ここから本文です

投稿コメント一覧 (1030コメント)

  • 来期予想は珍しく実現できそうな現実的な数字だし、
    EPS48.8円ならPERは10.9倍
    まがりなりにも7期連続増収にしては割安だし、
    普通に考えれば上がるでしょって思うのだけど、
    問題は、買う人がいない、ってことなんだよな。

  • 1400割れが押し目かあ
    ほんの1か月前迄900円割れを押し目にしてたのにねえ

  • 復配は結構だけど、
    実績も予想も想定どおり過ぎて、コメントし難い内容やなあ。
    今更だけど四季報予想とか高過ぎてバカじゃないかと思うわ。

  • ヤーマンらしいねー

    株もメディリフト

  • まさかぜんもいくか?

  • あー今日決算発表かあ
    毎回ちょっと上げてうんと下がる
    スロースピードで上げてフルスピードで下がる
    ここ2年くらいずーっとね
    そろそろ、たのむわあ

  • 売り方さん、早く買い戻してね

  • これ張り付くパターンちゃう?

  • >>No. 334

    一株利益59.62→62.65→65.90
    実績も予想もかろうじて増額にみえるけど

    含み損で買えたメディリフトを優待でくれ

  • メディリフト欲しい
    100株の含み損で買えたのに

  • パタハラ炎上と参院選
    脱プラ材料とG20
    好悪織り交ぜておもしろいかと思ったが、株価的にはなんもおこらんね
    撤収撤収

  • くるみんは、本音としては税制や補助金のための認定取得が多いだろうけど、子育てサポート企業の認定だからね。

    退職せざるをえないような内示から二~三週間で着任の転勤辞令を育児中でも配慮なく発令してます、違法性はありません、
    って、HPのトップに載っけてる会社ってどうなん?
    取り消しかな?

  • カネカの反論は悪意に満ちてて不快だが、見方を変えれば裏目に出ててオチャメだな。

    「6月2日に弁護士を含めた調査委員会」
    弁護士を入れていることを明示し提訴を示唆してびびらせる。

    「内示から発令まで最低1週間が必要です。発令から着任までの期間は、一般的には1~2週間程度」
    つまり内示から着任までは通常最低2~3週間だが、
    「本件での内示から発令までの期間は4月23日から5月16日までの3週間であり、通常よりも長いものでした。」
    通常の範囲内である3週間を通常より長いと表現し、しかもその3週間内に10連休が含まれる為、営業日(引き継ぎ期間)としては最低とされる2週間に近い。

    転勤は
    「事業上の要請に基づいて決定」
    としながら、
    「 本件では、育休前に、元社員の勤務状況に照らし異動させることが必要であると判断」
    とし、元社員の勤務状況に問題があったかのような印象操作を試みるも、勤務状況とは育休を取得するような勤務状況ということかと思われ墓穴を掘る。

    「着任日を延ばして欲しいとの希望がありましたが、元社員の勤務状況に照らし希望を受け入れるとけじめなく着任が遅れると判断」
    ここでも元社員の勤務状況を暗に批判し、勤務状況にけじめがないかのような印象操作を試みるも、有給休暇取られちゃたまらんってことかと思われまた墓穴。

    「社員のワークライフバランスを実現して参ります。」
    いや、もうね、実現しないって言っちゃえよ。

  • そういえばカネカの反論、当社の対応に問題ないとしながらも有給休暇取得拒否について何の弁明もしてないね。

    5/16の転任が絶対とされたから転任回避のために7月支給のボーナスは諦めて5/31を退職日とした。
    5/16が絶対着任日とされたことから転勤が退職に変わっても引き継ぎは5/16迄に済むはずで、残り二週間は有給休暇取得に充てることができる。

    ところがその後の上司との面談で5月中は引き継ぎに充て退職日を6月中下旬にずらし二週間程度の有給休暇を取得して退職する方向で合意した。
    が、
    「5月末で辞めてくれ。時間は短いけど引き継ぎはやってほしい」とメールが来て、
    「有給休暇の取得はほとんどできないスケジュールです。納得いきませんでしたが、もう議論する気にもなりませんでした。」
    となった訳だ。

    時系列でみると会社側が有給休暇を引き継ぎに充てさせながら、代替の有給休暇取得を拒否したように見えるけど、この点カネカには問題ないとする法的根拠を示して欲しいところだな。
    上司からのメールが有給休暇取得拒否の証拠になってて反論できないって訳じゃないよね?
    カネカさん。

  • >>No. 587

    転勤に違法性はないと言ってるつもりなんだけど、そう読めない?

  • 育休の見せしめかといえば、そうではないのだろう。
    転勤は育児介護等の個別の事情より事業上の要請に基づくと述べて、要するに出産、育児、介護中の転勤なんて、日常茶飯事で発令してるから育休明けだからって特別じゃないと言ってる。
    転勤命令は違法ではないが、育介法26条の配慮義務を果たしているとも言えないだろう。
    一事案の違法性を否定するために全面的ブラックを持ち出すとは、広報的危機管理能力が低すぎる。
    まあ上の指示だろうけど。

  • >>No. 540

    空売りでもしてなきゃ風説の流布にはならんでしょ。
    提訴するなら名誉毀損かな。

  • 育介法26条に定める転勤発令における労働者の子の養育状況への配慮義務については、
    「着任後に出張を認めるなど柔軟に対応しようと元社員の上司は考えていました」
    「元社員は転勤に関しての種々の配慮について誤解したままとなってしまった」
    つまり、配慮はしてたけど伝えなかったということです。
    「元社員の転勤及び退職に関して、当社の対応は適切であったと考えます。当社は、今後とも、従前と変わらず、会社の要請と社員の事情を考慮して社員のワークライフバランスを実現して参ります。」
    なんか、笑ってしまったよ。

  • 5/31付退職願いを5/7付で提出され退職日までの有給休暇が申請された場合、引き継ぎをして欲しいということであれば、会社としては有給休暇の時季変更権を行使して、引き継ぎの出勤日数分だけ退職日を後ろにずらすしかない。
    はらわたは煮えくり返るけどうちはそうしてるよ。
    このケースはしらんけど。
    会社側の弁護士が問題ないと言っているいじょう、言った言わないの主張が食い違っているということでしょう。

  • 唯一不法行為が認められる部分では真っ向から対立してるね。

    「元社員から5月7日に、退職日を5月31日とする退職願が提出され、そのとおり退職されております。当社が退職を強制したり、退職日を指定したという事実は一切ございません。」

    「夫は立ち上げたプロジェクトの区切りが見える6月中旬くらいまで責任全うしがんばりたい、と上司と交渉したけど受け入れられず、結局5月末退職決定。」
    「だったら今後の準備のために下旬は有給とりたい(30日くらい余ってる)とつたえると、会社に在籍してるからちゃんと引き継げ、と。引き継ぎ無しに地方転勤辞令出しておいてヒドイ。」
    「今後は、再度労働局に連絡し、労働局から勧告、という形で指導してもらう事になってる。有給取らせてもらえない件も追加。」

本文はここまでです このページの先頭へ