ここから本文です

投稿コメント一覧 (54コメント)

  •  国は、世界は、ホルムズ海峡へのリスクを少しでも減らす海洋。エネルギー政策への転換を推進すべきと思う。自動運転の自動車を開発するより、自動運転する無人タンカーの開発を急ぐべき。その様な理屈から、すべての投資家は、レノバを応援すべきと思料する。

  •  社名を変ええてから、そして、株主総会での社長のひたむきな話を聴き、ある程度想定されていたので、この会社は進化するだろうと、1年前にそのような投稿をした覚えがある。
     株価は、ストップ高をしてもやむを得ないと思っている。だって、消費増税、小売りを取り巻く経営環境の厳しい状況の中で、これだけの業績は、見事の一言。しかも、来期も業績向上、東南アジアを中心とする店舗展開が成果を上げてくるだろう。
    一小株主のつぶやき。

  •  この際は、ココカラ、スギ、マツモトキヨシの3社連合で結論を出さなければ、投資家は落胆する。同時に、生き残る道は閉ざされると言っても過言ではない。ココカラがリーダーとなって、ココカラ勝負すべき。

  •  良品計画がついに分割しました。おそらくここも、東証の方から分割要請が来ていると思われますが、今日まで様々な理由を言って凌いでいると言うのが現状だと思います。果たしていつまで、耐えられるのか。?

  •  ホルムズ海峡問題は、永遠に続く。日本政府は、原発、石油依存度を下げなければ国が持たない。国民生活も疲弊してしまう。
     あの東芝の解体も、アメリカの原発購入から始まっていることをもっと国民に知らせるべきであり、石油確保のために、戦争に行かされるのであれば自衛官に応募する人はいない。そのすべてを、再生エネルギ政策に投入すべきであり、我々投資家も再生エネルギ推進の手助けをすべき。一小株主のつぶやき。

  •  小売業の覇者となったイオンの子会社として、見捨てないでほしい。経営陣は、親に甘えることなく頑張ってほしい。千葉県も幕張新都心計画の中核企業として、扇屋と合併する時代から見つめており、県民からの期待度は大きいものと思っている一人でもある。
     折から横浜銀行と千葉銀行の業務提携の話も出ており、ミニストップがお荷物となっては、どうしようもない。頑張れミニストップ。千葉県内の小株主として。

  •  レノバは、国の将来を見据えた再生エネルギー政策に沿った企業である。変な掲示板にとらわれることなく、じっくり経営に取り組んでほしい。そのうえで、配当政策は、重要な柱となる。経営の見通しの中に、配当政策の見通しも示してほしい。そうでないから、売り方の標的になるような気がしてならない。また、こんなことを繰り返しているようでは、健全な株式市場として育っていかない。
     エネルギー政策に貢献できる企業として大成してほしい。一人の小株主として。

  • No.105

    強く買いたい

    何かあるかな。

    2019/06/20 14:14

    何かあるかな。

  •  数年前、武田薬品を超えてほしいと言う願いを信じて、2,500円で購入した者にとって、6,000円と言う数字は、夢の数字として感慨深い。しかし、以前に指摘したように、配当金70円は、役者不足。後は、配当政策に期待するのは、小生だけであろうか。

  •  トランプさんの発言で、通信業界はやられているが、心配することはない。心配は、安倍さんがトランプさんのご機嫌を伺って、国民のことを思っていないことだ。このままでは、国家の存在すら薄れている。アメリカ追従だけでは、国家としての品位が低下する。それが、経済を直撃していることが心配なことだ。
     世界的に見ても、通信業界は、成長産業であることは間違ないことと思っている。 ソフトバンクは、もっともっと自信を持っていい。それを評価すれば、必然的に株価は、上昇する。

     追伸 トランプさんと言うスコールに対して、安倍さんは傘を出して通信業界を守ってほしい。これだけ、料金でも政府に協力しているのだから。

  •  以前も書いたが、父の代から長らく所有していた三菱地所を反対を押し切って、家族とのコミュニケーションづくりのために、この食事優待券付きの御社に鞍替えした。
     是非、三菱地所の株価を抜いて欲しい。もう一息だ。食事会は、家族円満の秘訣。頑張れスカイラークホールデングス、。

  •  個人的ではあるが、昨年秋、父の代から長年所有していた三菱地所を売却して、家族との食事の機会を少しでも多く持ちたいと思い、数ある食事優待券の中から、この株に投資した。できれば、2,000円を超えて三菱地所の株価を抜いて欲しい。家族のためにも。

  •  アメリカの関税引き上げに対して、マスコミ報道は、経産省、官邸の番記者からの情報で伝えており、早くから違和感が生じていた。今度のことは、アメリカの財政再建策の一つとして関税に焦点をあてて税収確保を図っているとみるべきであろう。法人税などの引き下げで、景気回復を狙って税収確保を目途としたがうまくいかない。つまり、ラストベルトの労働者を守る、経済の活性化を図るためではなく、財政再建策として関税を見るのべきである。報道姿勢も中国と貿易戦争のために日本の景気が悪化したと言う報道もあるが、何もしない、安倍政権の経済対策の対応の悪さがそうしたものであり、今すり替えて国民の関心をずらそうとしている。
    ちなみに、日本では消費税は国税の部類に入り、アメリカは州など地方税であり、国には入ってこない。
    賢明な投資家は、このことを十分踏まえたうえで対応すべきであり、いいことばかりを言う安倍政権の言葉をそのままうのみにしたならば大変なこととなる。

  •  会社四季報には、「企業の継続性にリスクある会社」に位置付けられている。これでは、投資家は真面に投資しない。一方、社長は妙に自信のあることを言っている。これを払しょくするには、株主優待の韓国工場見学会を倍増すべきである。迷ったときには、現場に行けと言う諺があるではないか。

  •  凡そ、半年前に小生が予測したように株価の面では、武田薬品を大きく引き離した。後は、配当政策の面だけである。せめて、100円を出していただければ、製薬業界のトップリーダーとして内外から大きく評価されるだろう。頑張ってほしい。日本の製薬業界のためにも。

  •  自分のポートフォリオの中で、ディフェンシブ銘柄として、3年前にこの株を購入し、株主総会へ行った。社長は、しきりにガン研究の実験経過を説明していた。何のことかわからず、薬品開発と経営説明を聴いていたことを思い出した。そして、ただ株価でも、配当政策でも武田薬品を超えればよいと念じていたが、その通りになりそうな気配に満足している。頑張れ、DS。

  •  どうしたレノバ。再生エネルギー企業のリーダーとしての誇りはどこへ行った。株主として支援してほしいものがあれば言ってほしい。

  •  第一三共ファンとすれば、株価だけでも武田薬品を抜く日が見たい。ファイト、第一三共。

  • 増配は、望めないのか。

  • 株主からの要望。このままでは、縮小企業となってしまう。目に見えた方法性を今度の株主総会までに発表してほしい。配当、優待の高さで持ちこたえているが、限界に近い。追伸 店に清潔感、品ぞろえなく、其のうえ、張り紙が手書きとは、前代未聞。今一度、店舗の一斉点検を。

本文はここまでです このページの先頭へ