IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (177コメント)

  • 投稿が減っていると言うより楽しくないからでしょ。いつまで経っても人の性格と言うのは治らないもので有り又、第三者がいくら言った所で変わるものでもないので。

    私もココの書き込みも飽きてきたので応援する方々にはこれからも頑張って頂きたいと思います。

  • >>No. 825

    リスクと言ってもこれまで2桁まで十分に下がりました(下値はもはや限定的です)。
    今、バイオで1番危ないのはメディシノバでしょうね。ご存知かと思いますが上場廃止基準に係る猶予期間入り銘柄となっており12月末までの延長維持の機会を得てはいますが(JASDAC市場5期連続営業赤字・キャッシュフローがマイナスの場合)19年〜MN166⇒AlS(筋委縮性側索硬化症)・DCM(変性性頚椎脊髄症)がフェーズ3を迎えケンブリッジ大学と臨床試験中です。MN-001も慈恵医科大学とコラボしていますが失敗で終わってしまうと駄目ではないでしょうか。

    それに比べればソレイジアはノープロブレムでしょう(笑)

    後は売上が全てだと思います。

  • 5月21日 IR情報

    テクマトリックス、学校法人軽井沢風越学園向けに学びの個別化を実現するコミュニケーション・プラットフォームtyphoon(タイフーン)を新規開発〜導入  

    以下ホームページを参照して見て下さいね。

  • アビガンは有効性を示す事ができない結果で残念でしたけれど遺伝子ワクチンは抗体を持つ事が確認された訳だからこれにとても期待しています。製造も速くこれまでのワクチンと違い病原体自体を培養する必要性もないでしょ。
    それからここでよく言われるイベルと言った所でしょうか。一刻も早く集団免疫力を上げ抗体のない人も守られる安心した社会生活が送られればと思っています。

    とにかく売上を宜しくお願い致しますね。

  • 現在の関税のセーフガードの発動基準はどうなっているのでしょう。少し前まではWTOセーフガード協定に基づき四半期ごとの累計通関数量が昨年同期間の117%を超過した場合翌々月より年度末まで関税率50%の引上げ(牛冷蔵・冷凍)
    また四半期ごとの累計通関数量が過去3年の同期間の平均通関量の119%を超過した場合、翌々月より年度末まで年度基準輸入価格(最低輸入価格)を約24%上げる措置が取られていましたけれど。

    豚肉の場合は価格変動が大きい為輸入を抑制し国内の需要安定を図る目的で一定の基準輸入価格とCIF(輸入価格)との差額、または輸入価格の4.3%の定率関税の大きい方が関税として適用される事になっており国内豚肉価格が安定上位価格を超える高水準にある場合、免税或いは減税措置ができていました。

  • 輸入についてはアメリカがコロナウイルス感染拡大を受け牛や豚などを捌く労働力不足に陥っているとの事ですよね。CABやチョイスなど本来真空パックされている状態(チルド)で輸入されてきていましたが今月辺りから冷凍されてミートパッカーより商社や食肉卸・加工メーカーへ卸されているようです。
    国内は以前より自社ブランドでも有る『夢の大地』北海道の広大な土地と良質な水に恵まれた環境の中で自社専用牧場で育てたエスフーズ独自のブランド豚に加え神戸ワイン城を運営する『神戸みのりの公社』との共同開発により販売されている神戸ワインビーフは健在みたいです。

  • おはようございます。

    解説班の方々ありがとうございました。仰る通り今は全力でウイルスを封じ込める事に徹する事でしょうね。ただモデルナやイノビオなどは既に臨床試験も第2段階に入っており遺伝子ワクチンは実績はないものの価格も安価である為、生活困窮者にも早く行渡れば私はそれでいいと思いますしソレイジアは本来のspシリーズに専念し売上・開発を徹底的に追究して頂きたいと考えています。

    つまり現時点での小規模体制で色々手を付けるよりは1つ事を集中し事業を成熟させる事が成功への布石となるものです。

    期待しております。

  • >>No. 154

    名古屋市新型コロナウイルスの支援策

    ➊帰国者・接触者外来指定医療機関⇒1人辺り3億5000万円を補助
    ➋飲食宅配サービス利用促進事業⇒指定の飲食宅配サービスを利用した市民に1回500円分のポイントを付与
    ➌活動を自粛するアーティスト⇒特設ウェブサイトに映像作品発表で1人10万円交付(団体は上限50万円)
    ➍社会生活維持のための営業(医療機関・スーパーなど)⇒1事業者あたり10万円交付
    ➎自主的に休業した理容業者・美容業者⇒1事業者あたり10万円交付
    ➏行政の開所要請に応じた保育園、市立幼稚園、学童保育など⇒1施設あたり5万円交付
    ➐入居する複合商業施設の方針で休業したテナントなど⇒1事業者あたり50万円交付[

  • 名古屋市はコロナウイルスの罹患者外来を設置する医療機関に対して1人辺り35000円を補助する方針で可決されました。東海3県では初の試みで12日現在で271人に上り愛知県内の自治体では最多となりました。名古屋市は感染拡大を食い止めるため医療機関への支援が必要と判断し対象として2月以降の受診者で約8000人。補助金総額は約2億8000万円を見込み一般会計予算案に盛り込みました。帰国者・接触者外来は新型コロナ感染者の接触者や海外からの帰国者など感染の恐れのある受診者を対象としPCR検査が必要かどうかを判断する。今回の補助をはじめ多様なコロナ対策の原資に充てるため市はナゴヤ新型コロナ対策ハートフル基金を設置すると発表されました。

  • サウジアラビア政府は日本の消費税にあたる付加価値税を3倍にすると国連通信が報道されました。ウイルスの影響を受け原油の需要も激減しており財政や経済を中長期的に安定させる措置としてジャダーン財務相は国民に理解を求めました。7月より現行の5%から15%に引き上げるほか公務員の生活支給補助の支給も6月から取りやめる。政府事業中止なども盛り込み1千億リヤル(約2兆8千億円)の歳出削減を見込む。歳入の約6割を石油収入に頼るサウジアラビアは前年同期比で24%減少し財政赤字は90億㌦。また4月中旬より感染者は4万人を越えて医療費や経済刺激策が嵩み痛みを伴う施策を取らざるを得なくなったとみられています。

  • テクマトリックスの皆様、3125円の引け良かったですね。上場来高値を更新し3月期の連結決算は売上高285億5300万円(前期比12.3%増)、経常利益30億1800万円(28.3増)に伸びいずれも過去最高を達成とは素晴らしいです。
    売上高265億円、経常利益25億円の事前予測を上回る結果となり、昨年から米中摩擦に始まりコロナウイルスでの影響があっての中での快進撃では有ります。

    それから今年の2月中旬に付けた高値2935円から2000円割れまで急落していましたが、これも見事なV字回復を見せ、またエムスリーとの提携により益々貴社は繁栄されていく事にはなるでしょう。
     
    私は買うタイミングを逃してしまいましたがテクマトリックスの発展を心より応援しています。

  • こんばんは✨如何お過ごしでしょうか。

    私は居ますけれど(笑)旅行にも行けずテレワークも既に4ヶ月目となりました。
    ココについては既に取得単価104円でNISA枠では有りませんが○万株仕込み完了済です。今度こそこれ以上は落ちないと思っていますがどうでしょうかね?

    それでは失礼致します✨

  • ①エムスリーがコロナウイルスの感染症の拡大に伴う患者の受診控えの状況をリアルタイムにレポートととして纏め製薬会社に提供する新たなサービスを開始されました。自社ネットワークを利用しGPの疾患領域の患者数動向を把握したデータです。レポートは同社が独自に構築した2600万人分の患者データで構成されるリアルワールドデータベース。
    コロナ感染拡大によりプライマリー領域の患者の受診行動にどのような変化がおこっているかをリアルタイムで観測し週次で報告されます。(中略)
    サービスは当面3ヶ月単位での提供を想定しており全体の患者動向に加えオプション契約によって慢性呼吸器疾患・急性呼吸器感染症・糖尿病・心不全・高血圧など疾患別の患者データやエリア、年齢、性別ごとのデータが配信されます。
    ◎同社は今回、想定外の事態で有り製薬企業としても現状への対応や今後の予測をしようとしてもベンチマークとなるデータがないので役に立てるのではないかとされています。 
    ②既に書いていらっしゃる通りNOBORIとの提携ですね。これはテクマトリックスが約67%出資、三井物産が約33%出資の合弁会社です。 
    主にMRI・CTなどの医療画像のクラウドサービス事業で有り最先端を行っています。

  • 今回の決算はまだ自身で調べていませんが予想としては通期の見通して5000億円の純利益を出していましたよね。保守的に見積もっても。これは上期の進捗状況が約58%に達していた事も有りまた期初より損失バッファーとして約300億円を想定(見込む)していた訳ですよね?

    ※売上高14.000.000百万円
    ※税引後利益525.000百万円
    ※経常利益740.000百万円
    ※配当85〜90円
    ※EPS352円
    この見通しに対して今回は想定以上に中国での影響を受け下回る結果となったのでしょうか。

    はっきり見ていないので定かでは有りませんが今週14日にはソレイジアの決算が控えていますよね。

    伊藤忠商事と連動していると言っても過言ではないので非常に気になりますが一流商社として是非ソレイジアの開発品を中国市場において販売して頂きたいと思っています。

  • アンジェスさんも3月から阪大とDNAワクチンを共同開発との発表から2ヶ月余りで高値2455円を付けているので素晴らしいと思いますし阪大微生物病研究会(BIKEN財団)にしても大阪は盛り上がっています。また政府もAMEDを通じて国立感染症研究所、東京医科学研究所などのワクチン開発支援金に100億円あまりの予算をつけ国際的なワクチン研究開発には216億円でしょ。それからビル&メリンダ・ゲイツ財団は数十億円などなどワクチンは今、正に時流に乗ってはいます。

    イベルメクチンにしても色々な意味でソレイジアにプラスに働けば言う事は有りませんが、私はこの手の類は苦手なので掲示板を参考にはさせて頂いています。

    決算は良くも悪くも動かぬ証拠なので期待すると言うよりも確信できるので、そういう意味において心待ちにしております。

  • 名古屋市はコロナウイルスでの影響を受けた中小零細企業に対して独自の融資を速やかに進めるため事業者が金融機関を訪れるだけで手続きが完了するよう窓口を一本化する事になりました。予審の手法については書面のみに変更し市の窓口で必要だった手続きを簡略化。市内に本店を構える中京銀行・愛知銀行・名古屋銀行・中日信用金庫の4行が対象です。制度自体は5月1日から開始されていましたが市の窓口である中小振興企業センターを訪れ売上減少の認定を受ける必要が有り、この為申請が殺到し事業者に対して融資が遅れる原因になっていました。この制度については金利の一部を金融機関と市が折半し低金利で融資する形では有ります。

  • おはようございます。

    掲示板は参考程度が基本ですね。ここも2桁に行った時には40円とか50円なんて仰る方もみえましたが172円でしょ。特に断言される方の特徴として自身の経済状況をベースにされて仰っているのかもね。

    まぁ分からないでもないけれど悲観的な考えは心理を現しているとも言えます(以前の私がそうだったように(笑))

    しかもこんな低位株で悩んでいては大きな事は出来ないし人生においても小さく纏まってしまう器の小さな人間で終わってしまうでしょう。

    さて 決算が間近に迫って来ていますが真実がそこで明るみになるので楽しみにしています♪

  • ※補足

    エムスリーについては『MR君』と言ってネットを介して薬剤・医療従事者の転職・治験支援・海外展開での医療関連ネットサービス企業の情報を双方向で行い国内の医師の約32万人のうち8割強がこのサービスに加入されています。このMR君の収入源については医師から報酬を得るのではなく製薬会社から情報提供料を得て運営されています。この為、医療従事者には負担が掛からないのでエムスリーを多くの病院が利用している訳です。そこへ今回テクマトリックスの医療画像診断支援AI事業を取り入れる事により効率化を図る構想です。この収益構造はどのようになっているのかは現時点では分かりませんが国内外で参加(エムスリーに加入)されてる医師は既に約580万人で有り全世界の医師(総数)では約1200万人近くなので半数はエムスリーのサービス事業を利用されてる訳ですね。

    そこへ今回の提携とのお話なので非常に大きな事だと思っています。

    私はメドレーと言う所へ結構投資をしてしまい間違えたかもと思うこの頃ですが(笑)ココも非常に気になってはいるので投資を考えています。

  • エムスリーとの提携おめでとうございます。日本では5Gがまだ始まったばかりなのでこのクラウド化において実績の有る会社は恐らくないと思われます。既にNOBORIは中国において5GでのAI事業の実績も有る事からプラットフォーム事業を共に展開される事になったのでしょう。

    これは朗報ですね。

  • 色々な意見参考にさせて頂いています。

    バイオ・医薬品に関してはとても鋭い意見が見られますが世界経済などについてはどう思われるでしょう。それから5月はセルインメイと言う事もあり又、経済活動としてもまだ再開と言う訳ではないですよね。追加中小企業向けの25兆円向けの合意についても野党と折り合ってはいません。

    ただFRBの政策で過剰流動性相場が続いているので行き場を失った資金が株式市場へと大量に流れ込む事は想定されます。

    私は断片的に見るよりも全体的に物事を見ているのでどうでしょうか(笑)

    良い方向へ向かう事を望んではいますけれどイベルメクチン以外に何かないかしら。

本文はここまでです このページの先頭へ