下院議長の判断次第だけど、トゥスク議長宛の書簡の合法性についてスコットランド裁判所で審議されるみたいだが、結果が出る前に採決するだろうか?

  • 「親愛なるドナルドへ・・・」の書簡、トゥスク議長に送ってもこの問題解決してくれないよ。ただEU諸国が困るだけ。。。
    ちょっと文言変えて別のドナルドさんに送ってみたら?
    すぐに解決策提示してくれるよ。

  • 合意なき離脱は一旦回避出来たって事でそれ程売られなかったんだろうけど、普通に考えたら決めない事を決め続ける国の通貨に価値なんてあるんだろうかな?って思うけど。
    それはEUにも言えることで。

  • 上窓でも下窓でもないって事は市場はこの展開を織り込んでたって事なのかな?
    正直先週のクローズ時点までレトウィン案の存在自体知らなかったけどなー。
    先週合意期待だけで無理上げして梯子外されたのにまさかの無風とは。
    いや、恐れ入った。。。

本文はここまでです このページの先頭へ